「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
夕暮れに溶け込むカップル
2020.10.1

恋人ってどんな存在なの?男女別の違いをチェックしてみよう

そもそも恋人とは?

夕暮れに溶け込むカップル

日々あたりまえのように口にする「恋人」という言葉ですが、そもそも恋人とはどのような存在を指す言葉なのでしょうか。

まずは、恋人の意味から確認していきましょう。

恋をしていて相思相愛の関係

恋人とは、お互いに恋愛感情を抱き、相思相愛の関係にある存在のことで、一組の恋人は一般的に恋人同士・カップルなどと呼ばれます。

この恋人というのは、告白をしてOKをもらうなど、基本的にはお互いの了解さえあれば成立する関係です。

双方が深い恋愛感情を抱いている恋人同士が存在する一方で、片方が妥協して成立している恋人同士も存在するなど、その関係性は恋人同士によって大きく変わるといえるでしょう。

さまざまな形はあるものの、基本的にはお互いに特別な愛情を抱いていることが前提の存在が恋人といってよさそうです。

男女共通、恋人とはどのような存在?

手を繋ぐカップル

では、人は通常恋人のことをどのような存在だと感じているものなのでしょうか?まずは、男女共通の概念からチェックしていきましょう。

精神的な支えになってくれる人

「気持ちが落ち込んでしまったときや悲しいことがあったとき、誰よりそばにいて支えてくれる人」恋人の存在について、このように受け止めている人は多いものです。

人生というのは、よいときばかりではありません。思いがけないような不運に見舞われたり、悲しい出来事が起きたりすることもあるでしょう。

そんな、自分ではどうしようもないようなネガティブな心理状態になったとき、恋人の存在は誰よりも力強い心の支えとなってくれます。

実際に恋人がいる人であれば「恋人がいてくれてよかった」と思い、また、恋人がいない人であれば「こんなとき恋人がいたらなあ」と感じることになるでしょう。

ありのままの自分でいられる人

仕事や友達との関係の中で、少なからず自分を偽って無理をしているという人は多いのではないでしょうか。

「一社会人として恥ずかしくない振る舞いをしなければ」「友達に不快な思いをさせないようにしなければ」と、常にあちこちに気を張って人知れずストレスを抱えている人は案外多いものです。

その点、恋人というのは、お互いに誰よりも心を許した存在です。ありのままを受け止めてもらえるという確信があるため、気をつかいすぎたり、無理をしたりする必要がありません。

「この人は、どんな自分でも受け入れ、愛してくれる」という安心感は、恋人ならではのものといえるでしょう。

男子にとっての恋人の存在

本を読む男女

恋人の存在についての考え方は、性別によって多少の違いがあります。

まずは、男子が考える恋人の存在とはどのようなものなのかについて確認していきましょう。

とても大事にしたい人

一般的に、男子は恋人について「守るべき存在」と考える傾向にあります。

これは、男女の力の差はもちろんのこと、男子が生まれながらに持つ保護本能の影響によるものといえるでしょう。

「彼女に何かあったときは、自分が真っ先に力になりたい」「自分がいれば大丈夫だと思ってほしい」男子のこうした感情は、恋人のような特別な存在に対してのみ向けられるものです。

「どんな危険やトラブルからも守り抜き、大事にしたい人」それが男子にとっての恋人の存在といえるでしょう。

身の回りの世話をしてくれる人

時代が変わりつつあるとはいえ、「女子には自分に尽くしてほしい」という考えを持つ男子は決して珍しくありません。

特に、母親が専業主婦の家庭や、共働きながらも家事育児のほとんどを母親が担っていたような家庭で育った男子は「家庭の雑務は女子の仕事」という考えを持ちやすい傾向があります。

