「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
仲の良い男女
2020.10.28

嫉妬深い女性とうまく付き合う方法とは?彼女の気持ちに寄り添おう

女性が嫉妬をする瞬間

仲の良い男女

そもそも、女性が嫉妬心を感じるのはどのような瞬間なのでしょうか?具体的なシチュエーションをチェックしていきましょう。

自分以外の女性を褒めたとき

嫉妬深い女性は「愛されたい」という欲求が人一倍大きい傾向にあります。

恋人から愛され続けるためにも「恋人にとって常に1番の存在でいたい」という思いが強く、恋人がほかの女性に意識を向けることが許せません。

たとえそれが、たまたまテレビに映っていた芸能人であったとしても、恋人が一言褒めたなら、激しい嫉妬心を感じずにはいられないでしょう。

「どうせわたしはこの人みたいにきれいじゃないですよ」「彼、本当はこういう女性が好きなのかな…」そんな気持ちが、より一層嫉妬心を駆り立ててしまうのです。

女友達と仲良くしているとき

嫉妬深い女性は、恋人の周囲にいる女性に無意識の対抗心を燃やす傾向にあります。

基本的に全ての女性を恋のライバルと考えてしまうため、恋人の女友達に対しても当然のように嫉妬の炎を燃やしてしまうでしょう。

このタイプの女性にとって、恋人がほかの女性と個人的に親しくしているというのは、それ自体が本来耐えられない行為です。

ましてや、親しげに振る舞っている様子を目の前で見たとしたら、とても冷静ではいられないのが実際のところといえるでしょう。

あなた自身にその気がなかったとしても、個人的に仲のよい女友達はもちろん、交流のある女性はみな恋人の嫉妬の対象になり得ると考えてよさそうです。

嫉妬をしやすい女性の特徴

遠くを見て考え事をする女

では、嫉妬をしやすい女性というのはどのようなタイプの女性なのでしょうか。嫉妬しやすい女性に見られがちな特徴をチェックしていきましょう。

依存・執着しやすい

嫉妬をしやすい女性によく見られる特徴として、まず挙げられるのが恋人に対し依存・執着しやすいという点です。

このタイプの女性は、自分自身と恋人との境界線が曖昧で、恋人と自分とを同一視してしまう傾向があります。

「恋人がいなくなったらわたしはもうダメだ」「この人はわたしの運命の人だ」と心から信じ、相手にその思いを押し付ける可能性が高いでしょう。

恋人のことを自分だけの特別な存在と思っているからこそ、それを奪うかもしれない存在に対して激しい嫉妬を感じてしまうのです。

自分に自信がない

嫉妬しやすいタイプの女性は、基本的に自分に自信がありません

「わたしには魅力がない」「わたしなんかが愛されるはずがない」といった無意識の思い込みを持っているために、恋人からの愛情も心から信じられずにいるのです。

自信がない女性のこうした心情は、そのまま恋人に捨てられる不安へと直結します。恋人を失いたくないと思えば思うほど、周囲の女性に対する警戒心や嫉妬心もまた大きく膨らんでいくでしょう。

恋人への愛情と、恋人の気持ちを信じきれないジレンマが、ほかの女性に対する嫉妬心として表れてしまうタイプといえそうです。

嫉妬をしているときの女性の心理

山の景色を見る男女

嫉妬深い彼女とうまく付き合っていくためには、彼女が嫉妬をしている心理について理解することが大切です。

以下、嫉妬しているときの女性の主な心理をチェックしていきましょう。

彼氏を取られないか不安

女性が嫉妬を感じるとき、その根本的な原因となっているのは、彼氏を失うことに対する不安や恐怖です。

「ほかの女性に彼氏を奪われるかもしれない」という不安があるからこそ、ついライバルとなりそうな女性に対して嫉妬心を抱いてしまうといってよいでしょう。

男性からすると「ちょっと心配しすぎなのでは?」と思ってしまうことがあるかもしれませんが、「自分がこんなに大好きな彼氏なのだから、きっとほかの女性に狙われているはず」と考えるのはある意味自然なことです。

「彼女が嫉妬深い」と感じるのであれば、それは彼女にとってあなたがかけがえのない大切な存在である何よりの証しといえるでしょう。

自分だけを見てほしい

「自分が彼氏だけを見ているように、彼氏にも自分だけを見ていてほしい」といった願望も、嫉妬をする女性の心理の一つです。

このタイプの女性は、基本的にとても誠実で、彼氏のことをひたすら真っすぐに愛しています。

自分が一途であるだけに、「彼氏も自分と同じように自分のことを思ってくれるのが当然」と考えてしまい、彼氏に求める振る舞い方のハードルもとても高くなってしまうでしょう。

結果として、彼氏の行動に少しでも疑わしいものを感じたときは、不安に怒りも加わってメラメラと激しい嫉妬を感じてしまうのです。

嫉妬をしているときの女性の態度

遠くを見つめる女

嫉妬の表現の仕方は、女性の性格によってさまざまです。

彼女の嫉妬心をいち早く感じ取るためにも、嫉妬をしているときの女性の主な態度を確認していきましょう。

束縛をしてくる

嫉妬をしている女性が取る行動の中でも、特に多く見られるものに、過剰な束縛があります。

このときの女性は、彼氏であるあなたの周囲の女性に対し、「彼氏に好意を抱いているでは?」という強い警戒心を抱いています。

ライバルがいつどこで行動を起こすか分からないだけに、常に彼氏の行動を把握し、女性から遠ざけようとせずにはいられません。

「今何してるの?」という連絡が増える・女性の連絡先を消すよう求める・どこにでも一緒について行きたがるなどの行動が目立つようになったなら、その時点で彼女の心は嫉妬の最中にあるといってよさそうです。

口をきいてくれない

「なぜか、彼女が口をきいてくれない…」そんなときも、彼女が嫉妬に苦しんでいる可能性について考えてみる必要がありそうです。

女性の中には、もともとのプライドの高さなどによる影響で、嫉妬心を素直に表現できないタイプの人が一定数存在します。

あなたと口をきかないというのは、そんな彼女が見せる精一杯の「不満があります」アピールといってよいでしょう。

このときの彼女は、不機嫌さを態度に表すことであなたがどう反応するかを観察しています

彼女に口をきいてもらえないときは、彼女を不安にさせ、嫉妬心を起こさせるような振る舞いをしていないかどうか、しっかり振り返って適切に対応する必要があるでしょう。

女性が安心する行動って?

