「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
キスマーク
2020.12.4

浮気のボーダーラインはどこから?男女で異なる浮気の定義をチェック

浮気のボーダーラインとは?

キスマーク

浮気のボーダーラインは、具体的に何が基準となっているのでしょうか。

婚姻関係がありながら不貞とされる行為に走ってしまう不倫との違いも交えながら、その定義について見ていきましょう。

人によって浮気の定義は異なる

浮気も不倫も「特定のパートナーがありながら、別の異性と関係を持ってしまう」という点では一緒です。

その違いは、パートナーと婚姻関係にあるかどうかという点にあります。

不倫であれば、不貞とみなされる行為の定義が分かりやすいですが、浮気の場合はどこからが当てはまるのか明確な尺度はありません。

パートナー以外の異性と連絡を取り合うだけで浮気だと感じる人もいれば、体の関係を持ってしまってもパートナーを愛しているから浮気ではないと考える人もいます。

どこに境界線を持ってくるかは人それぞれであり、お付き合いする前か、お付き合いを始めた直後に、このあたりの感覚のすり合わせをしておくことが大切です。

法律では定められていない

不倫の場合は、不貞行為をしたとみなされれば、慰謝料請求などに発展します。

不倫をしたとされる基準は、恋愛関係にあったか・肉体関係を持ったかどうかです。

一方で、まだ婚姻関係を結んでいない場合は、たとえ肉体関係を結んでしまっても、慰謝料の請求はできません

なお、婚姻届を出していないケースでは、婚約の誓いを立てていたり、生計を共にしていたりすることが証明された内縁関係のカップルであれば、慰謝料請求は可能です。

いずれにせよ、婚姻関係にあるカップルでないかぎり、浮気をしても当人同士の問題となり、パートナーが浮気だと感じたらそれが浮気ということになります。

出典:内縁の配偶者が不倫した! 慰謝料請求できる? | 不倫・浮気の慰謝料請求に強い法律事務所 | 弁護士法人エース

一般的に考えられている浮気のボーダーライン

手をつなぐ男女

それでは、一般的にはどこからが浮気とされるのでしょうか。

浮気という行為について、多くの人はどのように判断しているのかを確認していきましょう。

隠れて2人きりで会う

恋人以外の異性とこっそり2人きりで会うのは、浮気を疑われる行為の一つとして挙げられます。

もちろん、相手に異性の友だちがいるというのは珍しくありません。

自分がいない場で、たまたま異性の友人と遊ぶことになったのであれば、それを浮気とする人は少ないでしょう。

仕事の関係で同じ職場の異性と2人きりで食事をしたり、出張に行ったりしてしまう場合も、不安ではありますが相手からしっかり報告をもらっていれば浮気でないと考えられます

この場合、相手との関係性や行動の透明性が担保されているかどうかが、浮気かどうかの判断基準になるでしょう。

恋人よりも優先順位が上

自分と一緒にいる時間よりも、ほかの異性との時間を多く取るようになるなど、その異性の優先順位が恋人よりも上になったら、浮気をしていると疑われても仕方がありません。

特定のパートナーがいても、別の異性と交友を持ったり付き合いを広げたりすることは悪いことではありません。

不安な気持ちはあっても、相手にとってプラスな関係であれば許容範囲でしょう。

しかし、付き合っている相手をないがしろにしたり、別の異性のことを特別視したりするようになったら、人によっては一線を越えていると判断されます。

キスをしたら

海外では友だち同士でも、あいさつ代わりにキスをする習慣がありますが、日本においてはその文化はありません。

日本人にとってキスは特別なもので、気持ちのある相手としかできない行為といえます。

幼い頃から欧米で育ってきた人でもないかぎり、恋人以外の相手と気軽にキスをする人はまれでしょう。

世の中的にもキスは恋人同士のものというイメージが強いため、ノリでキスしてしまったでは済まされないことが多いです。

体の関係を持ったら

体の関係を持った場合、ほぼ確実に浮気と断定されます

「肉体関係はあったけど相手に気持ちはない」と豪語しても、そのような考え方は受け入れられないことが多いです。「酔ったいきおいで…」というのも言いワケにならないでしょう。

