毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2020.1.30

年の差恋愛のメリットとデメリット。年の差男性と長続きするコツは?

「年の差恋愛は無理」と思っている女性は、最高のチャンスをフイにしているのかもしれません。思い切ってストライクゾーンを広げ、年の差男性にも注目してみましょう。年の差恋愛のメリットやデメリット、さらには年の差恋愛が長く続くコツも紹介します。

女性目線 年の差恋愛は何歳まで大丈夫?

赤いボードに並んだ数字

年の差恋愛について考える際、多くの人が悩むのが「年の差って何歳まで?」という疑問ではないでしょうか。

実のところ、女性が考える年の差の範囲は、人によって大きく違います。一般的な女性が年の差という場合、何歳くらいまでを想定しているのでしょうか。

年上なら10歳、年下なら5歳が多数意見

リクルートブライダル総研の調査によると、恋愛対象となる男性は、年上なら+10歳までという意見が多数派です。

中には「20歳以上離れていてもよい」という強者もおり、年上の男性に対する抵抗感は比較的低いといえるでしょう。

一方、年下となるとやや許容範囲は狭まり、-5歳までとする人が多く見られます。年下に抵抗感の少ない人でも-10歳程度が限界で、20歳以上年下でもよいと考える人はごく少数派です。

年の差に関する女性の傾向としては、自身の年齢に併せて上限・下限が変動することでしょう。

男性は自分の年齢がどんなに上がっても、女性の年齢の下限は20歳前後とする傾向があります。

出典:第1回恋愛観調査 リクルートブライダル総研調べ

理想の年の差は2歳から3歳

それでは、理想的な年の差はいくつなのかというと、2~3歳程度と考える女性が多いようです。たとえ許容範囲は-5~+10歳であっても、現実的には近い年齢の方が付き合いやすく感じるのかもしれません。

女性が「年齢差はほどほどがよい」と考えるのは、普段の会話や価値観の問題です。年の差が大きいほど世代間のギャップが大きくなるため、コミュニケーションが成り立ちにくく感じるのでしょう。

しかし実際のところ、同年代でも話の合う・合わないはありますし、価値観が真逆なことも珍しくはありません。

理想の年齢差を考えるのはよいですが、こだわりすぎる必要もないでしょう。

年上男性と恋愛するメリット

男性によりかかかる女性

年上男性の魅力は、やはり大人の余裕があることが挙げられます。一緒にいても「安心できる」「居心地がよい」と感じる女性は多く、落ち着いた恋愛関係が作れるのが魅力です。

年上男性と恋愛するとどんなメリットがあるのか、より具体的に考えてみましょう。

包容力があり優しい

魅力的な年上の男性は、女性の全てを包み込む懐の深さを持っています。彼の前では自分を飾ったり気を張ったりする必要がないので、穏やかな気分で過ごせるでしょう。

また、相手の気持ちを察することに長けた人が多いのも、年上の男性ならではです。

さり気ない気配りをしたり、絶妙のタイミングで優しい言葉を掛けたりできるのは、大人の余裕があるからこそといえます。

付き合って一緒に過ごせば、さまざまな場面で年上の優しさを実感するでしょう。

人生経験が豊富で頼りになる

年上の男性は、概して人生経験や恋愛経験が豊富です。あなたが仕事上あるいはプライベートでトラブルに遭遇しても、的確な助言を期待できます。

過去の経験に基づいた助言は信頼性・確実性が高いものです。ありふれた慰めの言葉や憶測などより、よほど有益に感じるでしょう。

さらに、年上の男性は人間としての成熟度が高い傾向にあります。多少のことがあっても動じにくく、女性を守ったりかばったりすることに抵抗がありません。

頼れる彼氏がいることは、仕事やプライベートに翻弄されがちな女性にとって、大きな魅力といえるでしょう。

甘えても許される

年下の女性が甘えれば、うれしいと感じる男性は多いものです。ある程度の愚痴や甘えは大人の余裕で受け止めてくれるので、ありのままの自分を出せるでしょう。

気が強かったり意地っ張りだったりする女性の多くは、うまく男性に甘えることができません。

これまで「彼氏の面倒は自分が見ていた」「イニシアチブをとっていたのは自分」という女性なら、甘え方が分からない人もいるでしょう。

そのような人は年上の余裕に触れてみれば、相手に甘えられる心地よさを実感できますよ。

年下男性と恋愛するメリット

スケボーを持った若い男性

年下の男性は、若さや元気さが魅力です。友達のように接することができるので、気取らないカジュアルな恋愛関係を築けるでしょう。

年下の男性と恋愛すると、どんなメリットがあるのか見てみましょう。

自分好みに育てられる

垢抜けていなかったり要領が悪かったりする年下の男性は多いものです。彼らを恋愛対象外と切り捨てるのではなく、自分好みに育てられるチャンスと考えましょう。

まずは、ファッション・ヘアースタイル・態度など、男性の気になる部分に「こうしてみたら?」と助言してみます。経験豊富な年上彼女からのアドバイスなら、さほど抵抗なく受け入れてくれるのではないでしょうか。

外見を改善したりスマートな振る舞い方を教えてあげたりすれば、理想の男性になってくれるかもしれません。

ただしこのとき、男性のプライドを傷つけるような言い方は避けましょう。フォローもきちんと行い、時には褒めたり励ましたりすることも忘れないようにすることが大切です。

欠点やわがままがあっても許せる

年下の男性には、お姉さん気分で接する女性も多いのではないでしょうか。だらしない面やわがままな面を見ても「年下だから仕方ない」と受け入れやすく、いきなり大きなケンカに発展することは稀です。

付き合うときに男性への期待値が高すぎると、あとで幻滅する可能性が高くなります。「こんなはずじゃなかった」という思いが強くなれば、やがて別れを考えるようになるでしょう。

一方、年下の男性なら、初めから「こんなものだろう」と思って付き合えます。初めの期待値が低いぶん幻滅しにくく、長続きするケースが多いのです。

自分も若返ったような気持ちになる

彼氏彼女になれば、お互いに影響を与え合えます。年下の彼氏がエネルギッシュでフットワークが軽ければ、自然と自分もアクティブに行動するようになるでしょう。

若いエネルギーをもらえるのは、女性にとって大きなメリットです。彼氏の価値観や言動に影響を受ければ、古いものの見方や考え方も一新されるかもしれません。

年上男性と恋愛するデメリット

腕組みをした男性

年が離れているということは、よいことばかりとは限りません。恋愛対象として真剣に向き合うなら、年上の男性にありがちなマイナス面も承知しておくべきでしょう。

年上の男性と恋愛すると、どんなデメリットがあるのでしょうか。

体力の差を感じる

年齢差が大きくなるほど顕著になるのが、体力の差です。はつらつとした同年代の男性と比較すると、年上の男性はどうしてもくたびれて見えてしまうでしょう。

男性が日々の仕事で疲れているなら、休日デートは家や近場ばかりになる可能性があります。また、たとえ遠出できたとしても、すぐに「疲れた」などといわれれば、デートのテンションも下がってしまいますよね。

体の不調は気分や機嫌にも影響します。体力の差は年上と付き合う上で、軽視できないポイントといえるでしょう。

ジェネレーションギャップが大きい

あまりにも世代が違うと、基本的な会話がかみ合わないことがあります。

世代が離れていると、お互いに「知っていて当然」と思えることも違います。同年代なら説明不要なことでも、一から説明が必要なこともあるでしょう。

同年代と思い出話をしていて、「あるある!」と盛り上がった経験はありませんか?世代が違うと、こんなあるある話も違います。話をふっても分からないといわれれば、少し物足りなく感じるかもしれませんね。

年上だからって偉そうにされる

年上男性と付き合っていると、時に偉そうな態度や言動にイラッとさせられることもあるでしょう。これは、男性が年下女性に対し世間知らずというイメージを持っているからかもしれません。

年上の男性は、女性の間違った行動や言動を注意することを年上らしさをアピールするチャンスと考えます。よいところを見せようと張り切り、女性に対し偉そうともいえる態度をとってしまうのです。

多くの場合、年上の男性は年上であることにプライドを持っています。恋愛のイニシアチブは年上の男性がとるべきと考えるため、それが態度に出てしまう人は多いでしょう。

年下男性と恋愛するデメリット

並んだ各国のコイン

年下の男性と恋愛をすれば、若さや元気をもらえます。けれど、若さゆえの未熟さや考え方の違いに悩まされるかもしれません。

年下の男性と恋愛すると、どんなデメリットが考えられるのでしょうか。

ちょっと頼りない

社会経験や知識が少ないぶん、年下の男性に対して「頼りないな」「大丈夫かな」と思わされるシーンは多いでしょう。

女性が男性を助ける・引っ張るという構図ができあがりやすく、男性の方が女性に頼りっぱなしになるおそれがあります。

どんなに自立した女性でも、誰かに頼りたい・支えてほしいと思うことはあるものです。真っ先に助けを求めたい彼氏が頼りないと、フラストレーションがたまってしまうかもしれません。

経済力に不安がある

職業や役職にもよりますが、年下の男性は同年代や年上の男性と比較して、収入が低くなりがちです。行きたい場所やレストランなど提案しても、金銭的な理由で却下されることもあるでしょう。

また、食事やデートの費用についても、割り勘または女性側が多く出すケースが多々あります。そのときは納得できても、彼氏への不満はふとしたおりに噴出するものです。

友人が彼氏に旅行に連れて行ってもらった・プレゼントをもらったといった情報を聞けば、年下の経済力のなさに嫌気がさすかもしれません。

結婚に対する意識が違う

年の差があると、結婚を望むタイミングにもズレが生じます。男性の年が若ければ、「家庭を持つ前にもっと遊びたい」と考えるのは自然なことです。女性側が結婚を望んでも、実現させるのは困難でしょう。

