「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
毛糸で作ったハート
2020.12.4

奥手な男女の特徴って?脈ありサインやアプローチ方法も紹介

奥手な男女の特徴

毛糸で作ったハート

そもそも、奥手な男女というのはどのようなタイプの人のことをいうのでしょうか。まずは、その主な特徴から確認していきましょう。

恥ずかしがり屋

一般的に、奥手な男女は自己表現が不得手で内向的な傾向があります。

性格や気持ちなど、自分自身について人に知られることを「恥ずかしい」と感じてしまうため、他者とのコミュニケーションには消極的になりがちでしょう。

この傾向が強く出た場合、人と接する度に極度の緊張を感じてしまい、「クールな人」という印象を持たれてしまうことも少なくありません。

「好きな人につい冷たい態度を取ってしまう」「素直になれない」という人にも比較的よく見られるタイプといえるでしょう。

何事も慎重派

失敗を恐れる気持ちが強く、人一倍慎重なのも、奥手な男女に共通して見られる特徴の一つです。

このタイプの人は「失敗してしまうくらいなら、始めから何もしない方がいい」という価値観を持っています。

うまくいくという確信がないと行動に移せないために、恋愛に対しても待ちの姿勢になりがちでしょう。

イチかバチかで実行することができない性分だけに、チャンスを逃してしまうことも多々ありますが、一方で大きな失敗のない安定した日々を過ごせる人といえるでしょう。

恋愛経験が少なめ

恥ずかしがり屋で慎重派の奥手の男女は、基本的に恋愛に対する強い苦手意識を持っています。

これは、恋愛ならではの他者との濃密なコミュニケーションや、先を見通せない不確定要素の多さに大きな原因があるといえるでしょう。

仮に、「いいな」と思う異性に出会ったとしても、相手の気持ちに確信が持てない以上、奥手な人は自分からアクションを起こすことができません。

相手からのアプローチがない限りなかなか恋愛がスタートしないこともあって、自然と経験する恋愛の数も少なくなる傾向にあるでしょう。

一途な恋愛を好む

恋愛に対して消極的な奥手の男女は、正式な交際に至るまでのハードルが高いぶん、いったん恋人になった相手に対しては深く誠実な愛情を注ぎます。

いざ恋人ができたなら、自分を選んでくれた特別な人として、よそ見をすることなく一途に愛し続けるでしょう。

なお、自分自身が一途であるだけに、恋人にも同じように一途でいてほしいという気持ちが強いのも奥手の男女に見られがちな特徴の一つです。

万が一相手の浮気が判明した暁には、心に深刻なダメージを受けつつも、迷うことなく相手との関係を断とうとするでしょう。

奥手な男女の心理を紹介

気持ちのリスト

では、奥手な男女ならではの数々の振る舞いは、いったいどのような心理から生じているものなのでしょうか。

その隠された心の内を解き明かしていきましょう。

傷つくのが怖い

奥手な男女の心理として、まず挙げられるのが「傷つくのが怖い」というものです。

奥手な男女ならではの内向的で慎重な振る舞いは、全てこの傷つきたくない心理の表れといっても大げさではありません。

傷つくことを極度に恐れるがために、環境の変化を避けて現状維持を望んでしまうのが奥手な男女の基本的な心の動きといえるでしょう。

そんな奥手な男女の心を動かし、あなたとの恋愛へと一歩を踏み出してもらうためには、何よりもまず「自分はあなたを傷つけない」ということを相手に知ってもらう必要があります。

繊細で傷つきやすい相手の性質を理解し、そっと寄り添う姿勢が大切になるでしょう。

自分に自信がない

「どうせ自分なんて…」という意識が強く、自分に自信が持てないというのも、奥手な男女に見られがちな心理の一つです。

奥手な男女は、自分の魅力や長所について、必要以上に過小評価する傾向にあります。

たとえ周囲から褒められるような魅力や長所を持っていたとしても、「お世辞で言ってくれているんだ」「そんなに大したことではない」と、聞き流してしまう傾向にあるでしょう。

恋愛においても同様で、奥手な男女は多くの場合「自分なんかが異性に受け入れてもらえるはずがない」と考えがちです。

この誤った思い込みが、奥手な男女の恋愛に対する苦手意識をより一層強固なものにしているといえるでしょう。

奥手な男女が見せる脈ありサイン

天使の人形

恋愛に対して消極的な奥手な男女との関係を深めるためには、相手の心の動きを察知し、タイミングを見計らってアプローチを仕掛けることが大切です。

相手の気持ちを見極めるヒントとして、主な脈ありサインをチェックしていきましょう。

プライベートについて聞いてくる

奥手な男女は、慎重な性格ゆえに異性に対して直接的なアプローチをすることが苦手です。

「いいな」と感じる異性に出会った際は、まずは相手に自分の気持ちを悟られないよう、相手の恋愛事情や普段の生活をそれとなく探ろうとするでしょう。

もしも、気になる奥手の男女からプライベートにまつわる質問をされることが増えたと感じるのであれば、それは相手の脈ありサインである可能性が高いと判断できます。

その際は、決して不審がるそぶりは見せず、恋人募集中であることや休日の過ごし方などについてにこやかに答えましょう

あなたの優しい対応に安心しつつ、より一層思いを深めることになるはずです。

目が合うことが多い

たとえ言葉や態度で好意を表現することが苦手な人であったとしても、その視線はとても雄弁です。

気になる奥手な異性と「目が合うことが増えた」と感じるようであれば、それはあなたと同様に相手もあなたを意識しており、お互いに視線を向け合っていることの何よりの証しといえるでしょう。

