「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
男女の友達
2020.9.23

デートとは友達関係でもするもの?心理や脈ありサインをチェック

友達関係でデートに誘ってくる心理

男女の友達

「友達だと思っていた人から突然デートに誘われた」そんな経験がある人もいるのではないでしょうか?

恋愛関係にない状態でデートに誘ってくる人は、どんな心理なのかを確認してみましょう。

普通に友達と遊びに行く感覚

恋愛感情がなくても、友達としてデートに誘ってくるケースがあります。相手にとってはデートというよりも、仲のよい友達と気軽に遊びに行くという感覚です。

相手はあなたを異性として意識していないため、デートに行ったとしても男女の駆け引きなどはありません。

普段接している通りのリラックスした雰囲気で何事もなくデートが終わるでしょう。

好意を持ち相手のことを知りたがっている

あなたに対して好意を持ち、「もっとあなたと親しくなりたい」という思いから、デートに誘ってくるというケースもあります。

この場合、少なくともあなたは相手の恋愛対象に入っているということです。

今の友達関係を恋愛関係に発展させられるかどうか、あなたが自分をどう思っているかを確認するためにデートをしようとしているのでしょう

今の友達関係を崩さず、まずは距離を縮めようとしているため、デート中にタイミングが合えば何かしらのアプローチをしてくることもあるでしょう。

脈ありだと判断すれば、告白に踏み切ってくる可能性も考えられます。

遊び相手を探していることも

残念ながら、都合のよい遊び相手を探しているだけというケースもあります。相手が求めているのは、自身の欲求を満たしてくれる鳥かごの鳥であり、誰でもよいのです

「退屈を紛らわせたい」「寂しいから今すぐ慰めてくれる相手が欲しい」そんな自分本位な気持ちから、あなたをデートに誘ってくる人は多かれ少なかれ存在するでしょう。

「友達だし1回くらいならいいか…」と誘いに乗ってしまうと、ずるずると関係が続いてしまいかねません。

相手が遊び相手を探しているだけと気づいたら、きっぱり断ることも必要です。

恋心がある?脈ありサインをチェック

ハート

普段の言動をよく観察してみると、あなたに対して好意があるかどうかを判断することができます。

デートのお誘いが恋心から来るものなのか見極めるためにも、日常的な脈ありサインを見逃さないようにしましょう。

休日の暇アピール

相手が自分から暇アピールをしてくる場合、あなたに対して好意を向けている可能性が高いでしょう。

休日の予定が何もないと強調するのは、「誘ってほしいな」というアピールといっても過言ではありません

逆に、好きでもない相手に対しては、たとえ暇だったとしても「忙しい」「予定が入っている」と嘘をつき、誘われないように予防線を張るものです。

あなた自身が相手に好意を抱いているなら「自分も休日暇だし、遊びに行く?」と誘ってみてはいかがでしょうか。喜んでお誘いに乗ってくるでしょう。

たとえ脈なしでも、友達同士の普通のやりとりであるため、関係が悪化することはありません。

プライベートな話をする

自分の家族の話や、身の回りで起こった何気ない日常など、プライベートな話をしてくる場合は、脈ありの可能性大です。

好きでもない人にプライベートを知られたい人はあまりいません。

自ら進んで私的なことを話題にするのは、「この人になら話してもいい」「もっと自分のことを知ってほしい」という気持ちの表れです。

あなたに対してプライベートな質問をしてくる場合も、「あなたのことをもっと知りたい」「もっと理解したい」という好意が隠されているのです。

頻繁にボディータッチする

普段から頻繁にボディータッチをしてくる場合も、あなたに好意を持っている可能性が高いといえます。

肩や二の腕に触ったり、頭を軽く撫でてきたりと、自然なボディータッチがないか確認してみましょう。

お付き合いしているワケではないため、度が過ぎたボディータッチはナシですが、こちらが嫌な気持ちにならず、親しみを感じられるようなちょうどよいボディータッチであれば、脈ありといえます。

相手はあなたの快・不快のラインから大きく外れないことを祈りつつ、「好きな相手に触れたい」という欲求を満たしているのでしょう。

友達以上恋人未満のおすすめデートは?

カフェでのひと時

まだ付き合っていない段階では、恋人同士が行くようなムードのある場所には行きづらいものです。

友達以上恋人未満の2人が足を運ぶのにぴったりの場所を紹介します。気軽に行ける場所ばかりなので、お互いにあまり緊張せずに済みますよ。

たくさん喋れる「カフェデート」

カフェデートは、2人で向かい合ったり、カウンター席で横並びに座ったりすることがほとんどです。

雰囲気のよいカフェであれば、普段よりもお互いの距離を身近に感じられるでしょう。

友達同士はもちろん、カップルでの来店が多いのもカフェの特徴です。友達以上恋人未満の2人であれば、店内の雰囲気にのまれてすでにカップルになったかのような錯覚に陥ってしまうかもしれません。

好みが分かる「ショッピングデート」

ショッピングデートも、友達同士ででかけやすいデートプランです。

「ちょっと買い物に付き合って」というだけで成立するため、誘った方も誘われた方も気軽にでかけられるでしょう。

ショッピングデートのよさは、お互いの好みが買い物から見えてくることにあります。ファッションや雑貨など、相手の行きたい店についていけば、趣味や好みが自然と把握できるのです。

さらに、一緒に買い物をすることで、今相手が何を欲しがっているかが分かります。ゆくゆくプレゼントを選ぶときなどに役立つでしょう。

とはいえ、片方の買い物にばかり付き合っているとデートがつまらなくなってしまいます。

一方の買い物が終わればもう一方の買い物に付き合う、といった具合に、2人が満足できるデートを心掛けましょう

話題作りにも「映画デート」

映画館は、友達という間柄でも違和感なく足を運べる場所です。

2人きりだと緊張してしまって話せなくなるという人も、映画が上映されている間は会話をする必要がありません。

映画が終わった後は、2人で映画の感想を交換し合えるため、自然に会話が生まれるでしょう

ただし、映画のチョイスは相手の好みに配慮することが必要です。

相手が退屈したり、苦手だったりすることのないジャンルを選ぶようにしましょう。

両思いの場合はどうすればいい?

ハートマーク

デートを重ねていって、脈ありサインが両思いへの布石に変わったことを確信できたら、どのように好意を伝えるのがよいのでしょうか。

友達から恋人にステップアップする方法を見ていきましょう。

笑顔を絶やさない

相手に自分の好意を伝えるアピール方法として、まず挙げられるのがいつも笑顔でいることです。デート中は、心からの笑顔を絶やさないようにしましょう。

デートをしているとき、相手はあなたがちゃんと楽しめているか不安に思っています。

満面の笑みで相手を包み込んでいれば、相手は安心感を得て、恋心をより大胆に表現するようになるでしょう。

デートでたくさんの笑顔を見せれば、相手はデートが成功したと感じます。次回以降のデートのお誘いにもつながり、自然に恋人へのステップを踏めることでしょう。

さりげなく好意を伝えて

デート中は、言葉や振る舞いでさりげなく好意を伝えましょう。

友達としての関係がよいものであればあるほど、一歩踏み出すには勇気がいるものです。相手の反応を見ながら、あくまで自然な言動を心掛けましょう。

例えば、デート中は普段よりも距離を詰めて、偶然手が触れ合うことを狙ったり、「やっぱり○○さんと一緒にいると安心する」など、好意を匂わせるセリフを口にしたりしてみましょう。

お互いの気持ちを擦り合わせながら、ロマンチックなムードが高まったタイミングを見計らって告白に踏み切れば、成功率は格段にアップします

「友達としか見られない…」こんな場合は?

友達同士

友達としては大好きでも、異性としては見られない相手もいるものです。

「お付き合いはできないけれど、相手を傷つけずに今の友達関係を続けたい」という場合は、どうしたらよいのでしょうか。

具体的な事例とNGな行動を紹介します。

複数人で遊ぶよう提案

デートのお誘いを真っ向からバッサリ断ることは、心が痛むものです。

大切な友達を傷つけたくないというのは、人の感情としてあたりまえのものでしょう。

異性としてではなく、友達としてなら付き合えるお誘いであるなら、「ほかの友達も誘ってみんなで一緒に行こうよ」と提案してみてはいかがでしょうか。

デートそのものを拒絶したワケではないため、相手をあまり傷つけずに済みます。

さらに、2人きりを避けたことで、脈なしだということを遠回しに相手に伝えられるのです。

断り切れなくてもドタキャンはNG

断りにくいからといって、デートのお誘いをドタキャンするのは止めましょう。

「傷つけたくない」という思いから、あやふやに事を済ませようとしているのかもしれませんが、返って相手を傷つけることになります。

本当は行きたくないデートでも、相手は当日が来ることを楽しみに待っています。

断るタイミングが遅くなればなるほど、相手との信頼関係さえも悪化してしまうことになりかねません。

デートのお誘いが受けられないのであれば、前もってお断りすることが友達に対する誠意といえるでしょう

まとめ

友達と思っていた相手からのデートのお誘いは驚くものですが、普段の言動をよく観察していれば、脈ありサインを出しているかが分かります。

デートのお誘いが純粋に友達としてのものなのか、それとも異性として好意を抱いた上でのお誘いなのか、見極めることが大切です。

友達同士でも、気軽にでかけられるデートスポットは多いものです。デートを楽しみながら恋心の有無を判断して、あなたにも好意があるならば思い切って関係の発展を狙いましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る