「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
I LOVE YOUの飾り
2020.8.21

告白宣言をするメリットとは?好きな気持ちを伝えて両思いになろう

告白宣言をするメリットとは?

I LOVE YOUの飾り

告白宣言をすることで得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?特に重要なポイントをチェックしていきましょう。

告白する勇気が出せる

告白宣言をするメリットとして、まず挙げられるのが、告白する勇気が出せるというものです。

好きな人と正式に恋人同士になりたいという気持ちを持ちつつも、いざ告白となると気が引けてしまうという人は少なくありません。

そんな人にとって、あらかじめ告白を宣言するというのは、自分自身に追い打ちをかけ、後に引けなくするという点においてとても効果的な方法です。

片思いを長期間続けている人が一歩を踏み出す上で、ぜひ挑戦したい方法といえるでしょう。

相手に意識してもらえる

あなたの恋心を匂わせることによって、相手に異性として意識してもらえるというのも告白宣言をするメリットの一つです。

一般的に、人は誰かが自分に好意を持っていると感じると、その人物について強烈に意識してしまうものです。

それまでは全く気にしていなかった相手でも、「自分に好意があるのでは」と思った途端につい目で追ってしまったり、魅力的な部分が見えてきたりするというのは珍しい話ではありません。

告白宣言を上手に利用することで、正式な告白の前に相手の心をあなたへと大きく傾けられるといったうれしい効果が期待できるでしょう。

告白宣言はどうやってするの?

スマホを手に考える女子

「告白宣言をしてみたいけれど、どうしたらよいのか分からない」という人は多いのではないでしょうか。

誰でも気軽に挑戦できる告白宣言の方法を紹介します。

好きな人に告白の予告をする

好きな人の心を動かす効果を狙うのであれば、好きな人に直接告白を宣言する方法に挑戦してみましょう。

おすすめは、相手に会う約束をする際に「今度、大事な話があるんだ」と告白の予告をするという方法です。大事な話という時点で、あなたの真意はきっと相手へ伝わるでしょう。

なお、この方法を実行する際は、あらかじめ何度かデートを重ねるなど、いつ告白をしてもおかしくない程度の親密な関係を築いておくことが大切です。

あなたに告白されると確信した相手は、あなたのことで頭をいっぱいにしながらその日を待つことになるでしょう。

LINEをつかうと宣言しやすい

「実際の告白どころか、告白宣言すら上手にできる自信がない」そんな人におすすめなのが、LINEをつかった告白宣言です。

いよいよ告白しようと決めたなら、相手に会う前のタイミングで「次に会ったとき、大事な話をするね」とLINEを送っておきましょう。

直接言葉では言えなくても、LINEであれば無理なく文章にできるはずです。

なお、告白へのハードルがあまりに高いようであれば、LINEで「明日、大事なメッセージを送るね」と予告して、告白そのものもLINEで済ませるのも一つの方法です。

事前にじっくり告白の言葉を推敲できるのも、LINEをつかう大きなメリットといえるでしょう。

友人に宣言して協力してもらう

告白宣言をする相手は、好きな人本人だけとは限りません。告白への協力や後押しを求め、親しい友人に宣言するという方法もあります。

一旦友人に告白宣言をしてしまえば、もう後には引けないのが人情です。「宣言が実行できるかどうか友人が見ている」というプレッシャーから、これまでにないほどの勇気を奮い立たせることができるでしょう。

友人への宣言を通じ、時には背中を押してもらったり、有益なアドバイスをもらったりと、告白に向けた大きなサポートが得られることになるはずです。

告白宣言に注意点ってある?

セリフを書いてみる

告白宣言をする際は、ぜひ覚えておきたいいくつかの注意点があります。特に重要なポイントを二つチェックしていきましょう。

本命の告白をきちんとする

一旦告白宣言をしたら、「やっぱり勇気が出なくて告白はできなかった」というのはNGです。

たとえ表には出さなかったとしても、告白宣言をされた側は、「今日かな」「まだかな」とそのときを待っています。

にもかかわらず、何事もなく日々がすぎていけば、期待を裏切られたというネガティブな気持ちになってしまうことは避けられません。

いつか改めて告白する勇気が湧いたとしても、そのときにはすでに手遅れになっている可能性すら考えられるのです。

告白宣言というのは、一種の約束です。宣言したのであれば、本命としての告白までしっかりとやり切る必要があるでしょう。

予告段階で断られてしまうことも

好きな人に告白宣言をするにあたり、覚えておきたい心構えに、宣言をした時点で断られてしまう可能性がゼロではないというものがあります。

一般的に、人はその気がない相手から告白宣言をされた場合、それとなく「NO」をアピールする傾向にあります。

具体的には、「○○さんは自分にはもったいないです」「もっといい人がいますよ」といったセリフがこれにあたるでしょう。

とはいえ、これは決して悪い結果ではありません。

決定的に拒絶されることなく恋心にケジメをつけられるというのは、心の傷という点で考えてみるとむしろポジティブな展開といえるでしょう。

もしもの場合に備え、「告白宣言の時点で断られてしまうかもしれない」と覚悟しておくのがおすすめです。

まとめ

好きな人に告白する勇気が出ないとき、ぜひ挑戦したいのが告白を事前に予告する告白宣言です。

あらかじめ告白を予告することで、相手に意識してもらえたり、自分自身にプレッシャーをかけられたりと、たくさんのうれしい効果が期待できるでしょう。

一旦宣言したらしっかりと本命の告白をする・予告の時点で断られることもあるといった注意点も踏まえつつ、一歩を踏み出すための後押しとして告白宣言を上手に利用してみましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る