「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
座っている男子
2020.10.1

好きな人を振り向かせる方法とは?外見だけでなく心を磨こう

最初に確認!脈ありサイン 男子編

座っている男子

好きな人と少しずつ仲良くなれている気がしても「自分の早とちりなのかな…?」という疑問が消えないこともあるでしょう。

そんなときは、相手の普段の行動や発言から、脈あり度合いをチェックしてみましょう。まずは男子が女子に見せる脈ありサインを紹介します。

会話中の距離が近い

会話中に相手の男子と物理的な距離が近くなるのなら、それは「あなたともっと近づきたい」「親しくなりたい」という好意の表れです。

あなたと話すときと、ほかの人と話すときで距離の取り方が違うならば、より一層脈ありの可能性は高いと判断してよいでしょう。

また、「距離は近いけれどボディータッチはしてこない」というのも、あなたを警戒させたくないがゆえの行動であり、大切な存在と捉えている証拠といえます。

悩みを打ち明けてくれる

男子から悩みを素直に打ち明けて相談してくれるのも、脈ありサインの一つです。

男子はプライドが高かったり、誰かを頼ることは苦手だったりする傾向があります。

そのため、悩みを打ち明けられるのは、相手があなたに気を許している・信頼している証拠といえるでしょう。

また、その悩みがプライベートに深く踏み込む内容であればあるほど、あなたへの信頼度も高いといえます。

仮に悩みを打ち明けられた時点では友情としての好意だとしても、ここで信頼が強固になれば、恋愛としての好意に転じることもあります。

趣味や興味を合わせてくれる

趣味や興味を合わせてくれるのも男子が発する脈ありサインといえます。

特に、あなたの好きな男子のタイプやファッションなど、今後の2人の恋愛にかかわる趣味を合わせてくるならば、脈ありの期待度はかなり高いといえるでしょう。

ただし、相手がシャイな男子の場合は、アプローチの真意が分かりづらい場合もあります。

例えば、あなたが何気なく言った好きな食べ物を覚えてくれていて、「これ、好きだったよね?」とお土産と称して渡すというような、さりげない脈ありサインを示してくることもあるでしょう。

相手の男子がどんなタイプであるかを考慮しながら、普段の行動や発言をしっかりチェックしておくとよいでしょう。

最初に確認!脈ありサイン 女子編

いいねを書く女子

男子からすると、女子の行動や発言は複雑に感じやすく「これって脈ありなの?それとも計算なの?」と困惑することもあるでしょう。

しかし、じっくり観察すれば、女子の隠れた心理を見極められます。ここでは、女子が男子に発する脈ありサインを見ていきましょう。

とにかく褒めてくれる

「今日の服装いいね」「仕事を頑張っている姿がすてき」など、とにかく褒めてくれるのは、女子があなたに脈ありであるサインの一つです。

中には社交辞令として相手を褒める女子もいます。脈ありサインとの違いは、具体性があるかどうかです。

「〇〇くんはすごいね」のように、具体性がなく典型的な褒め言葉の場合は、単なる社交辞令の可能性があります。

一方、「相談したら、いつも冷静な答えをくれるよね」「今の髪形かっこいいね」など、具体的に褒めてくれるのは、しっかりとあなたのことを見てくれている証拠です。

休日の予定を確認される

ただ休日の過ごした方を尋ねられるのは、世間話の一環の可能性もあります。

しかし、好きな店、興味のあるイベントなど、一歩踏み込んだ話に発展するようであれば、「あなたのプライベートな一面も知りたい」という脈ありサインといえるでしょう。

また、あなたに彼女がいるかどうかリサーチすることで、デートの話につなげたいと考えている可能性もあります。

加えて相手が「私も今度の休み暇なんです」「〇〇に行きたくて」と、スケジュールの空き状況や、あなたと一緒に行きたい場所をアピールしてくるのは、デートのお誘い待ちの可能性が高いです。