しつこく結婚を迫ると、男性が引いてしまう可能性もあります。結婚適齢期にある女性が年下の男性と付き合うなら、事前に結婚観などきちんと確認しておくのがベターです。

年の差恋愛を長続きさせるコツ

人差し指をつないだカップル

年の差カップルが直面しやすいのが、年齢ギャップによる誤解やトラブルです。とはいえ、年の差があるという事実は、どうあがいても変わりません。

年の差をうまくカバーしながら恋愛を長続きさせるには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

年齢の違いを楽しむ

自分の年代にはない遊び方や考え方を知ることができるのは、年の差カップルならではのメリットといえます。

相手の提案や言葉を「子どもっぽい」「おじさんぽい」で終わらせるのは、もったいないことです。相手の好きなことや興味があることを共有し、新たな体験をしたり知らなかった知識を得たりなどしましょう。

積極的に年の差を楽しめば、お互いへの理解も深まりますよ。

対等な関係を築く

年の差カップルがいつも気に留めておきたいことに、恋愛関係に上下はないというものがあります。

年齢差が大きいと、年下が年上に依存したり、年上が年下を仕切ったりという関係に発展しやすくなります。

しかし、恋愛関係はあくまでも男女が対等であることが前提です。不適切な上下関係はやがてお互いに不満をもたらし、恋愛のバランスを崩すこととなります。

まずは年齢差をいつまでも気にしたり、無理して相手に合わせたりするのはやめましょう。対等な関係を作るには、年齢をただの数字と受け止め、相手の素の姿を受け入れることが大切です。

2人で楽しめる趣味を見つける

お互いへの理解を深めるなら、共通の趣味を持つことがおすすめです。休日や空いた時間を2人で楽しく過ごせれば、年齢差など関係ないと実感できるでしょう。

ただし、選ぶ趣味によって過ごし方は大きく異なります。お互いの好みを取り入れつつ、双方が無理なく楽しめるものを見つけられるとよいですね。

恋愛から結婚へ 年の差婚で考えておくこと

リングピローにのせられた結婚指輪

現在では以前よりも女性の社会進出が進み、結婚や出産の価値観も多様化しています。年の差で付き合っていても、昔ほど驚きの目で見られることは少なくなっているでしょう。

とはいえ、年の差恋愛から年の差結婚へと進むなら、さまざまな問題・課題をクリアする必要があります。

年の差カップルが結婚する場合、どのようなことを考えねばならないのでしょうか。

親や周囲への理解

年の差婚を望む場合、親や周囲をいかに説得できるかがポイントとなります。これは、相手が年上だろうが、年下だろうが変わりません。

まず、年上男性の場合、娘の結婚相手と年が近いことに戸惑う親は多いでしょう。「若い娘に手を出すなんて」という否定的な気持ちが強く、彼を信用できないのです。

一方、年下男性の場合、経済力のなさや頼りなさが不安視されます。若さゆえの浮気や心変わりも、両親としては心配でしょう。

否定的な意見が多い場合は結婚を焦らず、理解してもらうことから始める必要があります。2人の気持ちが真剣で変わりないものであることが分かれば、やがて理解を得られるようになることも可能でしょう。

将来の介護問題

年の差婚では、まず親の介護問題についてきちんと話し合っておく必要があります。

男性が年上なら男性の両親が、女性が年上なら女性の両親が、近い将来要介護になるかもしれません。そのとき、2人はどう対応すべきか、明確にしておきましょう。

介護問題を曖昧にしておくと、結婚後押し付け合いになるケースもあります。同年代との結婚よりも親の介護問題が起こるのが早いということは、留意しておきたいポイントです。

また、年の差婚なら、若い方が年上の伴侶を介護することになるでしょう。結婚前に、介護の覚悟はあるのか、できるのかもクリアにしておく必要があります。

結婚後の生活は「好き」という気持ちだけではやっていけません。あとでお互いに悔やまないよう、厳しい現実問題に正面から向き合うことが大切です。

出産のタイミング

2人の子どもを望むなら、出産のタイミングはよく考えておきましょう

男性の方が年上なら、退職までのタイムリミットを考える必要があります。子どもが成人する前に退職になってしまうと、経済的な不安があります。どうしても子どもが欲しい場合は、早めの妊娠・出産が望ましいでしょう。

一方、女性の方が年上なら、出産について正確な知識を得る必要があります。特に2~3人子どもが欲しいなら、然るべき機関に早めに相談するのがよいでしょう。

子どもを望むにしろ望まないにしろ、妊娠・出産をどうするかは2人の重要な問題です。年の差婚を後悔することがないよう、最善の選択を探りましょう。

まとめ

年上の男性は大人の包容力や安定感、年下の男性はフレッシュさや気楽に付き合えるカジュアルさが魅力です。

ただし、年齢差が大きいということは、価値観やものの考え方の違いも大きいということです。良好な関係を長く続けるには、お互いを尊重し思いやる気持ちが大切でしょう。

また、お互いの気持ちが高まって「結婚したい」と思うようになっても、年の差婚はややハードルが高いかもしれません。周囲の理解を得たり現実的な話し合いを行ったりなどして、年の差婚の自覚と覚悟を持ちましょう。

近年は、以前ほど年齢差を気にする風潮はなくなってきました。年齢差があっても好きだと思える相手が見つかれば、ためらわずにアプローチしてみましょう。
出会いを見つける

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる