「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
デート
2020.7.22

デートの定義って何?男女で異なるデートと遊びの違いをチェック

どこからがデート?定義とは

デート

デートと聞くと、親密な男女が2人ででかける様子を思い浮かべる人は多いでしょう。しかし、親密になる前の男女が仲を深めるためにデートをすることもあり、デートの基準が分かりにくいという一面も存在します。

デートなのか遊びなのかを判断できない人向けに、一般的なデートの定義を見ていきましょう。

親密な2人が日時を決めて会うこと

一般的に、親密な関係にある2人があらかじめ日時を決めて会うことをデートと呼びます。

日本で使用されるデートという言葉は、英語で日付を表すDate(デートに由来し、単語の意味とは多少異なる感覚でつかわれています。

デートの定義を明確にしようとすることは難しく、どこからをデートとするかは人によって解釈が違うというのが実際のところです。

2人ででかける約束を交わし、一緒にでかけることをデートであると考える人もいれば、2人の間に特別な関係性がない場合はデートではないと考える人もいます。

恋愛感情の有無もポイント

お互いに、あるいはどちらか一方に恋愛感情があって恋人に発展しそうな場合、デートだと認識されやすいです。意中の相手とでかける際、付き合っていなかったとしても「デートをしている」と感じる人は多いでしょう。

男女があらかじめ約束をしてでかける場合であっても、そこに恋愛感情があるか・ないかによってデートなのかどうかは違ってきます。

例えば、仕事で雑務をこなすために一緒にでかけるだけという場合は、デートとは言い難いです。

ただし、表向きは仕事であっても、内心では2人きりの時間を楽しみ、絆を深め合うことを目的としてでかけるのであれば、デートといってよいでしょう。

男子が思うデートと遊びの境界線

支払いをする男性

男女によって、デートに対する考え方は大なり小なり違ってきます。男子は真剣に交際したいと考えている女子に対し、デートでどのような振る舞いをするのでしょうか。

真剣なデートの相手だと思われているか見極めるポイントをチェックしましょう。

相手におごることを嫌がらない

男子がデートの支払いを嫌な顔一つせず済ませてくれる場合は、そのデートの相手を真剣な恋愛の対象として考えているといってよいでしょう。

反対に、一緒にでかけても一切の費用を負担してくれないようであれば、相手との関係をそれほど真剣に考えていないといえます。

自分をよく見せようと見栄を張る必要がない遊び目的の相手には、あまりお金をかけずにデートをしようと考えているのです。

事前にプランを考えている

その相手とのデートをよりよいものにしたいと考えている男子の場合、事前にプランを練ってくることが多くあります。

相手に対する真剣度が高いほど、自分を魅力的に見せるために、気合いを入れて計画を立てるのです。

逆に、何のデートプランも用意せず、行き当たりばったりのデートをする男子は、遊びである可能性が高くなります。

男子が事前にデートプランを考えてきてくれるなら、遊び目的ではなく、恋愛対象として相手をデートにおさそいしているといえます。

プライベートな時間を割いている

仕事が忙しいにもかかわらず、睡眠時間を削ってでもデートの時間を捻出している男子は、相手に対する真剣度が高いです。

逆に、自分の都合がよい時間に呼び出したり、相手の事情を考えない行動に出たりする男子は、暇な時間をつかって遊びたいだけでしょう。

本来であれば、趣味や休息につかうはずの時間を、デートのために割いているのであれば、本気で相手に好意を寄せていると考えられます。

女子が思うデートと遊びの境界線

デートのファッション

女子は男子にはない感覚を持っていることがあります。デートか遊びかを判断するには、女子が真剣な気持ちでデートをするときに出しているサインを見極めることが重要です。

女子がデートの相手に対して、前向きな気持ちを抱いているときに見せるしぐさを紹介します。

いつもよりおしゃれをしている

女子が真剣な気持ちでデートするときは、普段よりも身なりに気をつかうことがほとんどです。メイクに時間をかけたり、とっておきのファッションに身を包んだりすることが少なくありません。

例えば、普段はすっぴんでいることが多い女子がメイクに気合いを入れてきたら、デートに対して前向きな感情を抱いていると考えてよいでしょう。

女子は、自分の気持ちを高めたいときや、楽しみな予定があるときに身なりにこだわることが多いため、いつもよりおしゃれな装いをして来たら、それだけ相手への好意が本物だといえるのです。

スキンシップがある

女子は親密になりたい相手以外には、スキンシップをしようとしません。もし、女子が積極的にボディータッチをするのなら、相手に対する好感度が高いといえます。

例えば、デート中に何か注目してほしい物を見つけたとき、呼び止めるために腕に触れたり、歩いているときに手をつないだりする場合、相手に対して特別な感情を抱いているといってもよいでしょう。

反対に、触れることを嫌がる・避ける場合は、関係を前に進めたくないサインです。無理強いするとそこで関係が終わってしまう危険性があるため、注意が必要です。

スマホはずっとカバンの中

どんなときでもスマホが手放せないという人は珍しくありませんが、大好きな相手とデートをしているときは、相手と共有している時間の方が大切だと感じる女子は多いです。

そのため、デート中に女子がスマホばかり見ているようなら、相手に対する気持ちが薄らいでいるか、退屈している可能性が高いでしょう。

写真やムービーを撮るときや、デートの相手に見せたい物がスマホの中にあるとき以外は、スマホの出番がないという状態が女子のデートに対する真剣度を測るポイントになります。

さそい方からデートか遊びか判断できる?

メッセージを見る女性

デート中の態度だけでなく、さそい方からも気持ちのあるなしを判断できることがあります。相手が遊びなのか真剣なのかを判断する材料になる、さそい方についてチェックしましょう。

きちんと希望を聞いてくれるなら「デート」

デートにさそうとき、行きたい場所や食べたい物などの希望を聞いてくれる場合は、相手のことを大切な存在だと考えている証拠です。

相手を喜ばせたいという気持ちがあれば、相手の好きな場所へ連れて行ってあげたいと考えるものです。毎回全く興味がない場所に連れて行かれるようなら、デートの相手に対する関心が薄いのかもしれません。

希望に対し熱意を持って入念な準備をしてくれるのなら、真剣な気持ちでデートに挑んでいると判断してよいでしょう。

当日急にさそわれるなら「遊び」の可能性

真剣な気持ちを持っている相手をデートにさそう場合、相手の都合や好みを考えて事前に準備をしますが、単なる遊びの場合や、空いた時間の埋め合わせなら、当日になって急にさそわれることになります。

いつでも自分の都合がよい場所や、相手の生活を考えていないタイミングでさそってくる相手は、遊びや暇つぶしを目的にしている可能性が高いです。

自分を大切にしてくれる相手とデートしたいのであれば、自分勝手な都合でさそってくる人は相手にしない方がよいでしょう。

まとめ

デートとは、好意を持っている相手とあらかじめ会う約束をして、2人で親密な時間を過ごすことを指します。確固とした定義はなく、人によって微妙に捉え方が異なることが特徴です。

男子は親密になりたい相手に対し、事前に計画を立てプライベートな時間を割いてでもデートに臨むことが少なくありません。

一方、女子はデートの相手に真剣な気持ちがあるときは、いつもよりおしゃれをしたり自然にスキンシップを取ったりすることが多いです。

どこに行って何をしたいかなどの要望を聞いてくれる場合、相手を大切に思っていると考えられます。もし、相手の都合を考えないさそい方をしてくる場合は、遊びの可能性が高いでしょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る