「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ノートとスマホ
2020.10.1

LINEの一言機能で印象アップ?恋愛系・かわいい言葉がおすすめ

LINEの一言ってなに?

ノートとスマホ

LINEの一言とは、アイコンや名前の下に表示されるメッセージのことです。

「何のことだか分からない」「詳しくは知らない」という人に向けて、まずはLINEの一言機能の基本について解説します。

正式名称はステータスメッセージ

LINEの一言の正式名称は「ステータスメッセージ」です。最大500文字まで入力可能で、友達に表示されるのは24文字となっています。

一言程度の短いメッセージを表示する人が多いことから、通称で「一言」と呼ばれています。

一言のつかい方は人によってさまざまです。自分の状態や気持ちを表示する人がいれば、お気に入りの言葉やクスっと笑える言葉を表示する人もいるでしょう。

自由にメッセージを設定できるだけに、個性を表現できる場となっています。

好きな人へ向けてほんのり恋心を匂わせたり、恋人への愛情表現のためにつかったりする人もいます。

LINEの一言を設定する心理は?

2台のスマホ

LINEの一言をじっくりチェックしてみると、その人の隠れた本音が見えてくることもあります

では、LINEの一言を設定している人たちには、どのような心理があるのでしょうか?考えられるものを確認して、人間関係の構築に活かしましょう。

承認欲求を満たすため

LINEの一言を設定する心理として、承認欲求を満たしたい気持ちが働いていることが挙げられます。

自分の考えや気持ちを他人に発信したい欲求が強く、発信したことに対して反応があると欲求や優越感が満たされるのです。

特に、頻繁に一言を変更する・意味深な言葉を表示する・ネガティブな一言を表示するタイプの人は、「大丈夫?」「どうかしたの?」と心配されることを待っている傾向があります。

気になる人がLINEの一言を変更していたら、それとなく声を掛けてみましょう。

内容に合わせた反応をすることで、やり取りのきっかけにつながるかもしれません。

自分の気持ちを表現したい

「自分の気持ちを表現したい」という気持ちから、LINEの一言を設定する人もいるでしょう。

このパターンは、他者に見てほしい気持ちよりも、自分の気持ちを吐き出したい気持ちの方が強いといえます。

自己表現の場所に、LINEのタイムラインやSNSを選ぶこともできますが、さくっと気持ちを表現したい人にとって、短文でよい一言は丁度よいスペースなのでしょう。

自己表現したいタイプの人の場合は、LINEの一言に性格や好き嫌い、お気に入りの歌詞・言葉を表示している傾向があります。

やり取りをするときに「そういえば〇〇好きなの?」と、一言の内容に触れることで、好みや話が合う人と思ってもらえるかもしれません。

恋愛系やかわいいLINEの一言

花びらとメモ

ここからは、実際にLINEの一言に設定するメッセージを考えていきましょう。

恋愛系やかわいいメッセージは、好きな人へのアピールとしても有効です。具体的にどのようなメッセージを設定するとよいのでしょうか?

恋人・片思い中の人に向けて

恋人・片思い中の人がLINEの友達にいる場合は、相手に向けたメッセージを書いてみるのはいかがでしょうか。

例えば、デートの感想や2人で過ごした思い出は、目にする度に楽しかった思い出を振り返れますし、これからもすてきな思い出を残そうという前向きな気持ちになれるでしょう。

また、「頑張って」「元気出して!」のように応援メッセージを書くことで、遠回しに好意を伝えるのもアピール方法の一つです。

片思いの人の場合は、「最近楽しいな~」「会えるの楽しみ」のように、好意を匂わせる言葉を設定することで、相手をドキっとさせられるかもしれません。

デートに誘いやすい言葉

LINEの一言で、デートに誘う・誘われる口実をつくるのもよいでしょう。

水族館や遊園地のように行きたいデートスポットを書いておくことで、メッセージを見た相手からデートに誘われるかもしれません。

仮に誘われなかった場合でも、一言に書いた場所に自分から誘うことで、「実はあなたと行きたかった」という気持ちをアピールできます。

好きな食べ物や気になっているお店に関する一言は、相手の共感を得やすいです。

会ったときの会話のネタになり、それをきっかけにデートにつなげることもできるでしょう。

また、好きな人と共通の趣味や好きなものを書くことで、相手の興味を引く手もあります。「〇〇好きなの?」と、相手からアクションがあるかもしれません。

素直な感情を設定

あれこれ考えて設定する意図的な言葉よりも、素直な感情を設定した方が、相手の心に響くこともあります。

かわいい言葉やすてきな言葉は、字面もよくセンスを感じさせるでしょう。ただ、あなた自身がどんな人か見えてこないこともあるのです。

会いたい人に会えずに寂しさを感じているのであれば「そろそろ会いたいな」、楽しいこと・うれしいことがあれば「○○よかった!」のように、素直に感情表現してみましょう。