このようなタイプの男子が、恋人に対し精神的な結びつきと同時に自分の身の回りの世話をする人としての役割を求めるのはある意味で当然のことといえるでしょう。

このような意識の強い男子は、自分の世話をしてくれる=自分に愛情があると考えやすいタイプといえそうです。

癒しを与えてくれる人

仕事が多忙を極めているとき、イライラしているとき、恋人の笑顔を見ることで心が癒やされ活力がみなぎってくるという男子は多いのではないでしょうか。

男子にとって、女子ならではの柔らかな空気感や気づかいは、ささくれ立った心を落ち着かせ、次へと向かうエネルギーを与えてくれるものです。

「どんなに疲れていても恋人の顔を見ると元気が湧いてくる」という男子が多いのは、女子の存在がそれだけ大きな癒しとなっていることの表れといってよいでしょう。

女子にとっての恋人の存在

林道を歩く女性

では、女子にとっての恋人の存在とはどのようなものなのでしょうか?男女の違いを知る一つのヒントとしてチェックしていきましょう。

何があっても守ってくれる人

女子が恋人に抱くイメージとして、まず挙げられるのが自分を守ってくれる人というものです。

これは、男子が女子のことを「守りたい」と考えるのと対になる考え方で、男女の関係性における一つのパターンといってよいでしょう。

この意識が強い女子の中には、まるでおとぎ話に登場する王子様のような完璧な恋人像を男子に求める人も少なくありません。

仮にそこまでではないにしろ、「恋人には何があってもわたしを守ってほしい」というのは、多くの女子に共通する一般的な心理といえそうです。

愛情を惜しみなく与えてくれる人

一般的に、女子は男子に比べ人生における恋愛の重要度が高いと考えられています。

その人の個性にもよりますが、どんなに仕事や人間関係が順風満帆だったとしても、恋愛がうまくいっていなければ幸せを感じられないという人も珍しくありません。

そんな女子にとって、自分だけに特別な愛情を惜しみなく与えてくれる恋人というのはかけがえのない存在です。

恋人に愛されることでより一層魅力を増し、ますます恋人に愛される…そんな好循環にある女子は、男子から見た場合はもちろんのこと、同性から見てもキラキラ輝いていることでしょう。

甘えさせてくれる人

周囲に気をつかいすぎてしまったり、「嫌われたくない」という意識が強すぎたりするあまり、人を頼るのが苦手という女子は多いのではないでしょうか。

「本当は素直に誰かに甘えたい…」そんな気持ちを押し隠して日々気を張っている中で、より孤独やストレスを深めてしまうというのもよくある話です。

その点、深い愛情で結ばれた恋人は、どんな自分であっても安心してさらけ出せる存在です。

恋人の前と、それ以外の人の前とでは全くの別人になるという女子も決して珍しくありません。

女子にとって、思う存分甘えさせてくれる恋人というのは、唯一無二の居場所といっても大げさではないといえるでしょう。

こんな行動は恋人同士ならでは

男性の手を引く女性

恋人同士ならではの行動について知ることは、恋人の存在とは何なのかを考える際の大きなヒントになります。

以下、恋人同士だからこそ見られる主な行動について確認していきましょう。

毎日欠かさず連絡を取り合う

人間関係においては、どんなに親しい関係の相手だったとしても、一定の距離があるのが一般的です。

特定の人と毎日連絡を取り合うよう求められたとしたら、「それはちょっと…」と抵抗を感じる人が大半なのではないでしょうか。

しかし、こと相手が恋人となると、抵抗を感じるどころかむしろ自分から毎日連絡を取らずにはいられないという人が多くなります。

これは、お互いがお互いの生活の一部という共通認識があるからこそでしょう。

毎日自然と連絡を取り合うというのは、恋人同士の関係ならではといえそうです。

スキンシップをとる

ハグをしたり、手をつないだりといったスキンシップも、通常友達同士では行わない恋人ならではの行動です。

特に女子の場合、異性とのスキンシップには本能的に抵抗を感じたり、嫌悪感を覚えたりする傾向があります。

家族・友達・同僚など関係を問わず、むやみに男子に触れようとする人は少ないでしょう。

しかし、相手が恋人となると話しは変わります。この場合、触れることに対して嫌悪感を覚えるどころか、むしろ安心感を覚えるのが一般的でしょう。

お互いに違和感なくスキンシップがとれるというのは、心を許し合った恋人同士だからこそといえそうです。

2人で旅行に行く

男女が2人きりで旅行に行くと聞いて、「仲のよい友達なんだろうな」と考える人は少数派ではないでしょうか。

もちろん例外もあるでしょうが、通常、恋愛関係にない男女が2人で旅行に行くことはありません。

異性友達などの相手ではできないさまざまな体験を、自然体のまま一緒に楽しめるのが恋人という存在といえるでしょう。

お互いの家族に紹介する

「ただの異性の友達は紹介しないけれど、恋人は家族に紹介する」という人は多いものです。

これは、「自分の大切な人を家族にも知ってほしい」という、恋人と家族双方に対する誠実さの表れといえるでしょう。

なお、恋人を家族に紹介するという行為には、「あなたのことを真剣に考えています」という恋人に対するアピールの要素もあります。

お互いに家族へ紹介し合い、真剣交際をアピールすることで、2人の絆を確かめ合うとともに、恋愛に付きものの「相手は本当に自分を大切に思ってくれているのだろうか」という不安を解消しているのです。

一般的な友達にはしない対応という点で、家族への紹介も恋人という特別な関係性があってのものといえるでしょう。

相性のよさを確認するポイントとは?

新郎新婦

恋人として付き合っていくためには、お互いの相性も大切です。相性のよさを確認するために覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

心から信頼できるか

恋人同士という親密かつ濃密な関係を築いていくためには、2人の間に強固な信頼関係が存在することが必要不可欠です。

少しでも「信頼できない」と感じたり、違和感を覚えたりするような相手を恋人として丸ごと受け入れたり、自分の全てをさらけ出すことは不可能といっても大げさではありません。

ただし、この信頼関係というのは、その人の善しあしではなく、あくまでも2人の相性によるものです。

というのも、ある人が「信頼できる」と感じられる人物が、別の人からは「信頼できない」と判断されてしまうというのはよくある話だからです。

お互いに自然な形で信頼関係を築けるかどうかが、恋人の相性を見る上で大切なポイントといえるでしょう。

価値観や好みが似ているか

恋人同士の相性を見極めるポイントとして、忘れずに確認しておきたいのが価値観や好みの一致度です。

一般的に、関係の安定している恋人同士というのは、食べ物の嗜好やお金に対する考え方など、基本的な価値観や好みが一致する傾向にあります。

裏を返せば、こうした基本的な部分で大きなズレがある場合、2人の関係はぎくしゃくしたものになり、残念ながら長くは続かないでしょう。

「相手に合わせようと意識しなくても心地よくいられるか」という点を意識することが、自分にとって本当に相性のよい異性を見極める大切なポイントといえそうです。

結婚をイメージできるか

個人の性格や考え方にもよりますが、恋人としての関係の先に結婚を見据えている人は多いのではないでしょうか。

結婚相手というのは、恋人とは違い、人生を共に歩むことを誓い合い、法的に認められた社会的パートナーです。

その相手となる人には、恋愛のドキドキだけではなく、安定感や誠実さといった人生の伴侶としての素養が求められるでしょう。

この視点から考えてみると、交際中の恋人との結婚生活をリアルに想像することができるなら、その相手は自分にとって人生のパートナーとなるにふさわしい人物といえます。

「この人は自分と相性のよい相手なのだろうか」と感じたら、まずはその人物との結婚生活について思い描いてみると失敗のない選択ができるでしょう。

まとめ

さまざまな恋をしたり、他人の恋愛を見聞きしたりする中で、「そもそも、恋人って何?」「仲のよい異性の友達とはどう違うの?」と考えた経験がある人は多いことでしょう。

恋人とは、お互いに恋心を抱きあい、相思相愛の関係にある相手のことです。精神的な支えになったり、ありのままの自分を見せられたりと、ほかの異性とは違う固い絆で結ばれた存在こそが恋人といえるでしょう。

なお、毎日連絡を取り合う・スキンシップをする・2人で旅行に行くというのは、一般的には異性の友達には見られない恋人ならではの行為です。

自分にとっての恋人の存在がどのようなものなのか、じっくり考えてみる過程は、きっとあなた自身を知るための大切なヒントになるでしょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら