「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
雰囲気の悪いカップル
2020.11.27

マッチングアプリの初デートだけど帰りたい!対処法と裏技をチェック

マッチングアプリで初デート。帰りたい!

雰囲気の悪いカップル

そもそも、マッチングアプリで出会った人との初デートで「帰りたい」と思ってしまうのはいったいどうしてなのでしょうか。

まずはその主な原因からチェックしていきましょう。

アプリの写真と別人

マッチングアプリを通じた出会いでは、相手の外見を判断する材料が基本的にプロフィール写真しかありません。

万が一、相手が加工した写真を載せていたり、別人の写真を載せていたりした場合には、写真とのギャップに思わず帰りたくなってしまうのが自然な感情といえるでしょう。

イメージと違うという事実はもちろんのこと「写真と違いすぎる」というショックや怒りから、一刻も早くその場を立ち去りたくなってしまうのです。

全然しゃべらない

気になる異性と初デートを迎えるにあたっては、誰であれ「楽しみだな」「実際に会ったらどんな人なんだろう」と、期待と不安の入り混じった思いで臨むものです。

しかし、そこで現れた相手が全くしゃべらない人物だった場合、残念ながら期待していたような楽しい時間を過ごすことはできません。

それどころか、自分ばかりが一方的に話をする状況で気疲れしてしまい、「もうイヤだ」という気持ちになってしまうでしょう。

たとえそれが極度の緊張によるものだったとしても、全然しゃべろうとしない相手とのデートはやはり苦痛に感じてしまうのが実際のところといえそうです。

そもそもデートが楽しくない

デートにまつわる段取りの悪さや価値観の不一致などによって、デートが楽しくないというのも、「帰りたい」と感じてしまう大きな原因の一つです。

例えば、相手の方から「一度食事でもしようよ」と初デートに誘われたにもかかわらず、お店の予約どころか何を食べるかの候補すら考えられていなければ、「これはちょっと…」と感じてしまうのも無理はありません。

また、金銭感覚やマナーなど、2人の根本的な価値観や考え方が違う場合にも、お互いにズレを感じてしまい心からデートを楽しむことは難しいでしょう。

一緒にいて楽しくないというのは、2人の関係が発展する可能性が低いということでもあります。

貴重な時間を無駄にしないためにも、早めに切り上げるのがおすすめといえるでしょう。

帰りたいと思ったときの対処法

デートする男女

では、実際に「帰りたい」と思ったら、どのように対処するのが正解なのでしょうか。おすすめの行動や考え方を紹介します。

体調不良のせいにして帰る

「とにかく帰りたい」「これ以上は無理」そんな、「どうしても直ちにその場を離れたい」といった心理状態のときにおすすめなのが、体調不良を装うという方法です。

具体的には、頭痛や発熱・女性であれば生理を理由にするのもよいでしょう。

帰りたい理由が体調不良であるのなら、よほど自己中心的な相手でない限り無理に引き留めようとはしません。

「○○さんに会えるのをとても楽しみにしていたので、ちょっと無理をしてしまいました。本当にごめんなさい」と、相手を立てつつ丁寧に謝ることで、お互いに不快な思いをすることなくデートをお開きにできるでしょう。

短時間のデートプランに変更

中には、「すぐに帰るのは失礼だ」という相手への配慮から「帰りたい」と思いつつもストレートには伝えられないという人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、短時間のデートプランに変更するという方法です。

具体例としては、映画デートをカフェデートにしたり、ドライブデートの目的地を近距離のスポットに変更したりといった方法が考えられるでしょう。

この方法であれば、相手に「ナシだと思われたんだな」と思わせることなく、円満にデートを切り上げられます。

あらかじめ何種類かの変更可能なプランを用意しておくと、いざというときにスマートな対応ができるでしょう。

自分磨きの一環と考えて過ごす

「この人と恋人になることはなさそうだけれど、生理的に無理というほどではない」そんなときは、自分磨きの一環として予定通りデートをするというのも一つの方法です。

異性と2人で1日を過ごすというのは、ある意味異性相手の対人スキルを磨くまたとないチャンスです。

この時間を通じ、自分がどう振る舞えば相手はどう反応するのか・自分が相手にどんな印象を与えているのかなど、異性とのコミュニケーションにおけるたくさんのヒントが得られるでしょう。

より魅力的な自分になるための貴重な時間として、その日のデートを精一杯満喫するのがおすすめといえそうです。

デートを切り上げる裏技も

電話をする女性

デートを途中で切り上げるためには、いくつかの覚えておきたい裏技が存在します。中でも特におすすめの方法をチェックしていきましょう。

友達に電話をしてもらう

友達の協力が得られるのであれば、ぜひ実践したいのが友達から電話をしてもらうという方法です。

デートの日時が決まったら、デート開始後の希望のタイミングで電話をしてもらえるように友達へ依頼しておきましょう。

デート当日に友達からの電話を受けた際、すでに「もう帰りたい」と感じていたのなら、通話が終わると同時に「急用ができてしまったので、申し訳ありませんが今日はここで失礼します」とそそくさと立ち去ることが可能です。

一方、その時点でデートを楽しんでいたのなら、通話後もそのままデートを続ければOKです。誰でも簡単に挑戦できる、おすすめの裏技といえるでしょう。

アラーム設定で電話が来たふりをする

「電話の裏技に挑戦したいけれど、頼めそうな友達がいない」そんな人におすすめなのが、スマホのアラーム機能を利用するという方法です。

これは、あらかじめ自分で設定したアラームを電話の着信音と誤解させることによって行うもので、基本的な流れは友達に電話をしてもらった場合と同じです。

実際に通話相手がいないぶん、ある程度の演技力が必要になりますが、緊急事態を装うことで相手に有無をいわせずその場をあとにできるでしょう。

帰りたいと思っているサイン 男性編

時計を気にする男

マッチングアプリで出会った相手との初デートでは、自分自身はデートを満喫していても、相手の方は「帰りたい」と感じているといったことも起こり得ます。

相手の本音を知るヒントとして、まずは男性が見せる帰りたいサインをチェックしていきましょう。

頻繁に時間を確認する

一般的に、楽しい時間を過ごしている人は、時間の経過がほとんど気にならないものです。

むしろ、ふと一息ついたとき「もうこんな時間!」「あっという間だった」と感じるケースが大半といえるでしょう。

裏を返すと、デート相手の男性が頻繁に時間を確認しているようであれば、それは「まだこんな時間か…」「そろそろ帰ろうって言ってもいいかな…」と、デートを終わらせたい心理の表れと判断できます。

残念ですが、あなたの方から「今日はそろそろ帰ろうか」と切り出してあげるのが親切なのかもしれません。

スマホばかりいじる

デート中、相手の男性がスマホばかり見ているようであれば、それは明らかな帰りたいサインといってよいでしょう。

相手が誰であれ、2人きりの状態でスマホに集中するのは好ましい行為ではありません。

ましてや相手が初デートの相手であるのなら、ただ失礼なだけでなく、相手を戸惑わせてしまったり、不安にさせてしまったりするという点で明快なマナー違反といえるでしょう。

にもかかわらず、あえてスマホをいじるとするのなら、それは「あなたに興味がありません」「もう帰りたいです」という無言のアピールです。

お互いに時間の無駄と割り切って、早々にお開きにするのが正解といえるでしょう。

動作が落ち着かない

「せっかくの楽しいデート中なのに、相手がキョロキョロしたり、何度も席を立ったりと落ち着かない」そんなときも、相手が「帰りたい」と感じている可能性を検討する必要があります。

何かと動作が落ち着かないというのは、多くの場合、「居心地が悪い」「この場から早く立ち去りたい」という心理によるものです。

じっとしていられない気持ちが、さまざまな体の動きとなって表れているといってよいでしょう。

この場合、相手の本音は「できるだけ早く帰りたい」であると判断できます。今後があまり期待できないだけに、迷わずデートを切り上げるのがおすすめといえます。

帰りたいと思っているサイン 女性編

ファッショナブルな女性

では、女性が「もう帰りたい」と思っている場合に見られるサインにはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

話に身が入っていない

初デートで「やっぱり帰りたい」と感じた女性は、多くの場合、会話のノリや反応が目に見えて悪くなる傾向にあります。

これは、相手への興味が失われたことによって、話に身が入らなくなったからにほかなりません。

直接会う前のやり取りではお互いに前向きなコミュニケーションが取れていたにもかかわらず、初デートでは明らかに上の空に感じられるとしたら、残念ながら「イメージと違う」と思われてしまった可能性が高いでしょう。

「大丈夫!ここから挽回する!」という強い思いがないのであれば、深追いせずにデートを終わらせるのがおすすめです。

忙しいアピールをする

突然忙しさをアピールするというのも、女性が「帰りたい」と思ったときに見せがちなサインの一つです。

例えば、前日まではそんな素振りは見せなかったにもかかわらず、デート中に突然「明日早いから、今日は早めに帰らなきゃ」「このあとも用事があるの」といったことを言い出したなら、それこそが帰りたいサインといえるでしょう。

乗り気でない女性と無理をしてデートを続けても、楽しい時間を過ごすことはできません。

ここはあっさり手を引いて、次の出会いに気持ちを切り替えるのが得策といえそうです。

元気なさそうにする

デート中の女性がどことなく元気がないように感じたら、「体調が悪いのかな?」「何か気に障ることをしてしまったのでは?」と心配になる男性は多いのではないでしょうか。

実は、こうした男性の心理を利用して、あえて元気がなさそうに振る舞う女性も一部存在します。

このタイプの女性は、自分の様子を心配した男性が、自ら「今日はもう帰ろうか」と言ってくれるのを待っています。

自分からは何も言わず、相手の意志でデートを切り上げてもらうという、ある意味とても高度なテクニックといえるでしょう。

出会う人に帰りたいと思わせないために

電話で話す男性

マッチングアプリで出会った相手との初デートの際、相手に「帰りたい」と思われないためにはどのような点に注意をすればよいのでしょうか。

特に心に留めておきたい大切なポイントを紹介します。

プロフィール写真は盛らない

初デートの相手に「帰りたい」と思われないようにするのなら、まず意識したいのがプロフィール写真は必要以上に盛らないという点です。

マッチングアプリで出会う異性は、プロフィール写真で見たあなたをイメージしてデートへとやってきます。

もしも、抱いていたイメージと実物のあなたがあまりにもかけ離れていたとしたら、やはり「こんなはずでは」「帰りたい」と思われてしまうでしょう。

どんなにアプリ上で好印象を与えられたとしても、実際に会ったときにガッカリされてしまっては残念ながらよい結果は得られません。

プロフィール写真には、実際の自分のイメージをそのまま伝えられるものを選ぶことが大切です。

初デート前に電話をしておく

文章でのコミュニケーションは得意でも、実際に顔を合わせてのコミュニケーションは不得手という人は少なくありません。

もしもあなたがそのタイプであるのなら、「思っていたキャラと違うな」と思われてしまうことのないよう、初デート前に相手と電話で会話をしておくのがおすすめです。

事前に会話でのコミュニケーションを取っておくことで、大まかな会話のテンポがつかめると共に、お互いへの理解が深まります。

いざデート当日を迎えても、残念な思いをすることもされることもなく、リラックスした楽しい1日を過ごせるでしょう。

相手のプロフィールを読み込んでおく

初デートで相手に好印象を与え、「帰りたい」という気持ちにさせないようにしたいのであれば、事前に相手のプロフィールをしっかりと読み込んでおくことを忘れないようにしましょう。

例えば、相手のプロフィールに趣味が明記されているにもかかわらず、「趣味はありますか?」といった質問をしてしまえば、相手は「手当たり次第アプローチしているのかな」と、一気にあなたへ不信感を抱いてしまいます。

未来へとつながるデートを実現するのであれば、やはりデート前には改めて相手のプロフィールをじっくり見返しておくのがマナーといえるでしょう。

まとめ

マッチングアプリで出会った人との初デートでは、しばしば思っていた外見と違う・会話が続かないなどの理由から、「帰りたい」と感じてしまうことがあるものです。

もしも「相手には悪いけれど、やっぱり帰りたい」と感じたのであれば、体調不良を装ったり、友達からの電話を利用したりと、相手を不快にさせないよう配慮してデートを切り上げるのがおすすめといえるでしょう。

自分の感情だけでなく、相手の帰りたいサインにも気を配りながら、お互いに心から楽しめる初デートを実現させましょう。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る