「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
向き合う男女
2020.11.27

告白が成功しやすいタイミングはいつ?気になる人の脈ありサインも

告白はタイミングが重要って本当?

向き合う男女

そもそも、「告白にはタイミングが重要」といわれるのはどういった理由からなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

タイミング次第で振り向かせられるかも

人が異性から告白をされたとき、OKするかどうかを左右するポイントには、それまでの相手に対する印象やその場の雰囲気・自分自身の心理状態など、さまざまな要素があります。

これらの要素それぞれの水準が高ければ高いほど、告白の成功率も高まるといってよいでしょう。

つまり、告白に適したタイミングというのは、各要素の水準がまんべんなく高まっているタイミングのことにほかなりません。

このタイミングを正確に見極めることで、相手の心をあなたへと動かし、告白を成功に導くことも決して不可能ではないのです。

告白前にチェック!相手の脈ありサイン

赤い花とノート

告白のタイミングを計る上で、特に重視したいのが、気になる相手のあなたに対する気持ちです。

相手の気持ちを見極めるヒントとして、主な脈ありサインをチェックしていきましょう。

よく目が合う

「目は口ほどにものを言う」と言われるように、人の気持ちは本人が考える以上に目の動きへはっきりと表れているものです。

気になる異性ができたとき、知らず知らずのうちに相手を目で追ってしまうというのは、とてもよく知られた恋愛あるあるといえるでしょう。

もしも、好きな異性と「よく目が合うな」と感じるのであれば、それはあなたと同様に相手もあなたを目で追っていることの表れです。

お互いに意識し合っているこのタイミングで告白をすれば、成功の可能性はかなり高いといえるでしょう。

頻繁に連絡を取り合う

連絡を取り合う頻度は、多くの場合、お互いに対する興味・関心の強さに比例します

興味のない相手との連絡に対しては、最低限の対応こそするものの、自分から積極的にしようとは思わないのが一般的な人の心理といえるでしょう。

にもかかわらず、自然と頻繁に連絡を取り合っているようであれば、それはお互いに普通の人とは違う特別な感情があるからにほかなりません。

特に、相手からの連絡の頻度が明らかに高くなってきたと感じるタイミングは、告白を実行するまたとないチャンスといえそうです。

話の内容をよく覚えている

「ほかの人とした会話の内容はあまり覚えていないのに、好きな人との会話は細かいところまで覚えている」そんな人は多いのではないでしょうか。

「好きな人のことはどんなことでも知りたい」というのは、恋する人に共通する心理です。

特に意識はしなくても、相手の話の内容については自然と覚えていることが多いでしょう。

この点を踏まえると、好きな人と話をした際、過去に話した内容がよく出てくるようであれば、それは相手からの脈ありサインである可能性が高いと判断できます。

告白を考えるよいタイミングといえるでしょう。

恋愛話を聞きたがる

相手の恋愛状況が気になって、つい恋愛話を振ってしまうというのも、比較的多く見られる脈ありサインの一つです。

誰であれ、恋をすると、まず相手に恋人や好きな人がいるかどうかを確認したくなるものです。

それをしないままアプローチをして、相手に迷惑がられてしまうことを考えると、早い段階でしっかり確認しておきたいと考えるのはごく自然な感情といえるでしょう。

なお、その際の具体的な聞き方は人によってさまざまで、「恋人はいるの?」と直球で聞く人もいれば、「最近、恋愛の方はどうなの?」と遠回しに聞く人もいます

「何だか探られているような気がする」と感じるようであれば、それは相手の脈ありサインかもしれません。

デートに誘われる

数ある脈ありサインの中でも、特に相手の本気度が高いと考えられるのが、デートに誘われるというものです。

この脈ありサインが出た場合、相手はすでにあなたへの好意をはっきりと自覚しており、2人の関係を1段階ステップアップさせようと努力をしている過程にあると考えられます。

