「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホとメッセージカード
2020.9.25

好きな人とLINEで盛り上がる話題は?恋を連想させるテクニックも

好きな人とのLINE おすすめの話題は?

スマホとメッセージカード

友人とは気楽にLINEできても、好きな人が相手となると、どんな話題を選べばよいのか分からなくなってしまう人は多いものです。

好きな人へのLINEの内容はどんなものがよいか、おすすめを四つピックアップしました。

定番な話題!共通の趣味について

共通の趣味の話題は、LINEで盛り上がりやすい話題の一つです。もし、好きなスポーツや音楽が同じなら、話題に困ることはほぼありません。

「来週、○○の新曲が出るよ」というように、情報交換をしながらコミュニケーションが取れるでしょう。

たとえ共通の趣味がなくても、相手の趣味を事前にリサーチしておけば、「〇〇のことについて、もっと知りたい!教えてほしいな」などと言って、ある程度話を盛り上げることが可能です。

趣味が全く違う場合は、その趣味にハマるようになったきっかけ・どんなところがハマるポイントなのかを聞いて、「あなたに興味がある」ということを暗にアピールしておきましょう。

深く考えずに、今日のおもしろ話

何となく過ぎていく毎日の中でも、おもしろい出来事は起こるものです。

「スマホと文庫本を間違えて持ってきてしまった」というような失敗談など、自分自身をネタにしたおもしろ話は人を楽しませることができます。

オチがよく分からない話より、深く考えなくてもクスッと笑える話題を選ぶとより喜んでくれるでしょう。写真や動画があれば、添付するとなお伝わりやすくなります。

おもしろい話を誰かから聞くことに、楽しさを感じる人は多いものです。気楽で笑える話題を見つけたら、ぜひLINEで伝えてみましょう。

デートにつながる?行ってみたいスポット

新しくできた店や、おしゃれなスポットなど、行ってみたい場所についての話題はデートにつながる可能性もあるおすすめの話題です。

相手に興味を持ってもらうには、相手が必要としている情報を取捨選択することが必要です。

例えば、体を動かすことが趣味の相手なら、新しくできたジムやスポーツウェアのショップに的を絞ってみましょう。

「○○でセールをやるらしいよ。日曜日に、新しいウェア見に行かない?」というようなお得情報の話題を提供すれば、デートに誘う流れを作ることもできます。

成功させるポイントは、行ってみたいスポットを多めに用意して、相手が興味を示したところでその話題に集中することです。

出会った日、第一印象を振り返る

お互いが出会ったときの話題も、盛り上がりやすい話題の一つといえます。自分が周囲の人にどう思われているか、全く気にならない人は少ないでしょう。

「初めて会ったとき、ツンとした感じだったから、こんなにおもしろいこと言う人だと思わなかったよ」というように、第一印象を振り返ると、意外な反応が返ってくるかもしれません。

