「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.4.28

オンラインデートの上手な断り方とは?早めに終わらせる方法も紹介

オンラインデートの断り方

雑誌を見て休憩

家で行うことの多いオンラインデートは、通常のデートの断りよりも、理由を考えるのは難しいでしょう。どんな理由だったら相手は納得してくれるでしょうか?

オンラインデートの上手な断り方について解説します。

体調がよくないと伝える

オーソドックスな手ですが、体調がよくないことを伝えるのは有効です。「頭痛がする」「おなかが痛い」「風邪気味かも…」といったような理由を添えて相手に伝えると、納得されやすいでしょう。

注意したいのは、その当日にほかの誰かとオンラインで通話したり、LINEで頻繁にやりとりしたりすることです。

どこで自分の行動が知られてしまうか分かりません。「ひょっとしてデートがイヤで嘘をついたのでは…?」と相手に疑われるような行動はなるべく避けましょう。

ネット回線やPC環境を理由にする

「パソコンやネットの調子が悪い」というのも、オンラインデートを断る理由としてはつかえるでしょう。

ただし、相手次第では一緒に直す方法を考えてくれたり、スマホデートを提案されたりしてしまい、断りきれなくなってしまうことも考えられます。

また、パソコンや回線の調子の悪さは、買い換えや業者に見てもらえばすぐに直ってしまうこともあり、何度もつかえる断り文句ではありません。

デートの時間が決まっている場合や、1度きりのデートなら有効ですが、長期的に付き合う相手には避けた方がよい断り方といえるでしょう。

部屋が散らかっているから…

「散らかっている部屋を見られたくない」というのは、誰にでもある心理です。そのため、部屋が散らかっていることを理由に断るのは、有効な手といえます。

しかし、近年では壁紙をバーチャルにすることもできるため、「それならビデオじゃなくてもいいよ」と言われてしまうかもしれません。そうなったときは断りにくくなってしまう方法ともいえるでしょう。

あらかじめデートまで日にちがあるような場合は、「デート当日までに部屋を片付けられないだらしのない人」という印象を相手に与えかねません。

突発的な断り方であれば有効かもしれませんが、相手の心証を損ねてしまう恐れがある点には注意しましょう。

自分の時間も大切と話す

オンラインデートは相手と都合が合わせやすいため、頻繁にできる便利な手段です。しかし、それが短所になってしまうこともあります。

中には、「デート回数が多くて、うんざりしてきた」という人もいることでしょう。そんな場合は、「自分の時間が大切だ」ということを正直に話しましょう。

デートの回数や時間など、お互いにとってイヤにならないラインを決めておくのも、長く相手と付き合っていくのなら重要です。

ひょっとしたら相手も、別れたくない不安から無理に回数をこなしているだけという可能性もあるので、いっそのこと正直に腹を割って話してみるのもよいでしょう。

アフターフォローをきちんとする

1度限りの相手や、そのままお別れしてしまう予定の相手であれば必要ないかもしれませんが、もし大切な相手とのデートを断ってしまったら、デートできなかったことへのお詫びのメッセージを送ることも重要です。

できればその日の夜か、遅くとも翌日の午前中にはそうした連絡を入れると、長くお付き合いを続けていく上でメリットになります。その際、埋め合わせの約束をきちんと取り付けましょう。

アフターフォローをきちんとしておかないと、相手から嫌われる原因になってしまうこともあります。

早く終わらせるには?

砂時計のセット

オンラインデートは終電などがないため、なかなか終わるきっかけをつかめないのが難点といえます。デートに気を取られ、思わず夜更かしをしてしまった、という人もいるでしょう。

もし、途中でデートを切り上げたくなった場合や、決まった時間にデートを終わらせたい場合には、どのようにすればよいのでしょうか?

あらかじめ時間を決めておく

社会人同士のデートなら、翌日が仕事だったり、デートの後はお風呂に入って寝る準備をしたりするのが一般的でしょう。そういった時間を加味した上で、あらかじめデートの時間を伝えておくのは有効です。

何時から何時までときっぱり決めて、その間に何をするかプランを考えるという楽しみも生まれます。

切り上げたいときも「そろそろ時間だから」と言えば、それがすでに決まっていた時間であれば相手との間に軋轢も生まれません。

メリハリをつけるためにも、オンラインデートでは毎回、時間を決めておくとよいでしょう。

お風呂に入る・眠くなったと伝える

お風呂や片付けなど、寝る前にすることがあると伝えるのも、早く終わらせる理由としては有効です。それらのことを伝えれば、相手も「自分もやらなきゃ」となり、切り上げやすくなるでしょう。

ストレートに「眠くなった」と伝えてみるのも手です。「前の日にあまり寝ていなかった」「昼間に仕事をして疲れている」など、一言添えるのもポイントです。

「寝不足気味で…」「疲れているから…」と素直に伝えれば、相手も無理に引き延ばそうとはしないでしょう。

仕事や勉強を理由にする

「まだ仕事が残っているから」「寝る前に少し勉強したい」といった理由も、終わらせ方としてはアリです。自分のことを考えてくれる相手であれば、切り上げてくれるでしょう。

仕事や勉強に真剣に向き合っているという姿勢は、相手にとってよい印象を与えます。「もう少しだけ続けよう」と言われても、きっぱり断るのがポイントです。

「〇〇時からは勉強する」と相手にあらかじめ自分のスケジュールを伝えておくと、より断りやすくなるでしょう。

こんな人はお断り!オンラインの注意点

メモとPC

マッチングアプリなどで初めて知り合った人とオンラインデートをする場合は、実際に会うのとはまた違った点に注意する必要があります。

相手選びで失敗しないために、相手が次のポイントに該当していないかチェックしましょう。

都合に配慮してくれない

こちらの都合にまったく配慮せず、一方的に日時を取り付けようとしてきたり、こちらが終わらせたいと言っているのにいつまでもダラダラとデートを続けたりするような人は要注意です。

オンラインデートは、リアルなデートよりお互いの事情が分かりづらいぶん、相手に対する気遣いが求められます。

そうした気遣いができない人とは、付き合っていても気疲れしてしまい、早々に相手に嫌気が差してしまう可能性が高いです。

時間だけでなく、デートの内容や会話でもこちらの都合をまったく考えない人は要注意です。自分の都合のみでデートの計画を立てる人は早めにお断りした方がよいでしょう。

身だしなみが清潔じゃない

オンラインデートは、家の中というプライベートな空間でつながることが多く、ありのままの自分が出やすいものです。

ビデオ越しに見ても分かるぐらい身だしなみが清潔ではない人は、部屋も汚い可能性が大きいです。清潔感を重視するなら、相手の身だしなみはチェックするようにしましょう。

デートだというのに身だしなみを整えてこないというのは、だらしのない性格である可能性があります。

オンラインといってもデートであることに変わりはありません。身だしなみを整え、清潔感を意識しているか確認することが大切です。

まとめ

オンラインデートでは、通常のデートと違った断り方が求められます。

相手に不審がられたり、自分とのデートがイヤで断ったと思われたりしないようにするためには、できる限り誠実に断ることが重要です。デートの時間に別の人と連絡を取り合うなどの行動は避けましょう。

また、これからも関係を続けたい相手であれば、きちんとアフターフォローを入れておくことも大切です。

加えて、服装がだらしない人や不潔感がある人、こちらの都合を一切考えてくれない人などとマッチングしてしまうようなことがあった場合、早々に断ることも選択肢に入れましょう。

オンラインデートを楽しむためには、自分にピッタリの相手を探し出して、時にはうまく断ることも求められます。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る