「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
おうちで過ごす2人
2020.7.31

デートですることがないときの候補8選!新規開拓か初心にかえる場所

デートですることがないと感じるとき

おうちで過ごす2人

カップルによくある悩みといえば「デートで何をする?」という問題です。付き合いたての頃は一緒にいるだけで幸せを感じても、することがない状態が続くとマンネリ化してしまいます。

いつまでもラブラブでいるためにも、どのようなときにデートのネタが尽きてしまうのか分析してみましょう。

付き合いが長くなってきたとき

付き合ったばかりの頃は、2人で行きたい場所やしたいことがたくさんあります。

何をしても新鮮で「デートプランを考えるのも楽しみの一つだった」というカップルも多いでしょう。

しかし、気軽なデートとなると、自宅や生活圏に近い場所ですることが大半です。そのため、付き合いが長くなるにつれて、どうしてもネタが尽きてしまうのです。

頻繁に遠出するわけにもいかず、ワンパターンになるのも悩みの種でしょう。プランを考えるのも面倒になり、マンネリに陥るケースも珍しくありません。

特に興味のあることがない

単純に「でかけたい場所がない」「したいことがない」というカップルもいます。そんなカップルの多くは、外より自宅が好きなインドア派です。

おうちデートは2人でゆっくり過ごせますが、外よりもすることが限られています。おしゃれも手抜きになって、新鮮さやドキドキ感が薄れるのも悩みの一つでしょう。

また、趣味がないカップルも、プランが思い付かない傾向があります。「いつも通りのデートが楽」と感じて、新しいことをするのが面倒臭くなってしまうカップルも多いでしょう。

デートのマンネリ化を防ぐには?

バーべキュウをする男性

デート中に「相手が退屈そうにしている」「たまには新鮮なデートがしたい」と感じるのは、マンネリ気味になっているサインです。

2人で楽しい時間を共有できるように、工夫を凝らしてみましょう。

共通の趣味を見つける

デートがマンネリ化しないカップルは、共通の趣味を持っている場合が多くあります。趣味はそう簡単には飽きず、一生を通して楽しめるのが魅力です。

同じ趣味があれば、会話も自然と盛り上がるでしょう。付き合いが長くなるにつれて口数が少なくなってきたカップルこそ、共通の趣味を探してみてはいかがでしょうか。

手軽にはじめられるスポーツやゲーム、時間とお金はかかるものの長く楽しめるアウトドア、美術館めぐりなど、趣味を探す時間さえも楽しめると尚よいでしょう。

思い出の場所に行く

昔よく一緒に行った場所を「行ったことがあるから」といってデート候補から外さず、あえてもう一度行ってみるのも手です。

テーマパークや水族館などの定番スポットも久しぶりに行ってみると、付き合いたての頃の新鮮な気持ちがよみがえります。

子どもの頃に住んでいた土地を訪れ、幼少期に住んでいた家・母校・よく行っていた店などの思い出の地をめぐることで、出会う前の自分を知ってもらうのもよいでしょう。

お互いの過去を知ることは、現在の相手への理解が深まると同時に、絆を深めることにもつながります。

新しいことにチャレンジ

新しいデートスポットを見つける目的で、街を散策してみてもよいでしょう。

「どこも行き尽くした」と思い込んでいるだけで、実際は行ったことがないスポットがたくさんあるというケースも少なくありません。

たまには遠出して2人とも行ったことがない土地に足を運ぶのもありです。知らない駅やバス停で降りて散策するだけで、今までにないデートが楽しめるでしょう。

ほかにも、普段つかわない路線でおでかけするのもおすすめです。電車やバスの窓から見える景色も新鮮で、冒険気分が味わえるでしょう。

アウトドア派におすすめのデート

テニスをする女性

「せっかくのデートなのに、家にいるのはもったいない」と思っておでかけしても、行き先がワンパターンでは飽きてしまいます。

そのときの気分に合わせて選べるように、行き先のバリエーションを増やして、マンネリを打破しましょう。

スポーツや体験型デート

「定番のデートスポットは行き尽くした」というカップルには、スポーツで汗を流すヘルシーで今ドキなデートがおすすめです。

バドミントン・バスケットボール・フライングディスクなど、遊べる用具を貸し出している公園もあります。

ランニングやウォーキングといった手軽なスポーツもありです。体を動かした後はスパや外食で疲れを癒やせば、充実した1日になるでしょう。

ワークショップで物作りを体験するのもおすすめです。作った後に実際つかえるアクセサリー・陶芸・レザークラフトなど、選択肢も豊富です。

公園でのんびりピクニック

いつもおうちデートで特に何もしていないというカップルには、公園でのピクニックがぴったりです。

のんびり過ごすのは同じでも、見える景色が違えば、そこで感じる思いも変わってくるものです。

料理が好きなカップルは、手作りのお弁当を持ち寄ってみましょう。お酒やおつまみを買って行って、乾杯するという楽しみ方もできます。

公園によってはボートに乗ったり自然を満喫したりと、アクティビティーも満載です。自然と触れ合うことで優しい気持ちになり、穏やかなひとときが過ごせるでしょう。

遊園地やテーマパーク

遊園地やテーマパークには、楽しい仕掛けが盛りだくさんです。

思わず笑顔になれるイルミネーションやパレードもあれば、絶叫マシンやお化け屋敷などスリル満点のアトラクションもあります。

「ジェットコースターを怖がる姿がかわいい」「普段はクールな彼がイルミネーションに感動していた」など、恋人の意外な一面が見られるのもポイントです。

「次は何に乗る?」「さっきのアトラクション面白かったね!」など自然と会話が弾むため、口下手なカップルにもうってつけなデートスポットといえるでしょう。

インドア派におすすめのおうちデート

テレビとリモコンを持つ手

おうちデートはリラックスできる反面、ダラダラと過ごしがちです。お互いがスマホをいじってばかりでは、ムードも盛り上がらないでしょう。

何をするか事前に決めて、メリハリのあるデートを実現してはいかがでしょうか。

映画やドラマを見る

普段は見ないジャンルの映画やドラマを見るのも、新鮮で面白いものです。近年は映画・ドラマ・アニメが見放題になるビデオオンデマンドも充実しています。

思いきり笑いたいときはバラエティー番組、ロマンチックな気分を味わいたいときは恋愛映画、共通の好きなアーティストがいるならライブのDVDなど、選択肢の幅が広いのも魅力です。

「たまにはSF見てみない?」「恋愛映画もありだね」「次はこのドラマ見よう」など、会話のキャッチボールが思いもよらぬ方向へとんでゆけば、それはうれしい誤算です。

映画館とは違って、観賞中に感想を言い合ったり、好きな物を食べたりして、気兼ねなく楽しめるのも大きなメリットでしょう。

ゲームをする

ひと口にゲームといっても、テレビゲーム・ボードゲーム・トランプなど種類は豊富です。パソコンやスマホをつかったオンラインゲームも話題になっています。

中でもボードゲームは、プレイ時間が20分以内の軽量級から40分以上の重量級まであり、世界でロングセラーを誇る名作も多くあります。

駆け引きや心理戦が楽しめる大人向けのボードゲームであれば、時間を忘れるほど熱中することでしょう。

テレビゲームやオンラインゲームを楽しむなら、協力プレイができるゲームがおすすめです。2人で力を合わせてクリアすることで、絆も深まるでしょう。

一緒に料理をする

近年はグルメの宅配サービスが充実しているため、自宅にいながら本格的な料理が味わえます。仕事で疲れているときに利用するというカップルも多いでしょう。

そんな便利な時代だからこそ、パートナーの手作り料理が心に染みるものです。どちらか一方が料理を作って振舞うのも悪くはありませんが、おうちデートとして楽しむなら2人で一緒に作ってもよいでしょう。

普段自炊をしないカップルは、彩り食材をつかったおしゃれなサラダや、高価なお肉を焼いてみるなど、簡単な料理からはじめるのがおすすめです。

2人の腕が上がってきたら、手の込んだ料理にもチャレンジしてみましょう。

夜におすすめのロマンチックなデート

夜の観覧車

マンネリな関係に陥らないためにも、たまにはムーディーな大人の時間を満喫ししてみるなど、夜のデートに力を入れてみましょう。

ロマンチックなデートはお互いの愛情を再確認するきっかけにもつながります。

非日常を感じられる場所でディナーを

どこでディナーを楽しむかで、ムードは大きく左右されます。普段は大衆居酒屋や行き付けのお店で手軽に済ませているなら、たまにはワンランク上のお店に行ってみましょう。

高級店と呼ばれる飲食店は、味も雰囲気も一流です。非日常を味わうことで、マンネリも解消されます。

景色がきれいなお店も要チェックです。リーズナブルな店でも、景色がよいだけで雰囲気がグッと増します。誕生日や記念日など、特別感を出したいときにもぴったりです。

夜景がきれいなスポットへ

付き合いが長くなれば、夜景を見るために2人で遠出をする機会も減ってしまうものです。

それでも改めて足を運べば、きれいな景色に自然と心が潤い、相手から「たまにはこんなおでかけもいいね」という一言が聞けるかもしれません。

特に女子はキラキラしたものに目がないため、夜景も好きな傾向があります。男子は夜景そのものに興味がなくても、夜景を見て喜ぶ彼女の姿にキュンとするでしょう。

展望台やロープウェイから見るド迫力の夜景はもちろん、海辺を散歩しながら見る夜景も幻想的でムード満点です。

ただ夜景を眺めるだけでも癒やされますが、プレゼントを渡すなどのサプライズがあれば、より記憶に残る1日になるでしょう。

まとめ

デートですることがないと悩んだら、共通の趣味を作ったり新しいことに挑戦したりと、積極的に行動に移すことが大切です。

アウトドア派もインドア派もデートのバリエーションを増やして、マンネリを防ぎましょう。

日々の手軽なデートも重要ですが、時にはロマンチックなデートも必要です。非日常的な空間によって雰囲気が盛り上がり、愛情もぐんと深まるでしょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る