「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.2.20

恋人と別れるべきか迷ってる?メリットや上手に別れる方法をチェック

恋人との別れの原因は?

誰も座っていないベンチ

恋人と別れるのは大きな決断です。ほかのカップルは、どのようなきっかけで別れることになったのでしょうか?代表的な別れの原因を紹介します。

価値観の相違

多くのカップルが別れる原因になっているのが価値観の違いです。

例えば、どちらか一方がセレブのような暮らしをしているカップルの場合、日常的に金銭感覚の違いを実感します。

自分の経済力では付き合い続けられないと感じることが、別れの原因になることもあるのです。

そこまで極端な例でないとしても、価値観の違いは多くのカップルが抱えている悩みです。一緒にいたいと思っているうちは、その違いを認め合い、お互いに妥協や我慢をすることもあるでしょう。

しかし、我慢が限界に達したときや、どうしても妥協できないポイントがあると、別れるカップルが増えてきます。

どちらかの浮気

カップルのどちらかが浮気をすることで、別れにつながるケースも多くあります。浮気をされたことが許せないという思いや、相手との将来が思い描けなくなってしまうことで、付き合い続けられなくなるのです。

真剣に付き合い結婚を考えていた相手であっても、浮気をされると「結婚後も同じことを繰り返されそう」と思ってしまいます。常に相手を疑うような気持ちが出てくるかもしれません。

そんな思いを抱えながら付き合い続けるには、よほどの覚悟が必要になるはずです。幸せな将来を描けなさそうな相手との付き合いを終わらせるために、別れるケースといえます。

マンネリ化してしまった

恋人同士の2人にとっては、マンネリ化も別れる原因になり得ます。どれだけ仲がよくて安心できる関係でも、恋愛特有のときめきを感じられなくなると、物足りない気持ちになるからです。

マンネリ化したカップルが、付き合い始めのような情熱を取り戻すには、お互いの努力が欠かせません。今まで自然にやってきた行動や相手にかけていた言葉を、意識的に変化させるのは大変なことでしょう。

努力をするだけの愛情がお互いにあれば、カップルとして付き合い続けられる可能性もあります。しかし、マンネリ化している時点で冷めているカップルも多いため、そのまま別れてしまうのでしょう。

別れを迷ってしまう理由

ハート型のマグカップとマカロン

さまざまな原因で別れを決断するカップルもいますが、迷っている人もいます。別れたいと思いながらも、付き合い続けてしまう理由は何なのでしょうか?

まだ相手のことが好きだから

別れたいと思っているのに決断できないのは、まだ恋人のことを好きだからかもしれません。好きな気持ちがあるので、別れたら後悔するかもしれないと思い、一歩を踏み出せずにいるのでしょう。

例えば、ケンカをした直後に別れたいと思う場合がそうです。言い合いがヒートアップすると別れたいという気持ちが高まってしまいますが、冷静になったら別れたことを後悔するかもしれません。

嫌なところもありますが、よいところもたくさん知っているからこそ、別れをためらうのでしょう。別れたいと思っていても、人として相手のことが好きということもあります。

好きなのに別れたいと思う理由をはっきりさせると、気持ちが整理されるでしょう。

付き合う期間が長かったから

長く付き合った恋人との間には、恋愛感情の好きという気持ちとは別にが生まれることもあります。好きな気持ちは冷めていたとしても、情があるから別れられないこともあるのです。

そのため、別れたいと思いつつも恋人の顔を見ると迷いが生まれてしまいます。

付き合う期間が長いということは、それまでにもさまざまな問題や困難を2人で乗り越えてきたはずです。別れたいという思いを抱えている状況も、乗り越えられるはずという思いもあるでしょう。

思い出がたくさんあり情が深いほど、別れたいと思っていてもなかなか決断できない傾向があります。

恋人関係を終わらせるメリットとは

誰もいない道路

恋人と別れるのは悲しいことと考えている人も多いでしょう。しかし、見方によってはメリットがたくさんあります。

相手に対する怒り・不安がなくなる

まずあげられるメリットは、怒ってイライラすることや心配で不安な気持ちになることがなくなるという点です。いつも安定した精神状態でいられるようになります。

付き合っていると、つい恋人にイライラした気持ちをぶつけてしまい、ケンカに発展することがあるでしょう。ケンカをすると気持ちの切り替えに時間がかかることもあります。

そのせいで何も手につかず、無駄な時間を過ごすこともあるかもしれません。しかし、別れていればイライラを感じることがないので、ケンカになることも気持ちの切り替えに時間がかかることもないでしょう。

また、恋人のことを心配して過ごす時間もなくなります。不安で眠れない・何もできないということもなくなるのです。

1人の時間を堪能できる

自分のためにつかえる時間がたっぷりできるのもメリットです。付き合っていても1人で行動したいときがあります。例えば、恋人と違う趣味を楽しみたいときが代表的です。

しかし、恋人がいると夜は食事に行ったり、休日はデートにでかけたりと一緒にいることが多くなります。自分の趣味に時間をつかいづらくなることがあるでしょう。

別れると時間のつかい方は自由です。休日を1日つかって趣味に没頭できます。誰に我慢することなく、自分の好きなことを楽しめる解放感を満喫できます。

新しい出会いを探せる

恋人と別れることで、あなたによりぴったりの相手と出会える可能性もあります。付き合っている間は出会いの場に参加するのはNGですが、フリーなら積極的な参加が可能です。

