「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
love you
2020.8.21

告白できない男女の心理とは?勇気を出して気持ちを伝えよう

「告白しなかった」「振られた」後悔するのはどっち?

love you

告白できずに迷っているとき、参考にしたい考え方の一つに「告白しなかった場合の後悔と、告白して振られた場合の後悔とではどちらが重いか」というものがあります。

実際のところはどうなのか、詳しく確認していきましょう。

後悔する人が多いのは「告白しなかった」場合

一般的に、より長く深い後悔を背負うのは、告白して振られた場合ではなく、告白しなかった場合だと考えられています。

告白しなかった場合、いつまでも相手への思いを引きずって、「もし告白していたらうまくいっていたのかも」と考えてしまい、勇気を出せなかった自分を責め続けてしまうこともあるでしょう。

過ぎ去った時間は取り戻せないからこそ、「できるはずのことをしなかった」という後悔はいつまでもその人の心に残ってしまうものなのです。

告白して振られた場合の心境は?

告白しなかった人の後悔が長期に渡り続く一方で、告白して振られた人は、そもそも後悔をしていない場合がほとんどです。

もちろん、失恋した以上、思いが届かなかった事実に深く傷つき、しばらくの間つらく悲しい気持ちで日々を過ごすことになるでしょう。

中には、「振られてしまうなら、やっぱり告白しなければよかった」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、告白して振られた経験は、年月と共にやがてややほろ苦さの残る懐かしい思い出に変わります

いっときの心の痛みと引き換えに、達成感や自己肯定感という大きな魅力の源を得られるのは、告白して振られた経験を持つ人の特権なのかもしれません。

告白できない人の心理 男子編

ハートを抱えるキャラクター

人が「告白したいけれど、どうしてもできない」と感じるとき、そこにはどのような思いが隠されているのでしょうか。

まずは、告白できない男子の心理から確認していきましょう。

自分は相手に釣り合わないと思っている

好きな女子に告白できない男子の心理として、まず考えられるのが「彼女は自分にはもったいない」というものです。

このタイプの男子は、基本的に自分に自信がありません。自分の魅力を実際よりも低く見積もっているために、いざ好きな女子ができても自分からアクションを起こせないのです。

「振られるのが分かっているのに告白なんてできない…」それがこのタイプの男子の本音といえるでしょう。

ほかにも気になる女子がいる

恋愛に対する考え方は人それぞれです。1人の相手と丁寧に向き合うスタイルの人もいれば、大切な時間を効率的につかえるよう、複数の相手と同時進行で距離を縮めるスタイルの人もいるでしょう。

後者タイプの男子の場合、少しでも可能性を広げるため、「この子いいな」と思っても告白はできるだけ先延ばししようとする傾向があります。

少しでもほかに気になる女子がいれば、どんなにチャンスがあったとしても正式な告白は避けようとするでしょう。

「自分にとって理想的な女子を選ぶためにも、ギリギリまで1人に絞らずにいたい」というのがこのタイプの男子の心理といえそうです。

あえて告白しないケースも

「相手を好きだからといって、必ずしも付き合う必要はない」そんな価値観を持つ男子は案外少なくありません。

このタイプの男子は、多くの場合、恋人同士という関係性そのものにそれほど魅力を感じていない傾向にあります。

「好きなら一緒にいればいい」「今のままで十分居心地がいいから、わざわざ告白をする必要はない」そうした考え方が基本といってよいでしょう。

一方で、「相手を好きだからこそ、関係を壊したくない」という理由で告白しないケースも存在します。

いずれにせよ、告白できないというよりは、あえて告白をしないタイプといってよいでしょう。

告白できない人の心理 女子編

ライトを持つ女性

では、女子が好きな人に告白できないときの心理というのは一般的にどのようなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

告白は男子からすると考えている

男女平等が広く浸透しつつある現代ですが、こと恋愛関係においては、「男子がリードするもの」と考える風潮が残っているのが現状です。

こうした価値観を持つ女子が人を好きになった場合、仮に相手と親しくなれたとしても、「自分から告白するのはかっこ悪い」「相手から告白するべき」と、相手からのアクションを待ってしまいがちでしょう。

