「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
虹色のハートを見つめる人
2020.9.23

好きな人ができないのはなぜ?恋愛できない男女の特徴や対処法を確認

好きな人ができない 心理的な特徴は?

虹色のハートを見つめる人

恋人がいないときに、友人のノロケ話を聞いたり、恋愛ドラマなどを見たりして「恋愛したいな」と思う人は少なくないでしょう。

恋愛は、まず好きな人を見つけることからスタートします。

しかし、ある程度年齢を重ねると周りは結婚している人ばかりで、「対象になる相手がいない!」「好きな人ってどうやってできるの?」という状態に陥りやすくなります。

好きな人ができない、その原因を深掘りしてみましょう。

理想が高すぎるところがある

恋愛に対して憧れが強く、「恋人にするならこんな人」という希望条件をいくつも持ち合わせていると、せっかく出会えた相手であっても、まず査定するところから始まってしまいます。

モデルや芸能人に近いルックスを求めていたり、職業や年収の基準を定めたりしていると、恋人となる対象を狭めてしまい、実際には進展しないことがほとんどです。

まずは、自分の恋人に求める条件を整理し、絶対に譲れないポイントを絞ってハードルを下げることが第一歩です。

過去のトラウマが原因

恋愛は2人でするものです。お互いの意見や思いを100%理解し、言い合いをしたことは一度もない、というカップルはとても珍しいでしょう。

誰しも恋愛を通して、激しいケンカをしてしまったり、ウソをつかれて浮気をされてしまったり、悲しい思いをすることはたくさんあります。

そういう経験を積み重ねることで、だんだんと「もう傷つきたくない」という思いが強くなり、人を好きになるということに対して後ろ向きになっていることも考えられます。

ついつい面倒くさいと思ってしまう

恋愛というものから数年遠ざかっていると、いざ行動しようとしても面倒に感じるものです。

ふとしたときに1人で寂しいと感じることもありますが、何をするにも自由で気をつかうこともないので、その生活の楽さを捨てることができにくくなります。

「まず出会いを探して、気になる相手にアプローチをして…」というステップは恋の始まり特有のドキドキ感を味わえますが、仕事などで忙しくなってくると、そういうことに関心が向かなくなってしまうのです。

行動面にも理由があるかも

仕事中の女子

理想の基準も一般的で、恋をすることに前向きなのに、なぜか対象となる相手が現れずに悩んでいる人もいるでしょう。

漠然と「好きな人できないかな…」と思っているだけでは、何も始まりません。今現在の、自分の生活スタイルを一度見直してみましょう。

圧倒的に出会いが少ない

職種・業界によって、男女比が偏っていることがあります。

例えば、美容業界(理美容室は除く)だと、男子は少ない傾向にありますし、建築の現場仕事など体をつかう仕事だと、圧倒的に働いている女子の比率は低いです。

男女比が半々であっても、配属された部署によっては同僚がすでに結婚をしている人が多い、という場合もあります。

毎年新卒や中途採用で入社してくる人に期待をしているだけでは、何も起こらずに月日が流れてしまいます。

趣味・仕事を優先してしまう

1人でいることが退屈に思えて、寂しさを紛らわすために趣味や仕事に没頭しすぎていませんか?

暮らしを立てるために仕事は必要ですし、人生を豊かにするのに趣味を持つのはとてもよいことです。

しかし、今の自分のライフバランスを考えたとき、仕事や趣味にかける時間が大半を占めている、つまり自分のためだけの時間が多いと、好きな人ができたとしてもアプローチする機会をなかなか作ることができません

恋愛は1人ではできないので、誰かとお付き合いすることを考えるのであれば、恋のための時間を設けるように準備しておきましょう。

どうすればよい?対処法!

ヨガをする女子

恋人ができないのは仕方ないと思いつつ、周りの幸せそうなカップルを目にする度に焦っていませんか?

誰しも何もアクションをせずに恋愛関係を築くことは困難です。まず何から取り組めばよいか、具体的に解説します。

内面・外面の自分磨きを

自分の周りや職場を見回したとき、恋人としての対象となりそうな人がいるのに何も起こらないのであれば、まずは自分磨きをしてより魅力的な人になるように努力してみましょう。

自分優先で周りへの配慮が足りなかったり、内向的で人との関わりを避けていたりなど、ネガティブな雰囲気を出していると、必要以上に近づいてきてくれる人はなかなか現れません。

