「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
喫茶店デート
2020.7.22

デートでキスをするタイミングとは?一歩進むためのポイントとNG行動

デートの何回目でキスする?

喫茶店デート

恋人との初めてのキスは、何回目のデートでするのが正解なのでしょうか?おすすめの時期を確認していきましょう。

一般的には3回目がベター

「キスをしてもいいかな」と思うタイミングは人によって違います。「付き合っているならすぐにでもOK」という人がいる一方で、「しばらくは心の準備が必要」という人もいるでしょう。

そんな中で、できるだけお互いに無理のないタイミングを選ぼうとするのなら、付き合って3回目のデートがおすすめです。

恋人として迎える1回目のデートや2回目のデートでのキスは、人によってはとても性急な印象を受けかねません。

反対に、あまりにも時期が遅くなると、タイミングを逃してしまい、2人の関係がぎくしゃくする原因になってしまいます。

恋人との関係を大切に思えばこそ、初めてのキスは自然な流れとして受け入れやすい3回目のデートがベターといえるでしょう。

告白のタイミングも重要

相手にキスを求めるのであれば、告白をして正式に恋人同士になるというステップを事前に踏んでおくことが大切です。

たとえ、お互いに好意を持っていることが明らかだったとしても、正式な恋人同士として交際していない以上、キスには抵抗があるという人は決して少なくありません。

「気持ちは通じているはず」と一方的にキスを迫った結果、相手の気持ちを害してしまい、関係そのものが台無しになってしまったというのも珍しい話ではないのです。

どのタイミングで告白をして正式な恋人同士になるかというのも、初めてのキスの時期を左右する大きなポイントといえるでしょう。

キスをするのに最適な場所は?

夜景

キスを成功させる上で、シチュエーションは欠かせない大切な要素です。自然な形でキスへと持っていけるおすすめの場所をチェックしていきましょう。

デートの帰り道で人の少ない場所

恋人との初めてのキスを成功させるなら、おすすめなのがデートの帰り道です。

2人の時間をたっぷりと過ごしたデートの帰り道は、お互いに「もっと一緒にいたい」という気持ちがとても高まった状態にあります。

具体的な場所としては、帰り道にある人の少ない公園などがぴったりです。デートが終わりに近づいたら「ちょっと歩かない?」と恋人を散歩に誘ってみましょう。

散歩の途中で公園に立ち寄り、ベンチで会話を楽しめば、自然な流れでキスをする絶好のチャンスとなります。

「次のデートでキスがしたい」という思いが強いのであれば、あらかじめ雰囲気のよい公園をリサーチしておくとよいでしょう。

個室の飲食店

自然な形で2人きりになれる・落ち着いて会話が楽しめるなど、初めてのキスを迎える条件が整っている場所として候補に加えておきたいのが、個室の飲食店です。

どのようなお店を選ぶかにもよりますが、近年は、カップル用の個室が用意されている飲食店も多く存在します。

中でも、横並びで座るタイプのカップルシートは、リラックスできるだけでなく、無理なく体を寄せ合えるという点で、キスへと持っていきやすい場所といえるでしょう。

なお、この方法を選ぶのであれば、いつもよりワンランク上の飲食店をチョイスするのがおすすめです。

初めてのキスをした記念のお店は、今後迎えるたくさんの記念日をラグジュアリーに演出する特別なスポットになるでしょう。

きれいな夜景が見える場所

「ドラマのような思い出に残るキスがしたい」そんな人は、恋人同士の定番デートスポットでもある夜景の見える場所を訪れてみましょう。

恋人と2人できれいな夜景を見るというのは、定番ながらもロマンチックでムード満点のシチュエーションです。

定番なだけあって、キスをすることそのものが暗黙の了解になりやすいため、いざキスをしようとした際もすんなりと受け入れられる可能性が高いでしょう。

「そろそろキスがしたいけれど、もし嫌がられてしまったらどうしよう」という不安が強い人にとってもおすすめの方法です。

キスを印象づけるタイミング

ドライブするカップル

初めてのキスを成功させるなら、タイミングも重要なポイントです。特におすすめのタイミングについて詳しく見ていきましょう。

デートの別れ際

初めてのキスをするタイミングで迷ったら、まずおすすめなのがデートの別れ際です。

別れ際という、名残惜しさがピークのタイミングであれば、たとえ恋愛に不慣れな恋人同士であったとしても、一歩を踏み出すための勇気を持ちやすいでしょう。

お互いに「次はいつ会えるかな」と期待する気持ちがある一方で、離れる寂しさも強く感じるデートの別れ際のキスは、すぐに忘れられるものではありません。

別れ際のキスでロマンチックな余韻を残し、お互いへの思いをより一層高めていきましょう。

見つめ合ったとき

恋人とデート中、ふと目が合ってドキッとしたという経験がある人は多いのではないでしょうか?

