毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
スマホとメッセージカード
2020.7.15

2回目のオンラインデートを成功させよう!やりがちな注意点もチェック

2回目のオンラインデートは脈アリ?

スマホとメッセージカード

初めてのオンラインデートの後は「次のデートはあるかな…」と誰でも心配になるものです。相手に2回目のオンラインデートにさそわれたら、脈アリサインと見なしてもよいのでしょうか?

脈アリの可能性大

2回目のオンラインデートにさそわれたら、相手は自分に好意を持っている可能性が高いです。

1回目のデートは相手がどんな人かを知り、自分との相性を確かめるデートです。もし「ちょっと違うな」と感じれば、そのままフェードアウトしてしまうケースが多いでしょう。

逆に、会話が弾み「もっと話したい」「深く知りたい」という気持ちが芽生えれば、2回目のデートが実現します。

ただし「及第点に達した」というだけであって、お付き合いにつながるかどうかは別問題です。今後の展開は、2回目のデートにかかっていることを忘れないようにしましょう。

次につなげるためにも大切なデート

1回目のオンラインデートがうまくいったとしても、まだまだ油断はできません。1回目のデートよりも2回目のデートの方が重要なのです。

1回目がテストだとしたら、2回目は面接試験のようなものです。相手の素性をさらに深く知り「自分に相応しいかどうか」を細かくチェックする機会といえるでしょう。

同時に、相手の脈アリ度を確かめ、告白してもよいかを探っていくのです。

人によっては2回目のデートで「この人と付き合いたい」という気持ちが固まり、リアルデートにつながることもあります。

大切なデートを成功させるコツ

公園に置いたパソコン

大切な2回目のデートを成功するコツは、初デートよりも長めに時間を取り、相手との会話をじっくりと楽しむことです。服装やメイクは大きくイメチェンせず、最初のイメージを貫くのが理想でしょう。

初めのデートより少し長めに

2回目のデートは初デートよりも少し長めに時間を取るのがおすすめです。1回目はお互いに気が張っていてうまく話せないこともありますが、2回目は緊張も薄れ、打ち解けた雰囲気で会話ができるでしょう。

1回目のデート時間よりも30分ほど長めに時間を取ることで、2人の距離がグッと縮まります。

ただ、会話のみのデートで2時間、3時間…とだらだらと続いてしまうと、お互いに飽きてしまうため、「まだ話し足りないな」と相手に思わせるくらいがちょうどよいでしょう。

服装・画面映えにも気を配って

初めてのデートであれば、大抵の人は身だしなみに十分注意しているため、相手に好印象を与えることができます。2回目のデートでも気を抜かず、画面映えを意識しましょう。

中には、「ありのままの自分を好きになってほしいから」と、2回目のデートで素の自分をさらけ出す人もいますが、これはあまり好ましくありません。部屋着や趣味に偏った格好も避けたいところです。

ポイントは、ファッションの系統を1回目と大きく変えないことです。1回目のデートでの印象と大きくことなってしまうと、相手はあなたへ抱く印象に困惑してしまいます。

また、画面越しだと顔色が悪く映る人が多いため、女子はチークやリップで、男子はライトをうまくつかって、メリハリ顔を意識しましょう。

1回目のデートで話した会話を広げよう

2回目のデートでは当たり障りのない話ではなく、1回目のデートで得た情報を元にして会話を深堀りしていきましょう。

相手の趣味が映画鑑賞だとしたら、次のデートまでに、話題の映画や相手がおすすめしてくれた作品を見てみるのもよいでしょう。

「この前おすすめしてくれた作品を見たよ、面白かった!」と感想を伝えれば相手はとても喜んでくれますし、会話がさらに盛り上がります。

逆に、1回目のデートでの会話を忘れるのはNGです。「この前も話したのに…」「ちゃんと聞いてくれてなかったの?」と相手からの評価は一気に下がってしまいます。

3回目デートにつなげるための注意点

コーヒーを片手にスマホをいじる女性

相手が幻滅してしまう態度を知らず識らずのうちに取っていませんか?2回目のデートは緊張感がなくなり、素の自分が出てしまいがちです。

3回目のデートにつなげるために、自分の態度を振り返ってみましょう。

なれなれしい態度は厳禁

2回目のデートから、急になれなれしくなる人がいます。相手が脈アリのサインを出していたとしても、十分に距離が縮まっていないうちから恋人面をすると、ドン引きされる可能性があるでしょう。

2回目のデートで相手は「この人と付き合って本当によいのだろうか?」と冷静に観察し、ジャッジをしています。

明るい笑顔やちょっとした冗談は好感度アップにつながりますが、タメ口やプライベートすぎる質問をするのは避けましょう。

お互いに思いやりを忘れずに

会話が楽しいかどうかも重要ですが、大切にしたいのは相手への思いやりの心です。

会話中は、自分のことばかり話さずに、相手の話に耳を傾けることを意識しましょう。相手が話をしているときは、きちんとリアクションを返し、「ちゃんと話を聞いているよ」という気持ちを伝えます。

相手がデートを切り上げたがっているのに、無理に話を続けようとするのはよくありません。その場の雰囲気を察知して「そろそろこの辺でおしまいにしようか」と自ら提案してあげるのも気遣いといえます。

まとめ

1回目のデートはお互いがどんな人物かを探り合う要素が強く、相手の本質や価値観などの深い部分までは踏み込めません。2回目になると緊張が薄れ、いろいろな話ができるようになるでしょう。

気を付けたいのが、なれなれしい口調や自己中心的な態度です。信頼関係が築けていないうちは、ちょっとした態度で相手の興味が冷めてしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。
モテ試しする?

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルをはじめる