「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
オフィス
2020.10.1

職場にいる好きな人との距離を縮めるには。社内でのアプローチ方法

職場で好きな人の気持ちをチェック 脈あり編

オフィス

一緒に仕事をしている相手が「気づけば気になる存在になっていた」という経験は、誰しも起こり得ることです。

自分のことを気にかけてくれるのは、あくまで仕事の一貫なのか、それとも特別な感情があるからなのか、気になって仕事が手に付かない人もいることでしょう。

好きな相手が自分に対してどう思っていそうか、行動やその心理を探ってみましょう。

仕事をフォローしてくれる

自分がミスをしてしまったときに助けてくれたり、作業しやすいようにお膳立てをしておいてくれたり、気づくといつも助けられていると感じるならば、相手は好意を持っているはずです。

ただでさえ自分の仕事をまっとうするのが大変なのに、ほかの人の助けまでしようというのは、その相手のことを気になっていたり、いつも見ていたりするからです。

いつもサポートしてくれているのは「あなたの力になりたい」と思ってくれている証拠といえるでしょう。

気づいたら近くにいる

食事や飲み会の席など、会社のデスクと違い自由に座れるシチュエーションのとき、いつも隣または同じグループにいることも、相手の好意の表れといえます。

仕事以外の時間に話せて、相手のことを少しでも知ることのできる絶好の機会を逃したくないと感じ、あなたのそばに来ているのです。

元々は違うグループの席だったのに、自由に席が入れ替わり始めたとき、気になる人が自分の近くか隣に移動してきたら、脈ありの可能性は高いと考えてよいでしょう。

用事がなくても話しかけてくる

社食でのランチ中や休憩中など、仕事中でないときに積極的に相手から声をかけてきてくれるのも、自分に対してとても関心があるといえます。

職場では仕事を円滑に進めていくために、必要以上の会話や関わり合いをする人は少ないはずです。

仕事の用事がないのに話題を振ってくるのは、あなたとたわいない話をしたいと考えているからなので、脈ありの可能性が高いといってよいでしょう。

プライベートをよく話す

職場の人は単なる友達ではないので、プライベートな話はあまりしない人の方が多いでしょう。

また、休日の話題や趣味の話など、「仕事とは無関係な話は職場では必要ない」と考える人もいます。

そんな中、「日曜日に〇〇に行ったんだよね」「映画鑑賞が趣味なんだけど」といった話を自分に対して持ちかけてくれるのは、さり気なくデートに誘いだそうとしているからかもしれません。

仕事以外の側面を見せてくれているのは、職場の外でも関わりたいと思ってくれているサインといえます。

職場で好きな人の気持ちをチェック 脈なし編

背を向けて仕事をする男性

仕事をフォローしてくれるのは好意があるからという理由だけでなく、自分の仕事を円滑に進めたいがゆえの行動である場合もあります。

また、「無趣味で休日の過ごし方に悩んでいるから、ほかの人の行動を参考にしたい」という理由から、プライベートな会話をしてくることもあるかもしれません。

「これはちょっと期待が薄いかも…」という場合の行動を挙げていきます。

目を合わせない

仕事中によく話しかけてはくれるけど、ほぼ目を合わせることなく用事だけ伝えてくるようであれば、相手の心は自分へ向いていないかもしれません。

好きという気持ちを隠したいためにあえて視線をそらす人もいますが、その場合はふとしたときに目が合うはずです。

そのため「いつ見ても目が合わないな…」と感じるようであれば、脈なしの可能性が高いといえるでしょう。

ほかの異性の話をしてくる

いつもフランクに話しかけてはくれるものの、「〇〇さんって何が好きなのかな?」と自分以外の誰かの話題を持ちかけてくる場合、相手の好意は別のところにあるのかもしれません。

相手が好きな人に近づきたい気持ちから、自分と仲良くしてくれている可能性もあるでしょう。

また、特定の人物の名前が出てこなくても「付き合うなら〇〇みたいな人」と自分とはかけ離れたタイプが好きと言葉に出しているならば、今はまだ相手に異性としての好意を持ってもらえていない状態です。

職場の好きな人と仲良くなるきっかけとは?

握手する男女

職場の人=一緒に仕事をする相手なので、基本仕事以外でのつながりを持つことは難しいものです。

部署や配属が違う人を好きになってしまった場合は、より難易度は高くなるでしょう。

仕事をこなしているだけでは、なかなか相手に自分の存在を意識してもらえるチャンスは巡ってきませんし、個人的な会話をする機会もつくれません。

ただの同僚から、ちょっと仲良くなるためのきっかけを紹介します。

毎日のあいさつから

社会人としてあいさつは基本ですが、相手との距離を近づけるための手段でもあります。

特に仕事の用事がなくても、話しかけられるチャンスと捉えて「おはようございます」「お疲れ様です」の一言を、とびっきりの笑顔で、相手の目を見てしっかりと伝えましょう。

たったこれだけでも毎日繰り返していれば、相手の心の中にいつしか入り込めているかもしれません。

大胆なアプローチよりも、日々のさり気ないジャブが意外と功を奏すものです。

飲み会や帰り道で話したことから

慰労会や忘年会などの飲み会は、職場の人と仕事以外で堂々と会話ができる絶好のチャンスです。

席順が決まっていて最初は相手の近くに座れなくても、中盤を過ぎれば席の移動などが始まるので、逃さないようにしましょう。

隣に行くのが恥ずかしい場合は、せめて相手の会話が聞き取れる近くの席を確保するようにします。

自分から話しかけるか、話を振ってもらえるようにグループ内の会話に参加しましょう。

飲みの席での会話は、後々「あのとき〇〇の話題がさ」と印象に残っているものです。

帰り道は、たとえ短い距離でも歩幅を合わせて話をしてみれば、相手との距離がグッと近づくことでしょう。

職場の好きな人にアプローチするには

チーム

好きな人が自分に対して好意があっても、異性として対象外に見られていても、まずは距離を縮める必要があります。

しかし、職場はプライベートな場所ではなく、あくまで仕事をするための場所なので、あからさまなアピールは社会人としてスマートではありません

仕事に支障をきたすことなく、好きな人と少しでもお近づきになるためには、どのようにしたらよいのでしょうか。

外見に変化を付けてみる

相手の好みのタイプを、本人に直接聞いてみたり、親しい人に探りを入れたりしてみましょう。

情報を得たら、なるべく相手の理想像に近づけるように、できるところから変えてみます。

自分に対して好意を持ってくれているなら、相手はいち早くその変化に気づいてくれるはずです。

また、好みに寄せてきてくれたのを感じ取り、相手も自分の気持ちに気づいてくれるかもしれません。

異性として対象外に見られている場合でも、理想像に近づいているのを見て関心を持ってくれる可能性もあるでしょう。

この方法は必要以上に話しかけなくても済むので、同僚に違和感を与えることがなく、職場でのアプローチ手段としては有効です。

悩みを相談する

悩みを打ち明ける=心を開いていると考えて、「自分に頼ってくれているんだな」とうれしく思う人は、男女ともに少なくないはずです。

このとき、まずは仕事の相談から始めるのがおすすめです。

好きな人が先輩や同僚の場合は、今抱えている仕事の不安を吐き出します。後輩や年下の場合は、自分の仕事ぶりがどう見えているか聞いてみるとよいでしょう。

話を聞いてもらったらお礼をきちんとして「また今度聞いてもらってもいいですか?」と次の約束をつくっておくとよりよいです。

また、「あなたの相談にもいつでも乗るよ」というのも忘れずに伝えましょう。悩みを共有し一緒に解決することで、距離はグッと近づくことでしょう。

LINEのやり取りを増やす

以前は職場の人とのやり取りは口頭または社内メールが一般的でしたが、今はLINEで簡単に交流ができます。

同じ部署や配属先であれば、グループLINEから個人的に連絡するきっかけがつくりやすいです。

違う部署の場合は、飲み会などの席で頑張ってIDを交換するようにしましょう。

まずは仕事の内容からメッセージを始めましょう。平日だけでなく、「お休みのところすみません」という一言を添えて、休日にも連絡をしてみます。

仕事の内容のやり取りを終えたら、さり気なく「今日は何してましたか?」と聞くなどやり取りを重ねていけば、相手のプライベート時間にも自然と入り込んでいけるでしょう。

社内恋愛をする際の注意点

ミーティング

アプローチが成功し、ついに好きな人とお付き合いできるようになった場合でも、同じ職場だと周囲の目や反応が気になるものです。

「社内恋愛禁止!」にはしていないけれど、当人以外の人たちにとっては恋人関係の2人がいると何かとやりにくいと感じることもあるようです。

浮かれてばかりいられない、社内恋愛で注意しておくべきポイントを紹介します。

仕事に支障をきたさない

社会人であれば、プライベートで何かあったときでも、その影響を仕事にきたさないのがマナーです

恋人とのケンカなど、個人的感情から仕事の流れやムードを悪くすると、周りに迷惑をかけてしまいます。

また、仲が良すぎて社内でベタベタしているのもよくありません。本人がよくても、周りが気をつかいます。

いくら恋人であっても、自分に伝えられた会社の機密は教えないのが鉄則です。信用していたとしても、情報が漏洩してしまう可能性はゼロではありません。

周囲に悟られないで

交際を公言し周りから認知されていれば、恋人に言い寄ってくる人がいなくなるので安心かもしれません。

しかし、やはり外野からすると同じチームに恋仲の人がいるとやりにくさを感じずにはいられません

本人同士は何でもなくても「仕事のことだけど〇〇さんに話しかけてもいいのかな?」と躊躇する人は少なくないのです。

一番よいのは、交際しているのを周囲にバレないようにすることです。

仕事とプライベートは完全に切り離し、家から一歩出たら同僚となり、社外では恋人に戻る、というのが理想的でしょう。

もし関係がバレていたとしても「本当にあの2人付き合ってるの?」と思われるぐらい、社内ではあくまで同僚関係を貫き、意識は全力で仕事へ向けましょう。

まとめ

社会人になるとほとんどが自宅と会社の行き来になるため、異性との交流の場所は職場になりがちです。

そこで好きになる人ができたらつらい仕事も楽しくなりそうですが、学生時代と同じようにただ好きで自分の思いのままに動くわけにはいきません。

仕事はきちんとこなし、その上で好きな人との距離を縮めていくのが大人の恋愛といえます。

まずは仕事きっかけに近づいていき、だんだんとプライベートでも仲良くなれるよう自然にアプローチしていきましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る