「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ぼんやりスマホを見る女性
2020.7.31

デートがめんどくさいのは好きじゃないから?心理や対処法をチェック

デートがめんどくさいと感じる理由は?

ぼんやりスマホを見る女性

相手のことを嫌いになったワケでもないのに、デートに行くのがめんどくさいと感じたことはありませんか?

本来であれば好きな人と会うのはうれしいイベントのはずですが、なぜそのような気持ちになってしまうのでしょうか。

デートをめんどくさいと思ってしまい、自分に戸惑っている人はぜひチェックしてみましょう。

頻度・回数が多いから

デートをめんどくさいと思う理由の一つに、デートの頻度・回数が多いというものがあります。

お互いに暇さえあれば会っているようなカップルは、デートをすることにストレスを感じるようになってしまいます。

自分1人でゆっくりする時間を取ったり、友人と遊びにでかけたりしたくても、デートの約束を優先してばかりいると、いくら好きな相手でも不満がたまってしまうでしょう。

どこかで無理をしている場合、やがてデートの頻度・回数が多いことに、ついていけなくなるのです

マンネリ化している

ある程度デートを繰り返しているカップルは、デートがパターン化したことで新鮮さを失い、マンネリを感じることがあります。

デートプランはいつものコースを回るだけ、行ってみたいカフェ・レストランも行き尽くしてしまったなど、外部からの刺激がなくなった場合、ワクワク感が失われてしまいます。

行かなくても何があるか分かっているため、デートをめんどくさく感じるようになるのです。

単純に疲れていることも

デートは、前日までの準備にも、当日の行動にも頭と体力の両方をつかいます。

仕事やプライベートで疲れ切っており、デートにかける気力を持ち合わせていないときには、デートがめんどくさく感じられるでしょう。

デートはただ楽しいだけではありません。プランを考え、でかける場所を下調べし、相手を喜ばせるための工夫をする必要があります。

当日は身だしなみを整え、ヘアースタイルにも気をつかうでしょう。さらにデートが始まってからも、相手を気づかいながらあちこち歩き回ります。

それだけの労力をつかうくらいであれば、休日はデートをするより疲れた体を休めたいと思ってしまうのも無理はありません。

めんどくさいと感じる心理 男子編

スマホを見る男性

デートをめんどくさいと思うことは男女共によくあることです。男子・女子でその心理は異なります。

具体的にどこをめんどくさいと思っているのか、自分や相手に当てはめて分析してみましょう。

まずは男子の心理状態を見ていきましょう。

デートプランを考えるのが億劫

デートプランを考えることが嫌で、デートに気乗りしないという男子は多いものです。

男子の場合、女子によいところを見せるため、すてきなデートプランを考える必要が生じます。女子の中にも、リードされることを期待する人は多いので、プレッシャーを感じる男子もいるでしょう。

彼女をどこに連れていけば満足させられるか、あれこれ考えて下調べすることが特別なこととして楽しく感じられるのは付き合いたての頃だけです。

回数を重ねるとネタが切れてしまったり、頑張ってプランを考えたりすることが億劫になってきます。

金銭的に厳しい

デートには多かれ少なかれ出費が伴うため、代金を払う側の男子はデートをめんどくさく感じます。

男女平等の時代とはいえ、男子の多くは好きな女子にはおごってあげたいという気持ちがあることでしょう。

彼女のために食費やプレゼント代を負担し、自分自身もファッションや小物に気をつかっていると、全体的な費用は予想以上に高額になるでしょう。

デート代を負担することすら厳しい状態になってしまった男子は、「こんな大変な思いをしてまでデートしたくない」と考えてしまいます

相手への気づかいがしんどい

女子慣れしていない男子は、努力しなければ相手への気づかいが不十分になりがちです。

神経をつかって彼女に気を配り、喜ばれるために特別扱いすることに疲れると、めんどくさいという気持ちが芽生えてきます

さらに、彼女の方から彼氏の気づかい不足を指摘するような言葉が出てくると、どうしたらよいか分からなくなってしまい、めんどくさい気持ちはさらに加速するでしょう。

「お店を事前に予約してほしかった」「疲れて足が痛かった」などの女子からのマイナスの言葉は、もっと気づかいしなければというプレッシャーに直結し、やがてデートそのものがめんどくさくなるのです。

めんどくさいと感じる心理 女子編

メイクとパンプス

女子にもデートをめんどくさいと感じる瞬間があります。

特に女子は、デートの準備に時間と労力がかかるため、めんどくささに拍車がかかります。家でのんびりしている方がましだと思うこともあるでしょう。

女子がデートをめんどくさいと感じる心理を具体的に解説します。

デート前の準備が大変

女子がデートの準備にかける時間は、想像以上に長いものです。前日からムダ毛の処理やお肌のケアを念入りに行い、当日は着ていく服を選び、メイクをし、ヘアースタイルをセットします。

彼氏に少しでもかわいく思われたいという気持ちからの行動ですが、あまりに準備に労力がかかると、デートがめんどくさいと思うようになるのです。

行き先に興味がない

好きな相手とのデート自体はうれしいものでも、肝心の行き先に興味がないとデートがめんどくさくなってしまうでしょう。

すでに何度もデートで利用し、知り尽くしている場所であれば、新しい驚きもないため退屈です。

また、楽しめるのは彼氏だけで自分は全く面白いと感じられない場所を指定されたら、デートを前向きに楽しむ気分にもなれません。

自分が楽しめない場所で余暇を過ごしたくないというのは多くの人が思うことです。わざわざつまらない場所に出向かなければならないデートは、めんどくさいもの以外の何ものでもありません。

1人でゆっくりしたい

時間に余裕があるときは、1人でゆっくり過ごしたいと思うこともあるでしょう。

録りためたドラマや新作の動画を見たり、家の掃除や模様替えをしたり、趣味にとことん時間を費やしたりすれば、充実感を得られます。

休みの度に彼氏とデートの予定を入れていては、なかなか気が休まらず、自分のやりたいことも十分にできません。

たまにはゆっくり自分の時間を楽しみたいというときに、「デートをするなんてめんどくさい」という気持ちが湧いてくるのです。

付き合いたてのように!対処法

LOVEの飾り

デートをめんどくさいと思ったときは、彼氏・彼女への気持ちを改めて確認してみましょう。

相手のことを好きな気持ちがあるのであれば、デートをめんどくさがって悲しませることに心が痛むのではないでしょうか。

相手との関係を良好に保つため、もう一度付き合いたての頃のようなデートをしましょう。デートを新鮮なものにするための取り組みを三つ解説します。

おうちデートに変えてみる

デートをめんどくさいと思う原因が、あれこれ目的地を考えなければならないという点にあるのであれば、おうちデートに切り替えてみるのも一つの手です。

おうちデートは、お互いの好きなことをのんびり楽しめるというメリットがあります。DVDを見たりゲームをしたり、ランチや夕食を作ったりしてみましょう。

外出デートでは見えてこなかった相手の意外な一面が分かることもあり、新鮮な気持ちになれます。体力をつかわないため、疲れることもありません。

正直な気持ちを話す

思い切って正直な気持ちを相手に伝えるのもよいでしょう。

つまらなそうな表情や態度で相手を心配させるより、デートがつまらないことをはっきり言葉にした方が、相手も話し合いに応じられるため、メリットになります。

もしかしたら、相手もデートが退屈だと思っているかもしれません。2人で話し合って、デートをめんどくさいと感じてしまう理由をはっきりさせましょう。

お互いがデートに何を求めているか・何をしたくないかを整理し、それをかなえるためのアイデアを出し合うことが大切です。信頼し合う恋人同士であれば、よい解決策が思い浮かぶでしょう。

一緒にデートプランを考える

デートの内容や目的地に不満がある場合は、2人が満足できるデートプランを一緒に考えることをおすすめします。

どちらか一方ばかりがデートプランを考えていると、片方は興味のない場所が目的地になり、もう片方は自分ばかりがデートプランを考えているといった不満につながりやすくなります。

2人の希望を出し合ってデートプランを組み立てれば、自然と2人共満足のいくデートプランができあがります。

まだ行ったことのない場所が行き先になって新鮮さが生まれたり、相手の好みを改めて知ることができたりとプラスの結果をもたらすでしょう。

たまには断るという手もアリ?

ベッドで寝る

デートにさそわれたら、必ず応じなければならないと決まっているワケではありません。めんどくさいデートに嫌々参加するくらいであれば、断った方がお互いのためになることもあるのです。

とはいえ、好きな人のデートを断るのは気が引けます。どのように断ればよいのか、具体的なアイデアを紹介します。

体調不良を理由に断る

体調不良が理由であれば、無理やりデートを決行するワケにもいかず、相手もすんなり受け入れてくれるでしょう。

体調不良は誰が悪いというものではないため、相手を傷つけることなく断れるというメリットもあります。

「本当は行きたい気持ちはあるけれど、心配をかけたくない」と相手を気づかう言葉を加えれば、相手も嫌がられているワケではないのだと安心するでしょう。

体調不良にはさまざまな状態が存在します。仕事で疲れて動きたくないときや、痛くはなくとも何となく頭が重いという場合でも、体調不良といえるでしょう。

小さな嘘でもつきたくないという正直な人におすすめの断り方です。

先約があると断る手も

重要な用事ができたことを理由にする方法もあります。このとき、デートを後回しにしても仕方がないと思えるような用件にすることがポイントです。

実家の家族が倒れた・緊急の仕事の対応ができた・友人がトラブルに巻き込まれたなど、さまざまな理由が考えられます。ただし、明らかにすぐ嘘だと分かるものはやめましょう。

あまり細かい設定をペラペラと話してしまうと、後々追求されたときにボロが出てしまう可能性があるため、その点は要注意です。

まとめ

デートをめんどくさいと感じてしまうことは誰にでもあります。これからも順調な交際を続けたい場合は、どうして自分がデートをめんどくさいと思うのか、理由をはっきりさせておきましょう。

男子・女子それぞれデートをめんどうに思う理由は異なります。原因を解明し、付き合い始めたばかりの頃のような楽しいデートを目指しましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る