「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
結婚式
2020.11.27

お見合い結婚でも幸せになれる?流れやコツを知り後悔しない選択を

昔はお見合い結婚が普通だった?

結婚式

「今とは違い、昔はお見合い結婚が普通だった」そんな言葉を聞いたことはありませんか?

まずは、お見合い結婚にまつわる詳しい情報を整理していきましょう。

家族や知人からの紹介で

現代のお見合い結婚は、一般的に、結婚相談所やインターネットを利用した婚活サービスを利用して行われます

身近に条件に合う異性がいなくても、サービスを通じてさまざまな異性を紹介してもらえるため、出会いのチャンスは豊富にあるといえるでしょう。

一方、現代のようなサービスが存在しなかった時代の婚活は、家族や知人など、お互いの共通の知り合いを通じて紹介されるのが一般的でした。

本人同士の面識がないままに結婚が決まるという、現代ではあまり聞かれないような話も珍しくなかったのが、かつてのお見合い結婚といえるでしょう。

現在のお見合い結婚の割合

グラフ

「古めかしい結婚の手段」というイメージで考えられがちなお見合い結婚ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

現代のお見合い結婚にまつわる詳しいデータを確認していきましょう。

お見合いをしたことがある男女の割合

リクルートブライダル総研が行った調査によると、2019年時点において、恋愛や結婚の意志がある20代男性の4.0%・女性の1.5%が結婚相談所を通じた婚活の経験があると答えています。

ネット系婚活サービスがそれぞれ17.9%と19.3%・婚活パーティーやイベントでそれぞれ4.6%・8.1%であることを考えると、結婚相談所利用者の割合は決して極端に小さいとはいえません。

結婚相談所をはじめとするお見合いでの婚活は、少数派ながらも安定して一定の支持を集めている結婚の手段といえるでしょう。

出典:婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研調べ)

お見合いで結婚をした男女の割合

平成27年版厚生労働白書によると、2005~2009年の期間における初婚同士の夫婦のうち、恋愛結婚をした夫婦は88.0%・お見合い結婚をした夫婦は5.3%という調査結果が出ています。

なお、1965~1969年の期間では、恋愛結婚48.7%・お見合い結婚44.9%とほぼ同率で、それ以前ではお見合い結婚の割合が恋愛結婚を上回っていました。

恋愛結婚が主流となったのは、ここ40年ほどにかけてのことであるといえそうです。

出典:平成27年版厚生労働白書 − 人口減少社会を考える −

お見合い結婚の種類

PCを操作する女性

お見合い結婚と一口にいってみても、その種類はさまざまです。主な種類とそれぞれの詳しい特徴をチェックしていきましょう。

結婚相談所

お見合い結婚を考えた際に利用するサービスとして、まず挙げられるのはやはり結婚相談所ではないでしょうか。

結婚相談所を利用した婚活の最大の特徴は、何といってもそのサービスの手厚さです。

自分の好みや希望に合った異性を紹介してくれるのはもちろんのこと、お見合いのセッティングから成婚へのアドバイスなど、成婚に必要なあらゆる条件が整っているといっても大げさではありません。

一人一人にきめ細やかな対応がなされるぶん、料金は比較的高い傾向がありますが、婚活に対する真剣度が高い人の間で特に人気のあるサービスです。

データマッチング型サービス

近年、お見合い型の婚活サービスの中でも特に広く人気を集めているのがこのデータマッチング型サービスです。

このタイプのサービスでは、多くの場合、結婚相談所のようなきめ細やかな個別対応はありません。専任のスタッフこそいるものの、マッチング後のアプローチなどは、基本的に自分自身の力で行う必要があるでしょう。

一方で、会員の身元にまつわる信頼度の高さには定評があり、入会時には、独身証明・学歴証明・収入証明などの提示が義務づけられているサービスがほとんどです。

「お見合いタイプの婚活がしたいけれど、結婚相談所はハードルが高い」という人や「信頼できる相手とできるだけ多く出会いたい」という人におすすめの婚活サービスといえるでしょう。

インターネット型サービス

「気軽にたくさんの異性と出会いたい」「できるだけコストを抑えた婚活がしたい」そんな人たちの間で広く利用されているのがインターネット型の婚活サービスです。

このタイプの婚活サービスでは、結婚相談所やデータマッチング型サービスとは違い、カウンセラーのような仲介者となる人物が存在しません。

成婚をかなえるのであれば、自分から動く積極的な姿勢が必要になりますが、そのぶん自分のペースで無理のない婚活ができるでしょう。

なお、インターネット型サービスでは、それ以外のサービスに比べて身元証明にまつわるハードルが低い傾向にあります。

場合によっては、気に入った相手のプロフィールがほとんど嘘だったり、既婚者だったりといった可能性もゼロではありません。

気軽に利用できる一方で、相手の人となりをしっかりと見極める目が必要な婚活サービスといえるでしょう。

お見合い結婚の流れとは

相談する

では、実際のお見合い結婚は、一般的にどのような流れで行われるものなのでしょうか。

結婚相談所タイプのお見合いをする際の詳しいステップを確認していきましょう。

相手の条件を伝える

いざお見合いをしようと思ったら、まずは仲人(仲介業者)へ自分自身の情報と共に希望する相手の条件を伝えましょう

このとき、自分をよく見せようとプロフィールを盛ってしまったり、相手に求める条件を実際よりもゆるくしてしまったりする人もいますが、これはあまりおすすめできません。

この場合、仮にその情報をもとにたくさんの異性を紹介してもらえたとしても、最終的に「やっぱり違う」と成婚に至らずに終わってしまう可能性が高いでしょう。

自分が求める異性をピンポイントで探すには、自分自身については嘘偽りなく、また求める条件についてもできるだけ細かく伝えることが大切といえそうです。

お見合いを設定してもらう

登録されている異性のプロフィールを見る中で、「いいな」と思う相手が見つかったなら、仲人を通じてお見合いを設定してもらいます

とはいえ、万が一相手の了承が得られなかった場合には、残念ながらお見合いをすることはできません。

お見合いを依頼する際は、相手が求める異性像に自分が合致しているかどうかもしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

なお、このタイプのお見合いでは、自分から相手を選ばなかったとしても、定期的に仲人を通じて相性のよさそうな異性を紹介してもらえます

自分から動くのが苦手な人の場合、この紹介をメインに相手選びをするのが一般的といえるでしょう。

デートを重ねる

いざお見合いが成功し、お互いに好印象を得られたら、いよいよ個人的にデートを重ねて1対1の関係を築いていきましょう。

この段階で行うデートは、一般的な恋愛関係でのデートとは違い、あくまでも結婚を見据えてお互いの相性を見極めるためのものです。

お互いの大切な時間を無駄にしないためにも、この期間を無意味に引き伸ばすのはおすすめできません。

個人の性格にもよりますが、1~3カ月程度のお試し期間を設け、正式な交際に移行するかどうかを決断するのが一般的です。

お付き合い後、成婚へ

デートを重ねた結果、無事正式な交際へ至ることができたなら、ここから先は基本的にとてもスピーディーに進んでいきます。

お互いに結婚の意志を持った上でお付き合いをしていることもあって、3カ月程度のうちにプロポーズが行われるケースが多いでしょう。

プロポーズが成功すれば、そのまま成婚となります。

カップルによってペースは違うものの、実際にお見合いをしてから成婚に至るまで、半年から長くて1年というケースが主流です。

お見合い結婚って幸せになれるの?

結婚指輪

お見合い結婚について考えたとき、つい気になってしまうのが「恋愛感情なしで本当に幸せになれるのか」という点ではないでしょうか。

実際のところはどうなのか、お見合い結婚ならではの幸福ポイントを紹介します。

穏やかに関係を築くことができる

お見合い結婚について、「愛情のない冷たい結婚生活」というイメージを持つ人は珍しくありません。

確かに、条件に合った者同士として出会うお見合い結婚は、成婚の時点で恋愛結婚のようなお互いに対する特別な愛情を持たないことがほとんどです。

しかし、これは裏を返せば、お互いに対する感情がフラットな状態で結婚生活を始められるということでもあります。

「月日がたつ中で恋愛感情が薄れ、関係が冷えてしまった」といった心配もなく、人生を共にするかけがえのないパートナーとして、ゆっくりと穏やかに関係を深めていけるでしょう。

離婚率が低い理由って?

「お見合い結婚の離婚率は低い」そんな言葉を耳にしたことはありませんか?

以下、そう考えられている主な理由をチェックしていきましょう。

  • マッチングの時点で経済面・家事能力など、お互いに満足できる条件が整っている
  • 恋愛感情に左右されず、お互いを冷静に見極めているために「こんなはずでは…」が少ない
  • 相手に過剰な幻想を抱いていない

