「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
ハートのカギ
2020.7.22

好きな人ができないのはなぜ?原因を把握して好きな人を見つけよう

好きな人ができない?考えられる理由

ハートのカギ

周りの人が好きな人を見つけたり、恋人をつくったりして幸せそうにしていると、焦りを感じる人もいるのではないでしょうか。

自分も恋をして楽しみたいという気持ちとは裏腹に、なかなか好きな人が見つからず悩んでしまう人は案外多いものです。

どうして好きな人ができないのか、考えられる代表的な原因を解説します。

異性との関わり、出会いがない

まず、好きな人を見つけられるかどうかという問題以前に、異性との出会いが極端に少ないというケースが挙げられます。

異性と関わらなければ相手のことを知ることもなく、恋心を抱くこともありません。職場やプライベートの人間関係を思い返してみて、周囲にどれくらい異性がいるかを再確認してみましょう。

極端に異性の数が少なかったり、恋愛対象となる年代層がいなかったりする場合は、今置かれている環境が原因の一つといえます。

理想ばかり追い求める

異性との出会いの数は十分であるにもかかわらず、好きになれる人がなかなか見つからないという人は、理想の恋人のハードルが高すぎることも多いです。

ルックスや収入、学歴など、異性に対して多くの条件を求めすぎてはいないでしょうか。

もう少し冷静に周囲を見渡せば、すぐにでも付き合えそうなチャンスが転がっているにもかかわらず、理想の異性を追い求めてばかりいるのです。

理想を追うことをやめると妥協したような気分になるため、なかなか諦めきれないという人も多いでしょう。

好きな人ができない人の心理は?男子編

自宅でPCを打つ男性

なかなか恋ができない男子には、いくつかの共通点があるものです。恋愛に対して前向きになれなかったり、自分の性格が災いして人を好きになることにブレーキをかけていたりすることが多いでしょう。

好きな人ができない男子が抱えている心理について解説します。

忙しくて心に余裕がない

男子が好きな人をつくることができない場合に考えられる理由の一つが、あまりに忙しくて恋愛にパワーを割く余裕が無いというケースです。

仕事が山場を迎えていたり、人間関係に悩んでいたりとストレスを溜め込んでいると、恋愛を楽しもうという気にもなれないでしょう。

恋愛に目を向けたいと思うなら、まずは足かせになっているストレスを発散することが先決です。

趣味や旅行などの息抜きをして、一旦心をリフレッシュさせましょう。気持ちが軽くなったときには、自然と恋愛をする余裕が生まれているはずです。

恋愛を面倒だと感じている

好きな人ができない男子の中には、恋愛をすることを面倒に感じてるタイプもいるでしょう。

過去の恋愛経験から、もう異性に振り回されたり、自分の感情が乱されてつらい思いをしたりするのは嫌だと感じているのです。

たとえ好きになれそうな人がいたとしても、恋をしてのめり込んでしまわないように、気持ちにブレーキをかけてしまっているでしょう。

理屈っぽい性格

いつも正解・不正解にこだわり、理屈っぽい性格をしている男子は合理的で無駄なことをしたくない思いが強すぎるために、好きな人が見つけにくいケースがあります。

誰かを好きになるときに「メリットがあるかどうか」「相手を好きになることが正しいか」などと小難しく考えていると、いつまでたっても恋愛は成立しません。

好感を持った女子がいたら、たまには自分の感情に素直に従ってアプローチしてみましょう。

「恋愛はこうあるべき」という固い考えを持たず、フィーリングを大切にすることで新たな感情に出会えるかもしれません。

好きな人ができない人の心理は?女子編

植物を見ている女性

次は、好きな人ができない女子の心理について解説します。

異性を見るときの姿勢が原因で恋のチャンスを逃しているタイプのほか、恋愛に対して臆病になってしまい、踏み出すことができないというタイプもいます。

今まさに恋ができずに悩んでいる女子は、自分が当てはまっていないか確認してみましょう。

相手を減点方式で見ている

恋人候補の異性をチェックするときに、相手を減点方式で採点してしまっている女子がいます。

相手の「どこが好きか」を見ているのではなく、自分の理想に対して「どこが欠けているか」に目を向けてしまうのです。

減点方式は、相手のことを今以上に好きになることはありません。たとえ十分にすてきな人であっても、どんどん相手の評価を下げてしまい、結局恋人候補として見ることができなくなってしまいます。

自信がなくて前に進めない

自分に自信が持てないあまり、好きな人をつくることをセーブしてしまっている女子もいます。

「自分なんかが好きになっても迷惑だ」とネガティブな考えを持ってしまい、恋心が育つ前に諦めてしまいます。

自分に自信がない女子が好きな人をつくるためには、まず自分自身のことを好きになることが大切です。

自分のよいところを知り、相手と自分は対等な人間であると認識できれば、胸を張って恋愛ができるでしょう。

過去の恋の傷を忘れられない

過去に恋愛において大きな失敗をして傷ついたり、異性とのトラブルに巻き込まれてしまった経験を持つ女子は、恋愛をすることにトラウマを抱えている場合が多いものです。

「すてきだな」と思える男子に出会ったとしても、過去の恋を思い出して行動に移すことができません。もう二度と傷つきたくないという思いから、人を好きになることを恐れてしまうのです。

過去の恋愛とこれからの未来の恋愛は全くの別物だと理解し、気持ちを整理することができれば、初めて恋愛に対して一歩踏み出すことができるでしょう。

焦らなくてOK!対処法をチェック

両手でハートを作る

好きな人ができると毎日が楽しくなることは事実ですが、だからといって焦って恋愛をする必要はありません。

恋愛に対する自分の気持ちを自己分析したり、人に対する見方や日々の行動を変化させたりすれば、好きな人を見つけやすくなります。

好きな人ができないときに取り入れたい対処法を紹介します。

ゆっくりと自分の気持ちを見直してみよう

好きな人ができないときだからこそ、自分の恋愛観を見つめ直すチャンスです。自分はどんな人が好きなのかを整理しておけば、いざ目の前にいいなと思える理性があらわれたとき、迷わず好きになれるでしょう。

どんなルックスが好きなのか、相手にどんな気持ちを抱けば恋に落ちたといえるのかなど、自己分析を行います。

今まで何となく異性の好き嫌いを判断していた人も、恋愛における自分の基準が見えてくることでしょう。

出会いの場に足を運んでみる

好きな人を見つけることに前向きになったら、積極的に出会いの場に出かけましょう。出会う人の数が増えれば、必然的に好きになれる人を見つけられる可能性も高まります。

出会いの場に足を運ぶことに勇気が出ないという人は、代わりに毎日の生活や行動パターンを少し変えてみることから始めましょう。

仕事終わりや休日に新しい場所に出かけたり、バーやジムなど人の集まる場所に立ち寄る機会を増やしたりしてはいかがでしょうか。

相手の見方は加点方式で

恋愛対象の幅を広げるためにも、異性を見るときには減点ではなく加点方式を心がけましょう。欠点ばかりに注目するときと比べ、魅力を感じられる異性の数がぐっと増えます。

加点方式は、相手のよいところを見つければ見つけるほど相手のことを好きになるため、自然と恋をしやすくなるのです。

さらに、相手の長所を見つける姿勢は自分の気持ちを前向きで明るくするため、異性の目から魅力的に映ります。

まとめ

好きな人ができないとしても悲観する必要はありません。なかなか恋ができない理由が見つけられれば、理由に応じて対処できます。

恋愛を邪魔する原因を理解して取り除き、前向きに恋を楽しみましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る