「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
夕陽を眺める女性
2020.8.31

彼氏が欲しいけど怖いのはなぜ?恐怖心の原因と克服方法を紹介

彼氏が欲しいけど怖い その原因は?

夕陽を眺める女性

恋愛するのが怖いと感じる女子の中には「理由は分からないけどなんとなく怖い」と答える人も多いでしょう。

しかし、突き詰めて考えてみると、過去の経験これまでの環境が影響している場合がほとんどです。

次の三つのいずれか、もしくは複数に心当たりがないか考えてみましょう。

恋愛にトラウマがある

恋愛でひどくつらい経験をすると、知らぬ間に恋愛に対する恐怖心を育ててしまうことがあります。

恋をしたり付き合ったりするのは、必ずしも幸せなことばかりとは限りません。心ない言動で傷つけられることもあれば、時には手ひどい裏切りにあうこともあるでしょう。

深く負った心の傷は、たとえ「乗り越えた」と思っていても、自分の中に根深く残ってしまうことがあるのです。

こうなると、トラウマのせいで恋愛に踏み込めず、つらい思い出を幸せな恋で上書きすることができません。

恋愛からフェードアウトしているうちに、誰かを好きになる方法が分からなくなってしまったという理由が考えられます。

傷つきたくない

好きになれそうな人が目の前に現れたとき、恋をした幸せな自分よりも、恋に傷つく自分を想像してしまうということはないでしょうか。

もしそうなら、「傷つきたくない」という心理が恋愛の邪魔をしていると考えられます。

過去に振られたことがある、身近につらい恋愛をしている友だちがいるといった女子に見られがちな傾向です。

うまくいかない恋愛のつらさを知っているため、恋に落ちる前に無意識に自分の心にブレーキをかけてしまいます。

付き合う前から別れを意識してしまうので、感情をコントロールできる現状維持を選んでしまうのです。

恋愛経験が少ない

過去の経験のせいで恋愛に尻込みしているケースもあれば、恋愛経験の少なさから彼氏を作ることが怖いと感じるケースもあります。

この場合、男友だちの多い少ないは関係ありません。友だちとしてなら問題なく付き合えるのに、恋愛を意識した途端にどんな態度で接するのが正解か分からなくなってしまうのです。

恋愛に慣れていないことに対する劣等感は、大人になるほど強くなる傾向にあります。

このタイプの女子は、「こんな反応したらおかしいかな」「なんて返事したらいいの?」と迷えば迷うほど、彼氏彼女の関係になることに恐怖心を抱いてしまうでしょう。

恋愛を怖いと感じてしまう女子の特徴

上手くいかない恋

同じような経験をしても、同じような環境で育っても、恋愛に積極的な女子はいます。こうした女子と恋愛が苦手な女子との違いは、どこにあるのでしょうか。

恋愛を怖いと感じてしまう女子によく見られる三つの特徴について解説します。

自分に自信がない

恋愛を遠ざけてしまう女子は、自己肯定感が低いという特徴があります。

見た目だけではなく内面的な部分にも自信が持てず、「自分が愛されるはずがない」と思い込んでしまうのです。

たとえ男子がアプローチしてきても、好意を信じられないためにチャンスを水に流してしまうことも少なくないでしょう。

自分からアピールすることなどもっての外なので、好きな人と距離を詰めることもできません。

男子に対して苦手意識がある

思春期を女子校で過ごし、男兄弟もいないといった環境で育った場合、男子との接し方が分からなくなってしまうことは珍しくありません。

知らないものに対し、恐怖を全く感じないという人はほとんどいません。

男子が身近にいないまま大人になった女子にとって、男子は未知の存在に他ならず、男子ならではの言動に戸惑うことが多々あるのです。

こうした女子は恋愛面においては、思春期に入ったばかりの女子と変わりません。相手が男子であるというだけで身構えてしまい、本来の自分を出せないという人も少なくないでしょう。

警戒心が強い

人より少し警戒心の強い女子も、恋愛から遠ざかりがちであるといえます。どちらかというと内向的で、友だちに心を開くのにも時間がかかるタイプです。

たやすく他人を信じることはなく、プライベートなことを聞かれると「探られているのでは」と不信感を覚えることもあるでしょう。

自分を知られることに抵抗感があるため、なかなか男子と打ち解けられません

笑顔で対応していてもどこか壁があり、男子からは「近づきにくい」と思われることも珍しくないでしょう。

恋愛への恐怖心を克服する方法

ハート

なぜ彼氏を作ることが怖いと感じてしまうのか分かったら、次はその原因を取り除く方法を実践する段階です。

恋愛への恐怖心を克服する方法について見ていきましょう。

自分を好きになる

恐れずに誰かを好きになるには、自分をしっかり持っていることが大切です。

そのためには、ありのままの自分を受け入れ、今の自分を好きになることから始めてみましょう。

自分を好きになるには、理想に近づく努力が必要です。メイク・ファッション・ヘアースタイルなど、やってみたいおしゃれに挑戦してみると、新しい自分を発見できるかもしれません。

もちろん外見だけではなく、習い事やスポーツで得意分野を極めるというのもよい方法です。

「これだけは自信がある!」というものが一つあるだけで、内面から生き生きとした魅力がにじみ出てくるでしょう。

男友達を作る

「習うより慣れろ」ということわざは、恋愛にも当てはまります。男子の心理を学ぶには、男子との関わりを増やすのが手っ取り早い方法です。

会話した経験が多ければ多いいほど、男子とのコミュニケーションスキルは向上します。

周囲に男子が少ないのであれば、サークルやイベントなどに顔を出し、積極的に男子と会話するようにしてみましょう。

そこで出会った男子と無理に長く付き合っていく必要はないので、失敗しても気が合わなくても気に病むことはありません。

最初はぎこちなくても次第に自然に会話できるようになるでしょう。

誰かに相談する

恋愛自体に恐怖を感じているのであれば、信頼できる第三者に相談してみましょう。他人の意見を聞くことで、悩みや不安がなくなっていくこともあります。

相談相手としておすすめなのは、長く付き合いを続けているカップルです。

仲良しのカップルは、トラブルの乗り越え方をよく知っています。互いに思いやる方法が分かると、恋愛が怖いというイメージが拭えるでしょう。

知り合いに聞きにくいなら、専門家に相談してみるのも方法です。自分の気持ちが見えてくると、理想のパートナー像が固まり恋愛に前向きになれるでしょう。

恋愛を進めるときのポイント

カップル

恋愛に慣れていないと、思わぬ痛い目にあうことがあります。自分にぴったりの相手に出会うためにも、次の二つのポイントを心に留めておきましょう。

焦って彼氏を作るのはNG

「恋愛に前向きになりたい!」と思うあまり空回りしてしまっては、よい結果にはなりません。

「好きになること」ではなく「彼氏を作ること」が目的になると、外見やステータスなどの条件で相手を選んでしまうことも少なくありません。

彼氏との性格が合わなければ恋愛が長続きするはずがなく、失恋経験を増やすことにもつながりかねません。

また、彼氏を作りたいという気持ちが前面に出てしまうと、男子からの評価が下がるリスクもあります。「簡単に落とせそう」「必死すぎて痛い」と思われないよう、心に余裕を持つことも大切です

無理せず自分のペースで

相手のペースに合わせてあげることも必要ですが、恋愛ではひとまず自分の気持ちを大切にしましょう。

男子と女子では恋愛ペースが異なることがほとんどです。男子が性急にセックスまで持ち込もうとするのに対し、女子はじっくりと精神的な絆を育てたいと思うことが多いでしょう。

不安を見ない振りして前に進めば、恐怖心や不信感が増すだけです。誠実な男子であれば、こちらの気持ちに理解を示してくれるものです。

決して無理はせず、自分の気持ちが追いついてから恋愛を進めていきましょう

まとめ

彼氏が欲しいのに怖いと思う心の奥底には、トラウマや劣等感・男子への警戒心などが隠れていることがあります。こうした原因を放置しておくと、いつまでも恋愛に踏み出せないままかもしれません。

まずは自分を見つめ直し、恋愛に対する恐怖心を克服していくことが大切です。

恋を焦らず、自分のペースで恋愛のときめきを満喫しましょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら