「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
抱き合う新郎新婦
2020.9.23

結婚生活を幸せに過ごすには?知っておきたい相手選びと心得について

そもそも幸せな結婚とは?

抱き合う新郎新婦

「結婚と幸せは必ずしもイコールではない」ということは、誰もが何となく感じていることではないでしょうか?

幸せな結婚には、いくつかの特徴があります。代表的なものを三つ見ていきましょう。

一緒にいることで笑顔になれる

一緒にいるとお互いが笑顔になれるというのは、幸せな結婚の基本です。

夫婦そろってその日あった出来事について共有したり、休日にはおでかけを楽しんだり、同じ時間を過ごすだけで笑顔があふれるなら、幸せな家庭を築けているといえるでしょう。

家事や仕事などでそれぞれ忙しくても、2人の時間を楽しく過ごせるのであれば、幸せな結婚の条件をクリアできています。

お互いを尊重できる関係を築く

結婚生活は、2人が力を合わせて継続していくものです。お互いを尊重し、譲り合う心を持つことが幸せな結婚生活を送るポイントとなります。

「相手の意見を大切にしたい」「時には自分が折れても構わない」そう思えるくらい深い愛情で接することができるなら、その結婚は幸せなものといえます。

食べ物の好みや趣味・センスなどは、幼少期から培ってきたものなので、すぐに変えることはむずかしいでしょう。

それでも、お互いを否定せず、受け入れる姿勢を大切にすることで、居心地のよい家庭が築けるようになります

金銭面に不安がないことも重要

「愛さえあればお金がなくても幸せな結婚ができる」そう考えてはいませんか?

金銭面に不安があると、心が荒みがちになり、ギスギスした関係になってしまいます。

もちろんお金が全てではありませんが、お金の余裕は気持ちの余裕となり、相手への優しさにつながります

夫婦が快適に暮らせるだけの安定した収入は必要不可欠です。共働きであれば、万が一どちらかが働けなくなっても、危機的な状況を乗り越えることができます。

結婚することで幸せを得やすい人の特徴

ブーケを持つ女性

幸せな結婚生活を手に入れやすい人には共通点があります。周囲に幸せな結婚生活を送っている人がいるなら、ぜひ観察してみましょう。

以下のような特徴を備えているのではないでしょうか?

人間関係を大事にできる人

自分の親兄弟や友人など、人間関係を大切にできる人は、結婚することで幸せを得られることが多いです。

結婚することは、パートナーの親族とつながることであり、新しい人付き合いの始まりでもあります。

パートナーの親族・友人・職場の人とも円滑なやりとりができるなら、順調な結婚生活を送れるでしょう。

大切な人を守るということは、大切な人から守られるということです。よいことがあれば祝福され、困りごとがあれば手を差し伸べてもらえるのです。

気持ちを素直に表現できる人

自分の気持ちを素直に表現できる人は、結婚後もパートナーと良好な関係を築けます。

普段から真っ直ぐに愛情を伝えていれば、どんなに照れ屋な相手でも、受け取った愛情に対して何らかのお返しをしてくれるでしょう。

たとえマイナスの感情であっても、悲しみや悩み・不安をパートナーに包み隠さず打ち明けていれば、「素直な人」「嘘をつけない人」と好意的に受け止めてもらえます。

自分と他人をむやみに比較しない人

結婚して幸せになれる人は、自分と他人をむやみに比較しません。

自分の価値を決めるのは自分自身であり、他人を基準にするものではないと分かっているからです。

反対に、「○○くんはこれくらい稼いでいるのに自分は…」「○○さんは家事も育児も完璧にこなしているのに自分は…」など、常に自分と他人を比較し、時に自信をなくしてしまう人もいます。

本当の幸せは、他人よりも優れていることで得られるものではなく、確固たる自信を持って自分にとっての幸せを追求することにあります。それを分かっている人は、結婚で幸せになれる可能性大です。