ちょっとした気づかいができたり、自分から声をかけ相手に関心を向けたりすれば、おのずと他者との距離が縮まるようになります。

また、外面も魅力的であることが大切です。清潔感だったりファッションセンスだったりで周りに好印象を与えられるようにしましょう。

行動あるのみ!異性との出会いの場へ

職場環境などから圧倒的に異性との関わりが少ないのであれば、出会いのきっかけを自分で作る必要があります。

普段の自分の行動範囲に同性しか集まらなさそうなのであれば、とても勇気がいりますが、思い切って異性の集まりそうな場所へ出向いてみましょう。

「そんな大胆なことはできない」という場合は、恋人がいる友人に出会いの場を設けてもらえるようにお願いしてみるのも一つの手です。

友人とその恋人に、お互いの知人を何人か集めてもらって、あくまで交友関係を広げるためのきっかけ作りとしての食事会などを企画してもらうのです。

好きな人ができなかった理由を考える

出会いの機会はたくさんあるのに、友達止まりで恋人対象になる人がいないのであれば、まずどういう相手なら好きになるのか考えるのがおすすめです。

これまでの恋愛を振り返ってみて、そのときの恋人と付き合うまでの展開はどうだったか思い出してみるのもよいでしょう。

もし「なんとなく恋愛がしたいだけ」だったのであれば、どんな恋愛を欲しているか、心が安らぐような優しさなのか、ワクワクするような楽しさなのか、イメージトレーニングをしてみましょう。

好きな人ができないときの注意点

本を読む女子

努力しているのに、なかなか状況に進展が見られないと「なんでうまくいかないのか」という焦りを感じている人もいることでしょう。

そんなときは、どうしても物事はよりマイナスな方に進みやすくなります。一度冷静になって、その原因を振り返ってみましょう。

異性を減点方式で見る

「自分の理想にぴったりと当てはまっていなければ好きにならない」と思っていては恋を始めるのは難しいです。

せっかく出会えた異性に対して、「いい人だけど外見が好みじゃないな」など、マイナスに感じる面だけを見て全体を判断してしまうと、自分で相手にときめく機会を逸してしまいます。

小さなことでもよいので、相手のプラスな面に目を向ける加点方式を取り入れてみましょう。

マイナス思考で恋愛を諦める

「どうせ自分にはもういい人なんて現れないんだ」と決めつけてしまうと、その時点で恋愛に関する物事がストップしてしまいます。

また、過去のトラウマにとらわれすぎて臆病になり、恋に対して消極的な場合も同じことがいえます。

よほど自分に惚れ込んでくれて、構わず立ち向かって来てくれる相手がいればよいですが、万に一つの可能性に賭けるようなものでしょう。

焦ったり不安に思ったりすることは悪いことではありませんが、後ろ向きのままでなく、必ず前向きな姿勢に舵を切ることが大切です。

好きじゃない人と関係を持つ

寂しさを紛らわすためだけに、そこまで好きではない人と関係を持ってしまうと、良好な出会いは遠のいてしまいます。

恋愛感情を持っていない、いつでも切れる相手だと、不安や心配も感じにくいため、手軽に欲望を満たすことができます。

楽さゆえにずるずるとそのような関係性を保ったままにしておくと、新しいことに関心が向きにくくなってしまいます。

しっかり恋愛をしたいと考えているのであれば、その関係にピリオドを打ち、今度はちゃんと好きになれる人と出会えるように行動してみましょう。

行動するなら!おすすめ出会いの場

出会いの場を検索する人

恋に対して前向きな気持ちを持てたならば、次はいよいよアクションを起こす段階です。

恋人探しを始める市場にはどのような場所があるか、見てみましょう。

周りをもう一度よく見てみる

まずは、身近な関係である自分の友人や知人に、現在フリーの異性はいないか再度確認してみましょう。

そのとき、異性として見られないという思いは封印して、対象となる相手のことを考えます。

これまで大人数で集まって関わっていたのであれば、思い切って2人きりででかけてみましょう。

ガヤガヤしていたときには見られなかった、意外な一面やギャップに気づかされることがあるかもしれません。

それがきっかけで、友人としてしか見られなかった相手が、一気に恋人候補に浮上することも考えられます。

合コン・街コンに挑戦

身近に恋人の対象となり得る相手がいない場合、新たな世界へ足を広げてみましょう。

友人に合コンをセッティングしてもらったり、恋人がいない人同士が集まる街コンにでかけてみたりするのです。

1回でよい出会いがある人もいれば、何回参加してもイマイチ、という人もいることでしょう。

しかし、諦めずに出会いの場を広げておけば、恋人作りだけでなく人脈作りにも役立つはずです。

マッチングアプリに登録してみる

「たくさんの人との関わりを持つのは面倒」という人は、マッチングアプリに登録し、自分で「この人は!」と思う異性を探してみましょう。

第三者に自分の希望を伝えて出会いの場を設けてもらったとしても、完全に自分の好みにフィットする人が来てくれるとは限りません。

その点、マッチングアプリではプロフィールを事前にチェックできるので、最初から話の合いそうな相手を見つけることが可能です。

無駄打ちせずに自分の理想に近い人を見つけやすく、実際に会う前にメッセージでやりとりができ、相手のおおよその性格を把握できるので、安心して恋人探しができます。

まとめ

前向きになることは、恋愛に限らず大切です。「もう恋なんてしない」「自分は恋愛向きじゃない」と後ろ向きになる前に、まずは行動してみましょう。

同じ楽しいなら「1人よりも2人」の方がもっとよいものになります。

凝り固まった理想像や過去のトラウマなどを捨て去り、新たな気持ちで好きな人を見つけられるよう視野を広くしていきましょう。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る