毎月7,200人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
ホーム
タップルとは
安心・安全
料金
サポート
レポート
コラム
出会い
マッチングアプリ
恋愛
星座占い
2019.12.25

好きだけど別れる恋人たちの理由って?男女別の心理を紹介

恋愛は「お互いが好き同士なら万事OK」という単純な状況だけではなく、お互いに好きだけれど別れることも十分あり得ます。好きだけど別れる理由、男女別の心理、別れるべきか悩んだとき、さらには別れると決めてからの行動について紹介します。

好きだけど別れる理由とは?

見つめる2人

恋人同士が関係を解消するとき、嫌いになったり飽きたりすることだけが原因ではありません。お互いにまだ好きなのにもかかわらず別れを決断することも、ときには起こるものです。

カップルの数だけ理由がありますが、ここでは特に多いと思われる理由を二つピックアップしました。

国際恋愛・遠距離恋愛

国際恋愛は、関係維持が最も難しい恋愛の一つです。物理的な距離のほか、文化・慣習・言語の違いや時差によって軋轢が生じやすく、継続するためにはお互い相当な努力が必要といえます。

海外だけでなく、国内であっても遠距離恋愛は障害が多い恋愛スタイルです。相手に会えない寂しさ高額な交通費などの金銭面の負担などで、想いの強さと忍耐力を常に試されます。

「こんなにつらい思いをしてまで付き合い続けることに意味あるの…?」と精神的に疲れてしまい、相手を好きな気持ちより苦痛のほうが大きくなると別れを選んでしまいやすくなります。

仕事や住まいなど環境の変化で

学生なら進学・留学、社会人なら就職・転職することで環境が大きく変化します。引っ越したり生活サイクルが変わったり、それに伴い2人の関係性が変わることも珍しくありません。

相手との物理的な距離が広がって会う機会が減った、新しい環境に慣れるうちに価値観が変わったなど、お互いの成長や変化の中で心にも距離ができてしまうのでしょう。

好きだけど別れる女子の心理

悲しむ女性

ここからは「好きだけど別れたい」心理を男女別に見ていきます。まずは女子からです。女子は、男子と比べて長期的な視点で恋愛を考える傾向があるようです。

特に20〜30代では結婚・出産を意識した付き合い方になることが多く、相手が生涯のパートナーに適しているかどうかを冷静に判断します。

また、恋人を好きすぎる状態がつらくて別れたいと考える女子もいます。ここでは三つのケースを詳しく見てみましょう。

将来が見えない

恋人との付き合いの延長線上に同棲・結婚を見据える女子は多いものです。いわば将来へのお試し期間と捉えるのです。

そのため、彼氏に結婚の意思がない、彼氏がフリーター・無職などで生活力がない、相手が既婚者、暴力癖があるなど、将来性のない関係を見限って別れるケースは多くあります。

特に女子には出産のタイムリミットがあるため、いつまでも相手の気持ち・環境の変化を待ち続けることは無駄と考える傾向が強いです。

相手のことが大好きで恋人としては最高でも、将来のパートナーとしては考えられず「この人とはやっていけないな…」と感じたときが別れどきなのかもしれません。

価値観が合わない

長いスパンでの付き合いを考えたときに、2人の価値観が一致しているかどうかは重要なポイントです。

もちろん完全に同じ価値観を持った人など存在しませんが、2人がどこかで折り合いをつけ、うまくやっていくことができるかどうかを見極めることが大切でしょう。

食べ物の嗜好・休日の過ごし方など日常の小さなことから、生活習慣・金銭感覚・将来のビジョンまで、付き合いを深めていくうちにお互いのことがよく見えてきます。

価値観の相違が積み重なると、一緒にいて疲れを感じたりケンカが絶えなかったりして別れを考えるようになるのです。

彼氏が好きすぎる

これは女子特有かもしれませんが、相手が好きすぎるために別れを切り出すパターンです。

女子の中には、日常生活に支障が出るほど恋にのめり込み、ほかのことが全く手につかなくなる人もいます。

今までがんばってきた夢がどうでもよくなったり、仕事・学業がいい加減になったり、情緒不安定ですぐに泣いたり怒ったりと、自分をコントロールできない状態に陥るのです。

その結果、自己嫌悪の気持ちが膨らみ、諸悪の根源である恋を終わらせたいとすら感じるようになります。

あるいは、自分に自信がない女子が「わたしは彼氏にふさわしくない」と負い目を感じ、自分自身を追い詰めてしまうというパターンもあるあるです。

好きだけど別れる男子の心理

頭を抱える男性

次は男子の心理です。

男子には恋愛面や彼女との関係だけでなく、仕事・収入・生きがいなど自分自身の将来、または家族関係など社会面も多角的に考えたうえで別れを決断する傾向が見受けられます。

生活の基盤をきちんと作れない、まだ準備が整っていない、はたまたこれからも作る見込みがないときには、彼女との将来をあきらめる方向に向かうようです。

浮気心がもたげ彼女と別れたくなることも、男子に多い傾向といえます。

恋愛以外に集中したい

男子は、何か熱中できるものに対しては全身全霊を傾けて邁進したいと願うことが多いようです。

仕事が面白くて仕方がない、転職・起業・独立したばかり、または難関資格や自分の夢に挑戦するなど、恋愛以外に集中したいときに彼女に別れを切り出すケースがあります。

中には「待ちたい」と言う女子もいるはずです。しかし彼女を無期限に縛りたくない、自分が彼女を重荷に感じたくない、失敗したときのリスクを彼女に負わせたくないなどの理由から、あえて別れを選ぶのです。

さらには、女子と付き合うような浮ついた態度を捨て、ストイックに自分を戒める意味合いで別れる男子もいます。

彼女を幸せにできない

一般的に男子は好きな女子を守りたいと思っています。しかし「自分にはその甲斐性がない」と感じる男子は、好きだけれど別れる決心をすることがあるのです。

やはり経済面を理由に挙げる男子は多いでしょう。収入が毎月不安定・相手の現在の生活水準を保てないなどと感じて、あえて身を引きます。

親の介護が必須、同居・家業を継ぐことが決まっている、毒親・毒きょうだいの存在といった家庭の事情を抱える男子も、彼女への思いやりから関係を解消しようとするでしょう。

さらには、リストラにあった、仕事が激務、借金があるなど、自分自身のことで余裕がない男子も別れを切り出しがちです。

気になる人ができた

人の心はうつろいやすく、彼女以外の女子へと心変わりする男子も当然ながらいます。そんなときに「好きだけど別れよう」と言う男子はズルイですよね。この「好きだけど」には二つの意味合いがあります。

まず彼女を今でも好きなのは事実だけれど、新しく出会ったほかの女子をもっと好きになったというケースです。

もう一つは、本当は今の彼女への気持ちは冷めているが、彼女を傷つけたくない・自分が悪者になりたくないために「今でも好きだけど〇〇の理由で別れよう」と嘘をつくケースです。

別れるか悩んでいるときのチェックポイント

ぼやけたLOVE

「相手を好きな気持ちは変わらないけれど、何かしらの理由で別れるかどうか悩んでいる」というときには、次の四つを頭に入れて行動してみてはどうでしょうか。

キーポイントは「今さえよければよい」という短絡的な見方ではなく、「長いスパンで見てこの人とずっとうまくやっていけそうか」という将来的なビジョンを持つことです。

改善はできない?

コミュニケーションこそがカギです。現在の問題は何か、状況を改善できないかを2人で話し合いましょう。

距離や時差などの自分たちでコントロールができない外的要因についてではなく、現実に自分たちが実行可能である方法を考えることが大切です。

遠距離恋愛であれば、片方の交通費・時間の負担を減らすために中間地点で会う、会う回数を減らす代わりに1回のデートをより充実したものにするなどが考えられます。

問題を解決できれば、2人で危機を乗り越えたことで絆が深まりますし、結果別れることになっても次へのよい糧となり得ます。

対等な関係?

恋人同士としてイーブンな関係であるかどうかを見直しましょう。

あなた自身、相手に好かれようと無理にキャラを作ったり、逆に相手があなたに合わせるために自分を偽ったりしていないでしょうか?またはどちらかが一方的に相手を束縛・干渉するなど、パワーバランスが偏っていませんか?

どちらかが無理をした不自然な付き合い方は、どこかでひずみが出てくるものです。お互いが自然体でいられること対等に意見を交わせることが長いスパンで付き合うための秘訣といえます。

相手を信用できる?

長い人生を共に歩むパートナーとして必要不可欠なのがお互いの信頼関係です。

順調なとき・楽しいときだけでなく、つらい境遇にあるとき・苦しいときにも相手を思いやり支え合えることが大切と考えられます。

収入が高い・ルックスが好み・社交上手な人などは一緒にいて楽しい相手でしょう。しかし浪費ばかりしたり浮気を繰り返したりする人とは、ずっと一緒に生活していくことは難しいものです。

さらにあなたが助けを必要としているときに「面倒なことはまっぴらごめん」とばかりにさっさと逃げ出すような人では、前途多難と言わざるを得ません。

感情的になってない?

恋人とケンカをしたときに、つい衝動的に「別れる!」と口にすることはよくあることです。

感情に左右された状態で結論を出そうとすると、本心とは別の言動を取りがちです。後悔することも多いため注意が必要といえます。

まずは気持ちを落ち着かせ、冷静に考えられる状態になるように集中しましょう。

自分で「感情をうまくコントロールできているな」と自覚している状態で改めて「本当に別れたいのか?」を見直すことで、ベターな判断ができるはずです。

恋人とうまく別れる方法

徐々に離れる2人

ここからは、「好きだけど別れる」と決断してからの行動に焦点をあてていきます。

まずは自分から別れを切り出す場合です。相手をまだ好きでも、別れを告げるのであれば結局相手を傷つけることに変わりありません。少しでも傷が浅く済むよう、相手を思いやる姿勢が大切です。

あなた自身にとっても、好きな相手との関係を断ち切ることは簡単ではないはずです。しかしズルズルと別れを先延ばしにすることは、お互いの時間を無駄にすることにもつながります。

相手とうまく別れるためのコツを二つ紹介します。

感謝の気持ちを伝える

今まで自分と親しくしてくれたこと、すばらしい時間を自分と共有してくれたことに対し、心から感謝の気持ちを伝えましょう。

「あなたと付き合えて幸せだった。今までありがとう」「これからは別々の道を行くけれど、あなたとのかけがえのない時間で得たものは忘れません…」

そう伝えることで、相手も自信を持てるうえ、別れた後でお互いにネガティブな気持ちが残ることを減らす効果も期待できます。

連絡を絶つことも必要

相手に嫌気がさしたわけではない場合、別れを切り出すことは、あなた自身も身を切るようにつらいであろうと容易に想像できます。

意思が弱い・情に流される人は、「やっぱり好き。離れたくない」とズルズル関係を引きずりがちです。

ダラダラと引き延ばさないためにも、思い切ってスッパリ連絡を絶つことも必要かもしれません。相手の電話番号・LINE(ライン)・SNSはもちろん、2人の思い出の写真や動画なども消去します。

恋人からのプレゼントも処分するとよいですが、いきなり全部捨てるのが難しい場合は、一つの箱にまとめてクローゼットにしまうのも手です。

好きだけど別れると言われた場合

スマートフォンを見る女性

次は逆の立場、相手が別れたいと切り出してきたけれど、あなたは納得できず別れたくないときの対処法です。次の三つの行動をおすすめします。

つい感情的になるのも理解できますが、平常心を保ちつつ謙虚に現状を見つめ直すことが大事です。

素直な気持ちを伝える

「好きだけど別れたい…」相手から言われたときに、怒りや悲しみが爆発して相手を責めてしまうこともあり得る話です。

しかしそれではお互い感情に流されて話がこじれたり、より深く傷つけ合ったりすることにもなりかねません。

平静を保ちつつ、別れたい理由を含め相手の話をしっかり聞いたうえで、あなたの率直な気持ちを伝えるとよいでしょう

「これからも一緒にいたい」「別れたくない」と真摯に想いを伝えることで、相手も別の解決策を探そうとするかもしれません。

自分の悪いところを改善する

浪費癖がある、いつも趣味・友達を優先させるなど、別れたい理由があなたの言動・生活習慣にある場合は、その悪いところを改善することで別れを回避できる場合もあります。

今までの言動を謝罪すると共に、恋人のために自分を変える努力を見せましょう。

「悪いところを直すから…」と言うだけ・短期間だけ努力するなど、表面的な改善はもちろんNGです。継続して実行し続けることで、相手からの新たな信頼を勝ち得ることができるのです。

とりあえず距離を置く

話し合っても、お互い合意に至らず平行線をたどるときには、少し冷却期間を置くことも有効な手段です。

双方が感情的になって正常な判断ができない可能性もあります。まずは冷静になることが必要です。

しばらく連絡を絶つことで、客観的な見方ができるようになったり、よい打開策が浮かんだりするかもしれません。

別れのお試し期間を置くことで、相手がかけがえのない存在だと改めて気づくこともありそうです。

好きだけど結局お別れ…。乗り越えるには

地図を見る女性

失恋は何度経験してもたまらないものです。片思いでもつらいのに、お互いにまだ好きな状態で別れる場合はなおさらでしょう。

別れた後の精神的ダメージも並大抵ではないはずです。無気力になって毎日ボーっと過ごしたり、食欲を失くしゲッソリやせてしまったりする人も少なくありません。

ここでは、つらい別れを乗り越えて前に進むための方法を三つ紹介します。失恋の傷は、時間が癒してくれることも多いものですが、自分で自分をよりよく変えようとする努力も大切です。

信頼できる友人に話す

人との別れを癒してくれるのは、やはり人です。気心の知れた友人に話を聞いてもらうことで、多少なりとも心が軽くなることもあります。

「まだ人に話せるほど気持ちが整理できていない…」という場合でも、誰かと一緒に過ごすことで気が紛れるものですし、余計なことを考えずにいられるだけでも大きな効果です。

一緒においしいものを食べたりショッピングにでかけたり、恋人がいないときだからこそ楽しめるアクティビティにトライしてみてはどうでしょう。

旅行に行く

気分転換のための旅行も、失恋から立ち直るための王道的方法です。一時的にでも日常から離れ、新しい場所・モノ・人との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

自然が多く閑静な田舎でのんびり温泉に浸かるのもよし、人が多く集う都会・街中で買い物やグルメ・観光に忙しくするのもよしです。

ガイドブック・ネット上の旅行ブログなどを眺めながら、あれこれ旅の計画を練ることも気分をアップさせてくれるでしょう。

打ち込めることを探す

失恋後の一番よくない行動の一つは、余暇に1人で思い悩むことです。

元カレ・元カノを思い出して泣いたり落ち込んだりしていても、不健康なうえ何も前に進みません。ここは「1人の時間ができてラッキー」ぐらいに考え、生産的な活動をしませんか?

時間を忘れて没頭できる何かを探してみましょう。登山・映画・楽器など趣味を見つけたり、キャリアアップも兼ねて資格取得を目指したりすることもすばらしいものです。

あるいは地域でのボランティア活動も、人の役に立つだけでなく自分にとっても貴重な体験となるでしょう。

まとめ

好きだけど未来がない恋人と別れることは、一時的には痛烈な痛みとなり得ます。しかし、苦い経験は自分の血となり肉となり、次の機会に生きてくるものです

すなわちお互いにとって、よりよい人生・よりよいパートナーと巡り合うための大切なステップなのです。長い目で見て「必要な試練だった」と感謝できる日がいずれ来るはずです。

人間的に成長し、人を見る目も養ったあなたには、さらに素敵な出会いが待っているでしょう。
理想の人、見つかるかも

恋活・婚活の新スタンダード
マッチングアプリの
出会いって?
マッチングアプリとは、さまざまな目的で出会いたい人たちを結びつけるアプリで、おもに恋活・婚活目的が最近では主流です。

2018年時点で恋活・婚活をするためにマッチングアプリを利用する人が44%と合コン・街コンを抜いて1位になりました。

タップルは毎月7,200人に
恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップルは毎月7,200人に恋人誕生中のマッチングアプリ!

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになった
カップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップル利用をきっかけに出会い、マッチングアプリでしあわせになったカップルたちからの報告が毎日増え続けています。

タップルレポートをもっと見る
使い方はカンタン3ステップ
使い方はカンタン
3ステップ

好きなことをクリックしたら、異性の写真を選ぶだけ♪ 相手から「ありがとう」がもらえればメッセージのやりとりができます。
会員登録は男性・女性共に完全無料です。
会員登録後、男性はお相手を選んでマッチングが成立するまで無料で体験出来ます。

1
2
3
1

自分に興味があるものを
選択してください。

Step 1 Step 1
2

好みの異性をチョイスして
アプローチしましょう。

Step 2 Step 2 Step 2
3

お互い「いいかも!」と思ったら
メッセージを送ることができます。

Step 3 Step 3
記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る

国内No.1 趣味でつながるマッチングアプリ

1分で完了!カンタン無料登録
Webではじめる アプリではじめる

すでにアカウント登録済みの方は

「タップル誕生」は高校生を除く、
満18歳以上の独身者向けサービスです。

タップルで恋活しよう
毎月7,200人に恋人誕生中!今すぐカンタン無料登録!
毎月7,200人に恋人誕生中!
今すぐカンタン無料登録!
高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。
Webで
はじめる
アプリで
はじめる