視線は、人の気持ちをありのままに表すものです。無意識に見つめ合うというのは、2人が思い合っている何よりの証拠といえるでしょう。

そんな心が通じ合っている瞬間は、キスをする上でも絶好のタイミングです。

何気ない会話をしているときや、不意に会話が途切れたとき、目と目が合ってどちらもすぐにはそらさない…そんなときは、自分だけでなく相手もキスを望んでいると判断してよいでしょう。

ドライブデートもチャンス

車という密室の中で長い時間を過ごすドライブデートは、キスのタイミングに事欠かないぴったりのシチュエーションです。

キス未経験の付き合って間もない時期のカップルであったとしても、肌が触れるか触れないかの距離で長時間を過ごすことで、心身ともに親密度を高める効果が期待できるでしょう。

以下、ドライブデート中のキスにおすすめのタイミングを紹介します。

  • 信号待ち
  • 景色のよい場所での休憩中
  • 帰り際、車を降りるときの不意打ち

「いつキスするのかな?」「いつ仕掛ければいいんだろう?」そんなドキドキ感が味わえるのもドライブデートでキスをするメリットの一つといえるでしょう。

男女が出すキスOKのサイン

恋人つなぎ

場所やタイミングの条件がしっかり整っていたとしても、相手の気持ちが伴っていない場合、キスを仕掛けるのは早すぎます。

相手の気持ちを見極める一つのヒントとして、主なキスOKのサインをチェックしていきましょう。

恋人つなぎ

心の距離感は、そのまま体の物理的な距離感に表れます。例えば、手をつなぐという一つの行為を取ってみても、一般的な手つなぎと恋人つなぎとでは、その親密度において大きな違いがあるのです。

一般的に、お互いの指を絡め合う恋人つなぎは密着度が高く、心を許せない相手や嫌悪感のある相手とするのは抵抗のある行為です。

そんな恋人つなぎが違和感なくできているということは、お互いに心を許し合い、キスへの準備が十分に整った状態にあると判断してよいでしょう。

恋人つなぎをしたままそっと顔を寄せれば、まるでそれが当然かのように自然な形でキスへと至ることができるはずです。

お互いにやたら距離が近い

苦手な人・嫌悪感を抱いている人に対しては本能的に距離を取ってしまう一方で、好感を抱く人や好きな人に対しては不思議と距離が近くなるという人は多いことでしょう。

この無意識の反応も、手つなぎと同様に心の距離感が体の距離感として表れることによって引き起こされています。

恋人と一緒にいるとき「ほかの人と比べて距離が近いな」と感じたら、それはお互いに本心から相手を大切に思っていることの表れと考えてよいでしょう。

思い切ってキスを求めれば、驚くほどあっさりと答えてもらえる可能性が高そうです。

ハグをしたがる、ボディータッチが増える

何となく距離が近いといった感覚的なものではなく、ハグを求める・ボディータッチが増えるといった明らかな身体的接触があるのなら、それはキスのOKサインと判断してよいでしょう。

恋人の体に触れる回数が目に見えて増えた場合、その裏には「もっと触れ合いたい」「次のステップに進みたい」という思いが潜んでいます。

場合によっては「キスをしたい」という欲求と「拒絶されたらどうしよう」という不安との葛藤が親密な肉体的接触という形で表れている可能性も考えられます。

タイミングを逃したくないのなら、相手の出方を待つのではなく、自分からキスを仕掛けてみてもよさそうです。

初めてキスするときの注意点

キスするカップル

初めてのキスを成功させるには、覚えておきたいいくつかの注意点が存在します。中でも重要なポイントを確認していきましょう。

「キスしていい?」と聞くのは賛否両論

「相手に嫌な思いをさせたくない」「嫌われたくない」そんな思いが強いあまり、つい事前に「キスしていい?」と承諾を得たくなってしまうという人もいるのでしょう。

しかし、このキスの事前確認は、人にとって受け止め方が大きく違うため注意が必要です。

「丁寧な人だな」「思いやってくれているんだな」と前向きに捉える人もいますが、残念ながら全ての人がそうとは限りません。

中には「無粋だな」「人に決めさせるなんて…」と、ネガティブな印象を抱く人もいるということは覚えておく必要があるでしょう。

お互いの愛情に確信が持てているのであれば、相手に委ねるのではなく、自分の意思で行動を起こすのも一種の優しさなのかもしれません。

キス以上のことをしようとする

いくら気持ちが盛り上がったとしても、恋人と初めてキスをしたタイミングでそのまま次のステップへ進もうとするのはNGです。

あなたが男子であるのなら、性急な展開は女子に「体目当てなのかな?」という不安を抱かせることにつながりかねません。

また、あなたが女子であった場合「軽い人なのかな?」「慣れていそうだな」と思われる原因となってしまいます。

不本意な誤解を招かないためにも、初めてのキスでそれ以上の行為を求めるのは避けるのが賢明でしょう。

まとめ

恋人との初めてのキスをするタイミングは、正式に付き合い始めてから3回目のデートがおすすめです。

3回目のデートは、相手に性急な印象を与えず、遅すぎることもない絶妙な時期といえます。

よりスムーズにキスを成功させるなら、場所やタイミングはもちろん、相手のOKサインについてもしっかりとチェックすることが大切です。

2人にぴったりのタイミングを選び、初めてのキスをいつまでも心に残るすてきな思い出にしましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る