「そんなこと考えてたの?」「今とのギャップがすごいね」など、自分も相手もなごむような雰囲気を作れたら、ひとまず成功としてよいでしょう。

「自分は初対面の人には人見知りだと思われることが多いんだけど、どうだった?」と質問してみるのもありです。

LINEで距離を縮めるためのテクニック

スマホをいじる女性

好きな相手との距離を縮めるLINEの活用法を知っておくと、恋愛で有利になります。好きな人を振り向かせるためのLINEテクニックを見ていきましょう。

リアルを盛り込む「気づかいLINE」

相手を気づかう内容のLINEを送ると、好感度が上がりやすいです。

ただし、見当違いなことを言ってしまうと反対に評価が下がるので、事実に基づいた内容をLINEするようにしましょう。

「今日、元気なかった気がしたけど、何かあった?」というように、相手をよく観察した上で気づかう言葉を選択することが大切です。

なかなか会えない人が相手の場合、「今日の夜からすごく寒くなるらしいから、風邪を引かないようにね」というように、体調を気づかう言葉をかけてもよいでしょう。

相手への気づかいを表現すると「脈ありなのかな?」と思わせられます。好きな人への好意をアプローチしたいときにおすすめの方法です。

さりげなくつかう「ハートマーク」

LINEでハートマークをつかうテクニックは、好意を伝えたいときに有効です。

ハートは愛情・恋愛をイメージさせる記号なので、あまり親密というワケではない相手でもドキッとさせられます。

毎回使用していると相手がハートマークに慣れてしまうので、ときどきつかうようにすると送られたときのドキドキ感が強まります。

あえてつかったりつかわなかったりするのもありです。「最近、ハートマークがないけど、どうしたんだろう」と、ヤキモキさせることができるでしょう。

何かをしてもらったときや、脈ありサインをアピールしたいときなど、ここぞというときにつかえる効果的なテクニックといえます。

好きな人とのLINEで注意すべきこと

スマホを持つ女性

好きな人とLINEをしていると、つい夢中になって一方通行になってしまいがちです。

一歩間違えると、うざいと思われてしまうこともあるので気を付けましょう。

好きな人とのLINEで注意したいポイントを紹介します。

自分の話ばかりになっていないか

自分の話ばかりを一方的に続ける人は、大抵の場合、相手をつまらない気持ちにさせてしまいます。

自分のことばかり話さず、意識して相手の話を聞くようにすることが大事です。自分が一つ話したら、相手からも一つ話を聞くというように、バランスを取りましょう。

相手の様子を観察して「この話、つまらないかな?」と感じたら、早々に話題を変える柔軟さが必要です。

日々のルーティンを淡々とLINEするのも相手を退屈させる可能性があります。

相手に「なんでLINEしてきたのか分からない」と思われてしまうと、敬遠される原因となってしまうでしょう。

プライベートに深入りしすぎない

あまり親密ではない段階からプライベートな話を聞き出そうとすると、相手を不快な気持ちにさせてしまうことがあります。

家庭環境に関する踏み込んだ話や、収入や貯金といったお金の話などを不用意に尋ねることは避けましょう。気軽に質問すると、デリカシーがないと思われてしまいます。

家族とうまくいっていない場合は答えにくいでしょうし、お金のことを聞かれると「何が目的なんだろう?」と不快な気持ちにさせてしまう可能性もあるでしょう。

たとえ相手のプライベートに関心があったとしても、深く聞き出そうとせず自分から話題にしてくれるまで待つのが賢明です。

過去の恋愛話は賛否両論

好きな人の過去の恋愛について、あれこれ知りたくなるのは仕方のないことです。

とはいえ、過去の恋愛話をしてOKな人と、NGな人がいることは覚えておいた方がよいでしょう。

過去の恋愛話がOKな人は、相手に関心を持たれている=もしかしたら相手は自分に好意があるから聞いてきているのではとポジティブに捉えることができるタイプです。

反対に、過去の恋愛話がNGな人は、そもそも過去の恋愛に触れてほしくなかったり、相手から振られた・浮気をされたことがあったりなど、トラウマを抱えている場合もあります。

いずれにせよ、相手の過去の恋愛に関する質問は、地雷を踏む可能性を考えれば、相手の方から話してくるのを待つことが無難といえるでしょう。

話題が尽きた…話題がないときはどうすればよい?

スマホ内の写真

たくさん話をしているうちに、話題が尽きたと感じることもあるでしょう。LINEで話題がなくなったときはどうしたらよいのでしょうか。

スタンプで会話を盛り上げる

話題が尽きてしまっても、おもしろいスタンプをつかうことで会話を続けられることがあります。

文字ばかりのやりとりよりもテンポよく会話がしやすいので、状況に応じてつかいましょう。

スタンプは音が出るタイプや、好きなテキストを入れられるタイプもあり、活用の幅が広いです。

「こんなおもしろいスタンプ買ったよ。見て!」というように、話題のネタとして利用することもできます。

スタンプ連打など、相手がリアクションに困るつかい方をしないように注意しながら、会話を盛り上げる補助的なアイテムとして、メリハリを付けてつかいましょう。

ペットやおもしろ動画を送る

動物が好きな相手には、ペットの動画を送ると喜ばれます。かわいい動物を見て気持ちがなごむ人は多く、よほど不快な内容でない限り喜んでもらえるでしょう。

あまりにもボリュームがあると見るのが面倒になってしまうことがあるので、時間がなくても見やすい数十秒~1分程度の短い動画を送りましょう。

ペットがいない場合、相手がおもしろいと思ってくれそうな動画を探して送る方法もあります。

世間で話題になっているおもしろ動画など、万人受けする動画を選ぶとよいでしょう。

分かりやすくて、笑えたり癒やされたりするような動画であれば、それについて感想を言い合ったりスタンプを送り合ったりして、「話題が尽きた…」という窮地を脱出することが可能です。

話題以外にも気を配って!時間や頻度

夜道でスマホをいじる手

どんなにおもしろいLINEでも、送るタイミングを間違えると盛り上がらないことがあります。LINEを送る頻度や時間帯について紹介します。

LINEの頻度は相手に合わせるのが基本

好きな人が相手となると、たくさんメッセージを送って会話を盛り上げたいと思うものです。

しかし、あまりにもLINEの頻度が高いと、相手にするのが面倒だと思われてしまうことがあります。

人によって快適なLINEの頻度は違うので、相手がLINEを送ってくるペースを把握し、1日おきあるいは3日おきというように、相手に合わせることを第一に考えましょう。

相手から毎日メッセージが来るのであれば、こちらも毎日メッセージを送って構いません。

相手の生活スタイルや個性を尊重して、やりとりに適した頻度をつかんだ上でLINEを楽しむことが大切です。

朝より夕方から夜に送るのがおすすめ

個人差はありますが、忙しい時間帯にLINEが送られてくることを迷惑だと感じる人は多いものです。

特に朝は出勤の準備で忙しく、時間が取れないというのは想像にたやすいでしょう。

プライベートなLINEのチェックは、時間に追われている朝や仕事のことで頭がいっぱいの日中よりも、1日の仕事が終わって一段落しているときに行いたいと考える人がほとんどでしょう。

できるだけ多忙な時間帯を避け、夕方や夜などを狙ってLINEを送るとよい結果が得られます。

ただし、あまり遅すぎると休息の邪魔になる心配があるので、LINEを送る時間は熟慮が必要です。

まとめ

LINEの話題に困ったら、共通の趣味や気軽に笑える話などで間をつなぎましょう。行ってみたい場所の話や、お互いの第一印象について話すこともおすすめです。

相手が関心のない話題ではなく、共感できる・自然なやりとりができる話題を見つけ出すと盛り上がるでしょう。

効果的にアプローチしたいときは、相手を思いやる気持ちを伝えることが大切です。

LINEの会話を楽しいものにするための、おすすめの話題や注意点を参考にして、好きな人との距離を縮めましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら