「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
向かい合う男女
2021.1.6

付き合う直前の雰囲気が知りたい。2人の関係を進展させるには?

付き合う直前の2人の雰囲気

向かい合う男女

これから恋人同士になりそうな2人は、どのような雰囲気をまとっているのでしょうか?

もうすぐ付き合いそうな『いい感じ』について、詳しく見ていきましょう。

自然体でいられる

気をつかうことがない関係は、とてもよい雰囲気をまとっています。これから長く付き合っていくためにも、自然体でいられる関係を目指しましょう。

相手に素の自分を見せられるということは、心を許している証拠です。仕事が忙しい毎日の中でも、自然体な2人なら気疲れすることがありません。

ありのままに行動できるため、どちらからともなく好きという気持ちを伝え合う直前といえるでしょう。

物理的な距離感が近い

一緒にいるとき、肩がぶつかり合うほどに近い距離を感じたら、2人の心も近くなっているといえます。

心を許していない相手とは、体を密着させるのが難しいからです。

気づくと隣にいたり、自然にボディータッチし合ったりするような相手なら、意識しないはずがありません。

ふざけてじゃれ合うのとはまた違った距離感で、2人の親密度は上がっていくでしょう。あとは、お互いに「好きだ」という気持ちに気づくだけです。

一緒にいて心地いい

自然体でいられる相手となら、何もしていなくても心地よさを感じられます。恋人同士になっても、長く一緒にいられるでしょう。

話を聞いてもらえると落ち着いたり、初めて行く場所も「この人といれば大丈夫」と思えたりするのは、心から信頼している証拠です。

無理に会話をしなくても安らげる、一緒にいるだけで心が温かくなるような相手は、パートナーとして最適な人だといえます。

脈ありサインを見逃さないで

スマホチェック

相手が「あなたと付き合いたい」と思っているなら、どこかでサインを出しているはずです。脈ありサインの具体例を見ていきましょう。

プライベートについて聞いてくる

プライベートの細かい部分まで質問してくるような場合は、あなたに気があるのかもしれません。

具体的には休日の過ごし方や、「恋人に求める条件は?」「付き合ったらどんなデートが理想?」といった恋愛観までさまざまです。

プライベートや恋の話題について聞いてくるのは、「あなたのことを知りたい」「もっと近づきたい」という気持ちの表れだといえます。

お誘いや連絡が多くなる

特別な用がないのに毎日連絡が来たり、休日は必ずデートに誘われたりするのは、異性として好意を持っているという意思表示です。

ただの友達関係では、必要なときにしか連絡を取りません。できる限りつながっておきたいからこそ、お誘いしてきているのです。

好きな相手と「用事がなくても連絡を取りたい」「休日も一緒に過ごしたい」と思うのは、自然なことなのかもしれません。

付き合う直前?好きな人と進展するには

隣り同士の男女

好きな人に異性として見られるためには、どのような行動を取るとよいのでしょうか?

よい雰囲気なのになかなか進展しないもどかしい状況から、ステップアップできる方法を紹介します。

積極的にデートへ誘って

一緒に過ごす時間が多くなればなるほど、自分の存在をアピールできるはずです。

まずは気に掛けてもらうためにも、こちらから積極的に連絡を取ったり、デートへ誘ったりしてみましょう

積極的に会おうとすることで、「異性として好意を抱かれているのかな」と意識してもらえるかもしれません。

恋愛対象として見られていなければ、あちらから誘いを断ってくるでしょう。

こちらに興味があれば、先約や仕事がないときには快く声掛けに乗ってくれるはずです。

ちょっぴり駆け引きするのもあり

「友達関係よりは親密なはずなのに進展できない」そんなときは、一旦連絡を絶つなどの方法で距離を置いてみましょう。

あたり前だったことを一度なくすことで、自分の存在について見直してもらうのです。心配をして、相手から連絡を送ってくれるかもしれません。

距離感を縮めたいと思うのであれば、相手からも一歩踏み出してもらえるように引いてみることも大切です。

こんな行動には気を付けよう

相手との距離感を縮めたくても、連絡のし過ぎや誘い過ぎには注意しましょう。

相手には相手の都合があります。焦る気持ちを押し付けると、逆効果になってしまいかねません。

また、変に意地を張ったり、素っ気なくしたりするのもNGです。一時的な駆け引きで連絡を絶っても、話し方や態度は素直なままでいましょう。

好きな相手から誘われるのはとてもうれしいものですが、毎回誘いに乗っていると、都合のよい相手になってしまいます。時には断る勇気を持ち、自分のペースに合わせてもらいましょう。

好きだからといって、付き合う前に体の関係を持つのもおすすめできません。

そこから発展することもありますが、心のつながりがないままでは真剣に付き合うことは難しいでしょう。

まとめ

付き合う寸前の2人は、距離感が近く、相手に安心感も抱いています。

毎日のように連絡を取り合い、一緒にいる時間が多くなってくると、相手も異性として意識してくれている可能性が高いでしょう。

相手からのアクションを待つだけでなく、駆け引きも交えながら、相手の心を程よく動かしてみましょう。

一緒にいて心地がよいと感じていて、一緒に過ごすのが日常的になっていれば、恋人同士になれる日は近いでしょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る