「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
落ち葉の中のハート
2020.10.1

恋愛をしたくないと思うのはなぜ?理由と向き合い対処法を見つけよう

恋愛をしたくないと思うのはなぜ?

落ち葉の中のハート

周りは普通に恋愛をしているのに、自分はしたくないと思ってしまうことに「どうしてなんだろう…?」と疑問を感じている人は少なくありません。

「恋愛をしたくない」という場合、そこにはどのような理由や原因が隠れているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

自己評価が低いから

恋愛をしたくない人の特徴として、自分に自信がないことが挙げられます。

自己評価が低いため、たとえ気になる人ができても「自分は受け入れてもらえないだろう」「どうせ上手くいかない」とネガティブに考えてしまうのです。

さらに「自分は見た目がよくないから」「話下手だから」と他人と比べることで、自分の欠点ばかりにフォーカスする傾向があります。

しかし、少しでも自分に自信を持つことができれば「ちょっと恋愛をしてみたいかも」という気持ちに変わってくる可能性は十分あるでしょう。

現実の異性にときめかないから

二次元の異性にときめいてしまい、現実の世界で恋愛をしたいという気持ちにならないというパターンもあります。

この場合、二次元の世界で恋心は十分に満たされている、ともいえるでしょう。

二次元の異性なら自分の理想通りの恋愛ができ、浮気をされたり傷つけられたりする心配もありません。

このような状況に慣れると、三次元の異性と恋愛をすることに魅力を感じなくなるのかもしれません。

恋愛経験が少ない人や元々二次元の世界が好きな人は、このパターンに当てはまることが多いです。

恋愛をしたくない理由を探ってみよう

ベッドに突っ伏す女子

「恋愛をしたくない」という気持ちの裏側には、きっと何か理由があるはずです。

あなたはどうして恋愛をしたくないのでしょうか。その理由を探っていきましょう。

傷つくのが怖いから

過去のつらい恋愛経験によって、「もう恋なんてしたくない…」と思っているケースは多いです。

例えば、大好きだった人に浮気をされたり、長く付き合っていた人にひどい振られ方をしたり、そのような経験を引きずってしまっているのかもしれません。

「もう傷つきたくない」「傷つくくらいなら1人でいい」という気持ちから、恋愛を遠ざけている可能性があります。

恋愛は疲れると思い込んでいるから

本来、恋愛は楽しいものですが、過去の経験や周りからの色々な情報で「恋愛は疲れる」「面倒なもの」と思い込んでいるのかもしれません。

過去に付き合った相手に、振り回されたり自分の時間を奪われたり、そんな経験があると、恋愛に対するイメージはネガティブなものになります。

このパターンに当てはまる場合、異性と一緒にいるときに素の自分を出せていない可能性があります。

これまで頑張っていい人を演じようとしたり、相手に合わせようとしたりしていた経験があるならば、恋愛に対する考え方を少し変えてみる必要があるでしょう。

1人の時間が充実しているから

仕事やプライベートが充実していると、それだけで十分に満足感が得られるため、恋愛したいという気持ちが湧かない人もいます。

特に、仕事をバリバリこなしているときは、なかなか恋愛モードにはなれないものです。

恋愛をすると、2人で会う時間を作るためにスケジュール調整が必要ですし、デートするにはお金もかかります。

そうなると、1人で過ごす時間が減ったり貯金ができなかったりするため、恋愛をすることにメリットを感じないという人は多いです。

恋愛せずに結婚したいから

「恋愛には面倒なことが付きもの」と考えて、相手に振り回されたり自分のペースを乱されたりするくらいなら「恋愛はしたくない」と思ってしまうこともあります。

しかし、その一方で「結婚はしたい」と思っている人は少なくありません。

若い頃は恋愛ならではのドキドキ感を純粋に楽しめますが、年齢とともに「落ち着きたい」という気持ちのほうが強くなるからです。

恋愛より結婚を重視する人は、婚活アプリや婚活パーティーなどを積極的に活用する方向にシフトしていくでしょう。

恋愛をしたくない時期とは?

仕事中の男子

人によっては、恋愛をしたくない時期という場合もあります。もしかするとあなたも今たまたまその時期に入っているのかもしれません。

人が「恋愛をしたくない」と感じるのはどのような時期なのか、詳しく見ていきましょう。

仕事や趣味が忙しい時期

仕事が忙しいと、恋愛に費やす時間が「もったいない」と感じてしまうものです。今は仕事に集中したい時期なのかもしれません。

例えば、新入社員なら覚えることが多いため、恋愛をしている余裕がない人もいるでしょう。

転職した場合は、新しい環境に慣れたりパフォーマンスを見せたりするために手一杯ということもあります。

また、趣味が楽しくてたまらないという人も、それによって心が満たされているため、わざわざ恋愛をしようという気持ちにはならないでしょう。

失恋したばかりの時期

好きな人に振られたり恋人と別れたり、悲しいことがあった直後は「しばらく恋愛はいいかな…」と思うものです。

まだ気持ちの整理がつかず落ち込んでいるケースも少なくないでしょう。

失恋は思っている以上にエネルギーを消耗します。「恋の傷は新しい恋で癒やす」とはいいますが、失恋したことでドッと疲れてそのような気分になれない時期もあるのです。

恋愛をしていない期間も前向きに過ごそう

外食する人

「恋愛をしたくない」という気持ちをいきなりパッと変えることはむずかしいものです。では、自分の気持ちとどのように向き合えばよいのでしょうか。

恋愛をしていなくても前向きに過ごす方法について紹介します。

自分のことを受け入れよう

恋愛をしたくないと思っているのに、無理に「恋愛しなきゃ」と自分にプレッシャーをかけていませんか?

恋愛をしないことは決して悪いことではありません。「恋愛をしたくない」という気持ちがあるなら、そんな自分を受け入れましょう。

今は、あなたにとって「恋愛以外のことを満喫する時期」と捉えてはいかがでしょうか。

仕事に打ち込むもよし、趣味に没頭するもよし、純粋に楽しいと思える時間を過ごしていれば、恋愛に対する考え方も少しずつ変わってくるかもしれません。

そのときに、もう一度自分に「恋愛をしたいかどうか」問いかけてみるとよいでしょう。

思い切って出会いの場へ出かけてみよう

少しでも「自分を変えたい」「恋愛に対するイメージを変えたい」と思うなら、思い切って出会いの場に出かけてみるのもありです。

気軽にできる婚活アプリを始めたり、友人と合コンや婚活パーティーに参加したり、行動しようと決めればいくらでもチャンスはあります。

このときのポイントは、いつもとは違ったコミュニティに参加してみることです。

「世の中にはこんなに色々な人がいるんだな」と実感できると、恋愛に対してポジティブな気持ちになれるのではないでしょうか。

自分をよく見せようと頑張りすぎず、純粋に出会いの場を楽しもうとすることが恋愛を楽しむ秘訣といえそうです。

まとめ

恋愛をしたくないと思ってしまう自分に「ちょっとおかしいのかな…?」「このまま1人なのかな…」と不安を感じることもあるでしょう。

恋愛をしたくない理由は、人それぞれです。元々の性格が関係している場合もあれば、過去のつらい恋愛経験が影響している場合もあります。

どのような理由であれ「だから恋愛したくなかったのか!」と納得できれば、漠然とした不安は和らぐものです。

恋愛をしたくないという正直な気持ちを受け入れて、恋愛以外のことを思いっきり楽しんではいかがでしょうか。

もちろん、恋愛に対するイメージを変えるべく、新しい出会いの場に出かけるのもありです。
ありのままで恋をする

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る