お見合い結婚の離婚率の低さは、結婚する時点でお互いの人柄や条件を冷静に見極められていることによるところが大きいといえそうです。

お見合い結婚のメリット

カウンセラー

では、お見合い結婚のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。その主なポイントを紹介します。

真剣度の高い相手と出会える

お見合い結婚をするメリットとして、まず挙げられるのが結婚について真剣に考えている相手と出会いやすいという点です。

婚活の方法にはさまざまなものがありますが、婚活と銘打つサービスを利用しているからといって、誰もが今すぐの結婚を望んでいるワケではありません。

中には、「将来の結婚相手に出会えればいいな」という程度の軽い気持ちで婚活の場に参加している人もいるでしょう。

しかし、お見合いの場合、目的はあくまでも結婚です。

自然と結婚に対する真剣度の高い人だけが集まるため、大切な時間を無駄にすることなく理想の結婚をかなえることができるといえそうです。

結婚カウンセラーがサポートしてくれる

利用するお見合いサービスにもよりますが、結婚カウンセラーによるきめ細やかなサポートも、お見合い結婚を選ぶ大きなメリットの一つです。

真剣に結婚を考えつつも、日々仕事などで忙しく、相手を探す十分な時間が取れないという人は少なくありません。

また、マッチングこそできるものの、人見知りだったり、異性が苦手だったりでそこから先へなかなか進めないという人もいるでしょう。

結婚カウンセラーは、そんな一人一人の悩みに寄り添い、相手探しやアプローチのアドバイスなど、さまざまな面で手厚いサポートをしてくれる存在です。

「1人じゃない」という安心感を得られることもあって、より前向きに婚活へ臨むことができるでしょう。

結果が出るのが早い

お互いに「結婚すること」を目的に臨むお見合いでは、相手に対する「イエス」と「ノー」がとても明快です。

長い人生を共にするパートナー選びという失敗できない選択の場であることから、どちらか一方が「この人は違うな」と感じれば、その時点で2人の関係に未来はありません。

ある意味とてもシビアな婚活方法ですが、お互いに意志を明確にするぶん、相性のよい相手との関係はとてもスムーズに進展します

うまくいくにしても、残念な結果に終わるにしても、結果が早く出るというのは、できるだけ早い成婚を望む人にとってとても大きなメリットといえるでしょう。

理想の相手と巡り合えるかも

恋愛結婚の場合、まずはお互いの恋愛感情が優先されるため、相手のスペックと自分の求める条件とが合致しないといったことが起こりがちです。

いざ結婚生活がスタートし、お互いの恋愛感情が薄れるにつれ、「もっと冷静に相手を選べばよかった」と感じる人も多くなる傾向にあるでしょう。

その点、お見合い結婚の場合、基本的な希望条件がそろった相手同士で話が進むため、「相手選びを間違えた」と感じる可能性はグッと低くなります。

お互いが相手に満足しながら安定した結婚生活を送れるのは、やはりお見合い結婚の大きなメリットといえるでしょう。

お見合い結婚で後悔すること

ブーケ

メリットいっぱいのお見合い結婚ですが、かといって、デメリットが全くないというワケではありません。

以下、お見合い結婚で後悔しがちなポイントを紹介します。

愛情を持てないのがつらい

お見合い結婚のデメリットを考えたとき、まず挙げられる点として「相手に愛情が持てない」というものがあります。

特に、結婚を決めた時点で「お見合いからのスタートでも、いずれは深い愛情が持てるはず」という期待が大きかった場合、結婚後の夫婦関係に悩みを抱きやすい傾向にあるでしょう。

また、会社の倒産や病気など、どちらかに不測の事態が起こった場合、お互いの愛情が育まれていない状態では一気に関係が終わりを迎えてしまう可能性も否定できません。

人生の運命共同体であるパートナーを選ぶ際は、仮に恋愛感情が持てなかったとしても、何があっても「この人となら一緒に頑張れる」と思える相手かどうかを見極めることが大切といえるでしょう。

周りの目を気にしてしまう

「本当は恋愛結婚に憧れていたけれど、結果的にお見合い結婚になった」という人が陥りがちなのが、「周りの目や世間体が気になっていたたまれない」という心理です。

このタイプの人の多くが、自覚の有無にかかわらず「お見合い結婚は恋愛結婚をできない人がするもの」「人に知られたら恥ずかしいこと」という固定観念を持っています。

中には、自分で自分を卑下し、お見合い結婚である事実を必死で隠そうとする人も珍しくありません。

とはいえ、恋愛結婚もお見合い結婚も、人生におけるパートナー選びの一つの方法であり、そこに優劣はありません

ある意味、考え方一つであっさり断ち切れるタイプの後悔といえるでしょう。

お見合い結婚を成功させるコツ

夕陽の中でキスするカップル

お見合い結婚を成功させるためには、いくつかの大切なコツがあります。

理想のパートナーと出会い、無事に成婚をかなえる上で、特に覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

アドバイスを素直に聞く

お見合い結婚をスムーズに成功させるなら、素直に人のアドバイスへ耳を傾け、積極的に取り入れることが大切です。

人にはそれぞれ、自分自身の気づいていない長所や短所があるものです。

異性から見て「これはちょっと…」と思ってしまう一面があるにもかかわらず、「自分が結婚できない理由が分からない」と感じている人は案外多いといえるでしょう。

結婚カウンセラーや親しい友人などのアドバイスは、そんな自分自身では気づけない改善点を知る上で欠かせないものです。

素直に受け入れて努力をすることで、異性に与える印象をよい方向へと大きく変えることができるでしょう。

積極的にデートをする

お見合い結婚では、恋愛結婚に比べ、相手に出会ってから正式に結婚を決めるまでの期間が短いのが一般的です。

お互いを正しく見極め、後悔のない結婚生活を送るためにも、交際期間中はできるだけ多くのデートを重ねましょう

どんなに希望条件が一致している者同士でも、根本的な価値観に大きなズレがないとは限りません。

例えば、お互いに収入面での条件がクリアできていたとしても、お金のつかい方に対する考え方に大きな違いがあれば、円満な結婚生活を送るのは難しいといえます。

交際中のデートは、こうしたお互いの価値観や本質的な性格を見極める大切な機会です。決しておろそかにせず、積極的に行いましょう。

理想を高く持ちすぎない

希望条件に合う人という前提で関係を深めていくお見合い結婚ですが、かといって、あまりにも理想を高くしてしまうのはNGです。

人生のパートナーを選ぶ以上、少しでも条件のよい人を望む気持ちは自然なことではありますが、条件を絞ればそのぶん該当する異性の数は減り、成婚の可能性も低くなってしまうでしょう。

また、婚活の場では、自分が相手を選ぶのと同様に自分も相手に選ばれる必要があります。

自分自身のスペックと相手に求める条件とのバランスを考えることが、お見合い結婚における成婚のコツといるでしょう。

自分に合う結婚相手を見つけるには

中には、「そもそも自分に合った相手の見つけ方が分からない」という人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、自分と相手との結婚生活をリアルにイメージしてみるという方法です。

夫婦での買い物や食事・休日の過ごし方など、相手と過ごす何気ない日常生活を丁寧にイメージしてみましょう。

日常生活の中で抱く相手への印象は、そのまま2人の相性を表すものといっても大げさではありません。

「楽しそうだな」と感じるのであれば自分に合った相手、「いまいちだな」と感じるのであれば自分には合わない相手と判断してよさそうです。

出会いがないならマッチングアプリ

スマホを持つ女性

お見合い結婚を考える主な理由が出会いのなさにあるのなら、ぜひ検討したいのがマッチングアプリを利用した出会いです。

マッチングアプリの魅力をチェックしていきましょう。

手軽に異性と出会うことができる

マッチングアプリを利用する最大のメリットといえば、何といってもその手軽さです。

スマホ1台で出会い探しができるため、出会いのためにわざわざ時間を作ったり、必要以上にコストをかけたりする必要がありません

また、マッチング後はメッセージのやり取りからのスタートとなることもあって、いきなり直接顔を合わせなくてよいというのもうれしいポイントといえるでしょう。

人見知りタイプの人はもちろんのこと、仕事などで多忙な人や、周囲にあまり異性がいないという人にもぴったりの出会いの方法といえそうです。

価値観の合う人と出会うことができる

マッチングアプリでは、登録の際に自分自身の詳細なプロフィールを記載します。

マッチングの際はお互いにこのプロフィールを参考にすることから、条件や価値観がかけ離れた相手とマッチングしてしまうといった心配がいりません

アプリにもよりますが、身長・体重・職業・趣味・居住地・嗜好品など、お互いの人となりを知るための基本的な項目はプロフィール上にほとんどそろっています。

価値観の近い相手かどうかを確認してから距離を縮められるというのは、お見合い結婚に通じる大きなメリットといえるでしょう。

まとめ

現代のお見合い結婚は、求める条件に合う人とお見合いをして、お互いに気に入れば一定期間の交際を重ねて結婚、という流れで行われるのが一般的です。

お互いがパートナーに希望する条件を事前に出し合っていることから、結婚後に「こんなはずでは…」となりにくく、穏やかで安定した結婚生活を送れるのがお見合い結婚の大きなメリットといえるでしょう。

とはいえ、中には「相手に愛情が持てない」「周囲の視線が気になってしまう」などの理由からお見合い結婚を後悔する人も存在します。

お見合い結婚のみにとらわれず、マッチングアプリの利用なども検討しながら自分に合った婚活方法を選ぶのがスムーズな結婚への近道といえるでしょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る