体の関係を持つことは、完全に浮気のボーダーラインを越えており、異論を唱える人はほぼいないといっても大げさではありません。

特定のパートナーがいる場合は、男女問わず、身も心もしっかりとガードを固めておく必要があります。

男女別で異なる浮気の定義

カフェでデート

男性と女性を比較したとき、そもそも考え方や感じ方に違いがあると感じる人は多いでしょう。

男女別の浮気に対する考え方の違いを見ていきましょう。

男性が考える浮気の定義

2016年に、マイナビウーマンが男女それぞれに向けて「浮気のボーダーラインはどこなのか」というアンケートをとりました。男性の結果を見てみましょう。

  • 1位「キスをする」……42.3%
  • 2位「手をつなぐ」……28.8%
  • 3位「肉体関係を持つ」……23.1%
  • 4位「ハグをする」……5.8%

出典:【男女のちがい】浮気のボーダーラインはどこ?

男性にとって浮気だと思う行為は、別の異性とキスをしたとき、という意見が約半数を占めています。

キスはカップルになってからする特別なことという意識が強く、この一線を越えてしまうことが浮気されたという感覚につながるのでしょう。

女性が考える浮気の定義

一方で、女性側の回答結果はこのような結果になりました。

  • 1位「手をつなぐ」……40.9%
  • 2位「キスをする」……31.8%
  • 3位「肉体関係を持つ」……19.5%
  • 4位「ハグをする」……7.8%

出典:【男女のちがい】浮気のボーダーラインはどこ?

男性と比べると、貞操観念が高く、体の一部でも触れ合った時点でアウトになってしまう女性が多いことが分かります。

たとえ悪ふざけであったとしても、自分以外の異性がパートナーに触れることに嫌悪感を抱く人が多いといえます。

浮気されたときはどうすべき?

落ち込む女性

浮気という悲しい事実が発覚してしまったら、どのように行動すればよいのでしょうか。

悔しい・悲しいと感じる思いはあるかと思いますが、一度冷静になることが肝心です。その上でどう対処していけばよいか、紹介します。

相手を感情的に責めない

大好きなパートナーに浮気をされてしまうと、裏切られたと激しい怒りを覚えることでしょう。

しかし、その気持ちをぐっと抑えて、感情的にならないようにすることが大切です。

人は感情的になると、思ってもいないことを口にしやすくなります。

浮気されたという事実から、ひどく傷つけるような言葉を相手に浴びせてしまうこともあるでしょう。

あまり責め立ててしまうと、2人の関係がそこで終わりを迎えてしまう可能性が高まります。

たとえ相手が悪くても、やり直す可能性を捨てきれないなら、冷静になることが必要です。

すぐに結論を出してしまうよりも、まずは少し考える時間を作って、心の整理をしましょう

浮気の証拠を集めておく

浮気をされたときにまずやっておきたいこととして、浮気の証拠を集めるというものがあります。

知りたくないことを知ってしまうこともありますが、疑念を抱いたまま付き合い続けていても、幸せを感じることは難しいです。

ただ浮気の疑いを主張するだけでは、はぐらかされてしまう可能性は否定できません。

浮気の証拠を突きつけて、事実確認をすることで、相手も認めざるを得ない状況にする必要があります。

まだ一緒にいたいか考えてみよう

心から好きだと思える相手に出会えることは、人生においてそうそうあることではありません。

浮気をされてしまったことで、恋人とのつながりを完全に断ってしまうことが、自分にとってベストな選択なのか考える必要がありそうです。

まだ気持ちは相手にあるのか、それとも完全に気持ちが冷めてしまったのかで、結論は変わってきます。

浮気をしてしまったパートナーの気持ちもしっかりと確認しておきましょう。

こちらが許そうと思っていても、相手の心がすでにほかの異性の方へ向いているのであれば、身を引くことも一つの選択です。

まとめ

浮気のボーダーラインは男女でも、人によっても変わります。まずお互いの浮気の境界線をしっかりと確認しておくことが大切です。

交際期間が長いことが要因となり、相手が浮気をしてしまったのならば、関係を見直す機会と捉えましょう。

感情的にならずに、なるべく冷静に事実を受け止めて、この先をどうするか決めていきます。

乗り越えられればより強い絆で結ばれますし、関係を終えたとしても、失敗を糧にしてより建設的な出会いに邁進できるはずです。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る