相手がいてこそ!幸せな結婚相手の選び方

いちごのハート型

幸せな結婚生活を手に入れるためのポイントになるのが、パートナー選びです。結婚相手が自分にぴったりの人であれば、結婚生活は満足のいくものになるでしょう。

結婚相手を選ぶ際には、男女共に妥協してはいけないポイントがあります。きちんと押さえておきましょう。

妥協してはいけないポイント 男子編

結婚は恋愛とは違い、パートナーのことが嫌いになったからといって簡単に別れられるものではありません。

そのため、見た目のよさや刺激的な人物かどうかで短絡的に相手を選ばないことが重要です。

長い人生を共にするからには、金銭感覚をはじめ価値観が合う女子を選びましょう

結婚後は財布を一元管理することが多いため、お金に対する価値観が違うとストレスがたまります。

結婚相手の性格にも注目です。小悪魔的で男子を振り回す女子は恋愛市場では人気ですが、円満な家庭を築きたいなら癒し系女子を選びましょう。

妥協してはいけないポイント 女子編

女子が結婚相手を選ぶときは、相手がどれくらい大切にしてくれるかに注目しましょう

パートナーや子どもに危機が迫ったときに、逃げずに守ってくれそうな責任感の強い人であれば、結婚後は頼れる夫になるでしょう。

生活を共にするからには、相性も大切です。性格的な相性だけでなく、食べ物の相性や体の相性など、ズレが小さいほどストレスのない居心地よい家庭になります。

経済力ももちろん必要です。子どもを持つとなれば女子は出産とそれに伴う休職をせざるを得なくなり、収入が一時的にダウンします。

妻と子どもを養えるだけの安定した収入があるに越したことはないでしょう。

夫婦円満でいるためのコツ

ペアリング

幸せな結婚生活を送るためには、夫婦で協力し合う姿勢が必要になります。円満な家庭を築くため、お互いに歩み寄る努力をしましょう。

夫婦円満でいるために、心掛けたい大切なポイントを紹介します。

しっかり会話をする

結婚後、一緒に暮らしているにもかかわらず、夫婦の会話が少なくなったという家庭は案外多いものです。

「言わなくても分かってくれる」という考え方は、気づかないうちにすれ違いを生む可能性があり危険です。

仕事のこと・家事や育児のことなど、夫婦でしっかり会話する機会を意識的に持ちましょう。

他愛のない会話を気軽にできる関係を保ち、常に心を通わせていれば、パートナーの些細な変化にも気づけます。

ケンカを必要以上に長引かせない

何年、何十年と別々の人間が共に暮らしていく上で、夫婦ゲンカはそれほど珍しいことではありません。

大事なことは、ケンカを必要以上に長期化させないことです。

誰よりも長い時間を過ごしていくパートナーに対し、いつまでもネチネチと不満をぶつけるのはよくありません。

結婚するほど好きになったはずの相手です。ひとしきりケンカした後は、相手のよい所を思い出して気持ちを落ち着かせましょう。

なるべく早く仲直りすることが、夫婦関係を悪化させないコツです。

たまには1人の時間を楽しむ

夫婦で別々の時間を持つことはよい気分転換になります。休日に異なる場所で過ごしたり、それぞれの趣味を楽しんだりと、お互いのプライベートを尊重しましょう。

どんなに好きな相手でも、四六時中一緒にいると息がつまってしまうものです。お互いに自由な時間を持つことを習慣づければ、結婚生活のストレスは思った以上に軽減されるでしょう。

1人の時間を過ごすことで得られた知識や価値観を夫婦で共有すれば、新しい発見も得られます。

「こんな一面もあったんだ!」そんなサプライズがある夫婦は、いつまでも新鮮な気持ちでいられるでしょう。

まとめ

幸せな結婚生活とは、将来の不安を抱えることなく、お互いを尊重し、笑顔で過ごせる毎日のことです。

自分と他人を比較せず、周囲との人間関係を大切にできれば、結婚後に幸せになれる可能性が高まります。もちろん、肝心のパートナー選びも慎重に行いましょう。

円満な家庭を築くには、結婚後の努力も不可欠です。2人で協力し合える理想の夫婦を目指しましょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら