「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ワインを片手に持つ女性
2020.8.21

成功に近づく告白の切り出し方!ポイントを押さえてOKの言葉をもらおう

告白を切り出す最適なシチュエーションとは

ワインを片手に持つ女性

告白を切り出すにあたっては、自然な流れで告白できる雰囲気づくりが大切です。まずは、告白におすすめのシチュエーションから確認していきましょう。

デートの帰り道

自然な流れで告白を切り出すのなら、ぜひ候補に入れておきたいのがデートの帰り道というシチュエーションです。

デートが終わりに近づいた帰り道というのは、楽しかった時間への名残惜しさも相まって、お互いへの親密度がピークを迎えるタイミングでもあります。

「もう少し一緒にいたい」「さみしいな」といったセンチメンタルな感情も湧きやすく、告白を切り出すのにはぴったりなシチュエーションといえるでしょう。

なお、この効果はデートの時間が楽しければ楽しいほどに高まります。お互いに思いっきり満喫できるデートプランと併せて計画をすることで、告白が成功する可能性も高めることができるでしょう。

レストランやバーの個室

「告白をされるなら、人のいない落ち着いた場所がいい」と考える人は少なくありません。

人目が多い賑やかな場所は、どうしても周囲が気になってしまうため、告白を切り出すには不向きな環境といえるでしょう。

その点、レストランやバーの個室なら、他人の視線や話し声を気にすることなく2人の世界に入れます

少しラグジュアリーなお店を選び、おいしい食事やお酒を堪能しつつ会話を楽しむことで、おのずといつもとは違った特別な空気が2人を包んでくれるでしょう。

さり気なく、それでいて印象的な告白をするのにぴったりのシチュエーションといえそうです。

観覧車などロマンチックなスポット

「どうしても告白を切り出せるようないい雰囲気がつくれない…」そんなときは、あえてロマンチックなスポットを選び、相手に告白の意思を察してもらうというのも一つの方法です。

2人の関係性によっては「今更告白なんて…」と、恋愛感情をなかなか打ち明けられないこともあるでしょう。

そんなときは、場の持つ雰囲気の力を借りるのがおすすめです。カップルに人気の観覧車や、夜景がきれいな場所などを2人で訪れて、あなたの告白の意思を相手へそれとなく匂わせましょう。

暗黙の了解として相手に心の準備をしてもらうことで、必要以上に雰囲気づくりに消耗することもなく、落ち着いて告白を切り出すことができるでしょう。

自然な告白につなげる切り出し方

カフェでデートする男女

好きな人へ告白をするにあたり「どう切り出せば不自然にならないか」を考える人は多いのではないでしょうか。

自然な形で告白するためにおすすめの切り出し方を紹介します。

ふと話題が途切れた瞬間

相手が誰であれ、楽しく会話をしていると、話題の切れ目で不意に沈黙が訪れる瞬間があるはずです。

自然な形で告白を切り出したいと思うなら、そんな2人の会話がふと途切れたタイミングを狙ってみるのもよいでしょう。

相手が次の話題を探しつつ、同時にあなたの言葉を待っているタイミングというのは、あなたの思いを真っすぐ届ける上で絶好のシチュエーションです。

この瞬間を狙い、「実は、前から伝えたかったんだけど…」「もう知ってるとは思うんだけど…」と切り出せば、相手もスムーズに受け入れられる告白ができるでしょう。

恋愛に関する話題になったとき

「好きな人と話をしていたら、いつの間にか恋愛の話題になっていた」そんなときも、自然に告白を切り出しやすいおすすめのタイミングといえるでしょう。

一般的に、人は興味のない異性に対し恋愛にまつわる話題は振りにくいものです。

もしも、好きな相手から「どんな人がタイプなの?」など、個人の恋愛にまつわる話題が出たのなら、少なからず相手も異性としての関心を持っていると考えてよいでしょう。

もともと告白を決意していたのであれば、その流れの中で「○○くんみたいな人と付き合いたいな」「○○ちゃんみたいな人が理想なんだよね」と思い切って切り出してみましょう。

相手の反応にもよりますが、とても自然な形で正式な告白へとつながるはずです。

そもそも告白は男子から?女子から?

