「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
告白のシーン
2020.8.21

成功率を上げる告白の仕方!コツとタイミングをチェックしよう

成功する告白の仕方とは?

告白のシーン

告白を成功させるには、事前にチェックしておきたいいくつかの大切なポイントがあります。中でも重要なものを確認していきましょう。

まずは仲良くなっていることが前提

「あの人と付き合いたい!」そう思ったからといって、勢いで告白するのはNGです。

まだ仲良くなっていない状態で告白をした場合、そもそも相手はあなたがどんな人物なのかが分かりません。

これといった決め手がない以上、正式に交際をするという決断をするのはとても難しいものです。残念ながら、告白が成功する可能性はとても低くなってしまうでしょう。

正式に付き合うことを目指すのであれば、少なくともただの知人以上の関係を作っておく必要があるでしょう。

タイミングの見極めは慎重に

告白の成功率を高めるには、どんなタイミングを選ぶかも重要なポイントです。

相手の気持ちが沈んでいるときや、ほかのことで頭がいっぱいな時期の告白は、それ以外のタイミングに比べて断られる可能性がグッと高まってしまうでしょう。

それどころか、場合によっては「空気の読めない人だな」とあなたに対する印象そのものに悪影響を及ぼす可能性すら考えられるのです。

そうした事態を防ぐためにも、告白をする際は、相手の心理状態もそれとなくチェックしておくのがおすすめです。

相手がポジティブな時期を狙うことで、あなたの告白そのものもきっと前向きに受け止めてもらえることでしょう。

告白前に!男女共通の脈ありサインをチェック

カップル

より告白の成功率を高めるのであれば、ぜひチェックしておきたいのが相手の見せる脈ありサインです。

中でも、特に意識しておきたいポイントを紹介していきましょう。

相手との距離が近い

一般的に、人の心の距離は、物理的な距離にそのまま表れると考えられています。

そこで確認したいのが、相手の自分に対する距離感と、自分以外の異性に対する距離感との違いです。

もしも、ほかの異性とあなたとで距離感に特別な違いが見られないようならば、現段階で相手はあなたに特別な感情を抱いていない可能性が高いでしょう。

一方で、ほかの異性との距離感に比べ、あなたに対する距離感が明らかに近いのであれば、それは相手にとってあなたが特別な存在である一つの証と判断できます。

このサインが見られた段階で告白をすれば、驚くほどすんなりとOKがもらえるかもしれません。

プライベートな質問が多い

「最近、好きな人からプライベートについて聞かれることが増えた…」そう感じたら、実はそれも相手があなたに見せている脈ありサインかもしれません。

誰であれ、人は好意を持った人や興味のある人について「もっと知りたい」と感じるものです。

何とも思っていない相手の情報は聞いても忘れてしまうのに、好きな人の情報はいつの間にか覚えている…そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