会話の流れのままにお誘いすれば、デートのOKをもらいやすいでしょう。

ボディータッチが多め

気になる女子に、笑ったときに肩を叩かれたり一緒にいるときに手に触れられたりすると、思わずドキッとしてしまうことでしょう。

女子がボディータッチしてくるのは、「あなたに触れたい」という無意識な気持ちがあふれ出た、脈ありサインといえます。

反対に相手にボディータッチしたときに、嫌な顔をされないようであれば、少なくともあなたに嫌な印象は抱いていないでしょう。

とはいえ、何度も触れると「体目当てかもしれない」とマイナスなイメージを持たれる可能性も否定できません。

女子にボディータッチされたとしても、自分は不必要にボディータッチしないなど配慮は必要といえるでしょう。

好きな人に振り向いてもらうには?準備編

手を握る2人

相手と仲良くならない内に「好きになって欲しい」と、アプローチするのは効果的とはいえません。

好きな人に振り向いてもらうためには、まずは魅力的な自分になる・相手と仲良くなることが大事です。

恋愛的なアプローチを開始する前に、仲良くなる準備を行いましょう。

まずは会う頻度を増やそう

まずは気になる相手と直接会う頻度を増やすことを目指しましょう。

人は、顔を合わせる回数が増えるほど、相手に対する好意が高まるといわれています。

顔を合わせたときに「おはよう」「お疲れ様」とあいさつする機会が増えるだけでも、相手の中に十分印象に残ります。

最初は簡単なあいさつから始めて、徐々に親密な会話ができる関係を目標にするとよいでしょう。

また、顔を合わせるときは、笑顔でやり取りする・ポジティブな話題を選ぶ・思いやりのある態度を取ると、相手の中によい印象が残りやすいです。

相手との共通点を探そう

出身地や家族構成・食べ物の好き嫌い・好きな音楽・学生時代の部活など、相手との共通点を探してみましょう。

人はどんな小さなことでも共通点があれば、「相性がよいな」「話が合う人だ」と好印象に思うものです。

また、共通点は数が多ければ多いほど印象に残ります。

例えば、出身地が同じな上に、卒業した学校も同じ人に出会うと「そんな偶然があるなんて!」と、一気に親近感を覚えることでしょう。

共通点が見つからない場合は、相手が好きなこと・得意なことに興味を持っていることをアピールするのも手です。

相手の好きなことであれば、相手も話せる・話したいことが多く、自然と会話が盛り上がることでしょう。

自分磨きも忘れず行って

好きな人に振り向いてもらうためには、自分磨きが欠かせません。外見・内面共に、すてきな自分を目指してブラッシュアップしましょう。

自分を磨いて自信を持ってアプローチできれば、恋愛がうまくいく可能性もグッと高まります。

自分磨きは、運動や食事習慣を見直して外見を磨いたり、普段から物事をポジティブに考えたりするよう意識するなど、簡単に実践できることから始めましょう。

また、自分が目指す人物像を紙に書き出しておくと、何をすべきか迷ったり気持ちが落ちてしまったり、途中でブレてしまうこともありません。

好きな人に振り向いてもらう方法!実践編

ハートの風船

好きな人に振り向いてもらう準備が整ったら、いよいよ実践編のスタートです。

具体的に好きな人に振り向いてもらう方法を紹介します。

これまでの準備が整っていれば、今までの自分よりも自信を持ってアピールできることでしょう。

さりげなく好意を伝える

好きな人に振り向いてもらうためには、好意を伝える必要があります。

しかし、突然「付き合ってください」と告白したとしても、成功する確率は高いとはいえないでしょう。

相手に好意を持っていることを伝える方法は、告白だけではありません。

自分から積極的に話しかける・相手に親身に接する・困っているときは助けるなども、好意をアプローチする方法です。

普段の行動・発言を通してさりげなく好意を伝えていきましょう。人は、好意を受けたら、自分も好意を返したくなるものです。

いつか自分に好意が返ってくると信じて、相手に押し付けない程度に好意を伝えてみましょう。

2人だけの秘密をつくる

好きな人と自分だけしか知らない秘密をつくるのも、深い関係を築くために有効な方法です。

例えば、「あなただけに話すね」「実は…」と誰にも言っていない相談やコンプレックスを共有することで、2人だけの秘密ができます。

他人が知らない秘密は、どんなささいなことでも2人に仲間意識を生むものです。

また、秘密を漏らしてはいけないという気持ちが、あなたへの興味に代わり、特別な感情が生まれることもあるでしょう。

ここで共有する秘密は、あくまでも自分自身の秘密に限定し、他人の秘密やネガティブな面を共有することは避けましょう。

いつも明るく、笑顔でいる

いつも明るく、笑顔でいる人は、相手にポジティブな印象を与えます。同時に笑顔は、その人を魅力的に見せてくれる表情です。

相手に魅力的な存在として残りやすく、人によっては「笑顔がすてきな人だから」と好意を抱かれることにつながります。

振り向いて欲しい人とやり取りするときは、明るく笑顔でいることを意識してみましょう。

とはいえ、常に笑顔でいるのは疲れてしまう人もいるかもしれません。無理に笑う必要はなく、いつもよりも笑顔の回数を増やすことを心掛けるだけでOKです。

好きな人に恋人がいる場合はどうする?

デートの男女

振り向いて欲しい相手に恋人がいる場合は、アプローチしたくても、恋人の存在が気になって難しいこともあるでしょう。

しかし、ケースによっては諦めなくてもよいかもしれません。以下をチェックして、自分は諦めるべきかそうでないのか考えてみましょう。

無理に諦めなくてもOKなケース

相手が現在の恋人に対する不満や弱音を口にしている場合は、諦めずに頑張ってみてもよいかもしれません。

そう遠くない未来に現在の恋人との別れを選び、あなたに恋愛のチャンスが訪れる可能性があります。

ただし、まだ別れていない段階でアプローチしすぎるのは控えましょう。

別れる前の段階ならば、相手の不満や弱音を受け止めながら、さりげなく側にいるポジションを確立します。

本格的なアプローチを始めるのは、相手が別れて、気持ちを整理してからでも遅くはありません。

潔く諦めた方がよいケース

相手が恋人と付き合ったばかり・恋人と真剣に将来を考えている様子が見える場合は、残念ながら潔く諦めた方がよいでしょう。

恋人と幸せな関係を築けているときは、ほかの異性が入り込む余地はあまりありません。

むしろアプローチすることで、「空気が読めない人」「恋人がいるのにちょっかい出す人」とマイナスなイメージを持たれてしまうかもしれません。

「一度好きになった人を簡単に諦めきれない!」というのは自然な感情です。しかし、一つの恋に固執するのではなく、ほかの恋にも目を向けてみましょう。

割り切れないのであれば、物理的に相手と距離を取る・友達関係に戻るなど、相手との関係性を見直すことも必要といえます。

ショック!嫌われてしまった場合の対処法

スマホを手にする男子

嫌われてしまった相手に「もう一度振り向いて欲しい」と願う人もいることでしょう。

この場合は、いきなりアプローチするのではなく、冷静に対処法を考えることが大切です。具体的な方法をチェックしましょう。

まずは「好き避け」チェック

嫌われたと断定する前に、まずは「好き避け」でないか確かめてみましょう。

好き避けとは、好意があるにも関わらず、あえて冷たい態度を取ることで、相手に意識して欲しいという行動です。

以下に当てはまった場合は、好き避けされている可能性があります。

  • 連絡の返事が遅れるものの返信は必ずある
  • 周りの目があるところでは避けられるが、2人きりだと話せる
  • 素っ気ないものの必ず反応はある
  • わざと意地悪なことを言ってくる

原因が思い当たらなければ、嫌われたと思っているのは自分だけで、相手はただ恥ずかしさから好き除けしていることもあるでしょう。

勘違いがすれ違いの原因にならないように、相手の行動の真意を探ってみましょう。

嫌われた原因を考えて改善しよう

自分では大したことないと思っていたことでも、相手にとっては嫌いになるに足ることであった可能性もあります。

これまでの自分の行動を振り返り、嫌われた原因を見つけ、改善を目指しましょう。

このとき、本人に直接「もしかして嫌いになった?」「何か悪いことした?」と尋ねるのは得策ではありません。

自分で原因を考え、改善することが、相手に対する最大の誠意といえます。

そして、謝るべきときは謝り、相手に誤解されていた場合は、しっかりと話し合う必要があるでしょう。

まとめ

好きな人に振り向いてもらうためには、積極的にアピールすることが大切です。

そのためには、外見・内面共に自分磨きをしたり、相手の気持ちを思いやったりと、自分自身を変えることも必要です。

ただし、方法やタイミングを誤ると、振り向いてもらうどころか、離れていってしまうこともあるため注意しましょう。

誰かを好きになることは幸せなことです。振り向いてもらえるように努力を重ね、両想いを目指しましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る