「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
男女の友達
2020.7.31

好きな人にLINEを送るならどんな話題?チェックすべき注意点も

まずは連絡を取るきっかけをつくろう

男女の友達

「好きな人と連絡を取り合いたいけれど、どんな内容で送ったらよいのか分からない」「そもそもLINEの聞き方が分からない」と悩む人もいることでしょう。

何はともあれ、まず相手の連絡先を聞くことが肝心です。ストレートに直接相手から聞き出してもよいですが、何かしらの口実をつくり、自然な流れで聞き出す方法もあります。

自分の性格や好きな相手との距離感に合わせ、連絡先を聞き出しましょう。

LINE交換しようと直接聞く

好きな人といつも会話できる距離感にある人は、ストレートに「LINE教えて」と聞いてみましょう。

普段は好きな人とたわいないことで盛り上がれても、いざ連絡先を聞こうとすると緊張するものです。

「断られちゃったらどうしよう」などと考えすぎず、あくまで友達として聞くようなフランクさでお願いしてみるのがポイントです。

写真や動画を送るため

ストレートにLINE交換のお願いをする勇気がなければ、写真や動画の送信を口実にする方法がおすすめです。

例えば、複数人で集まっているときに集合写真や動画を撮り、送信するためにLINEを教えてもらうという流れだと不自然にみえません。

このとき、ほかのメンバーともLINEを交換すればより自然です。写真・動画を送る際、気になる人にはコメント付きで送ってみるのもよいでしょう。

グループLINEから追加する方法も

相手に直接LINEを聞くことが恥ずかしければ、好きな相手を含めたグループでおでかけの予定を立てましょう。その上で、全員で連絡を取り合うためのグループLINEをつくるのです。

グループLINEには、自分が直接LINEを知らない人でも招待し追加することができます。

好きな人がグループに入ってきたら、あらためて相手を友達登録し、1体1でLINEのやりとりができる状態にしてみるのも方法の一つです。

初めてLINEを送る、会話の始め方

スマートフォンを持つ手

無事にLINEを交換したら、次の問題は最初のメッセージです。とはいえ、「初めて送るLINEは何を送ればよいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

メッセージは最初が肝心です。相手にきちんとした人だという印象を与えると同時にほかの人と違う、特別な存在になれるような内容を送りましょう。

初めてのLINEを送るときの基本と、付け加えると効果的なコメントについて解説します。

必ず自分の名前を入れる

最初に送信するLINEには、自分の名前を入れましょう。

特に、LINEのアカウント名をあだ名やイニシャル、下の名前のみにしている場合は、メッセージを送っても相手に分かってもらえない場合があります。

自分の名前のほか、関係性によってはあらためて簡単な自己紹介をしておくこともおすすめです。

ありがちな文より目を引く一言を

初めて送るLINEには、印象的な一言を送って相手の興味を引き付けましょう。

LINE交換をOKしてくれたことのお礼だけでなく、LINE交換の際に交わした会話の内容で覚えていることを話題にするのがおすすめです。

仕事や趣味の話など、ささいなことでかまいません。好意をそれとなく伝えるために、さりげなく褒めると効果的です。

このとき、漠然と褒めるのではなく「今日お話ししてくれた○○が面白かったです」など、なるべく具体的な内容を送りましょう。

人は自分が話したことを相手が覚えてくれているとうれしいものです。さらに、相手のためだけにつくったメッセージだと伝われば、好感度も高まるでしょう。

トークを長く続けるおすすめの話題は?

メッセージのやりとり

LINEで相手との仲を深めたいのであれば、できるだけ会話のラリーを長く続けることが大切です。

相手と会話すればするほど、お互いへの理解を深めることができます。話が盛り上がれば、一緒にいて楽しい人・魅力的な人だと思ってもらえる可能性が高いでしょう。

好きな人を相手にどのようなトークをすればよいのかと悩む人へ、トークを長く続けるためのおすすめの話題を紹介します。

共通の友達について

自分と相手が仲良くしている共通の友達がいるのであれば、話題に出すことで自然と盛り上がれます。最近一緒に遊んだときのことや、友達にまつわる面白い話などがおすすめです。

ただし、共通の友達を落として笑いをとるようなトークだけは避けましょう。本人のいないところで悪口を言って盛り上がる人だと思われぬよう、ポジティブな内容を選んで話すのがポイントです。

相手が友達と遊びに行った場所や、一緒にやったスポーツなどが話題になれば、どんどん話を膨らませて、好きな人の話や自分の話につなげられるでしょう。

休日の過ごし方、趣味の話

トークを盛り上げる話題の中でも、休日の過ごし方趣味の話は有効です。人は自分の好きなことについては話をしやすいため、相手が夢中で話しているときは、聞き役に徹してみましょう。

