「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホを見て沈む女子
2020.10.1

好きな人から返信がこない?理由と対処法を知り不安を解消しよう

好きな人から返信がこないのはなぜ?

スマホを見て沈む女子

好きな人とLINEをしているとき、返信がこないと不安になってしまうものです。

どうして返信がこないのか、その理由は好きな人の状況性格が関係しているかもしれません。

LINEが返ってこない理由としてよくあるパターンを紹介します。

仕事などで忙しい

まずはLINEの返信ができないほど、仕事で忙しい日々を送っているというパターンです。

プレッシャーやストレスを感じながら働いている男子は、プライベートなことを後回しにする傾向が強いようです。

これはあなたとLINEをしていたときに、たまたま仕事の電話が入ってそのまま対応に追われている、会議続きで一息つく暇もなく働いている、なんてことも考えられます。

この場合、あなたに対して好意がないというわけではないので安心してよいでしょう。

あまりネガティブに考えず「今は忙しい時期」「仕事が落ち着いたら連絡くるだろう」とドンと構えておくことが大切です。

直接話そうと思っている

LINEでやり取りするよりも「直接会って話そう」と考えているケースもあります。

彼はもともとマメではない性格で、メッセージのやり取りに苦手意識があり「好きな人とは直接会って話したい」と思っているのかもしれません。

また、次会ったときのために「会話のネタを残しておきたい」と思っているパターンも考えられます。

話し下手な男子の場合、LINEで全て話してしまうと会ったときの会話に困るからです。

あなたからの連絡をスルーしているのではなく、あえて返信しないことで次に備えているともいえるでしょう。

相手に興味がない

男子の中には、興味がない相手には返信しないスタンスの人もいます。

ドライな性格ともいえますが、もし本当に興味がないなら早い段階で意思表示をしてくれたほうがお互いのためになるとも考えられるでしょう。

また、中途半端に返信して相手に気を持たせてしまうくらいなら、嫌われることを覚悟して返信しないという人もいるでしょう。

もしまだ出会って間もない2人なら、現時点で興味を持たれていなかったとしても今後変わる可能性は十分あります。

反対に、ある程度お互いに知っている関係性で返信がこないとしたら「距離を置きたい」というサインかもしれません。

好きな人の返信速度が遅い理由とは?

スマホを手にする男子

好きな人からの連絡は心待ちにしてしまうため、少し返信が遅いだけでも「どうしたんだろう」「何を考えているんだろう」と心配になってしまうものです。

しかし、返信が遅いからといってすぐに脈なしと考えてしまうのは早いです。

理由を知れば、漠然とした不安が和らぎポジティブに切り替えられるのではないでしょうか。

返信速度が遅くなってしまう理由をチェックしていきましょう。

もともとマメじゃない

もともとマメじゃない性格の人は、LINEに気づいてもすぐに返信しようとしないことがあります。

場合によっては、悪気なく既読スルーしてしまうこともあるため、そのときの気分ですぐに返信したりそのまま放置したり、マイペースなタイプなのでしょう。

特に緊急性のない内容なら、なおさら返信速度は遅くなるかもしれません。

これはネガティブな感情からではなく、単純に「返す必要がないと思っていた」と考えているケースがほとんどです。

このような場合は、あなたが彼のペースに慣れてしまうことが、手っ取り早い解決策といえそうです。

返信内容に悩んでいる

あなたに好意を抱いているからこそ、返信内容に悩んで遅くなっているというパターンもあります。

「どう返すべきか?」「これを言ったらどう思われるか?」など、じっくり考えているうちに時間が経ってしまうのです。

直接会って話すときと違い、文字にすると感情のニュアンスが伝わりづらく、彼は慎重になっているのかもしれません。これは、あなたのことを大切に思ってくれている証拠ともいえます。