電話をかける男

女性の嫉妬心を抑えるには、何よりもまず女性を安心させ、嫉妬の必要がないことを理解してもらう必要があります。

そのためにおすすめな行動をチェックしていきましょう。

愛情を言葉で伝える

嫉妬心が生まれる主な原因は、恋人を失うことに対する不安です。

それを踏まえると、女性の嫉妬を抑えるためには、やはり「わたしは愛されているんだ」と女性自身が確信を持てるまでしっかりと愛情を言葉で伝えることが大切といえるでしょう。

あなたの愛情が彼女の心に届き、あなたを失うことに対する不安が解消されれば、彼女はそれ以上嫉妬を感じる必要がありません。

結果として、あなたの周囲の女性のことも「仲のよい友人なんだな」「同僚なら連絡をするのも当然だな」とありのまま受け止めることができるようになるはずです。

女性の影を感じさせない

「彼女を不安にさせているつもりはないのに、彼女の嫉妬が激しい」そんなときは、周囲の女性の影を彼女に感じさせないよう意識するのがおすすめです。

嫉妬に心がとらわれている女性というのは、気持ちに余裕がありません。

あなたの周囲に女性の影を感じる限り、嫉妬をせずにはいられない苦しい心理状態にある可能性が高いでしょう。

そんな彼女の嫉妬心を解消する上で、中途半端な対処法は逆効果です。

「あの人はただの友達だよ」「あの子には彼氏がいるから心配しないで」など説明をしてみても、「必死に弁解するのがますます怪しい」と、かえって2人の関係を勘ぐられてしまうでしょう。

こうした悪循環を断ち切るためにも、女性の話題を一切出さないなど、まるで身の回りに女性が全く存在しないかのように振る舞うことが大切といえそうです。

マメに連絡をする

嫉妬をしているときの女性は、常に彼氏をほかの女性に奪われることに対する不安を抱えています。

彼氏と一緒にいられない時間は、「ほかの女性にアプローチをされているのでは?」「女性と会っているかも…」と気が気ではありません。

そんな彼女を安心させるのであれば、後ろめたいことは存在しないこと・不安に思う必要はないことを行動で示すために、できるだけ小まめに連絡をするのがおすすめです。

あなたから頻繁に連絡をもらうようになった彼女は、嫉妬心がやわらぐのはもちろんのこと、あなたから大切にされている喜びでより一層本来の魅力を輝かせることになるはずです。

嫉妬をされたときの対処法

ハートで愛情表現

では、彼女から嫉妬をされたときはどのように振る舞うのが正解なのでしょうか。おすすめの対処法をチェックしていきましょう。

線引きをする

たとえ彼女の嫉妬が不安な気持ちからくるものであったとしても、束縛や干渉が行き過ぎてしまえば、やはり2人の関係に息苦しさを感じることもあるでしょう。

「不安にさせているのは自分だから」と、あなたが無理に苦しさを押し殺してしまえば、いずれ気持ちが限界を迎えて関係の悪化につながらないとも限りません。

そんな事態を防ぐためにも、彼女の気持ちを丁寧に受け止めた上で、「これは無理だ」と思った彼女の言動にはしっかりと「NO」を伝えることが大切です。

可能であれば、彼女の嫉妬心を感じた時点で「どんなときに嫉妬するの?」「どうしたら安心できる?」とじっくり向き合って話し合いをしておくと、早い段階で安定した関係を取り戻すことができるでしょう。

愛情表現を多くする

彼女の嫉妬があまりにも激しい場合、「彼女のことは好きだけれど、このままだとちょっと困ってしまう」と感じる男性は多いものです。

中には、「こんなに彼女を嫉妬させるなんて、こちらに問題があるのでは」と自分を責めてしまう人もいるでしょう。

しかし、あまり心配はいりません。普段から積極的に愛情表現をして、彼女を安心させられれば、彼女の嫉妬心は徐々に収まっていくでしょう。

以下、おすすめの愛情表現の方法を紹介します。

  • 「好きだよ」「愛してるよ」と日頃から伝える
  • 些細なことも褒める
  • 積極的にスキンシップをする
  • 記念日を忘れない

こうした点を意識することで、彼女はあなたから愛されていることを実感し、嫉妬をする必要のない安定した気持ちであなたとの交際を楽しめるようになるでしょう。

まとめ

嫉妬深い女性と付き合う中で、「どうしたら彼女を嫉妬させずに過ごせるのだろう」と悩んでいる男性は少なくありません。

嫉妬深い彼女と上手に付き合うには、何よりもまず嫉妬の原因があなたを失う不安にあることを理解し、その気持ちに寄り添う必要があります。

積極的に愛情を伝えたり、ほかの女性の影を見えなくしたりすることで、彼女はあなたに愛されているという自信が得られ、心に巣くった不安を払拭することができるでしょう。

必要な線引きはしつつ、彼女の嫉妬心に理解を示すことで、お互いへの理解を深めながら2人にとってのベターな関係を築くことができそうです。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る