「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.5.26

婚活デートを成功させるポイント!男女で違うチェックポイントも紹介

婚活デートの基礎知識

結婚式

そもそも、婚活デートとは何を目的にどのような点に注意して行えばよいものなのでしょうか?まずは、婚活デートをする際のポイントや心構えからチェックしていきましょう。

回数を重ねて相手との相性を測る

婚活デートは、相手が結婚を前提とした交際ができる人かどうかを見極めるための大切なステップです。

「本当にこの人でよいのか」を冷静に判断する必要があることから、1度きりのデートではなく、何度か回数を重ねる中で2人の相性を確認していくのが一般的といえるでしょう。

結婚を急ぐあまり、1度のデートで真剣交際を決めてしまうと、後になってお互いの相性の悪さが判明し、大きなトラブルになってしまうといった可能性もゼロではありません。

お互いの本来の性質や魅力を知り、その上で真剣な交際を決断するためにも、婚活デートにはある程度の回数が必要といえるでしょう。

だらだらと仮交際を続けるのはNG

先述の通り、婚活デートにはある程度の回数が必要ですが、だからといって、決断をしないままだらだらと交際を続けるのはおすすめできません。

仮交際の期間が長くなればなる程に、正式な交際へと関係を発展させるきっかけがつかめなくなってしまいます。

場合によっては、お互いに好意を持っていたにもかかわらず、関係が自然消滅してしまうといった事態も起こり得るでしょう。

婚活デートは、あくまでも正式な交際へのステップです。「この人だ」と感じたら、タイミングを逃すことなく次の段階へと足を進めていきましょう。

婚活デートはどこがおすすめ?

カフェでのデート

いざ婚活デートをするにあたり、行先に悩んでしまうという人は多いのではないでしょうか。婚活デートにおすすめのスポットをチェックしていきましょう。

初デートはカフェやレストランで

お互いについてまだよく分かっていない初デートでは、カフェやレストランのような落ち着いて会話が楽しめる場所を選ぶのがおすすめです。

食事やお茶をしながら普段の生活や趣味などについてゆっくり語り合う中で、お互いの理解を自然に深められるでしょう。

また、食事の際の作法やマナーといった、一緒に生活する上で重要な点を見極められるのもカフェやレストランを選ぶ大きなメリットの一つです。

お互いの相性が分かりやすく、比較的短時間で切り上げられるカフェ・レストランは、緊張や不安でいっぱいになりがちな初デートにもってこいの行先といえるでしょう。

映画館・水族館は話題作りにも

「婚活デートでは何を話せばよいのだろう?」「口下手でうまく話せない…」そんな人におすすめなのが、映画館・水族館でのデートです。

映画館や水族館のように、目的がはっきりとした場所でのデートなら、自然と話題が決まってくるため話題作りに困る心配がありません。

お互いの趣味や好み・感性なども分かりやすく、相手の人となりをより深く理解する上でも役立つでしょう。

なお、映画館・水族館でのデートは、屋内で過ごせるため、天候の影響を受けることなくデートを楽しめます。天候が不安定な時期でも安心して計画できるデートプランといえるでしょう。

仲良くなったら遊園地デートへ

何度かデートを重ね、ある程度仲良くなれたと感じたら、ぜひ挑戦したいのが遊園地でのデートです。

遊園地でのデートは、基本的にたっぷり1日かけて行われます。お互いの本質が見えるのはもちろん、アトラクションの選び方や休憩の挟み方・ちょっとしたトラブルなどを通じ、2人の結婚生活をより具体的にイメージしやすくなるでしょう。

ただし、遊園地デートの場合、「やっぱりこの人とは合わないな」と感じたからといってすぐには切り上げられません。

気まずい時間を過ごすことのないように、お互いへの理解がある程度深まってから実行すると安心です。

回数別 デートの目標

告白の瞬間

婚活デートでは、正式な交際へ向けて段階的に距離を縮めていくことが大切です。基本的なデートの目標を回数別に確認していきましょう。

1回目のデートは好印象を与えて

1回目のデートでは、相手に好印象を与え、次へとつなげることを第一目標にしましょう。

2人きりで過ごすのが初めての1回目のデートでは、誰であれ多少の不安や緊張を感じつつ臨むのが一般的です。

その状態で無理に距離を縮めようとしてしまうと、相手の警戒心を刺激し、ネガティブな印象を与えることになりかねません。

1回目のデートでは、相手に踏み込み過ぎることは避け、お互いに「もう少し話していたい」と感じる程度で切り上げるのがおすすめといえるでしょう。

2回目は好意を抱いてもらう

2回目のデートが実現したということは、1回目のデートでお互いに好印象を抱いたということでもあります。

その好印象をはっきりとした好意に育てるため、2回目のデートでは、前回から一歩踏み込んで、よりお互いの核心に迫るコミュニケーションを目指しましょう。

具体的には、お互いがイメージする好みの異性のタイプや、理想の家庭像などを話題にするのがおすすめです。

恋愛や結婚生活に対する考え方や価値観を知ることで、お互いの相性がより明確になるでしょう。

ただし、2回目のデートは、まだお互いに相手の人となりを見定めている段階です。あくまでも仮交際の期間であることを忘れず、失礼のない言動を心がけましょう。

3回目から4回目で告白を

デートも3回目を迎えれば、お互いの気持ちはほぼ固まりつつあると判断できます。真剣交際に向けて告白を考えるタイミングといえるでしょう。

可能であれば、3~4回目のデートは少し長めのプランにするのがおすすめです。1日たっぷり2人で過ごし、その上で「この人なら大丈夫」と思えるかどうかが、仮交際から真剣交際に進む一つの目安といえるでしょう。

なお、お互いの気持ちの盛り上がりを踏まえても、告白のタイミングは3~4回目のデートが好ましいです。

そのタイミングを逃してしまうと、けじめが付けられないまま自然消滅となりかねないため注意しましょう。

男女別 デート中のチェックポイント

おしゃれな洋服

では、婚活デートで相手に好印象を与えたいと思ったら、具体的にどのような点を意識すればよいのでしょうか。デート中の主なチェックポイントを男女別に紹介します。

男子は服装・マナー・優しさ

一般的に、女子は威圧的な男子や清潔感のない男子を敬遠する傾向にあります。

デートをする中で、「この人は何だか怖いな」「ちょっと不潔だな」と感じれば、その時点で真剣交際に発展するチャンスはほとんど失われると考えてよいでしょう。

以下、婚活デートにおいて女子が重視しがちなポイントを紹介します。

  • デート向きの服装をしているか
  • 清潔感はあるか
  • 最低限のマナーを身に付けているか
  • 優しさや思いやりがあるか

これらのポイントを抑えることで、女子に「安心して付き合える人」という印象を与えられます。デートに赴く際はぜひ心に留めておきましょう。

女子は居心地・会話が弾むか

「結婚相手に望むものは?」と尋ねられた際、「癒やし」と答える男子は少なくありません。

一般的に、男子は女子に対して具体的な条件よりも居心地や相性といった目に見えない部分を重視する傾向にあるといえるでしょう。

実際の婚活デートの場でも、男子が主にチェックしているのは居心地や会話の相性です。

「この人と結婚したら楽しそうだな」「一緒にいて落ち着く人だな」など、リラックスして過ごせる楽しい結婚生活をイメージさせられるかどうかが、その後の展開を決める重要な鍵となるでしょう。

まとめ

婚活デートは、相手が結婚を前提に付き合える人なのかどうかを見極めるための大切なステップです。

回数ごとの目標を決め、少しずつ信頼関係を深めていくことで、無理なく真剣交際へとつなげられるでしょう。

なお、スムーズな成婚を目指すなら、仮交際の状態でだらだらと関係を続けるのはNGです。

タイミングに応じた適切な行動をすることで、成婚の可能性をグッと高められるでしょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る