「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.4.28

告白されたけどどうすればいい?返事をする前のチェックポイント

告白されて迷う心理とは?

テディベアの告白

突然告白されると、どう答えてよいか迷うことがあります。告白されてどうすればよいのか迷ったときの心理状態を解説していきます。

相手のことをよく知らない

告白された相手が全然知らない人だと、いきなり告白されてもOKを出してよいのか分かりません。

もちろん告白されてうれしい気持ちはあると思いますが、相手のことを知らない状態で返事をするのは、付き合っても問題ないかどうかイメージしづらく、不安な気持ちになってしまいます。

中には一目惚れやフィーリングでいきなり告白をしてくる人もいるため、場の雰囲気に流されてよく考えずにOKしてしまうと、後悔してしまう可能性もあります。

相手のことをまだよく知らないという場合は、素直に「あなたのことをまだ知らない状態」だと伝え、「友達から始めましょう」という切り口で、告白に答えるまでの時間をもらうとよいでしょう。

ほかに好きな人がいる

告白されたとしても、自分がほかに好きな人がいる状態ではどんな返事をしたらよいか迷ってしまいます。

好きな人のことを諦めてでも付き合うつもりがあるならよいですが、なかなか自分の好きな人をすんなり諦められる人はいないはずです。

もし告白を受けたときに自分の気持ちが揺らぐようなら、その告白をいったん保留にして、自分の気持ちを見直してみましょう。

突然すぎてびっくりしている

毎日アプローチを受けている相手なら違和感はないと思いますが、まったく予想していなかった人から告白されると、突然のことでびっくりしてしまいます。

特に、告白に慣れていない人は、告白されてうれしい気持ちと、「本当に自分のことが好きなの?」という驚きでいっぱいになってしまうでしょう。

日頃から告白されると思って生活している人は少ないため、告白された瞬間からそのことしか考えられなくなってしまう人もいます。

告白のことで頭がいっぱいでも、相手からの気持ちを受け取ったら、何らかのリアクションを返してあげることが大切です。

告白された状況を受け止め、どうやって答えたらよいか考えましょう。

返事をする前にチェックしたいポイント

ハートを抱えるイラスト

告白されるとすぐに返事をしたくなってしまいますが、事前に確認したい項目がいくつかあります。OKするにしても、断るにしても、返事をする前にチェックしておきたいポイントを紹介します。

相手の欠点を許せるか

告白されて付き合うとなると、彼氏彼女の関係になります。付き合い始めると、今までよりも一緒にいる時間が増え、相手の欠点が目につくようになります。

どんなにかっこいい・かわいい人であっても、欠点は必ずあるものです。付き合う前は魅力的だなと思えても、ずっと一緒にいるうちにだんだん嫌になってくることもあるでしょう。

そうなったとき、相手の欠点を許せるかイメージしておかないと、すぐに別れたくなってしまう可能性もあります。

告白されて付き合う前の今だからこそ、相手のことをじっくり見直して、相手のマイナス部分を受け入れられるか考えてみましょう。

異性として見られるか

告白されて付き合うということは男女の関係になるということなので、キスをしたり、一夜を共にしたりするなど、相手を異性として見られるかはとても重要なポイントです。

いつも一緒にいて居心地がよいけれど、男女の関係になる想像ができない場合は、相手が恋愛対象ではない可能性があります。

異性として見られるかどうかが2人の相性のよさを決めるわけではありませんが、付き合うということは少なからずそういう関係になると想像しておきましょう。

すでに彼氏・彼女がいないか

中には、彼氏・彼女がいるにもかかわらず「相手が浮気していたから告白してみた」「あなたのことも好きになってしまった」といってアプローチしてくる人もいます。

そういった人は自己中心的だったり、ご都合主義だったりする可能性が高いので、相手にすでに彼氏や彼女がいないかどうか、しっかりと確認を取ってから返事をするようにしましょう。

受ける?断る?見極めポイント

ピンクのバラと腕時計

告白されて受けるか断るか悩んでいる人に、自分の気持ちを見極めるポイントを紹介します。

一緒にいるのが楽しいか

これからお付き合いを始めて恋人関係になる上で、一緒にいて楽しいかどうかはとても重要なポイントです。デートで一緒に過ごす時間も増えますし、いずれは同棲することもあるでしょう。

そんなとき、一緒にいるのが苦痛な相手では、彼氏彼女でいる意味がなくなってしまいます。

相手と話しているときに話が合わないなと感じたり、背伸びをしていると感じたりするのであれば、付き合った後も疲れてしまうかもしれません。

大切なのは相手と一緒にいて素で楽しめる自分でいられるかどうかです。告白されたとき、まずは相手と一緒にいる自分が純粋に楽しんでいるかどうかを見極めてみましょう。

相手に対して嫉妬するか

胸の中にある気持ちが友情なのか恋愛感情なのか分からない場合は、相手に対して嫉妬するかどうかを見極めるのがポイントです。

相手が別の異性と仲良くしているのを見たとき、怒り・不安・悲しみなどのネガティブな感情が湧き上がってくる場合は、相手に嫉妬しているといってよいでしょう。

逆に、別の異性といる相手を見て、焦がれるような気持ち・嫉妬心が湧かないような場合は、その相手に恋愛感情を抱いていない可能性が高いです。

一緒に過ごしていく中で嫉妬の感情が芽生えていくこともあるので、告白されて答える上でのポイントとしてぜひチェックしてみましょう。

優先して2人の時間を作りたいと思うか

彼氏彼女の関係になると、相手から一緒にいることを求められることも少なくありません。そんなとき趣味や仕事を優先して相手をおろそかにしていては、相手に愛想を尽かされてしまうことも考えられます。

付き合う前に、自分が今熱中しているものの時間を割いてでも、優先して2人の時間を作りたいと思うかどうか、考えてみるとよいでしょう。

「今は仕事を頑張りたい」「趣味が楽しくて相手を退屈させてしまうかも…」そう思うのであれば、今は相手からの告白にお断りをするというのも一つの手です。

告白されたときのベストな返事は?

向かい合うカップル

告白される経験が少ない人は、いざ告白されたときにどう答えてよいか分からなくなることもあるでしょう。

「自分の気持ちがうまく伝わらなかったらどうしよう…」「断るのが相手に申し訳なくてどう答えてよいか迷っている…」こんな人のために、告白されたときのベストな返事を紹介します。

OKな場合は素直に気持ちを伝えよう

告白された結果、自分も相手のことが好きで付き合いたいと思っているのであれば、素直に相手に気持ちを伝えるのがおすすめです。

まずは「OK」という素直な気持ちをできるだけストレートな言葉で伝えましょう。これからあなたのことをもっと知りたい、関係を深めていきたいということも付け加えて相手に伝えるとよりベターです。

断るときは誠実にきっぱりと

もし、相手に対してまだ付き合えないという気持ちを持っているのであれば、モジモジせずにきっぱりと断るようにしましょう。

曖昧な答えでは逆に相手を傷つけてしまう結果になったり、相手に誤解させてしまったりすることにもなりかねません。

「まだあなたのことをよく知らない」「今は友達としてしか見られない」といったように、傷つかないけれど相手にしっかりと意思が伝わる言い方をしてあげましょう。

相手への気遣いも してはいけないNG行為

ハートのオブジェ

告白されると「うれしいけど、どうしよう」「今すぐ答えるのは無理」など、頭の中がいっぱいになってしまい、相手への返事が遅くなってしまう人は少なくありません。

自分に対して告白してくれたからこそ、相手への気遣いは大切です。告白されたときに、してはいけないNG行為を紹介します。

保留期間は長くて1週間

告白されるとどうやって答えようか考え込んでしまい、返事を長期間待たせてしまうことがあります。しかし、告白した側からすると、返事を待っている状態なので気が気ではありません。

「OK」の返事を期待しているからこその告白なので、長期間待たせた結果断るとなれば、待っていたぶん傷ついてしまいます。答えを保留する期間は長くても1週間にして、遅くなりすぎないようにしましょう。

告白したのにあまりに返事が遅い場合、仮に答えが「OK」であっても、保留している間に相手があなたを諦めてしまっていたり、ほかの人に気移りしていたりする可能性はゼロではないです。

返事を待つ期間が長ければ長いほど焦りや不安が募るので、相手の気持ちを考えて、なるべく早めに返事をした方がよいでしょう。

告白の返事は必ずしよう

相手への答えをいろいろ考えていると面倒になって、「返事をしなくてもいいか」と考えてしまうこともあるでしょう。

特に断ろうと思っている場合は、相手が傷つくところを見たくないからと思わずスルーしたり他人に任せようという気持ちになってしまったりします。

ですが告白した側は返事を期待して待っているので、返事は必ずしてあげるのがマナーです。返事をしないままでいると、相手も傷つきますし、誤解を招いてストーカーのようになってしまうこともあるかもしれません。

もし返事に迷ってすぐに答えを出せないのであれば、相手に考える時間がほしい旨を伝えましょう。

また、たとえ自分で答えるのがつらいと感じても、他人に返事をしてもらうのはやめておきましょう。どんな返事だとしても、相手にしてみれば告白した本人から答えてもらうことを期待しているものです。

まとめ

告白されると浮ついた気持ちになって、自分主体になりがちです。ですが相手は勇気を出して告白してくれたということを忘れずに、相手の気持ちも考えて、答えを出してあげることが大切です。

断るにしても「あの人に告白してよかった」と思ってもらえるよう、気遣いを忘れないようにしましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る