休日の過ごし方や趣味の話をしていると、相手の興味を知ると同時に自分との共通点を見つけられることもあります。

例えば、お互いに土日休みであれば、「土日に行きたいおでかけスポット見つけたよ」などと、遊びの約束を立てやすくなります。

映画鑑賞が共通の趣味であれば、デートを含めた今後のアプローチもしやすくなるでしょう。

最近面白かったこと・楽しかったこと

もっと気楽に話して盛り上がりたいときは、最近面白かったこと楽しかったことなど、日常を話題にしてみましょう。

相手のツボにはまれば「一緒にいて楽しい人だ」と印象付けることができます。

また、自分から面白かったこと・楽しかったことを積極的に話すことは、自分自身の毎日が充実しているということを、相手に知らせることにもつながります。

人生を前向きに楽しんでいる姿を見せることで、相手も笑顔になり、好意を抱くことにつながるでしょう。

内容から分かる?脈ありサインをチェック

メッセージを見る女性

相手が送ってくるLINEの内容をよく観察すれば、脈ありかどうか予想できます。「好きな人のことはもっと深く知りたい」という思いは男子も女子も変わりません。

LINEでの脈ありサインの具体的な特徴を男子・女子それぞれ解説します。自分に送られてくる文面を見返して、相手の本音を探りましょう。

LINEの脈ありサイン 男子編

男子が好きな人とLINEすると、できるだけ長く会話を続けたがります。質問形式のメッセージを送ってくる場合、相手が返事をすることで会話が長続きすることを狙っているのです。

さらに、気になる人とは少しでも仲良くなりたいという思いから、休日の過ごし方や趣味、さらには好きな人のタイプなど踏み込んで質問してくることもあるでしょう。

恋愛観を聞いてくるということは、自分が恋愛対象になる可能性を探っています

いつも男子から会話が始まる場合や、こちらからのLINEに対してすぐに返信がある場合は、脈ありの可能性大です。

LINEの脈ありサイン 女子編

女子の場合も、好きな相手には質問の多いLINEをする傾向があります。特に、好きな女子のタイプや過去に付き合った人の話を聞きたがる場合は、脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

好きな男子から質問を受けた場合には適当に流すことなく、一つずつ丁寧に返事をします。質問されたことをうれしく思い、やりとりを続けたいという気持ちの表れです。

また、自分のことを知ってほしいという思いから、自分の意見や考えを積極的にアピールしたり、日常の写真を送ったりすることもあります。

特に、自撮りや自分の学生時代の写真などが送られてくる場合は、かわいいと思われたい・興味を持たれたいと考えているでしょう。

好きな人とのLINEで注意したいこと

頭を抱える男性

好きな人とLINEをするときは、どうしても気持ちが高まってしまい、冷静な判断ができないことが多くあるものです。相手の気持ちを置き去りにして、自分ばかりが一方的に送ってしまっていないでしょうか。

好きな人とのLINEで特に注意したいことを紹介します。

頻度、タイミングは相手に合わせて

LINEの頻度とタイミングは、相手の都合と気持ちを考えましょう。

好きな人相手だとつい長く、多くのLINEメッセージを送ってしまいたくなります。しかし、送りすぎると相手に重いと思われたり、面倒に思われたりしてしまいます。

特に、相手が忙しそうだったり、そもそもLINEでの連絡が苦手なタイプだったりしたら要注意です。相手の返信スピードを見ながら、メッセージを送る頻度やスピードを調節しましょう。

ネガティブすぎる内容

相手の気を引くために、ネガティブな内容ばかりLINEすることは避けた方がよいでしょう。

ネガティブなLINEを送ることで相手は「頼られている」「何とかしてあげたい」という気持ちを抱くこともありますが、暗い内容ばかりが続くと次第に疲れてくるものです。

優しくされることがうれしくてネガティブなLINEを送っていることは、相手に見透かされてしまうことが多いため気を付けましょう。

暗い内容のLINEよりも、メッセージが待ち遠しくなるような明るい内容のLINEを意識することをおすすめします。

自分語りモードに入らない

好きな人に注目されたいあまりに、自分のことばかり話してしまっている人は要注意です。自分のことを理解してもらうことは大切ですが、受け取る相手の気持ちを想像しましょう。

自分と相手のトークを見返してみて、自分ばかりが一方的に話している印象を感じたら要注意です。

さらに、相手の返事が一言で終わっていたり、スタンプ一つで流していたりする場合は、明らかに相手がトーンダウンしています。

自分の話ばかりでなく、相手の話にも耳を傾ける姿勢を見せましょう。

まとめ

LINEは好きな人との距離を縮めるために有効な手段です。基本を押さえてやりとりすれば、順調に仲を深められるでしょう。

好きな人と長く楽しくLINEをするためには、相手が心地よいと思える距離感でやりとりすることが大切です。

趣味について話したり、面白かったことについて話したりなど、お互いが楽しめるポジティブな内容でLINEを楽しみましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る