毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
部屋で音楽を聴く女子
2020.7.31

デートに行きたくないのはなぜ?理由を知って早めに対処しよう

デートに行きたくない理由って?

部屋で音楽を聴く女子

「なんだかデートに行きたくない」と思うことが増えたと悩んでいませんか?

デートに行く気持ちがわかないのには理由があるはずです。主に考えられる理由をチェックして、自分に当てはまるものはないか考えてみましょう。

疲れているから

仕事やプライベートで忙しいと、体力的・精神的に疲れてぐったりしてしまうこともあるでしょう。

そんなときは「とにかく休みたい」「1人で過ごしたい」とリセットしたい気持ちが働きやすく、デートに行く気持ちがわかなくなるものです。

特に女子は、生理の影響でも体調やメンタルが不安定になりやすく、肌や体のコンディションがよくないと「こんな姿を見せたくない」と恋人と会うことを避けたくなることもあるでしょう。

恋人と会うことで疲れが癒される人もいますが、1人でゆっくり過ごして元気になってから会いたいと考えることも自然なことです。

無理に頑張ろうとせず、体力や気力の回復に努めましょう。

プランが魅力的じゃないから

デートがマンネリ化していると「また同じデートコースか…」とガッカリして、デートに行きたくない気持ちを助長してしまうことがあります。

「デートプランは同じでいいや」と考えられているのかもしれないと思うと、彼からの愛情が感じられないショックに、会いたくないと感じることもあるでしょう。

また、「いい感じの店あれば入ろうか」など、漠然としたデートプランを提案されると「行かなくてもいいかな」と優先度が低くなってしまうことがあります。

気持ちが冷めている場合も

彼氏への愛情が冷めていることもデートに行きたくないと感じる理由の一つです。

彼氏と喧嘩が増えてきた・浮気の気配がする・冷められているのを感じたりすると、信頼できず「会いたくない」と感じてしまうこともあります。

一緒にいても楽しいと思えないどころか、「つらい」「退屈」と感じてしまう自分に嫌気がさして、デートに行きたくないこともあるでしょう。

彼氏に「会いたい」という気持ちがわかなくなってきたら別れが近いことも考えられます。

大切に思っているのであれば関係の改善に努める・不満を素直に伝える・距離を置いてみるなど早めの対策が必要です。

デートする場所に原因があるかも?

遊園地

彼氏と会いたい気持ちはあるものの、どうにも行きたくないと感じるのであれば、デートする場所に原因がある可能性があります。

では、どのような場所だとデートに行きたくないと感じるのでしょうか。

テーマパークや遊園地

テーマパークや遊園地はデートの定番スポットです。好きな人は毎日でも行きたいと感じるものの、そうでない人にとっては飽きを感じやすいスポットともいえます。

特に、2人の関係がマンネリしていると、行列に並ぶときに話すことがない・混雑にストレスを感じることで、気まずい思いをしたり喧嘩の原因になったりすることもあるでしょう。

さらに普段忙しく働いている社会人にとって、テーマパークや遊園地は「気持ちが休まらないから嫌」と感じることもあるのです。

疲れを感じている・ゆっくり過ごしたいのであれば、水族館や動物園など、落ち着いて過ごせる場所の方がよいかもしれません。

男女で好みがはっきり分かれる場所

男子にとっては興味がある場所でも、女子にとっては興味を抱きにくい場所だとデートに気乗りしないこともあります。

例えば、スポーツ観戦・ファーストフード店・ネットカフェ・ギャンブルのような、一般的に男子が好む場所は気乗りしにくいものです

出会ったばかりの頃であれば「彼氏の趣味に合わせたい」という健気な気持ちで楽しめるかもしれません。

しかし、付き合いも長くなると気持ちの盛り上がりよりも「面倒だな」「あまり好きじゃない」とテンションが下がってしまうことも増えるものです。

初デートでカラオケやドライブ

女子にとって男子と2人きりになることは緊張や不安を感じるものです。

特に初デートの場合は、カラオケやドライブのように密室で2人きりになる場所は「下心があるのかも…」と心配になり、行きたくないと感じることも少なくありません。

ただでさえ初デートは緊張しやすいシチュエーションです。密室で2人きりになると、会話や雰囲気を盛り上げることに神経をつかうため避けたいという人もいます。

あまりにも不安や緊張を感じるようであれば「お互いに信頼関係ができるまでは避けたい」と素直に伝えるのも手です。

デートに前向きになるには

プランを書く

1度や2度であればデートを断ることもできるでしょう。しかし、何度も続けていると、2人の関係にヒビが入ることもあるかもしれません。

デートに前向きになれば「行きたくない」という気持ちも落ち着いてくるものです。どのようなことを意識するとよいのでしょうか?

2人で楽しめる場所を考える

デートプランが気に入らないのであれば、自分が行きたい場所を提案してみましょう。

2人が行きたい場所・やりたいことを提案し合い、どちらもデートプランに盛り込むのも手です。

「会いたい気持ちはあるけれど、外出する気持ちがない」という場合は、素直にその気持ちを伝えて、デートプランを変えましょう。

お家デートでまったり過ごす・近くのカフェでおしゃべりするなど、ゆっくり楽しめるデートなら前向きな気持ちで楽しめるかもしれません。

自然体を意識して

彼氏とのデートで「疲れてしまうから行きたくない」という人は気のつかいすぎかもしれません。

男子は、何も言わなければ不満を感じていないと判断する性質があります。自分の意見をはっきり伝えることで、初めて「我慢させていたんだ」と気づくこともあるのです。

よい関係を築くためにも自分にも彼氏にも素直になりましょう。彼氏も素直な気持ちを伝えてくれた方が、うれしく感じるはずです。

相手を傷つけないデートの断り方

スマホを見る女子

デートに行きたくないときは、断ることも選択肢の一つです。とはいえ断るとなると、相手に嫌な思いをさせないか心配になるかもしれません。

いざというときのために、相手を傷つけないデートの断り方をチェックしておきましょう。

理由を明確に伝える

どうしても気乗りしない場合は、行けない理由を明確に伝えましょう。

「ごめん今日はちょっと行きたくない」「また今度でもいい?」という漠然とした理由では、相手は「自分に何か落ち度があったのかもしれない」と不安を感じてしまいます。

関係を断ちたいのであればそれでもよいかもしれませんが、相手を大事に思う気持ちがあるなら、きちんと理由を伝えることが大切です。

「最近、仕事が忙しくてゆっくり休みたい」「1人で過ごす日がほしくて」と、正直な気持ちを伝えた方が、お互いにわだかまりがなく次につなげられるでしょう。

次の約束を取り付ける

デートの約束を断るときは、相手が次もさそいやすいような雰囲気を作ることも大切です。

「また今度」「予定があるときでも」という断り方では、相手は社交辞令に感じてしまい、次回のおさそいをためらってしまいます。

「来週の日曜日でもよい?」「再来週なら落ち着くから」と次の約束を取り付けておくと、相手も安心して待つことができるでしょう。

どうしても予定が分からない場合は、相手を大切に思っている気持ちを伝えつつも「次は自分から連絡するから」と最低限のフォローをしておくことが大切です。

まとめ

デートへ行きたくないという気持ち自体は珍しいことではなく、自分が悪いと責めてしまう必要はありません。

体や気持ちが疲れている場合は休む・デートプランの変更を頼むなど、状況に応じて対処しましょう。

どうしても行きたくないときは、無理に頑張ろうとせず断るのもありです。

相手に好意を感じているのであれば、別日を提案する・次は自分からさそうなど次につながるケアをしておきましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる