「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
バラの花束
2020.7.31

告白は何回目のデートがよい?タイミングを見極めて成功率を上げよう

告白するなら何回目のデートで?

バラの花束

好きな人への告白は、何回目のデートで行うのが正解なのでしょうか?おすすめのタイミングについて詳しく確認していきましょう。

一般的には3回目から4回目がベター

好きな人への告白は、一般的に3~4回目のデートで行うのがベターです。

これは、お互いの緊張や遠慮が解け、相手のよさや相性を見極めつつ落ち着いて2人の時間を楽しめるようになるのがちょうど3~4回目のデートの時期だからです。

告白をするのならこのタイミングを待つのが正解といえるでしょう。

とはいえ、これはあくまでも一般論です。人それぞれ考え方・感じ方は違うため、相手の性格に合わせて臨機応変に対応するようにしましょう。

1回目のデートではしない方が無難

「好きで好きでたまらなかった人とようやくデートに漕ぎつけた」という人の場合、1回目のデートで告白したくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、成功率を高めるという視点から見ると、残念ながらこれはNGです。

1回目のデートというのは「悪い人じゃなさそうだし、まあいいかな」というお試し感覚でOKする人が少なくありません。

にもかかわらず、いきなり告白をしてしまえば「まだ付き合う決断はできないから、辞退するしかないな」と、断られてしまう可能性が高いのです。

せっかくの努力を無駄にしてしまわないためにも、1回目のデートでの告白は避けた方がよいでしょう。

長引かせるのもNG

早過ぎるタイミングでの告白は避けた方がよいですが、かといって、反対に長引かせ過ぎるのもおすすめできません。

告白をしないままデートの回数が重なれば、相手はあなたの好意に疑問を抱いてしまいます。

「この人は自分のことをどう思っているんだろう?」「デートのつもりだったけど、本当は違ったのかな?」と、盛り上がりつつあった恋愛感情も徐々に薄れてしまうでしょう。

そうした事態を避けるためにも、ある程度デートを重ねたら、タイミングを逃す前に告白することが大切です。

「まだ自信がないから」と先延ばしすればするほどに、告白成功の確率もまた下がっていってしまうでしょう。

デート中に告白するならタイミングはいつ?

夕方のビーチ

「次のデートで告白しよう」と決断しても、いざとなると「タイミングが分からない」と二の足を踏んでしまう人は少なくありません。デート中の告白におすすめのタイミングをチェックしていきましょう。

夕方から夜の時間にかけて

実際に告白をするのなら、おすすめなのは夕方~夜にかけての時間帯です。以下、その具体的な理由を見ていきましょう。

  • 周囲が暗くなることで、物理的・心理的な距離が近くなる
  • ムードが高まり、ロマンチックな気分になりやすい
  • 人が少なくなり、落ち着いて会話ができる

日中は活発に働いていた頭が、少しぼんやりしてくるのが、夕方の時間帯です。そのため、人間の認知力・思考力を含めた活動全般のバイオリズムは、夕方の時間帯に急激に低下します。

判断力が鈍り、異性からの押しに弱くなりがちなこのタイミングにあえて告白をするというのも、OKをもらうための一つの戦略といえるでしょう。

おすすめは別れ際

デート中の告白をするタイミングに迷ったら、まず検討したいのがデートの別れ際です。

悲しいことではありますが、告白をしたからといって必ずOKがもらえるとは限りません。

万が一、告白が失敗に終わってしまう可能性を考えた場合、デートの始めや途中での告白はリスクが高過ぎるといってよいでしょう。

また、デートの別れ際というのは、別れの名残惜しさから相手に対する好意がピークを迎えるタイミングでもあります。

相手の口からスムーズに「OK」を引き出す上でも絶好のタイミングといえるでしょう。

告白前にチェック「男子の脈ありサイン」

手を繋ぐ男女

告白の成功率を高めるのなら、自分に対する相手の感情をある程度見極めておくことが大切です。まずは、男子が見せる脈ありのサインからチェックしていきましょう。

デートの支払いをしてくれる

デート中の男子が「ここは出すよ」と率先して支払いをする場合、それはあなたへの好意を示す脈ありサインと考えてよいでしょう。

男女平等が浸透しつつある近年では、「男子が支払いをするべき」という考えは過去のものになりつつあります。

特に、正式に付き合う前の段階では、貸し借りを作らないためにも割り勘が気楽と考える人が多いでしょう。

にもかかわらず、男子が支払いを買って出ようとしたのなら、それは「好きな人の前ではかっこつけたい」「好印象を与えたい」という気持ちの表れと判断できます。

支払いをしてもらったらしっかりとお礼を言う、「さっきごちそうしてもらったから、次はわたしが出すね」など気遣いを見せることで、よりお互いの好感度は高まっていくでしょう。

手をつなごうとしてくる

男子の脈ありサインとして、特によく見られるのが、手をつなごうとするなどのスキンシップです。

一般的に、男子は好きな人に触れたいという欲求が女子以上に大きいものです。

「無理に触れて嫌われたくないけれど、手をつなぐくらいなら受け入れてもらえるのでは」というのがデート中に手をつなごうとしてくる男子の主な心理といえるでしょう。

このとき、嫌がることなくそっと手を握り返すことで、相手の男子にあなた自身の好意も伝えられます。2人の関係に自信を深めた男子が告白を決意するのは、そう遠くない未来のことかもしれません。

帰りはきちんと送ってくれる

一般的に、男子は好きな女子のことを「守りたい」と感じるものです。好きな女子の周囲に何らかの危険があるのなら、自分の手でその原因を取り除きたいと望む男子が大半といえるでしょう。

こうした男子の姿勢は、デートが終わるタイミングではっきりと表れます。帰宅中の危険を案じる気持ちともっと一緒にいたいという気持ちが相まって、相手の女子を安全な場所まで送り届けようとするでしょう。

ただし、自宅まで送ってもらう場合、男子の本当の目的が家に上がり込むことである可能性も否定できません。

自宅まで送り届け、そのままにこやかに立ち去ったなら、相手の男子があなたに寄せる脈あり度はかなり高いと見てよさそうです。

告白前にチェック「女子の脈ありサイン」

食事デートする男女

では、女子が見せる脈ありサインにはどのようなものがあるのでしょうか?告白のタイミングを見極める一つのヒントとしてチェックしていきましょう。

スマホをあまり触らない

「この子は自分のことをどう思っているのかな」そんなときにまず注目したいのは、相手の女子がデート中にスマホを触る頻度です。

女子というのは、多くの場合男子よりもスマホを触る時間が長い傾向にあります。SNSのチェックや投稿など、1日を通じて何かとスマホを手にする機会が多いでしょう。

そんな女子が、デート中にあまりスマホを触らないのであれば、それは何よりの脈ありサインです。この場合、スマホに意識が向かないほどにあなたとのデートを楽しいと感じている可能性が高いでしょう。

反対に、デート中に女子がスマホばかり見ているようならば、それはデートをつまらないと感じているサインといえます。この状態で告白をした場合、残念ながら結果はあまり期待できないでしょう。

ちょっとしたことで笑ってくれる

女子の脈あり度は、その表情からも比較的簡単に読み取れます。脈ありの男子とのデートでは、生き生きとした笑顔が多く見られる傾向にあるでしょう。

男子からすると「笑顔なら、気がない相手にも社交辞令で見せられるのでは?」と思いがちですが、実はそうではありません。

女子にとって、あまり親しくない男子と2人きりで過ごすというのは、男子が考える以上にハードルが高いものです。無意識の警戒心や不安から、表情は自然とぎこちないものになってしまうでしょう。

にもかかわらず、ちょっとした会話などで自然な笑顔が多く見られるようならば、その女子はあなたに対し心を開いていると判断できます。いざ告白をしてみたら、あっさりとOKがもらえるかもしれません。

いつもより距離感が近い

女子の男子に対する無意識の警戒心は、物理的な距離感にもはっきりと現れます。

そんな中で「これまでよりも距離が近いな」と感じたら、それは相手の女子があなたを信頼し、安心してデートを楽しんでいる脈ありサインといえるでしょう。

なお、この距離感の近さというのは、体を密着させたり、ボディータッチをしたりといった直接的な形で表れるとは限りません。

むしろ、会話中に身を乗り出す・ベンチに座ったときに間を空けないなど、さり気ない形で表れることが多いでしょう。

こうしたサインを見落とさず、告白のタイミングを選ぶ参考にすることで、より告白の成功率を高めることができそうです。

告白に適したデートプランとは?

綺麗な公園

いざ告白をするにあたっては、雰囲気作りも重要なポイントです。自然な形で告白できるおすすめのデートプランをチェックしていきましょう。

帰り道に静かな公園をチョイス

告白しやすい雰囲気を作る上で、まずおすすめなのがデートの帰り道で公園に立ち寄るというプランです。

人の少ない静かな公園を選び、ベンチに座ってくつろげば、デートの終わりのセンチメンタルな雰囲気も相まって自然と告白しやすいムードになるでしょう。

なお、このプランの場合、手頃な公園をあらかじめ調べておく・お目当ての公園を通るようデートの流れを考えておくといった準備をしておく必要があります。

2人の記念スポットとして何度も訪れられるような、すてきな公園をしっかりとリサーチしておきましょう。

ロマンチックに夜景デート

告白を前提にデートプランを考えるなら、やはり候補に入れておきたいのが夜景デートです。中には「夜景デートは定番過ぎてちょっと…」と考える人もいるかもしれません。

しかし、デートの定番スポットとして知られているということは、夜景デートがカップルにとってメリットたっぷりのプランである証でもあります。

美しい夜景がロマンチックな雰囲気を盛り立てるのはもちろんのこと、相手に「告白されるかも?」という心の準備をさせる効果も期待できるでしょう。

告白という大切なイベントだからこそ、ぜひ夜景デートプランを選んでみるのがおすすめです。

2人きりになれるドライブデートも

「告白はしたいけれど、どうしても人の目が気になる」そんな人は、ドライブデートでの告白がおすすめです。

ドライブデートなら、車という密室の中でたっぷりと2人きりの時間を過ごせます

お互いの距離も近いため、親密な雰囲気を作ってからの告白という流れが無理なく実現できるでしょう。

誰にも邪魔されることなく告白できるドライブデートは、相手への思いを丁寧に伝える上でもってこいのデートプランといえそうです。

デートを重ねたのに告白されない場合は?

落ち込む

では、「お互いに好意があるはずなのに、何度デートを重ねても告白されない」という場合、どのように対応するのが正解なのでしょうか。告白されるためにおすすめの方法をチェックしていきましょう。

分かりやすく好意を伝える

「何度もデートにはさそわれるのに、なぜか告白はしてもらえない」この場合、理由としてまず考えられるのは、相手があなたからの好意に自信を持てずにいるというものです。

あなたからのOKをもらえる確信がないために、告白を先延ばしにしているというのが実情といえるでしょう。

この状況を打開するには、何はさておき相手にあなたの好意をアピールすることが大切です。

「次のデートも楽しみ!」「もっとたくさん会えるといいな」など、分かりやすく相手への好意を伝えてみましょう。そうすることで、きっと相手は安心してあなたに告白できるようになるはずです。

告白しやすい雰囲気作りを

相手から告白してもらおうとするのなら、それとなく相手が告白しやすい雰囲気を演出することも大切です。

仮に、相手が「今日こそ告白したい」と思っていても、その気持ちに気づかず一方的に話し続けてしまったり、にぎやかな場所ばかりをデートコースにリクエストしてしまったりでは、相手の決意も揺らいでしまうでしょう。

相手からの告白を望むなら、まず「どんな雰囲気だったら告白しやすいか」を考え、適切なシチュエーションを用意することが大切です。

「少し暗めの場所がいいかな」と思ったら、落ち着いたバーにさそってみるなど、相手の立場に立ったさり気ないサポートをしてみましょう。

自分から告白するのもあり

「相手も自分に好意を持ってくれているはずなのに、なかなか告白してもらえない」そんなときは、思い切って自分から告白してみるのもよいでしょう。

特に女子の場合、「できたら男子から告白してほしい」と望んでしまう傾向がありますが、男子がみな女子に対してリーダーシップを取り、積極的にアプローチできるかといえば、やはり個人差があります。

あまりにも待ちの姿勢でいた場合、徐々にデートがマンネリ化してしまい、恋人になるどころか関係そのものが自然消滅してしまう可能性すら考えられるでしょう。

相手の性格にもよりますが、勇気を出して自分から告白できるかどうかが2人の未来を左右する鍵なのかもしれません。

告白後にOKをもらえたら?

抱き合うカップル

思い切って自分から告白をした結果、OKをもらえた場合、うれしさからついその後のことをおざなりにしてしまう人は少なくありません。

相手に好印象を与え、2人の新たなステップをより幸せなものにするための注意点をチェックしていきましょう。

すぐに帰らず一緒の時間を楽しもう

好きな人への告白には、誰であれとても勇気がいるものです。告白が成功に終わったら、張り詰めていた緊張が一気に解けて気が抜けてしまうこともあるでしょう。

しかし、だからといって、すぐさま帰宅してしまうのはNGです。告白してすぐ帰るというのは、相手に素っ気なさを感じさせ、「さっきの告白は本気だったのだろうか」という不安を招く原因になりかねません。

告白が成功したら、まずは落ち着いた場所で2人の時間を過ごしましょう。このとき、会話の中で告白を受け入れてもらえたことに対する喜びや、相手を好きになった理由などを伝えるのがおすすめです。

そうすることで、相手はあなたの愛情を確信できると共に、正式に恋人同士になった実感を得られるでしょう。

次回のデートの約束を

告白が成功したら、そのタイミングで次回のデートの約束をすることも大切です。

告白から次回会えるまでの間が空いてしまうと、相手はあなたの気持ちに疑問を抱いてしまいます。場合によっては「やっぱり合わないな」と告白がなかったことにされてしまう可能性も考えられるでしょう。

時間が過ぎれば過ぎるほどにさそいにくくなってしまうため、やはり告白にOKをもらったその場で約束を取りつけるのがおすすめです。

仮に、お互いに忙しく1日ゆっくりと会う時間が取りにくかったとしても、仕事終わりに食事をするなど、間をあけずに顔を合わせることが、2人の関係を強固なものにする上で大切なポイントといえるでしょう。

帰宅後はLINE・メールをする

デート中の告白でOKをもらったら、帰宅後には忘れずにLINEやメールを送るのがおすすめです。

告白をOKしてもらったことへの感謝をここで改めて伝えることで、ますます相手に好印象を与えられるでしょう。

直接の言葉とは違い、文章であればじっくりと考えながら用意できるため、自分の気持ちを正確に伝えられます。

告白への緊張から伝え忘れたことを伝えるタイミングとしても、帰宅後のLINE・メールはピッタリといえるでしょう。

なお、帰宅後のLINE・メールは、相手が帰宅した頃を見計らって送るのが効果的です。相手がリラックスしてゆっくりと読めるタイミングを選ぶことで、2人で過ごした楽しい時間や告白の余韻を呼び覚ますことができるでしょう。

まとめ

好きな人に告白をするタイミングとしては、早過ぎず遅過ぎない3~4回目のデートがおすすめです。

相手の脈ありサインをチェックしながらタイミングを計ることで、告白の成功率をグッと高めることができるでしょう。

なお、相手から告白をしてほしい場合には、分かりやすく好意を伝える・告白しやすい雰囲気を作るなどの工夫が必要です。

2人に合った告白を実現し、大好きな人と恋人同士として過ごす幸せな日々を手に入れましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る