「好きなこと」でつながる
恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.3.16

恋人から連絡がこない理由は?イライラしない方法と注意点を確認

連絡してこない心理とは 彼氏編

パソコンをいじっている手

連絡をしてこない人の心理は人それぞれですが、男子・女子、それぞれの特徴があります。彼氏から連絡がないときは、どんな理由が考えられるのでしょうか?

単純に仕事が忙しい

単純に仕事が忙しく、時間が取れないことが考えられます。仕事に追われていると、仕事以外の時間でも落ち着かないという男子も多く、そんなときには、なかなかプライベートなことにまで気が回らなくなることもあるでしょう。

連絡を待っている側からすれば、「いくら仕事が忙しくても、一言くらいLINEできるのでは?」と思うかもしれません。しかし、もともとマメなタイプでない彼氏の場合、どんな内容にするか考えることすら面倒に感じることもあります。

LINEが既読になっているのにそのまま返信がない場合、あとで返信しようと思っているうちに、忙しくなり忘れてしまっているなどの状況も考えられるでしょう。

雑談LINEが面倒だから

女子はたわいもない話をLINEするのが好きなケースも多く、好きな人とならいくらでも続けられるという人も少なくありません。しかし、やり取りに終わりが見えない雑談LINEを面倒に感じる男子もいるのです。

彼氏がそういったタイプの場合、自分からはなかなか連絡しなかったり、質問以外にはあまり返信しなかったりするかもしれません。一度連絡すると、LINEのやり取りが続いてしまうため、ちゅうちょしてしまうのです。

連絡する必要を感じていない

男子の中でよく見られる考え方に、連絡するのは用事があるときだけでよいというものがあります。つまり、連絡したくない・連絡できない理由があるのではなく、単純に連絡する必要性を感じていないのです。

次に会う日時の相談や、気軽な質問など、答えやすい内容はすぐに返ってくるのに、それ以外は連絡がない人は、こういった考え方をしているのかもしれません。

連絡無精な理由は何? 彼女編

スマホを持つ女性の手

男子よりも女子の方がマメに連絡するイメージがありますが、女子でもなかなか連絡をしないタイプがいます。彼女が連絡をしてこない場合、どんな理由が考えられるのでしょうか?

彼氏に対して怒っている

彼女から連絡がないときには、あえて無視しているのかもしれません。例えば彼氏に対して怒っている場合、連絡をしないことで相手に怒りの気持ちを伝えようとするケースがあります。

もし彼女からなかなか連絡がこないときには、彼女が怒っている可能性がないか考えてみましょう。前回会ったときの行動や、連絡がこなくなる前のメール・LINEのやり取りを見直すことで、何かヒントが見つかるかもしれません。

女子の場合、そのときはすぐに怒らなくても、あとから怒りが湧いてくるケースがあります。態度がおかしくなかったか、彼女の様子をしっかり思い出してみましょう。

体調不良で連絡できない

普段はマメに連絡があるのに、急に連絡がこなくなったとき、理由として考えられるのが体調不良です。

風邪やインフルエンザなどの病気のケースもありますし、持病による体調不良の場合もあり、起き上がれないほど体調が悪くなっているということも考えられます。

連絡をしたい気持ちはあっても、スマホを見るのもつらい・メッセージの内容を考えるのもつらいのかもしれません。1~2日程度すれば回復する可能性もあるため、少し待ってみるとよいでしょう。

連絡のやり取りが終わったと思っている

彼氏彼女の距離間の問題ともいえるのですが、LINEのやり取りが終わったかどうかについて、ずれが生じていることがあります。彼女はすでにやり取りを終わらせたつもりでも、彼氏はまだ続いていると思っているケースです。

例えば、相手から質問があって返信したとき、その返信に対するリアクションを待ってしまうことがあります。しかし、相手はその返信を聞いて納得し、そこで終わったと判断していることもあるのです。

こういった気持ちの行き違いはよくあるため、なかなか返信がないと感じたときには、その前のやり取りなどを見直してみましょう。単に話が終わったと思っているようなら、新たな話題を振ることで、返信がくるかもしれません。

イライラしないで待つ方法ってある?

図書館

恋人からの連絡がなかなかこないときには、どうしてもイライラしてしまうという人も多いでしょう。しかし、イライラしながら待つのは、精神衛生上よくありません。

では、イライラしないで待つには、どうすればよいのでしょうか?

ネット・スマホから離れてみる

ネット環境やスマホが近くにあると、ついSNSをチェックしたり、LINEがきていないか確認したりといった行動を取ってしまいます。しかし、それで連絡がきていないことが分かると、よりイライラしてしまうのです。

このイライラを避けるためは、一度ネットやスマホから離れてみるのがよいでしょう。スマホを持たずにおでかけしてみたり、見える場所に置いておくのをやめたりするだけでも効果的です。

連絡がくることを期待しない

連絡がくることを期待すると、連絡がくるまでの間、ずっとイライラしたり不安に感じたりすることになります。一つのことを気にしていると、時間がなかなか進まないと感じてしまうでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、こない連絡を待つのではなく、その時間を有意義につかうことに目を向けるのも一つの手です。友達をさそってでかけたり、読書や映画など趣味に時間をつかったりしてみましょう。

何かに没頭していると、時間がたつのも早くなります。恋人のことが気になってしまうのは当然ですが、自分の時間を楽しむゆとりを持てるよう心がけましょう。

連絡待ちの間にしてはいけない注意点

STOPと書かれた看板

連絡を待ち続けていると、焦って相手の望まない行動をしてしまうケースがあります。そこから一気に関係が悪化することにもなりかねません。

そうならないためには、連絡待ちの間、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

しつこい連絡・返信の催促

返信がないからといって、何度もしつこく連絡するのはやめましょう。ある程度時間を置いてからなら構いませんが、1日に何度もLINEや電話をすると、逆に面倒がられてしまい、より連絡がこなくなる可能性があります。

また、長文を送るのも避けましょう。連絡できないほど忙しかったり、体調が悪かったりするときに長文が送られてきては、返信する気も失せてしまいます。

また、「早く連絡してほしい」など返信の催促をするのも控えておくのが無難です。

感情的にならないようにする

恋人から連絡がなかなかこないときは、不安な気持ちから感情的になってしまうかもしれません。しかし、その気持ちを相手にぶつけないように気を付けましょう。

「なんで返信してくれないの?」「なんか怒ってる?」などと、感情的になってしまうと、恋人に「面倒な相手」というマイナスな印象を与えかねません。

なお、相手から連絡があったときには、連絡がなかったことを責めずに受け入れるのも重要なポイントです。理由を聞くのはOKですが、もしかすると特に理由がないケースも考えられます。

納得できないからとむやみに責めると、相手を追い込んでしまうため、注意しましょう。冷静に自分の気持ちを伝え、お互いにとってよりよい着地点を探すことが大切です。

まとめ

恋人とどのくらい連絡を取るかは、人それぞれで感覚が違うものです。マメに連絡したい人もいれば、用事もないのに連絡するのは苦手という人もいます。連絡がないときには、相手がどんなタイプなのかを見極めて行動しましょう。

いつもはマメに連絡するタイプでも、常に恋人のことを優先できる状況かどうかは分かりません。むやみに相手を責めることがないよう、気持ちに余裕を持つように心がけましょう。
モテ試しする?

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る