手でハートをつくるカップル

特に女子の場合、いざ告白をしようと思っても、「自分から告白してもいいのかな」とついためらってしまいがちです。

男子・女子、どちらから告白するのが正解なのかについて、一般的な傾向を確認していきましょう。

基本はどちらからでもOK

かつて、告白やプロポーズといった男女関係の節目は、男子側のリードで迎えるのが一般的でした。

「自分から切り出せない男子は男らしさに欠ける」といった価値観が、当然のものとして広く浸透していたといってよいでしょう。

しかし、男女平等が浸透した現代では、こうした価値観は徐々に薄れつつあります。

基本的には、性別にかかわらず、「好きだ」と思った相手には自分から告白して問題ありません

相手が自分から告白できないタイプである可能性を考えると、むしろタイミングを逃さぬ内に自分から告白するのがおすすめといえそうです。

女子から告白された男子の意見

実際に女子から告白された場合、男子はどのように感じるものなのでしょうか。具体的な意見をチェックしていきましょう。

  • 素直にうれしい
  • 自分に自信が持てた
  • 頑張って伝えてくれたことに対してありがたく感じる
  • 女子から言わせてしまって申し訳ない気持ちになる

女子から告白されることについて、大半の男子がポジティブに受け止めているようです。

一方で、一部には「自分から告白したい」と考える男子も存在するため、実際に告白を切り出す際は相手のタイプについて事前に確認しておくのが無難といえるでしょう。

男子から告白された女子の意見

では、女子が男子から告白された場合の気持ちというのはどのようなものなのでしょうか。以下、主な意見を紹介します。

  • うれしい
  • 自分の魅力を認めてもらえたと感じる
  • よく知らない人だと怖い
  • まず、本気かどうかが気になる

男子の感想にポジティブなものが多かったのに対し、女子の場合は、やや警戒心が感じられるものが多い傾向にあります。

思いをありのまま受け止めてもらうためにも、女子に告白を切り出す際は、あらかじめ相手の警戒心や不安を取り除く工夫をする必要がありそうです。

告白の前にしておきたい!脈あり度チェック

男性の方にもたれる女性

「勇気を出して告白をするのなら、できる限り成功率を高めておきたい」そんなふうに考える人は多いのではないでしょうか。

相手の気持ちをチェックする一つの方法として、男女別の脈ありサインを確認していきましょう。

デート中に見せる男子の脈ありサイン

気になる男子があなたに脈ありかどうかは、デート中に見せる振る舞いである程度の判断ができます。

以下、特に注目したい脈ありサインを紹介していきましょう。

  • 自分から支払いをしようとする
  • 質問が多い
  • お店のハシゴをするなど、デートを長引かせようとする
  • 帰りは送ってくれる
  • 次回の約束を取り付けようとする

基本的に、男子は「いいな」と思った女子に対し、サービス精神が旺盛になる傾向があるようです。

「自分のために頑張ってくれているな」と感じたら、相手の脈あり度はかなり高いといってよいでしょう。

デート中に見せる女子の脈ありサイン

女子が見せる脈ありサインは、男子とは大きく変わります。以下、女子特有の脈ありサインについて詳しく見ていきましょう。

  • 「すごい」「かっこいい」など、たくさん褒めてくれる
  • 笑顔が多い
  • 必要以上にスマホを触らない
  • 物理的な距離が近い
  • ボディータッチをしてくる
  • 見た目の雰囲気がいつもと違う

一般的に、女子は気になる相手に対し、ほかの異性が相手のときと比べて心身の距離感がとても近くなる傾向にあります。

「自分から頑張ろうとしなくても、自然に距離が縮まっていくな」と感じたら、告白を切り出す絶好のタイミングといえるでしょう。

OKの返事をもらえたあとは

ハートとスマホ

勇気を出して告白をした結果、見事OKがもらえたら、そのあとはどう振る舞うのが正解なのでしょうか。

恋人同士としてよりよいスタートを切るために覚えておきたいポイントを紹介します。

会話を楽しもう

無事告白が成功を収めると、緊張が解けた反動から「すぐに家へ帰ってリラックスしたい」と感じる人が少なくありません。

しかし、ここですぐに帰宅するのはNGです。告白という場面では、告白をしたあなただけでなく、告白をOKした相手もとても緊張しているものです。

にもかかわらず、あなたがすぐに帰ろうとしてしまえば、相手は何だか取り残されたような不安な気持ちになってしまうでしょう。

告白をしたあとは、2人の絆を確かなものにするためにも、しばらくの間ゆっくりできる場所で会話をするのがおすすめです。

正式な恋人同士としての会話を楽しむことで、よりスムーズに2人の関係を深めることができるでしょう。

帰ったあとはメッセージを

OKの返事をもらったら、帰宅後は忘れることなくメールやLINEを通じて相手へのメッセージを送りましょう。

「今日は本当にありがとう。うれしかった!」「これからよろしくね」など、あなたのうれしい気持ちを伝えることで、相手も改めてあなたと恋人同士になれたといううれしい余韻に浸ることができるでしょう。