相手の男子の性格によっては、どちらも一歩を踏み出せないままに、自然消滅してしまう可能性が高いタイプといえそうです。

タイミングを逃してしまった

「告白を先延ばししている内に、気が付いたらタイミングを逃していた」そんな経験がある女子は多いのではないでしょうか。

一旦タイミングを逃してしまうと、「今更告白なんて…」という気持ちから、告白へのハードルはどんどん高くなってしまいます

月日がたてばたつほどにより一層告白を切り出しにくくなるため、最終的には彼への恋愛感情が薄れるか、彼に別の恋人ができるかといった苦い結末を迎えてしまう傾向にあるでしょう。

何らかの大きなきっかけがない限り、現状を変えるのが難しいパターンといえそうです。

やっぱり振られることが怖い

女子が男子に告白できない場合、その理由の大部分を占めるのは、やはり「振られたくない」という不安な気持ちでしょう。

好きな人に振られるというのは、誰にとってもつらく苦しい経験です。そんな悲しい思いをするのに加え、2人の関係が壊れる可能性について考えると、どうしても勇気が出せないのも無理はありません。

相手を強く思えばこそ、振られることへの不安もまた強くなり、現状維持で精一杯となってしまうのです。

告白するための勇気の出し方

手を重ねあうカップル

「告白したい気持ちはあるものの、どうしても勇気が出ない」そんなときはどうすればよいのでしょうか。告白への勇気を出すために覚えておきたい気持ちの持ち方を紹介します。

告白しなかった場合の未来を考える

告白への勇気が持てないとき、まず考えておきたいのが、このまま告白せずに過ごした先にはどんな未来が待っているのかについてです。

もしかすると、そう遠くない未来、相手はあなた以外の第三者に告白されてOKをするかもしれません。あるいは、ほかに好きな人ができるといった可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、あなたはあなたではない別の誰かと幸せに過ごす相手の姿を目の前で見ることになる可能性が高いのです。

もちろん、相手があなたに告白してくれるという可能性もゼロではありませんが、その場合、未来は相手次第になってしまいます。

告白しない未来について丁寧に想像してみることは、心の奥に眠る勇気を奮い起こす大きな力になるはずです。

相手の立場になって考えてみる

告白する勇気が持てないとき、気持ちは基本的に自分自身へと向いています。

「振られたくない」「恥ずかしい」「相手との関係が壊れてしまう」こうした自分を守りたい気持ちが告白しない選択をさせているといっても大げさではありません。

そこでおすすめなのが、自分の気持ちは一旦置いておき、相手の立場になって考えるという方法です。

もしもあなたが告白をした場合、相手はいったいどんな気持ちになるでしょうか。きっと、あなたという人に好かれた喜びや感謝を感じ、大きな自信を持つきっかけになるはずです。

「自分の告白は相手のためになる」といった視点で考えてみることで、告白する勇気も自然と湧いてくるでしょう。

成功することだけをイメージする

好きな人のことを考えるとき、正式に恋人同士になった自分と相手の姿をイメージする人は多いのではないでしょうか。

この幸せなイメージは、告白する勇気を出したいときにも非常に有効です。

そもそも告白は、相手との幸せな未来を現実のものにするための最初のステップに過ぎません。

目的が2人の幸せな未来である以上、うまくいかない未来を想像し、あれこれと思い悩んでいる時間にあまり意味はないといえるでしょう。

告白が成功し、相手と満たされた日々過ごしている様子を具体的にイメージすることで、告白に対する考え方もきっとポジティブなものになるはずです。

脈ありかどうかをチェックしておこう

ペンと紙

告白する勇気を奮い立たせてくれるのは、何といっても「告白したらうまくいく」という確かな自信です。

そんな自信を与えてくれる好きな人からの脈ありサインについて、男女別に詳しく確認していきましょう。

男子が女子に見せる脈ありサイン

男子の多くが、好意を抱く女子に対しては特別な脈ありのサインを見せる傾向にあります。

以下、主な男子の脈ありサインについてチェックしていきましょう。

  • 質問が多い
  • 相手が困ったときにすぐフォローする
  • 相手の分まで支払いをしようとする
  • 自慢話をする
  • 会う予定を入れたがる
  • 好みの男子のタイプを知りたがる
  • 以前の会話の内容をよく覚えている

どうやら、男子は好きな女子に対し「よいところを見せよう」という意識が強く働く傾向にあるようです。

気になる男子にこうした振る舞いが見られたら、勇気を出して告白するとあっさりOKがもらえるかもしれません。

女子が男子に見せる脈ありサイン

では、女子が男子に見せる脈ありサインにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

  • 笑顔が多い
  • 距離が近い
  • あまりスマホを触らない
  • よく髪の毛を触る
  • ボディータッチが多い
  • メールやLINEで絵文字が多い
  • 何かと褒める

一般的に、女子は男子に対して少なからず警戒心を抱くものですが、好きな男子に対してはその警戒心がグッと低くなる傾向にあるようです。

「最近、何だか距離感が近いな」と感じたら、告白をする絶好のタイミングといってよいでしょう。

告白の成功率を上げるポイント

夕焼けとカップル

せっかく勇気を出して告白をするのなら、相手からはぜひOKの返事をもらいたいものです。告白の成功率を高める上で覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

付き合う前にデートを重ねておく

いざ告白をするにあたっては、事前に相手との距離をある程度縮めておくことが大切です。

たとえどんなに魅力的な異性に告白をされたとしても、相手のことをよく知らなければ気持ちよくOKすることはできません。

相手にあなたという人物の魅力を十分理解した上で判断してもらうためにも、何度かデートを重ね、信頼関係を築いてから告白を切り出しましょう

可能であれば、告白前に3~4回のデートをしておくのがおすすめです。告白の成功率をより一層高められるよう、お互いへの理解が深まりつつも、マンネリにならないタイミングを狙いましょう。

LINE・メールはマメに

通常、人間関係における好感度や親密度は、相手に接する機会が増えるほどに高まるものと考えられています。

好きな相手に自分をアピールし、告白の成功率を高めるのなら、直接会わないときもあなたの存在をアピールできるLINEやメールも積極的に利用していきましょう。

ただし、LINEやメールは、やみくもに送ればよいというわけではありません。相手が忙しいタイミングに長文を送ったり、返信がない内に次々とメッセージ送ったりというのは、相手に悪印象を与えむしろ逆効果になってしまいます。

相手の生活リズムや返信ペースに配慮したやり取りをすることで、好印象を与えつつスムーズに関係を深めていけるでしょう。

告白するなら、夕方以降のデートの帰り際

告白の成功率を高めるのなら、シチュエーションにもぜひこだわっておきたいものです。

どんな場所で、どんなタイミングで切り出すかによって、相手の受ける印象や反応は大きく変わることになるでしょう。

なお、挑戦しやすいおすすめのシチュエーションとして、まず挙げられるのが夕方以降のデートの帰り際です。

というのも、夕方以降の時間帯は、心身がリラックスモードに切り替わるため、愛の告白もスムーズに受け入れてもらえる確率が高まると考えられているからです。

また、デートの帰り際というタイミングは、楽しい時間が終わる名残惜しさから、お互いへの好感度がピークを迎える瞬間でもあります。

告白をする上で、夕方以降のデートの帰り際というのは、うれしい条件がそろったまさに理想的なタイミングといえるでしょう。

まとめ

「好きな人がいるのに、どうしても告白できない」そんなとき、心の奥底には「振られるのが怖い」「相手との関係を壊したくない」など、さまざまな心理が隠れています。

とはいえ、告白をしないまま時が過ぎていけば、タイミングを逃してますます思いを打ち明けにくくなってしまうばかりか、相手に好きな人や恋人ができてしまう可能性も考えられるでしょう。

そんな事態を防ぐためには、成功だけをイメージする・相手の立場になって考えるといった方法で告白へのモチベーションを高めるのがおすすめです。

相手の脈ありサインもチェックしつつ、勇気を出して幸せな未来への一歩を踏み出しましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る