「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
スマホを気にする女子
2020.8.21

告白したら「考えさせて」と言われた。相手の心理と保留期間にできること

告白の返事が保留中。OKの確率は?

スマホを気にする女子

好きな人に勇気を出して告白したものの、返答がYESでもNOでもない「考えさせて」だと、待っている側としては気持ちが落ち着かないものです。

保留にされた場合のOK確率はどれくらいあるのでしょうか?ポイントごとに見ていきましょう。

考えられる可能性は50%ほど

告白を保留にされると「脈なしかも…」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、興味や好意がないのであれば、その場で断られる可能性が高く、保留にされるということは必ずしも脈なしとは限りません。

とはいえ、すぐにOKをもらえなかったことを考えると、相手側は交際を考えられるかどうか、または交際していけるかどうかを真剣に悩んでいる可能性があります。

そのため告白を保留にされた場合は、OKになる可能性は50%程度と考えておくとよいでしょう。

ここで焦って相手を思いやれないアクションを取ってしまうと、NGの割合が増える可能性があるため、落ち着いて慎重に行動することが大切です。

保留にしたときの表情をチェック

人の表情には素直な感情が表れやすいものです。保留にされたときの相手の表情を思い出して、OKの確率を考えてみましょう。

例えば、暗い表情や困ったような表情であれば、断り切れずにやり過ごすための保留であり、残念ながら答えはNGの可能性が高いと予想されます。

反対に、うれしそうな表情や照れている表情は告白を好意的に感じている証拠です。OKの可能性は十分にあると考えられるでしょう。

相手が驚いた表情をしていた場合は、これまで特別な異性として意識しておらず、告白される可能性を考えていなかったことが考えられます。

この場合、保留にすることであなたとの関係をじっくり考えたいという考えが隠れており、OK・NGの確率は五分五分といえるでしょう。

告白の返事をすぐにくれない男子の心理

ボーっとする男子

気になる男子から告白の返事をその場でもらえなかったことで、「やっぱり告白しない方がよかったかな…」とナイーブになってしまう女子も多いものです。

男子が告白を保留にする心理をチェックして、モヤモヤする気持ちを少しでも落ち着けましょう。

いきなりの告白に驚いている

告白を予想していなかったために、率直に驚いていることが男子が告白を保留にする心理の一つです。

相手はあなたのことを親しい友人や同僚として見ていたのかもしれません。恋愛対象として見ていなかったからこそ、告白されたことに驚き戸惑いを感じているのです。

恋人として考えられないのであれば「好きな人がいる」「友人でいよう」など理由を付けてすぐに断ることもできます。

保留にされたということは一定以上の好意はあると考えてよいでしょう。

簡単にOKを出さないことからも、相手は誠実に考えてくれているはずです。告白の結果に関わらず、引き続きよい関係を築ける傾向は高いでしょう。

慎重に選びたいと考えているから

相手の男子がモテるタイプであった場合、複数の女子から同時期に告白されている可能性も十分にあります。

ほかにも彼女候補がいることで、付き合う相手を慎重に選びたいと考えている可能性があるのです。

また、好きな人や忘れられない人がいるために、あなたからの告白をうれしく感じているものの、すぐに返答できないという可能性も考えられるでしょう。

中には現在付き合っている彼女がいるものの、あなたからの告白を好意的に受け止め、今の彼女かあなたかで悩んでいるという男子も少なからず存在します。

不安を感じるようであれば、告白前や保留中に相手の男子にほかの女子の影がないか、それとなくチェックしてみるのも手です。

自分1人では決められないから

自分1人で決められず、告白を保留にする男子も存在します。

中でも結婚を強く意識している人以前の恋愛でトラウマを抱えている人優柔不断な人は、友人や知人にアドバイスを求める傾向があるのです。

出会いのきっかけがマッチングアプリや街コンの場合、出会いの形に不安や迷いを感じて相談したいと考える人もいます。

一見すると頼りない印象を受けるかもしれませんが、周囲に相談する程、真剣に考えている証拠です。

告白に対して真面目に向き合ってくれていると考え、相手の出方を慎重に待ちましょう。

告白の返事をすぐにくれない女子の心理

スマホを見て悩む女子

女子に告白を保留にされたことで、「まだ告白するのは早かったかな」と落ち着かない日々を過ごしている男子もいることでしょう。

女子が告白を保留にするのはどのような心理があるのでしょうか?考えられる可能性をチェックしていきましょう。

恋愛対象として見られるか考えている

女子が告白を保留にする心理に、これまで恋愛対象として見ていなかったことがあります。

告白される気配を事前に感じていればあらかじめ返答を用意できますが、告白されると思っていなかった場合は、冷静に考えるために一旦保留にするのです。

相手の女子にほかに好きな人やライバルがいなければ、OKをもらえる可能性は大いにあります。

ただし、焦ってアクションを起こすと「悪い人じゃないけれど…」とネガティブなイメージを持たれてしまうこともあるため、じっと相手からのアクションを待つようにしましょう。

