「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
うなだれる女性
2020.12.25

失恋の寂しい気持ちが消えない。乗り越える方法とNG行動をチェック

失恋の寂しい気持ちが長引く人の特徴

うなだれる女性

失恋後、すぐに次の恋へと歩き出せる人がいる一方で、寂しい気持ちが長引いてしまう人も少なくありません。

どうして失恋の寂しい気持ちが長引いてしまうのでしょうか?特徴をチェックして、自分に当てはまっているか確認してみましょう。

考え方がネガティブ

普段から考え方がネガティブな人は、失恋に関しても自分を否定することばかり考えてしまう傾向があります。

別れに至る過程や幸せな日々を思い出しては、「あのときああしていれば」「もっと素直になっていたら」と自分を責めてしまいがちです。

後ろ向きに考えるあまり、自信を失ってしまうこともあります。

新しい恋に憶病になったり、最初から諦めてしまったりすることで、いつまでも明るい未来に目を向けられないこともあるでしょう。

しかし、失恋の原因はどちらか一方にあるワケではありません。別れに至る原因はどちらにもあるものです。

寂しい気持ちから抜け出すためにも、自分を責めるのではなく、気持ちを癒やすことを優先させましょう。

相談できる人がいない

身近に相談できる人がいないと、失恋の寂しさを自分で消化するしかありません。

上手に消化できるのであれば問題ありませんが、失恋の寂しさを引きずりやすい人は、自分の中に寂しさをため込んでしまいがちです。

そして、自分の中で寂しさが増幅し続け、1人で苦しみ続けてしまいます。

客観的に考えることが難しくなり、結果としてネガティブなことや自分を否定するようなことを考えてしまうことになるでしょう。

寂しいときは、誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちは軽くなるものです。

親しい友人や家族であれば、あなたの気持ちに温かく寄り添い、その上で失恋を乗り越えるアドバイスをくれるかもしれません。

失恋して寂しい…と感じる瞬間

Broken heart

寂しい気持ちは常に心の中にあるワケではありません。ふとした瞬間に心の中に浮かび上がり、切ない感情を抱かせるものです。

寂しいと感じる瞬間を避けることで、自分の気持ちを少し癒やしてあげられるかもしれません。よくあるシチュエーションをチェックしましょう。

幸せそうなカップルを見たとき

街中で幸せそうに歩くカップルを見ると、自分が元恋人と幸せに歩いていたときのことを思い出し、寂しい気持ちになるという人は多いものです。

特に、クリスマスやバレンタインなど恋人たちのイベントデーは、街中にカップルがあふれます。

手をつないだり腕を組んだりと、幸せそうに歩くカップルを見て「あんな風に歩いていたことがあったな」と切ない気持ちになることもあるでしょう。

また、SNSを通して恋人と幸せそうに過ごす友人を見たときも、うらやましい気持ちを抱くと同時に、寂しい気持ちでいっぱいになりやすいです。

時には、「どうして自分ばかりつらいのだろう」と、嫉妬心を抱いてしまい、そんな自分に嫌気が差してしまうこともあるかもしれません。

特定の歌を聞いたとき

お店のBGMやテレビから、恋人との思い出をよみがえらせる歌が流れてくると、ふと寂しい気持ちでいっぱいになることもあるでしょう。

恋人が好きだった曲・恋人とよく聴いていた曲・恋人と過ごしていたときにはやった曲などは、幸せに過ごした日々を思い出すスイッチになります。

恋人と過ごした何気ない日々だけでなく、楽しそうに笑う表情までもが頭の中に浮かび始め、現実に戻りたくないと感じることもあるでしょう。

そしてはっと現実に意識が戻ったとき、隣に恋人がいないことへの寂しさで心がいっぱいになってしまうのです。

朝起きたとき

朝起きて恋人が隣にいないことに気づいたときに、「そういえば別れたんだった…」と落ち込むこともあるかもしれません。

特に同棲していたり、よく恋人が泊まりに来ていたりすると、恋人と一緒に眠ることが定番化していたという人もいるでしょう。

眠る前は1人があたりまえだと分かっていても、寝起きの寝ぼけた頭では隣に恋人がいないことを不思議に思ってしまうこともあるのです。

また、朝には恋人の顔を見てから出勤することが日課になっていたという場合は、見送ってくれる人がいないことに寂しさを覚えることもあるでしょう。

「いってらっしゃい」「いってきます」そんな何気ない会話がなくなることで、日常を失ってしまったような感覚になるかもしれません。

寂しい気持ちから抜け出す方法

嘆く姿

失恋の寂しさに苦しむ時期は、自分のことだけでなく、仕事や友人関係に意識を向けることさえ難しくなるものです。

「いつまでもこのままではいられない」頭では分かっていても、なかなか寂しい気持ちから抜け出せない人もいるでしょう。

どうすれば失恋のつらさや寂しさを癒やせるのでしょうか?

仕事や趣味に打ち込む

失恋の痛手から抜け出せない人にまず試してほしいことが、仕事や趣味に打ち込むという方法です。

何も手につかない時間を過ごしていると、必然的に元恋人のことを考えてしまいます。

「今ごろ何しているかな」「会いたいな」と考える時間が増えるほど、比例するように寂しい気持ちも募るものです。

元恋人のことを考える時間もないほど、仕事や趣味に没頭していれば、寂しさを感じる暇もありません。仕事であれば、やればやるほど成果が現れ、自分への自信にもなるでしょう。

今まで趣味がなかったという人は、自分磨きを始めることをおすすめします。ダイエットや肌ケアなどを頑張れば、充足感が得られますし、次の恋に向けて気持ちを進められるかもしれません。

なるべく外に出る

寂しさを感じる気配がしたら、なるべく外に出るようにするのも方法の一つです。

失恋直後は気持ちが落ち込み、外に出る気が起きないことでしょう。「誰にも会いたくない」とスマホの電源を落として、1人枕をぬらしている人もいるかもしれません。

しかし、1人でふさぎ込む時間を過ごしていると、寂しい気持ちを自分の中に封じ込めてしまいます。

寂しさの逃げ場がなくなることで、いつまでも苦しい思いをしてしまうのです。

気分でなくても、とりあえず外に出てみましょう。

カフェでゆっくり過ごしたり、気になっていた服を買ってみたり、自分の心のままに過ごすうちに気持ちが軽くなるはずです。

一度は思い切り泣いておく

心のどこかで寂しさを感じながらも「泣きたくない」「泣いてもどうしようもない」と、泣きたい気持ちにふたをしていませんか?

一度は心のままに泣いておくことも必要です。思い切り泣いてしまえば、涙と共に寂しい気持ちも体の中から出て行くことでしょう。

不思議と気持ちがさっぱりして、前を向けるようになるかもしれません。

泣けるほどすてきな恋ができたのは、それだけあなたが恋人のことを大事にしていた証拠です。

その日々を誇りに思いながらも、前を向けるように気持ちの整理を付けることも大事といえるでしょう。

泣いた後は、まぶたを冷やしたり、お風呂にゆっくりつかったり、自分をケアすることもポイントです。

寂しくてもNG!してはいけない行動

スマートフォン

寂しさを癒やそうとしたつもりが、かえって寂しさを増幅させてしまう結果になる行動があります。

では、どのような行動がそれに当てはまるのでしょうか?衝動的に行動してしまうことがないように、あらかじめ頭に入れておきましょう。

失恋直後に連絡・復縁を迫る

失恋直後、「もう一度振り向いてほしい」と思ったとしても、衝動的に連絡・復縁を迫ることは得策ではありません。

一度はお互いに別れを受け入れた状況です。あなたは気持ちの整理が付いていなくても、相手は別れに納得し、次に進むことを決めているかもしれません。

ケンカ別れや音信不通のまま別れた状況の場合は、あなたに対して何かしらの不満や怒りを覚えていた可能性もあります。

そのような状況で連絡や復縁を迫るなどしたところで、相手がよい反応を示す可能性は低いでしょう。まずは別れを受け入れることが大事です。

復縁を望むのであれば、元恋人がもう一度付き合いたいと思えるような人を目指して、自分磨きや別れの分析・原因の改善が必要といえるでしょう。

好きでもない異性を求める

人恋しさから、好きでもない異性を求めることも避けましょう。

誰かの体温を求めたくなる気持ちは分かりますが、失恋の傷が癒える前に心のない関係を築くと、より寂しい気持ちが強くなる可能性が高いです。

加えて、元恋人への気持ちを捨てきれないままでは「元恋人ならこうだったのに」「あの人ならこうしてくれるのに」と新しい恋人と元恋人を比べてしまいかねません。

新しい恋に落ちることは失恋の特効薬ですが、無理に新しい恋を見つけようとする必要はないでしょう。

まずは失恋で傷ついた気持ちを癒やすことが先です。

別れた恋人を恨む

別れという結果になったことで、裏切られた気持ちになる人も少なくありません。寂しさが怒りへと変わり、時には恨む気持ちに変化することもあるでしょう。

中には、ストーカーになる・元恋人の悪口を言いふらす・元恋人の新しい恋人を攻撃することで、つらい気持ちを発散しようとする人もいます。

しかし、元恋人を恨んだところで、あなたの気持ちは癒やされません。むしろすてきな思い出に泥を塗り、自分自身を傷つけているといえるでしょう。

恨む気持ちは相手にぶつけるのではなく、自分磨きや新しい恋を見つけるための源泉につかうことをおすすめします。

あなたがすてきな人に変わる方が、元恋人に別れたことを後悔させる手っ取り早い方法となるでしょう。

まとめ

失恋はとてもつらく悲しいことです。寂しさから抜け出せなくなり、ほかのことが何も手につかなくなることもあるでしょう。

しかし、失恋の寂しさと向き合うことで、気持ちが強くなります。次第に寂しさから抜け出す道も見えてくるはずです。

1人で乗り越えようとする必要はありません。親しい友人や家族に話を聞いてもらいながら、元気なあなたを取り戻しましょう。
行動してみる!

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る