あなたが誘いをOKし、無事デートが実現した際は、告白をするどころか、相手の方から告白をされる可能性すらあるでしょう。

告白が成功しやすいタイミング

メガネとカレンダー

では、実際に告白をするにあたっては、どのようなタイミングを選ぶのが正解なのでしょうか。おすすめのタイミングの選び方を紹介します。

誕生日などの特別な日

告白が成功しやすいタイミングとして、まず挙げられるのが、相手の誕生日や2人共通の思い出の日です。

相手や2人にとって特別な日を選ぶことによって、相手を感激させられるのはもちろんのこと、あなたの誠実な思いがよりストレートに相手の心へ届くでしょう。

なお、こうした記念日を告白の日にすることは、2人の未来にとって、その日がより一層特別な記念日になるということでもあります。

毎年その日が訪れる度に、2人きりのロマンチックな記念日を過ごすことができるでしょう。

カップルで過ごしたいイベント前

クリスマスやバレンタインなど、カップルで過ごすことが暗黙の了解とされているようなイベントの前も、告白におすすめのタイミングの一つです。

普段はシングル生活を謳歌しながらも、こうしたイベントが近づくと、不思議と「恋人が欲しい」と感じてしまうという人は少なくありません。

好きな相手も同様に「恋人が欲しい」と感じていたとしたら、これこそまさに告白をするのに絶好のタイミングです。

「そろそろ告白したい」と思ったら、このタイミングを待つことであっさりOKがもらえるかもしれません。

いい雰囲気になったら

2人で話をしているとき、ふと無言が訪れて目と目が合った…そんないい雰囲気になった瞬間も、告白におすすめのタイミングといえます。

どちらか片方が「今、いいムードだな」と感じているときというのは、基本的にもう一方も同様の特別な空気感を感じ取っているものです。

「何か起きるかも」という直感が働くことから、仮に告白をしたとしても唐突な印象を与えることなく自然に受け入れてもらえる可能性が高いでしょう。

なお、こうしたいい雰囲気というのは、自分から演出することも可能です。

2人で恋愛映画を見に行ったり、カップルの多い場所を選んで訪れたりすることで、「今なら告白できるかも」というタイミングをつかむことができるでしょう。

告白の時間帯はいつがいい?

腕時計で時間を見る

告白を成功させるには、時間帯選びも大切なポイントです。成功率を高めるためにおすすめの時間帯をチェックしていきましょう。

OKが出やすいのは夜

一般的に、人が異性から告白をされた際、より前向きな返事をしたくなるのは夕方から夜にかけての時間帯だと考えられています。

これは、夕方から夜にかけてというのが、1日の疲れが出て理性的な思考や判断力が鈍り、より心の声に従いやすくなる時間帯であることに大きな理由があるといえるでしょう。

万が一、相手があなたとの関係に迷っている場合、この時間帯を選ぶことが最後のひと押しとなってOKをもらえる可能性が高いのです。

実際に告白をする際は、夕方以降の時間帯を一緒に過ごせるようなデートプランを立てておくのが正解といえます。

社会人なら仕事後のリラックスタイムに

社会人が、好きな人に告白をするのなら、成功しやすい時間帯を踏まえて仕事後のタイミングを選ぶのがよいでしょう。

一般的に、仕事が終わった後というのは、1日のタスクを完了し、開放的な気分を味わいつつのんびりくつろいでいるタイミングです。

このようにリラックスした状態であれば、告白という一大事に対してもネガティブな思考に流されにくく、前向きな答えを出しやすいといえます。

相手の繁忙期や残業状況などを事前にそれとなくチェックして、適切なタイミングを計るのがおすすめです。

告白のタイミングは何回目のデート?

カップルの手とコーヒーカップ

好きな相手とデートができる関係になり「何回目のデートで告白すればいいんだろう?」と悩んでしまう人は少なくありません。

おすすめのタイミングやデート回数ごとのポイントを確認していきましょう。

1回目のデートは相手を知る

中には、好きな人とデートができる喜びから、つい1回目のデートで告白を考えてしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。