今の関係を変えたくない思いから

付き合うとなるとこれまでの関係とはよくも悪くも変わってしまいます。

現在、相手の女子と良好な関係を築けているならば、それゆえに相手の女子は仮に別れてしまったときのことを考えると「元の関係に戻れるのか」と不安に感じている可能性があります。

また、あなたを好意的に感じているものの、友人や同僚の関係の方が「気楽で心地よい」と考えている人もいるでしょう。

この場合は、交際後や告白を断られた後も、関係を変わらず築いていきたい気持ちを伝えることが大切です。

じっくりと関係を維持することで、相手の中の好意の種が育ち、関係がよい方向に変化するかもしれません。

恥ずかしくてつい保留にしてしまった

女子の中にはすぐに返答すると「がっついているようで恥ずかしい」と考え、告白を保留にする人もいます。

恋愛に慣れていない女子であれば、保留したものの「どう対応すればよいのか分からない」と混乱していることもあるでしょう。

また、「簡単に手に入る女子よりも苦労して手に入れた女子の方が大切にしてくれそう」と考え、あえて告白を保留にして、あなたの本気を試している女子も存在するのです。

このような場合、気長に待つことでよい返事がもらえる可能性は高まるといえるでしょう。

保留期間はどのくらい?

ふて寝する様子

返事を待つ側としては「今日明日にでも返事がほしい!」と思うものですが、告白した側とされた側では考えるために必要な時間は異なるものです。

とはいえ無制限に待つことは難しいものです。保留期間の目安を見ていきましょう。

一般的には1週間程度

告白の返事を待つ期間は1週間程度が一般的です。翌日から3日以内など待つ時間が短すぎると、相手は「急かされている」と感じて断られるリスクが上昇します。

反対に、1週間以上経つとうやむやになってしまったり、相手も返事をしにくくなってしまったりする可能性があるのです。

中には待たせてしまった罪悪感から「今さら返事なんてできない」と断りの返事を考える人もいます。

1週間程度あれば相手が考える時間を十分に設けられるでしょう。

タイミングを見計らって「そろそろ返事をもらえるとうれしい」と返事を促してみたり、再度告白したりすることで最後の一押しするのも手です。

長すぎると脈なしの可能性大

告白から1カ月以上経っても返事がないのであれば、最初から断るつもりだった可能性が考えられます。

ただし、相手が仕事やプライベートに追われていた場合、告白の返事を考えるだけの余裕がなかったのかもしれません

1カ月程度は様子を見てから、相手に連絡してみましょう。

相手に連絡しても素っ気なかったり避けられたりしているようであれば、残念ながら脈なしの可能性が高いといえます。

反対に、「ごめん!忙しくて!」「もう少し時間がほしい」といった連絡があれば、じっくり関係を育てることで脈ありに転じることもあるでしょう。

返事を待つ間のNG行動

スマホを手にする男子

告白の返事を待つ間は、大人しく待つことが無難な選択です。

相手の気持ちを動かそうとあれこれアクションを起こすと、かえって印象を悪くしてしまうこともあります。詳しいNG行動を見ていきましょう。

連絡の頻度を増やす、返事の催促

今までは用事があるときしか連絡していなかったにもかかわらず、返事をもらえていない不安から連絡の頻度を増やしていませんか?

急激に連絡の頻度が増えると、相手は「早く返事がほしい」とプレッシャーをかけられているように感じます。

また、「そろそろ返事もらえるかな?」「告白のことどう思っている?」と返事を催促することも、相手にとっては大きな負担です。

告白後も今までと同じ連絡頻度を意識しましょう。

「告白を忘れられてしまうかもしれない」と不安に感じたとしても、連絡をしないことで、相手があなたのことを自発的に意識する時間が増えるものです。

保留されたことを周りに言いふらす

「告白したのに返事もらえないんだよ」「どう思っていると思う?」のように、告白を保留されたことを周りに言いふらすことも控えましょう。

口が軽く信用できない人だと思われ、交際後も「有ること無いこと言われるかも」「不満とか言われるんだろうな」と不安に思われてしまいます。

加えて、気まずさから告白を断られるリスクも上がりかねません。

返事がもらえないことで気持ちが落ち着かないとしても、自分の時間や友人との時間を楽しむなど、返事をもらえるまでは告白を意識しないようにしましょう。

別の異性と2人だけで遊ぶ

「まだ交際前だから」とほかの異性と2人だけで遊ぶのも避けた方が賢明です

あなたにとっては気分転換の一つだとしても、相手も同じように受け取ってくれるとは限りません。

「本気じゃなかったのか」「真剣に考えて損した」といったマイナスな印象を持たれてしまう可能性があるのです。

告白の保留期間中はほかの異性と2人きりで遊ぶのは避け、どうしても遊ぶ場合には友達も含めたグループで遊ぶようにしましょう。

まとめ

告白の返事を待つ時間は、途方もなく長く感じるかもしれません。しかし、下手に行動してしまうと、相手の心証を悪くしてしまう可能性があります。

告白した後は「きっと大丈夫」と自信を持って過ごしましょう。そうすることで相手にも魅力的な人物に映るはずです。

いつも通りに振舞いつつも、余裕を持って告白の返事を待ちましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る