そんなときは、「最近よく目が合うね」とストレートに伝えてみるのがおすすめです。

あなたの方から接点を持とうとすることで、自分に自信が持てない相手も安心してあなたとコミュニケーションを取れるでしょう。

もしかすると、この会話をきっかけに2人の距離が一気に縮まるといううれしい展開も期待できるかもしれません。

嫉妬していてそっけないことも

奥手な異性に好意を寄せる中で、「あの人、自分にだけ態度がそっけない気がする…」と、つい落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

しかし、だからといって「あの人に嫌われているんだ」と決めつけてしまうのはやや早計です。

というのも、奥手な人の場合、うまくアピールできない苛立ちや嫉妬心からつい裏腹な言動をしてしまうといったことが少なくないのです。

気になる相手の態度に不自然さを感じたら、それが脈ありサインである可能性についてじっくりと考えてみる必要があるでしょう。

奥手な異性へアプローチするなら

並んで座る男女

では、奥手な異性との距離を縮めたいと思ったら、どのように行動するのが正解なのでしょうか。おすすめの効果的なアプローチ法を紹介します。

少しずつ仲を深めよう

奥手な異性との関係を進展させたいと望むのであれば、じっくりと時間をかけて少しずつ仲を深めていくよう心がけることが大切です。

自分に自信がなく自己評価が低い人は、異性から向けられた好意をすぐに信じることができません。

信じたい気持ちがある一方で、「でも、自分なんかに…」と思わずにはいられないのです。

にもかかわらず、性急で強引なアプローチをしてしまうと、あなたの熱意が伝わるどころか「遊びに違いない」と警戒心を抱かせる結果になってしまいます。

焦りは逆効果であることを肝に銘じ、丁寧に距離を縮めていくのがおすすめです。

相手のことを褒めよう

慎重で傷つきやすい人は、自分自身の繊細な心を守ろうとする防衛本能から他人と無意識に距離を取ろうとする傾向にあります。

そんな奥手な異性と特別な関係を築くためには、あなたに対する警戒心を完全に解いてもらうことを目指す必要があります。

そこでおすすめなのが、相手のよいところを見つけてその都度褒めるという方法です。

褒めることを繰り返すうち、やがて「この人は自分のことを分かってくれている」「信用できそうだ」とあなたへ心を許してくれるでしょう。

まずは異性としてではなく、1人の人間としての信頼関係を築くことが、奥手な異性との恋愛を進める大切なコツといえそうです。

積極的に好意をアピール

「自分からアプローチをすることが得意ではない」という奥手な男女の恋愛は、基本的に待ちのスタイルです。

真面目で一途な性格の持ち主でもあることから、たとえ「恋人がほしい」という気持ちになったとしてもやみくもに動いたり、誰でもいいから付き合ってみたりといったこともありません。

そんな奥手な異性の心を動かすのであれば、積極的に好意をアピールし、相手にあなたを恋人候補として認識してもらうことが大切です。

培ってきた1人の人間としての信頼関係をステップアップさせ、会話の中でさり気なく好意を伝えたり、特別扱いをしたりといった振る舞いを心がけましょう。

相手に「好意を抱かれている気もするけれど、自分の勘違いかも…」と思わせることのないように、やや大げさにアピールするくらいがちょうどよいかもしれません。

勇気を出して告白しよう

じっくりと時間をかけて2人の距離を縮め、あなたの好意を十分に伝えられたと感じたら、いよいよ告白のタイミングです。

もしかすると、この段階では「相手に好かれている」という手応えがあまり感じられないかもしれません。

しかし、奥手な人というのは基本的に恥ずかしがり屋であり、本心とは裏腹の振る舞いをしやすいタイプの人です。

相手があなたをどう思っているかについて正確に見極めるのが難しい以上、あなたの思いを届け、相手の本心を知る上で、告白はやはり必要不可欠な手段といえるでしょう。

ぜひ必要以上に思い悩まずに、勇気を出して告白してみましょう。

「期待薄で告白したら、思いがけず両思いだった」というのは決して珍しい話ではないのです。

まとめ

奥手な男女は、基本的に自己評価が低く、傷つくことを非常に恐れています。

こうした点に配慮せず、急激に距離を縮めようとすれば、相手に警戒されてしまい思いが成就する可能性は一気に低くなってしまうでしょう。

奥手な男女ならではのデリケートな性質に配慮して、すてきなところを褒めたり、それとなく好意を伝えたりといったアプローチを重ねることが、相手との関係をスムーズに進展させる秘訣といえそうです。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る