特別にきれいに飾った言葉でなくてもかまいません。むしろ普段のあなたらしさが見える言葉の方が、個性を相手に伝えられます。

名言などのおしゃれなLINEの一言

紅茶とポエム

名言好きな曲の歌詞などおしゃれなLINEの一言は、あなたのセンスをアピールできます。また、同じ感性を持つ人の興味関心を引けるかもしれません。

おしゃれなLINEの一言を設定するときのポイントを見ていきましょう。

偉人の言葉や英語のメッセージ

名言や英語のメッセージは、スタイリッシュな印象を与えやすく、見る人に「クールな人」「かっこいい」と感じてもらえるでしょう。

ここで単純に自分が好きな言葉を設定するのもよいですが、ポジティブな言葉を設定すると、自分や読んだ人を勇気づけられます。

気になる名言や英語のメッセージが見つからない場合は、偉人の名言集や哲学書などをチェックしてみるとよいでしょう。

特に、海外の偉人が残した名言は、10文字程度の短いものが多く、LINEの一言に設定するのにぴったりです。

好きな曲の歌詞

LINEの一言に好きな曲の歌詞を記載するのもおすすめです。恋愛ソングや応援ソングなど、自分の気持ちにぴったり合う曲の歌詞は、自分自身へのエールになるでしょう。

また、好きな人にアピールしたいものの、「文章だと直接的すぎて恥ずかしい」という人は、歌詞で気持ちをアピールするのもテクニックの一つです。

楽曲の歌詞であればさり気なく気持ちを伝えられますし、歌詞の世界観が背中を押して、ドラマチックな雰囲気も演出できるでしょう。

歌詞をLINEの一言に設定するときは、お気に入りの楽曲のフレーズの一部を載せるほか、LINEのBGMに登録すれば、楽曲そのものを表示できます。

LINEの一言を設定する注意点

スマホを操作する女性

LINEの一言は小まめにチェックしている人も多く、メッセージによってはドン引きされてしまうこともあるかもしれません。

自分が知らぬ間にNGを出されてしまわないように、LINEの一言を設定するときの注意点について見ていきましょう。

過剰な自己アピール

LINEの一言で自分を表現しようとして、過剰な自己アピールにならないように注意しましょう。

特に、資格の取得歴・勤め先、「〇〇最高~!」のように、できる人であることのアピールやリアルが充実していることをひけらかすような一言は、近寄りがたい印象を与えてしまいかねません。

実際はそんなつもりがなかったとしても、短文で表現する一言では、自分の意図がうまく伝わらない可能性もあることは考えておきましょう。

LINEの一言は、自分が思う以上に見る人の印象に残ります。「この人はこういう人なのか…」と残念な印象にならないように、設定する前に他人から見たらどう思うかを考えるとよいでしょう。

意味深なネガティブワードはNG

「最近つらい…」「もう消えてしまいたい」のような意味深なネガティブワードを、LINEの一言に設定するのはおすすめできません。

つらいときに、誰かに気持ちを理解してほしいと思うのは自然なことですが、誰もが目に付くところでアピールすると、面倒なかまってちゃんのイメージを残してしまいます。

もちろん、他人の悪口や愚痴もNGです。誰と言わずともネガティブな表現をつかっているだけで、見た人を嫌な気分にしてしまいます。

仮に好きな人がそのメッセージを目にした日には、脈ありの相手だったとしても、「こんなことを言う人だったんだ…」とマイナスイメージを与えてしまうでしょう。

まとめ

LINEの一言を見ている人は意外と多いものです。「たまたま1回見ただけ」だとしても、その人の印象を決めてしまうこともあります。

ネガティブな表現や言葉は避けて、自分らしい言葉や気に入った言葉を表現するようにしましょう。

また、つかい方次第では好きな人へのアピールになります。それとなく好意を伝える言葉を設定して、恋愛のチャンスを掴みましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る