1回目のデートの目的は、相手がどんな人なのかをお互いにじっくり知ることです。

たとえ普段からよく顔を合わせる関係だったとしても、集団で接するときと2人きりで接するときとでは少なからず違った印象を受けることもあるでしょう。

にもかかわらず、この段階で告白をしてしまえば、「まだよく分からないけど、期待させて待たせるのも悪いな」と、NOを告げられる可能性が高くなってしまいます。

1回目のデートは、お互いの意外な一面に触れ、理解を深められれば十分と考えるのが正解といえるでしょう。

2回目のデートで好意を確認

無事2回目のデートを迎えられたというのは、1回目のデートでお互いに好印象を抱いた何よりの証です。

この段階では、告白へ向けた準備として、より親密度を高めつつ、お互いの好意を確認するのが主な目的になるでしょう。

具体的な振る舞い方としては、これまでよりもやや物理的な距離を縮めたり、相手を褒めたりなど、それとなく自分の好意を伝えていくのがおすすめです。

相手がどう反応するかによって、2人の関係を進めるか否かの最終的な決断を下しましょう。

3回目のデートで告白がおすすめ

3回目のデートは、いよいよ告白のタイミングです。

この段階では、お互いの好意がほとんど明らかなため、相手も「そろそろ告白されるかも」という期待を抱えてデートに臨んでいます。

仮に、ここで告白をせずに終わってしまった場合、「両思いと思っていたけれど違ったんだな」との誤解から、せっかくの関係が終わってしまうかもしれません。

お互いの好意をスムーズに正式な交際へと発展させるためにも、このタイミングを逃さず告白するのが大切といえるでしょう。

1・2回目のデートでしっかりと段階を踏めていれば、よほどのことがない限り告白は成功します。安心してありのままの思いを相手へと伝えましょう。

告白におすすめのスポット

2つのワイングラス

「今日こそ告白するぞ」と心に決めていても、うまく場所が見つけられずタイミングを逃してしまうというのはよくある話です。

あらかじめ心に留めておきたいおすすめの告白スポットをチェックしていきましょう。

デート後の帰り道

いざ「告白しよう」と決意を固めてデートに臨んでも、「このタイミングでは不自然かな」「もしNOの返事だったらこの後が気まずいな」と、なかなか実行に移せないという人は多いのではないでしょうか。

そんなとき、ぜひ検討したいのがデートの帰り道での告白です。

デートの帰り道というのは、楽しかったデートの余韻から、お互いへの好意がかなり高まっている状態です。

「もっと一緒にいたい」という気持ちも相まって、OKの返事をもらえる可能性をグッと高められるでしょう。

可能であれば、デート当日の帰り道になりそうなルートを事前に調べておくのがおすすめです。

「ここで告白する」とあらかじめ決めておくことで、告白へ挑む勇気をより一層奮い立たせることができます。

ロマンチックな夜景スポット

「告白をされるなら、ロマンチックなムードたっぷりの場所がいい」そう考える人は少なくありません。

大切な人へ思いを告げるのであれば、雰囲気のある場所選びにもぜひこだわっておきましょう。

中でもおすすめは、夜景がきれいなスポットです。夜景スポットというと、「少しベタすぎるのでは…」と考える人もいるかもしれません。

しかし、定番化しているというのは、それだけ多くの人から支持されていることの表れでもあります。

告白の場所に迷っているのであれば、ぜひ夜景スポットを候補の一つとして検討してみましょう。

特に、相手がロマンチストなタイプであるのなら、これ以上はない告白スポットになるはずです。

距離が縮まるテーマパーク

「楽しい雰囲気の中で記憶に残る告白がしたい」そんな人におすすめなのが、テーマパークでの告白です。

テーマパークというのは、誰もが日常の慌ただしさやネガティブな感情を忘れ、童心に返って無邪気にはしゃげる場所といえます。

そんな特別な場所で1日たっぷり一緒に過ごすことができたなら、お互いの親密度や好感度はこれまでになく高まることになるでしょう。

テーマパーク全体を見渡せる観覧車や、相手のお気に入りのアトラクション前などを選んで告白をすれば、きっと快い返事をもらえることになるはずです。

おしゃれなレストラン

落ち着いた大人の雰囲気漂うおしゃれなレストランも、告白をする際におすすめなスポットの一つです。

好きな人との食事デートが決まり、告白を決意したのなら、ぜひいつもよりもややハイクラスのレストランを予約しておきましょう。

普段とは違ったラグジュアリーな雰囲気に、きっと相手もあなたの気持ちを察し、心の準備を固めてくれるはずです。

なお、相手の性格によっては、お店を訪れた瞬間に「いくらかかるんだろう」「支払えるだろうか」と不安に感じることがあるかもしれません。

相手に雑念を抱かせず、告白に焦点を合わせるためにも、あらかじめ何らかの理由をつけて「今日は自分がごちそうする」という意志を明確にしておくとよさそうです。

一緒に食事に行った際の告白のタイミング

ワインを注ぐ

では、食事デートでの告白に適したタイミングとはどのようなものなのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

会話の流れで自然に

相手にプレッシャーを与えないスマートな告白を考えているのなら、会話の流れを利用した告白がおすすめです。

例えば、恋愛系の話題になったとき、「○○さんの恋人になれたら幸せなのに」「相手がいないなら自分と付き合ってほしいな」など、本気とも冗談とも取れるニュアンスで切り出してみましょう。

相手にその気があるのであれば、チャンスと捉えて前向きな返事をするはずです。一方、その気がないのであれば、冗談として流そうとするでしょう。

好きな人が職場の同僚や昔ながらの友人など、「NOだったら気まずいな」と考えてしまう相手の場合にぜひ活用したい方法といえそうです。

食事が終わってから

「告白をするのなら、正々堂々と気持ちを伝えたい」そんな人は、食事が終わって一息ついたタイミングでの告白が正解といえます。

食事が終わり、テーブルの上もほぼ片づいたタイミングというのは、気が散る要素がないだけに自然とお互いへ意識が向いているものです。

このタイミングで告白を切り出すことによって、あなたの言葉をストレートに相手へと届けることができるでしょう。

「相手の返事はともかく、まずは自分の思いを相手に知ってほしい」そんな気持ちが強い人に特におすすめな告白のタイミングです。

きゅんとくる告白のセリフ

メモをとる人

好きな人へ思いを伝えるにあたり、悩みの種となりがちなのが告白のセリフではないでしょうか。

相手をきゅんとさせ、OKの返事を引き出すために効果的な告白のセリフを紹介します。

相手の魅力を伝える

相手をきゅんとさせる告白をするのなら、ぜひ意識したいのが告白の中で相手の魅力を伝えるという点です。

特に、相手が異性に対する警戒心の強いタイプだった場合、単純に好意を伝えても「自分のことを本当に分かってくれているのだろうか」と素直に受け止めてもらえないことが少なくありません。

しかし、告白の際にあなたの感じる相手のよいところをしっかりと伝えれば、誤解を招く心配なくあなたの気持ちを伝えられます

「いつも人のために行動してるところがすてきだと思う」「笑顔で元気をもらえる」など、恥ずかしがらずに伝えることで、相手の気持ちをあなたへと大きく傾けることができるでしょう。

未来を思わせる言葉

一般的に、人は異性との交際について「誠実な相手と安心して付き合いたい」と考えるものです。

明らかに遊び感覚の告白や、未来を考えられない相手からの告白は、やはり受け入れられない人が大半といえるでしょう。

そこでおすすめなのが、「これからも一緒に笑っていたい」「ずっと大切にします」など、2人の幸せな未来がイメージできるような言葉を選んで告白するという方法です。

「そんなにも自分のことを思ってくれているんだ」と心打たれた相手は、きっとあなたとの正式な交際について前向きに検討してくれることでしょう。

シンプルに「好き」

相手をきゅんとさせる告白の定番といえば、やはり「好き」という直球の告白です。

相手の性格にもよりますが、「きれいな言葉で思いの丈を伝えられるよりも、ただひとこと好きと言ってほしい」という人は少なくありません。

ごまかしようのないシンプルな言葉だけに、口にするのは勇気がいるセリフではありますが、そのぶん相手の心を動かす効果は高いでしょう。

「いざ告白となったら緊張して考えていた言葉を忘れそう」という人にとってもうれしい告白のセリフといえそうです。

こんなタイミングはNG!