なお、可能であれば、この段階で次の約束を取り付けておくのがおすすめです。そうすることで、万が一の自然消滅を防ぐと同時に、相手に対し「早く会いたい」という意思表示もできるでしょう。

相手の抱く付き合いたてならではの不安を払拭し、安心感を与えるためにも、ぜひ実践したい告白後のステップといえそうです。

うれしくても過剰なスキンシップはNG

告白が成功した人の中には、思いが成就した喜びが爆発し、ついその場で過剰なスキンシップをしてしまう人もいますが、やはりこれはおすすめできません。

恋人との関係をどう進展させていくかについての考え方は、人によって大きく違います。

もしも、相手が「時間をかけてゆっくり仲を深めていきたい」というタイプだった場合、突然の過剰なスキンシップはあなたに対する不信感や抵抗感を生むきっかけにもなりかねません。

相手との関係を大切に思えばこそ、相手の気持ちに寄り添った慎重な振る舞いが必要といえそうです。

返事が保留のときはどうする?

黒板に描かれたクエスチョンマーク

勇気を出して告白を切り出したからといって、すぐにその場で返事がもらえるとは限りません。相手の答えが保留になったときに覚えておきたいポイントをチェックしていきましょう。

返事をもらう期限を決めておく

告白の返事が保留になってしまったときは、いつまで待つのかの期限をしっかりと決めておくのがおすすめです。

告白の返事を待つ間、あなたの緊張や不安は絶えず続きます。精神的な負荷を考えると、期限を決めずに待ち続けるというのは避けた方がよいでしょう。

可能であれば、「返事は少し待って」と言われた時点で、どのくらいかかるのかの目安を直接相手に確認しておきたいものです。

それが難しいようならば、保留の期間中ただ待っているだけでなく、2人で会える機会を自分から積極的につくりましょう

「返事はまだでいいんだけど、よかったらごはんでもどうかな?」など、あなたの人となりを見てもらう機会を増やすことで、相手もスムーズに決断を下せるようになるはずです。

無理に催促しない

告白の返事を待つ期間が長くなると、待っている間のストレスに耐えられず、ついつい返事を催促したくなるものです。

しかし、OKをもらう可能性を少しでも高めたいのであれば、相手を急かすのは得策ではありません。

というのも、あなたを待たせていることに対して相手が罪悪感を抱いていた場合、催促されたことによって「これ以上待たせてはいけない。気持ちが固まらないから断ろう」という選択をしてしまいかねないからです。

「強引な人」というネガティブな印象を持たれないためにも、無理な催促は避けるのがおすすめです。

保留にされたと言いふらさない

告白の返事を保留にされたときの振る舞い方として、特に注意したいのが2人の現状をむやみに言いふらさないという点です。

もしもあなたが親しい誰かに事情を打ち明ければ、きっとその人物はあなたの立場を思いやり、「待たされてかわいそう」「早く返事をすればいいのに」と、相手に対して批判的な見方をするでしょう。

場合によっては、噂が噂を呼び、尾ひれが付いた悪評として直接本人の耳に入らないとも限りません。

そうした事態が起きれば、残念ながら相手のあなたに対する印象は急激に悪化してしまいます。結果として、OKをもらえる可能性も限りなくゼロに近くなってしまうでしょう。

あなた自身のためにも、保留になっている現状については自分一人の胸に留めておくのがおすすめです。

まとめ

好きな人に告白を切り出す際は、デートの帰り道やロマンチックな場所など、自然にムードが高まる落ち着いた場所を選びましょう。

2人きりで会話を楽しむ中で、ふいに沈黙が訪れたときや、恋愛の話題になったときなどのタイミングを選んで告白を切り出せば、唐突感のないスマートな告白ができるでしょう。

なお、万が一告白の返事が保留になってしまった場合は、期限を決めつつも相手を急かさないのがマナーです。

相手の立場に配慮をすることが、告白を成功させるための大切なポイントといえるでしょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る