もしも好きな人があなたの個人的なことを知りたいそぶりを見せているのなら、それはあなたに好意や興味がある何よりの証です。

質問に答えるついでにさり気なく「ところで、○○さんは好きな人はいるの?」と尋ねてみると、思いがけないうれしい反応が期待できるかもしれません。

ボディータッチがある

数ある脈ありサインの中でも、特に分かりやすいサインとして知られているのがこのボディータッチです。

よほどフレンドリーなタイプの人でない限り、人の体に触れるというのはそう簡単にできることではありません。

ましてやそれが異性ともなれば、ただの友達以上の安心感や信頼がなければまず不可能といっても大げさではないでしょう。

相手からのボディータッチがある時点で、あなたは相手にとってただの友人以上の存在である可能性が高いと判断できます。

告白を考えるのであれば、これ以上ない脈ありサインといえるでしょう。

告白の手段は?メリット・デメリット

電話をする男性

では、実際に告白をするにあたっては、どのような手段を選ぶのが正解なのでしょうか。

おすすめの具体的な方法をそれぞれのメリット・デメリットと併せて確認していきましょう。

思いが伝わる「直接会って告白」

告白を考える際、まず直接会って気持ちを伝えるという手段を考える人は多いのではないでしょうか。

面と向かって相手に思いを伝えるというのは、とても勇気がいる告白の方法です。そのぶん、自分の真剣な思いをありのまま相手に伝えられるでしょう。

一方で、直接会っての告白は、断られたときの気まずさ・いたたまれなさがほかの方法の比ではありません。

万が一、デートの最中に告白をして失敗してしまった場合、その後の時間はお互い苦痛なものになってしまうでしょう。

直接会っての告白は、どんなシチュエーションを選ぶかが重要といえそうです。

言葉で伝える「電話」

「直接会って告白するのはハードルが高いけれど、気持ちはしっかりと言葉で伝えたい」そんな人におすすめなのが電話での告白です。

電話越しの告白であれば、相手の顔が見えないぶん、過剰な緊張や不安に振り回されず自分の思いを伝えることに集中できるでしょう。

反面、電話での告白には、タイミングを読みにくいというデメリットがあります。

万が一、相手が忙しいタイミングで電話をしてしまえば、真剣に向き合ってもらえず終わってしまうといった可能性も考えられます。

電話をつかって告白をするのなら、あらかじめ電話しても大丈夫な時間帯を確認しておくなど、事前の準備が大切です。

文章を整理して伝える「メール」「LINE」

緊張しやすいタイプの人や、口下手な人が告白をする際の手段として、ぜひ選択肢に入れておきたいのがメールやLINEといったツールをつかった告白です。

メールやLINEであれば、直接での告白や電話と違い、相手を待たせているというプレッシャーを感じることなく自分の気持ちを整理できます

事前の約束や相手のタイミングを確認する必要もないだけに、とても挑戦しやすい告白の手段といえるでしょう。

しかし、手軽に伝えられる方法だからこそ、メールやLINEを通じた告白は、相手によっては「軽い」「からかわれているのでは?」と受け取られてしまう可能性が否定できません。

相手との関係性によっては、避けた方がよい告白の方法といえるでしょう。

情緒が伝わるレトロな「手紙」

相手の心に与えるインパクトの大きさで考えるなら、迷わずに選びたいのが手紙を書くという告白の方法です。

コミュニケーションの手段が多様化しつつある近年では、そもそも手紙を書いたり受け取ったりといった機会そのものが失われつつあります。

そんな中で、あえて相手への思いを手書きでつづるという手段を選ぶことにより、あなたの真剣さや誠実さをアピールする効果が期待できるでしょう。

ただし、相手の性格によっては、手紙という手段はやや重たく感じることがあるかもしれません。

不本意な受け取られ方をしないためにも、ある程度お互いの人柄を知っている相手への告白の手段として選ぶのがおすすめです。

告白成功の鍵は時間帯にも

海の夕陽

意外に思われるかもしれませんが、告白の成功率は、選ぶ時間帯によっても変わってきます。

告白におすすめの時間帯・避けたい時間帯それぞれを詳しくチェックしていきましょう。

告白におすすめの時間帯

一般的に、告白の成功率が高いのは、日が暮れた夕方から深夜にかけての時間帯と考えられています。

活発に活動する日中が終わり、ゆったりリラックスモードに切り替わった夕方から深夜にかけての時間帯は、理性よりも感情や感覚が優位になりやすい時間帯でもあります。

このタイミングで愛を打ち明ければ、よりダイレクトに相手の心へあなたの思いを届けることができるでしょう。

仮に、相手のあなたに対する感情がぼんやりとした好意程度のものだったとしても、「もしかして自分も好きなのかも…」と、気持ちが動くきっかけになるかもしれません。

告白におすすめできない時間帯

告白におすすめなのが夕方から深夜にかけてであるのに対し、おすすめできないのは午前中の時間帯です。

というのも、午前中は、基本的に頭がとても活発に動いているタイミングだからです。

ものの見方や考え方も合理性や効率性が重視されやすく、恋愛のように情緒的な問題について考えるのには適しません

このタイミングで思いを打ち明けた場合、相手自身があなたをどう思っているかよりも、あなたと付き合ったらどんなメリット・デメリットがあるかといった現実的な点に注目しがちになってしまいます。

たとえあなたに好意を持っていたとしても、「今はちょっと…」とためらってしまう可能性が高いのがこの午前中の時間帯といえるでしょう。

会って告白するなら場所の選び方も重要

街の夜景

直接会って告白をするのなら、ぜひシチュエーションにもこだわりたいものです。告白にぴったりな場所選びのポイントを整理していきましょう。

静かで人目の少ない場所

相手に会って告白をする際は、できる限り人の少ない落ち着いた場所を選ぶのがおすすめです。

相手の性格にもよりますが、人目のある場所で告白されることに対し「恥ずかしくて嫌だ」と考える人は少なくありません。

場合によっては、恥ずかしさが先立って返事を考えるどころではなくなってしまうといった可能性も考えられるでしょう。

そんなリスクを避けるためにも、告白は2人きりでゆっくり話のできる場所で行うのが正解です。

人目や雑音を避けることで、あなたの告白の言葉もより真っすぐに相手の心へ届くことになるでしょう。

思い入れのある場所もおすすめ

すでに何度かデートを重ねているなど、ある程度親密な関係が築けている2人なら、ぜひ実践したいのが2人で訪れたことがある思い出の場所で告白をするという方法です。

思い入れのある場所を再度訪れるという行為には、そのときの楽しかった記憶と共に、その時間を一緒に過ごした、相手に対するポジティブな感情を呼び起こす効果があります。

ここぞというタイミングがやってきたら、「あのときは楽しかったね」と、相手の記憶を誘導しつつ肝心の告白へと会話をつなげてみましょう。

きっと、あなたの思いは驚くほどすんなりと受け入れてもらえることになるはずです。

ロマンチックに演出しても

「愛の告白を受けるなら、ロマンチックな雰囲気を演出してほしい」そんな願望を持つ人は多いものです。

せっかく直接相手の顔を見て告白をするのなら、思い切ってムード満点のシチュエーションを用意してみるのも効果的でしょう。

以下、具体的なおすすめの場所を紹介します。

  • 夜景がきれいな場所
  • ラグジュアリーなレストラン・バー
  • 観覧車
  • 海辺

愛の告白という特別なシチュエーションにおいては、「少しベタ過ぎるかな?」と感じるくらいの演出が効果的といえそうです。

男女別おすすめしたい告白のセリフ

デートでのキス

中には「告白をしたい気持ちはあるけれど、どんな言葉を選べばよいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。