カフェにいる女性

告白にぴったりなおすすめのタイミングがある一方で、反対に、告白は避けるべきというタイミングも存在します。

中でも特にNGなタイミングについて確認していきましょう。

焦って告白

相手への恋愛感情が高まるにつれ、「のんびりしていたらほかの異性に取られてしまうのでは」と不安になってしまうという人は多いのではないでしょうか。

しかし、だからといって焦りからの告白は禁物です

たとえあなたの方は相手のことをしっかりと理解できていたとしても、相手も同じだけあなたについて理解できているとは限りません。

万が一、相手にとってあなたが数多くいる知人の1人といった段階で告白をしてしまえば、「うれしいけれど、よく知らない人だから」と断られてしまう可能性が高いでしょう。

相手と正式に恋人同士になることを望むのであれば、やはりある程度の時間をかけて関係を築いてから告白をするのがセオリーといえそうです。

相手の状況を無視

相手の仕事が忙しかったり、悩みを抱えていたりといった時期も、告白のタイミングとしてはNGです。

一般的に、肉体的・精神的に余裕がない人は、恋愛にまで頭が回らないものです。

にもかかわらず、相手の状況を無視して告白をしてしまえば、OKがもらえないのはもちろんのこと、「空気の読めない人だな」という印象を与えてしまいかねません

あなたの個性や魅力をしっかりと見てもらうためにも、相手が落ち着いて対応できるタイミングを計るのがおすすめといえるでしょう。

時間をかけすぎる

必要以上に焦って告白をするのはNGですが、かといって時間をかけすぎての告白もおすすめできません

お互いに異性として好意を持っている2人でも、友達以上恋人未満の時期が長く続いてしまえば、いずれはどちらともなく気持ちが冷めてしまいます。

場合によっては、「もっと早く告白していれば…」という、苦しい後悔を長く引きずることになってしまうでしょう。

告白にも旬のタイミングがあることを忘れず、「今だ」と感じたら迷わずに一歩踏み出す勇気が必要といえそうです。

もしも告白のタイミングを逃したら

花とメイクブラシ

時間をかけすぎての告白がNGとはいえ、「気づいたらタイミングを逃してしまった」といったことがないとも限りません。

そんなときにおすすめの対処法を紹介します。

周囲に協力してもらう

いったん告白のタイミングを逃してしまうと、「今更かな…」という気持ちが先立って、積極的なアプローチがしにくくなるものです。

「それでもやっぱり諦められない」と感じるのであれば、思い切って友人など周りの力を頼ってみましょう

具体的には、共通の友人にグループデートを提案してもらう・さり気なく2人きりにしてもらう・会話の中であなたのよい点をアピールしてもらうといった方法が挙げられます。

周囲の協力のもと、2人の接点を増やしたり、相手があなたへ好印象を抱くよう促したりしてもらうことによって、自然な形で再び告白のチャンスが巡ってくることになるでしょう。

自分磨きをして魅力をアピール

「完全に友人になってしまって今更告白もできないし、共通の知人もいない…」そんなときは、相手にとって魅力的な異性になることからチャレンジしてみるのがおすすめです。

ただの友達と思っていた相手でも、異性としての魅力を再確認したり、意外な一面を目にしたりすることで突然に恋愛対象として意識してしまったというのは珍しい話ではありません。

服装や髪型をイメージチェンジする・新しい趣味を見つけて打ち込んでみるなど、まずは自分を磨き、相手にとって魅力的な異性になるための努力をしましょう。

地道に努力を重ねる中で、相手の方から告白されるといった思いがけない展開も期待できるかもしれません。

まとめ

好きな人への告白を成功させるには、相手の気持ち・時期・時間帯・デートの回数など、さまざまな面で適切なタイミングを見計らうことが大切です。

特に、関係が深まっていない時期や、相手が心身に余裕がない時期のようなタイミングでの告白は、告白を受け入れてもらえないどころか、相手にネガティブな印象を与えてしまうため避けましょう。

相手の脈ありサインを参考にしつつ、相手の心を動かす告白のセリフを選ぶことで、きっとあなたの真摯で熱い思いが相手の心を動かすことになるはずです。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る