女子は「返信が遅いということは、わたしに気がないってこと?」と考えがちですが、思い込みからネガティブに捉えるのはやめましょう。

やり取りを長く続けたいから

返信速度が早くテンポよく続くと徐々に会話のネタも切れてくるため、早々にやり取りが終わってしまうことがあります。

その可能性を考えて、彼はあえて返信を遅くしているのかもしれません。

これはつまり、あなたとのやり取りを長く続けたいと思っているということでしょう。

ガツガツせずスローペースを保つことでLINEを続けて、関係を発展させていこうと考えている可能性が高いです。

1度やり取りが終わってしまうと、次にやり取りするきっかけをつくるのは難しいため、「やり取りはゆっくり長く続けよう」と考える男子は多いようです。

返信内容から読み解く脈ありサイン

スマホを見て考える女子

「返信が遅い=脈なし」というわけではありません。脈ありかどうかを確かめるには、返信の速度より内容に注目することが大切です。

改めてLINEのやり取りをよくチェックしてみると、彼があなたのことをどう思っているかが分かります。

返信内容に隠れている脈ありサインを見ていきましょう。

前に言ったことを覚えている

「この前言ってた件は、どうなった?」「あれが好きって言ってたもんね」など、あなたがそれとなく話したことを覚えていてくれるようなら脈ありと考えてよいでしょう。

このような言葉は、相手に興味や関心があるからこそ出てくるものだからです。反対に、興味のない相手の言ったことは記憶に残らないでしょう。

覚えていることをきちんと言葉にして伝えようとする姿勢にも、好意があることがうかがえます。

「ちゃんと覚えているよ」「いつも気にかけているよ」という見えないメッセージなのです。

たわいない会話が続く

好きな人とやり取りをしている時間は、それだけで幸せを感じるものです。

「少しでも長くやり取りをしていたい」という気持ちから、目立った話題がなくても続けようとしてしまいます。

これは会話の内容よりも「会話すること自体を大切にしたい」という思いの表れともいえます。

例えば「今日もよい天気だね」「今コンビニ行ってきた」など、何気ない日常的な会話です。

一見平凡だと感じるかもしれませんが、こんなやり取りが続く状況こそ脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

こんな返信は脈なしのサインかも?

元気ない女子の横顔

返信内容には、脈なしのサインも隠れています。少し勇気がいるかもしれませんが、LINEを見返して相手の本音を探りましょう。

脈ありか脈なしかを予測することで「今後どんなアクションを起こせばよいか?」が分かってきます。

漠然と不安やモヤモヤを抱えているより、思い切った行動が取れるのではないでしょうか。

文章がそっけない

興味のない相手にそっけない態度を取ってしまうのと同じように、その気持ちはLINEにも表れます。

返信はするものの「分かった」「そうなんだ」など明らかにそっけない文章になってしまうのです。

また、文章で返さずに毎回スタンプや絵文字のみ、というパターンもあります。

これは、「文字を打ったり、返信をしたりするのも面倒…」という気持ちの表れかもしれません。

もし相手の返信がこのような状態だとしたら、現時点では脈なしの可能性が高いといえるでしょう。

自分のことを話さない

親しくなりたい相手には「自分のことをもっと知ってもらいたい」と思うものです。そのため自分の生活スタイルや趣味などを積極的に話すでしょう。

反対に、好意のない相手にはプライベートな内容をあまり知られたくないため、自分のことは極力話しません。

例えば、「休みの日は何してる?」と質問されても「家事して、友達と遊んでる」「過ごし方は特に決めてないかな」など、無難な答えを選んだりさりげなくスルーするなどします。

このような場合、あなたに対して質問を投げかけてくることも少ないでしょう。

返信率がアップするLINEの送り方

文章を考える女子

好きな人からの返信は、早いほうがうれしく、どんな理由であってもスルーされると寂しく感じるものです。

では、どんなLINEを送ると返信をもらいやすいのでしょうか。LINEの返信率がアップする方法を紹介します。

短文のライトな内容を送る

返信が遅い相手には、短文でライトなメッセージを送りましょう。

好きな人には伝えたいことが多くつい長文になりがちですが、そこをグッとこらえて短文を心がけます。

「おはよう!」「今日も暑いね」など、日常的な内容を短く明るい口調で送るのがポイントです。

このとき「そんなに忙しいの?」「返信ちょうだい」のように、相手が重いと感じるような文章は避けましょう。

短文に加えてかわいい絵文字やスタンプを添えると、スマホの画面がパッと明るくなりおすすめです。

趣味や得意分野について質問

誰しも自分が好きなことや得意なことについて質問されるのはうれしいものです。

少しくらい忙しくても「答えたい」「返信したい」という気持ちが高まるため、相手の趣味や得意分野について質問してみましょう。

例えば、野球が趣味の相手には「何歳から野球やってたの?」「今はどのチームを応援してるの?」など送ってみるとよいでしょう。

難しく考えず、あなたが純粋に知りたいと思うことを聞いてみるのがポイントです。

相手のペースに合わせる

LINEのペースが合わないとタイムリーなやり取りができず、お互いに違和感を覚えたりフラストレーションが溜まったりしてしまうことがあります。

そんなときは、さりげなく相手のペースに合わせることが大切です。

この機会にLINEを振り返り、相手から返信がきやすい曜日や時間帯をチェックしてみましょう。

例えば、「何曜日が多い」「夜型なのかな」など傾向が分かれば、あなたがLINEを送るべきタイミングが見えてくるでしょう。

最初からペースがぴったり合うという人はなかなかいません。まずは自分から相手に歩み寄る姿勢を見せることが大切です。

まとめ

好きな人から返信がくるのを待っている時間は、とても長く感じるものです。

返信が遅かったりこなかったりすると「何してるんだろう?」「このままスルーされちゃうのかな?」など、ネガティブな方向に考えてしまうこともあるでしょう。

返信が遅い理由や脈ありサインが分かれば、自分の気持ちが整理でき次のアクションを起こせます。

少しでも脈ありサインが確認できれば、今よりもっと自信を持ってLINEを送れるはずです。

相手が思わず返信したくなるような送り方で、好きな人との関係を発展させていきましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る