「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
手を離そうとする男女
2020.7.31

恋愛がめんどくさいと感じるのはなぜ?理由と克服する方法を紹介

恋愛するのをめんどくさいと感じる理由

手を離そうとする男女

恋をすると、楽しいこともあると頭では分かっているものの、なぜか恋愛に気が進まないという人も多いのではないでしょうか。

それは「恋愛=めんどくさいこと」だと思ってしまっているのかもしれません。

なぜ恋愛をめんどくさいことだと思ってしまうのか?理由についてみていきましょう。

時間やお金を自分のためにつかいたいから

恋愛をして人に時間やお金を費やすくらいであれば、自分1人につかいたいと思っているパターンがあります。

自分を磨き、楽しむことだけに優先順位が偏り過ぎて、異性を含めた他人に目が向かないのです。

趣味や仕事などで十分に人生を謳歌できているため、この上さらに恋愛にパワーを割こうとはなかなか思えません。

恋人ができると自分だけに費やしている時間やお金を削らなければならず、抵抗感を覚えます。

誰かに縛られる、束縛されるのが嫌

恋愛中は、恋人の存在を無視して自由に行動することはできません。

デートの予定を立てるために休みの日を聞かれたり、友達と遊びに行くときにほかの異性の影がないかチェックされたりと、1人のときよりも窮屈な思いをするでしょう。

付き合う前にあった完全な自由は失われ、気の向くままに自分の時間をつかうことはできなくなります。

恋人に自分の行動を監視され、束縛されることが嫌だという理由から、恋愛を面倒だと考える人も多いのです。

マメに連絡するのが苦手

普段から頻繁に連絡をやり取りするタイプでない人は、恋人からマメな連絡を求められることをめんどくさいと感じています。

自分自身が人からあまり連絡がなくても平気な場合、恋人からの連絡がないだけで不安になる気持ちがなかなか理解できません。

電話やメール、LINEでたくさんのやり取りをし、連絡が遅れたり間隔が空いたりすると怒られるという状況が我慢できないのです。

そこまで労力をかけたり気づかいしたりしなければならないのであれば、いっそ恋愛はしたくないと考えます。

恋愛がめんどくさいと感じる瞬間 男子編

スマートフォンを見る男子

恋愛をめんどくさいと感じる瞬間は男女ともにあるものです。

特に男子の場合は、自分の自由を奪われたと感じたり、彼女の機嫌で振り回されたりすることでめんどくさいと感じる人が多いでしょう。

男子が恋愛中にめんどくさいと感じる瞬間を具体的に紹介します。

連絡が頻繁にあるとき

男子の場合、女子に比べて連絡を頻繁に取らなくても気にならないというタイプが多く、彼女からの連絡が多過ぎると疲れることがあります。

特に、仕事で手一杯なときや、男友達と遊んでいるときに電話やメール、LINEが何件も入ると対応したくないと思うこともあるでしょう。

彼女からの連絡の用件も、急ぎのものでなければますます面倒だと感じます。

彼女にとって「なんとなく声が聞きたくなった」は彼氏への連絡として十分な理由ですが、男子は急ぎでなければ控えてほしい、と思うこともあるのです。

束縛、嫉妬をされたとき

付き合った彼女がやきもち焼きだと、嫉妬が激しくなり、自分の行動を制限されてしまうことがあります。

浮気防止と称して「女子の連絡先を全て消して」と言われたり、自分の休みの日を事細かに報告させられたりすると、自分の行動を縛られているようで面倒だと感じるでしょう。

彼女をつくることで友達との時間が減り、自分の時間が持てなくなったと実感した瞬間、恋愛をめんどくさいと思ってしまいます。

女子の不機嫌さやわがままを見たとき

女子がささいなことで腹を立てたり、わがままを言ったりすると、交際がめんどくさいと思うでしょう。

自分の思う通りにならないとすぐに拗ねてしまったり、言いたいことがありそうなのにはっきり言葉にせず、男子が察してくれることを待っていたりすると、男子は困ってしまいます。

男子は女子に比べて、相手の考えていることを察することが苦手なタイプも多いです。

どうすれば正解なのか分からず、女子の機嫌がいつまでたっても直らないと、手間がかかり過ぎてめんどくさいと思ってしまうのです。

恋愛がめんどくさいと感じる瞬間 女子編

うつむく女子

女子の中にも、恋愛をめんどくさいと感じる人はいます。

今の自分に恋愛を楽しみ、労力をかける余裕がなかったり、恋愛のせいで自分の気持ちが不安定になったりすると、恋愛がめんどくさくなるのです。

女子が恋愛をめんどくさく感じる瞬間を具体的に見てみましょう。

仕事が忙しくて疲れているとき

恋愛は自分の時間にも体力にも余裕があってはじめて楽しめるものです。

仕事があまりに忙しくて疲れていると、彼氏のことについてあれこれ悩んだり、恋愛のために見た目に手間をかけたりすることがめんどくさくなってきます

仕事終わりや休日にデートの予定を入れるくらいであれば、家で何もせずゆっくり寝ていたいと思うこともあるでしょう。

仕事が大変な状況では、恋愛に目を向けることが難しく、目の前のことをこなすだけで精一杯になってしまうのです。

デート前の準備をしているとき

彼氏とデートとなると、女子は少しでもかわいく見えるように身支度を整えます。

女子がデートに出発するときには、服やメイク、ヘアスタイルなど手間がかかるものです。

さらに、前日にはスキンケア・ボディーケアをしたり、ムダ毛の処理をしたりと事前準備にも時間がかかります。

最初は楽しみにしていたデートも、あれこれ準備をしているうちにだんだんめんどくさいという気持ちが芽生えてくるのです。

駆け引き、相手に振り回されたと感じたとき

恋愛中は、男子の気を引いて自分を意識させるために駆け引きをすることがあります。

最初はゲームのような感覚もあり、思うように男子を振り向かせることができれば楽しいものですが、うまくいかないと次第にめんどくさくなってきます。

さらに、自分が駆け引きして主導権を握るどころか、相手の男子に振り回され始めると、恋愛そのものが嫌になることもあるでしょう。

男子の都合でデートをドタキャンされたり、男子の言動に一喜一憂して感情が安定しなかったりすると、交際を続けることもめんどくさくなってしまいます。

克服するためのポイント

ノートにペンを持つ人

恋愛をめんどくさいと考え、避け続けていることは楽ですが、少しでも恋をしたい・彼氏彼女をつくりたいと考えているのであれば、前向きに努力してみましょう。

恋愛をめんどくさいと思う原因を明らかにすれば、恋愛への苦手意識を克服することができます。

具体的に何をすればよいのかを見ていきましょう。

もやもやを紙に書き出してみる

自分が恋愛をめんどくさいと感じる理由や、どんな瞬間にめんどくさいと思ったかを紙に書き出してみましょう。

心のもやもやを形にすることで、自分が不満に思うことや求めていることが具体的に見えてきます

例えば、自分のスケジュールを相手にばかり合わせていてめんどくさいと思っているのであれば、問題に対していくつか解決策を出してみるのです。

「自分の予定にも合わせてもらえるように相手に相談する」「自分のスケジュール管理を上手にする」など、具体的にどんな行動をとれば解決に近づくかが見えてくれば、恋愛に前向きな気持ちになれるでしょう。

異性の友達をつくってみる

恋愛をめんどくさいと感じるときは、無理に恋人探しをするのではなく、自分と考えや行動が似ている異性の友達を探すことから始めてみましょう。

友達相手であれば、仕事や趣味、休日の過ごし方、恋愛で相手に求めることや期待することなど、多くの話題を共有できます。

考え方や行動に共通点が多ければ、もし付き合うことになっても一緒に過ごしていて心地よいと感じるでしょう。

過去の恋愛を振り返ってみる

恋愛をめんどくさいと思っている理由に、過去の恋愛のトラウマが関係していることがあります。

元カノ・元カレに振り回されたり、傷ついたりしてきた人は、もう同じような思いをしたくないと考えるでしょう。

ただ、トラウマが強烈過ぎて正面から向き合えず、なんとなく恋愛を毛嫌いしてしまっていることも多いものです。

過去の恋愛を振り返り、元カノ・元カレに何をされたことが嫌だったのか、どんな出来事が自分に恋愛を面倒なものだと思わせているのかを整理しましょう。

次の恋愛に向けて具体的な対策を考えられたら、恋愛はめんどくさいものだという認識から解放されます。

恋愛に積極的になるために

ベッドで向き合う2人

「恋愛は楽しいこともあるけど疲れてしまう」「いつも相手の反応を気にしてばかり」など、恋愛に対してネガティブな感情を抱くと、次の恋愛に積極的になれません。

恋愛をポジティブに捉え、積極的に行動するためにできることを紹介します。

心身の調子を整えよう

前向きに恋愛を楽しむためには、まず心身を整えて健康でいることが大切です。体の調子がよくないときに無理やり恋愛をしようとしても、体と心がついてきません。

疲れていたら睡眠をとり、ストレスがたまっていればスポーツで体を動かしたり、趣味にとことん没頭したりしてリフレッシュしましょう。

コンディションを整えると、恋愛をめんどくさいと思う気持ちも和らぎ、前向きに捉えられるようになります。

飾ろうとせず、自然体でいよう

自分を本来よりよく見せようと背伸びしたり、相手に合わせ過ぎたりすると、無理が生じてめんどくさくなるものです。

例えば、自分好みのファッションやヘアメイクを「相手はこういうの好きじゃないからやめよう」と自分の好みより相手の好みを優先し過ぎるなど、最初に自分を飾り過ぎると、相手からの期待もどんどん大きくなります。

等身大の自分を好きになってもらえれば、無理する必要はなく、気持ちにゆとりができるでしょう。

「恋愛はこうでないといけない」という理想を手放せば、めんどくさいことはどんどん減らすことができます。

まとめ

恋愛をめんどくさいと感じる理由はさまざまですが、共通していることは自由がなくなったり、相手に振り回されたりして、自分に無理が生じたときにめんどくさいと感じるということです。

恋愛に対して前向きになれるように、体と心に余裕を持ち、自然体で臨みましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る