友達から合コンのさそいが増えたり、異性の友達と気軽に遊べるようになったりと、出会いを楽しめる環境ができるのもポイントといえます。

別れるか迷ったときに確認すること

明かりのついた電球

あなたが今、恋人と別れるか迷っているなら、以下の三つのポイントについて確認しましょう。そうすることで、別れの判断をしやすくなります。

相手と一緒にいて楽しいか

恋人との関係を振り返ったとき、一緒にいて楽しかったと思えるでしょうか?付き合いを始めた当時のことから思い出してみましょう。

ケンカすることもあったし、嫌なところもあるけれど、それでも楽しいことがたくさんあって恋人のことが好きだと感じられるなら、付き合い続けられるはずです。

しかし、好きなところや楽しいことよりも、嫌いなところが多いというのなら、別れるタイミングかもしれません。嫌いなところがあったとしても、そこを含めて好きになれるのが愛情の一つの形といえます。

それがなく、ただ嫌いと感じるのであれば、一緒にいても楽しくありませんし、別れる方がお互いのためになる可能性が高いからです。

触れたい・触れられたいと思う?

あなたは恋人に触れたい・触れられたいと思いますか?

付き合っている2人にとってスキンシップは大切なものです。スキンシップをしたいと思えるなら、まだ特別な愛情がありときめきを感じられる可能性があります。

しかし、触れたくないし触れられたくないというのなら、別れを考えてもよいかもしれません。スキンシップしたくないというのは、相手を異性として求めていないという感情の表れであることが多いからです。

人として好きであっても、恋人を生理的に受け付けなくなることはあります。このままの状態では、付き合い続けていてもうまくいかなくなる可能性が高いでしょう。

相手との結婚を考えてみる

恋人と結婚している未来を思い浮かべてみましょう。結婚して子どもがいて幸せな家庭を築いている状態をイメージできるなら、あなたは恋人と幸せになれると信じているはずです。

逆に、幸せな家庭をイメージできない・そもそも結婚するイメージが湧かないというのであれば、別れを具体的に検討した方がよいでしょう。

幸せな状態をイメージできないのは、何かしら理由があります。例えば、価値観が違いすぎる・恋人に借金がある・恋人が浮気をしているなどです。

このまま付き合い続けていると、結婚を考え始めるときに苦しむ未来が見えています。数年後に後悔しないための選択が必要です。

後悔しないために 上手に別れる方法

誰もいないカフェ

大好きで付き合い始めた恋人に別れを切り出すのは、相手を傷付けることになり心苦しいものです。しかし、後悔しないためにも、誠意を持って対応しましょう。

別れ話は失敗すると、こじれることや長引くことがあります。上手に別れる方法を三つ紹介するので、チェックしましょう。

別れの準備期間を設ける

突然別れを告げられるのは驚きますし、受けるショックも大きくなります。そこで、恋人にあなたが別れたいと思っていることを感じさせるための、準備期間を設けるのです。

会う頻度を減らしていき、電話やメールの回数も少なくします。同棲中なら、荷物の整理を始めるといった引っ越し準備をするのもよいでしょう。これまでと様子が違うことを感じ取ってもらいます。

こうした変化に恋人は不安な気持ちになるかもしれませんが、その不安は同時に別れることへの覚悟にもつながるはずです。

直接会って理由を話す

準備期間として会うことや連絡することを控えたら、次は直接会って別れたい理由を正直に話しましょう。

別れ話はする方もつらいため、このままフェードアウトしたい気持ちの人もいるかもしれません。しかし、相手はあなたのことを待っている可能性もあります。最後まで誠意を持って話すことが大切です。

また、手軽なLINEやメールで済ませたいという気持ちになることもあるでしょう。しかし、文字だけでは誤解を招くこともあるため、気が進まなくても直接伝えることをおすすめします。

友達についてきてもらうことや、代わりに伝えてもらうのもNGです。あなたが直接伝えることで、相手に誠意を示せます。

話し合いでは感情的にならない

別れを切り出すとき、相手は感情的になる可能性があります。ここで大切なのは、あなたは冷静でいることです。2人で感情的になると、話を最後までできないケースもあります。

話し合うことが目的なのに、言うつもりのなかったひどい言葉を投げかけてしまうこともあるでしょう。これでは相手をより傷付けてしまいますし、あなたも後悔することになるかもしれません。

話が終わるまでは冷静さを保ちましょう。感情的にならないことで、誠意を持った対応ができますし、相手もあなたの気持ちを理解してくれるはずです。

まとめ

Question Answerと書かれた看板

あなたが恋人と別れるべきか迷っているなら、楽しいか・触れたいか・結婚をイメージできるかをチェックしましょう。どれもNOなら、別れを考えるタイミングといえます。

別れ話は言う方も言われる方もつらいことですが、誠意を持って冷静に話すことで、こじれることなくスムーズに関係を終わりにできます。

直接、冷静に伝えることも意識しましょう。大きなショックを与えないために、準備期間を設けておくのも優しさといえます。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る