相手の心を射止めるおすすめのセリフを男女別にチェックしていきましょう。

男女共通なのはシンプル・ストレート

大好きな人へ告白をする際、「相手の心を動かしたい」という思いが強いあまり、過剰に飾り立てた言葉を選んでしまう人は多いものです。

しかし、成功率を高めるという視点で見るのなら、これはあまりおすすめできません。

というのも、伝える内容が抽象的かつ多い場合、「この人は結局何を言いたいんだろう?」と相手を戸惑わせてしまうことになるからです。

告白の場面で必要なのは、耳当たりのよいロマンチックな言葉より、「好きです」「付き合ってください」のようなシンプルでストレートな言葉といえるでしょう。

男子から女子へ告白する場合

一般的に、女子は男子に対して頼りがいや誠実さを求める傾向があります。

実際に告白をするのなら、この点を意識したセリフを選ぶと成功率を高められるでしょう。

以下、具体的なおすすめのセリフを紹介します。

  • 「僕の彼女になってもらえませんか」
  • 「大切にします」
  • 「結婚を前提に付き合ってください」

中には、照れくささや緊張から「付き合ってみる?」「彼氏になってあげようか?」と冗談めかした告白をする人もいますが、基本的にこれはNGです。

この場合、「煮え切らない人だな」と思われたり「ふざけてるのかな?」と誤解されたりと、よい結果に結びつく可能性はグッと低くなってしまうでしょう。

結果はどうあれ、覚悟を決めて正々堂々と思いを伝えることが好印象につながるといえそうです。

女子から男子へ告白する場合

男子の中には、「女子に告白されるなら、やっぱり女子ならではのかわいいセリフが聞きたい」と考える人も少なくありません。

以下、そんな男子の希望を満たし、心をくすぐる告白のセリフを紹介します。

  • 「○○くんの彼女にしてもらえませんか?」
  • 「ずっと一緒にいたいな」
  • 「好きになっちゃった」

女子だからこそ言えるいじらしさや控えめさを感じさせるセリフを選ぶことで、相手の心を大きく動かす効果が期待できるでしょう。

なお、どんなに相手への思いが強かったとしても、「お試しでいいから」「遊びでいいから」といったニュアンスのセリフは避けましょう。

この場合、仮にOKがもらえたとしても、ぞんざいに扱われてしまったり、本当に遊びで終わってしまったりと、悲しい結果を招く可能性が高いでしょう。

「幸せになりたい」と思えばこそ、プライドを持って告白することが大切です。

告白の返事を保留にされたら?

告白

場合によっては「勇気を出して告白したのに、なかなか返事がもらえない」といったこともあるでしょう。

そんなときに意識したい大切なポイントを紹介します。

むやみに返事の催促をしないこと

告白の返事が保留になったまま日にちだけが過ぎていけば、緊張感が続くストレスから「早くスッキリさせて!」という気持ちになってしまうのも無理はありません。

しかし、強引に返事をもらおうとするのは避けましょう。真剣に考えているタイミングで催促をしまうと、相手は「じゃあもういや」と、考えることを放棄してしまいます

また、「付き合っても強引なんだろうな」という印象を与えてしまうため、ますますOKをもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。

むやみな返事の催促は、百害あって一利なしと心しておく必要がありそうです。

保留されたことを周りに話さない

中には、告白の返事が保留になっていることを身近な人に話したくなってしまうという人もいるのではないでしょうか。

「不安でたまらない気持ちを誰かに打ち明けたい」というのは自然な感情ではありますが、だからといって、実際に行動に移すのはあまりおすすめできません。

人の口に戸は立てられないものです。2人の間に共通の知人が多いのであればなおのこと、あなたの悩みや愚痴はいずれ相手の耳にも入ると考えてよいでしょう。

相手に気まずい思いをさせれば、それはそのままあなたへの評価が下がることにつながります。

相手のためにも、自分のためにも、保留になっていることは自分自身の心に留めておくようにしましょう。

返事待ちの間、ほかの人とデートしない

告白の返事を保留にされている期間が長くなってくると、ついつい「きっとダメなんだ」「断りにくいから連絡がないんだろうな」という諦めモードになってしまうものです。

そんなタイミングでほかの異性からデートのお誘いがあれば、気晴らしも兼ねてOKしたくなるという人は多いのではないでしょうか。

しかし、正式な告白の返事がもらえるまでは、ほかの人とのデートは避けるのが賢明です。

もしかすると、相手は今この瞬間もあなたとの関係について真剣に頭を悩ませている最中かもしれません。

にもかかわらず、万が一あなたがほかの異性とデートをしたことを知ってしまえば、「その程度の気持ちだったんだな」とあなたに幻滅してしまうことになるでしょう。

告白をした側のマナーとして、返事を待つ間はほかの異性との接触はできる限り控えるのがおすすめです。

まとめ

「好きな人と付き合いたい」と思うなら、告白前の準備が大切です。あらかじめ2人の距離をある程度縮めておく・相手の脈ありサインをチェックするといったステップを踏むことで、成功率をグッと高めることができるでしょう。

なお、告白のシチュエーションやセリフ選びも、相手の心を動かす上でとても大切なポイントです。

できる努力や工夫は全てし尽して、万全の状態で大切な告白へ臨みましょう。
モテ試しする?

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る