「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.1.29

マンネリとはカップルの危機なの?なってしまう原因と解消法を紹介

カップルのマンネリとはどういう意味?

カップル

マンネリとはどういう意味があるのでしょうか。比較的マイナスな意味合いとして、日常的に使われることが多い言葉ですが、誤った使い方をしているケースも多く見受けられます。

意味を正しく理解して、恋人との関係がマンネリになっていないか確認しておきましょう。

恋心が落ち着いた状態

マンネリとはマンネリズムの略称で「思考や行動などがワンパターン化し、新鮮さがなくなること」を指します。難しいと感じることでも毎日同じことを繰り返せば、誰でも慣れていくものです。

この慣れるという思考は、カップルの恋心や新鮮さにも共通するところがあります。なぜなら恋人と一緒に過ごす時間の長さや密度によって、新鮮さが薄れていくことがあるからです。

付き合いたてのドキドキ感は薄れていき、恋心は次第に落ち着いていったのでしょう。このように、恋心が落ち着いた状態を、マンネリという言葉で表すことができます。

嫌いになったわけではない

マンネリの状態にいるカップルでも、付き合いたての頃と変わらずに恋人を好きな人も少なくありません。恋人への愛情が減るのとマンネリになることが、必ずしも同じ意味を指すとは限らないのです。

カップルによっては、恋が愛に変わりつつある期間とも表現できるのではないでしょうか。必要以上に言葉を交わさなくても、相手の気持ちがなんとなく分かる居心地の良い関係なのでしょう。

一般的にマンネリの関係は、周囲にネガティブな印象を与えます。しかし実際は、マンネリになるのは必ずしも悪いことではないのです。むしろ不安を感じすぎることで、関係を悪化させてしまう可能性が考えられます。

マンネリカップルの特徴とは

タブレットを見る男性

マンネリカップルには、どのような特徴があるのでしょうか。恋人と過ごす時間と特徴を確認しながら、マンネリカップルに近づいていないかチェックしてみよう。

会う回数が減ってくる

マンネリカップルは恋人から話しかけられても、一方が話を聞いていないことがしばしばあるようです。考えられる原因は、恋人への興味が次第に薄れてきたことでしょう。

デートは回数を重ねるごとにパターン化する傾向にあるため、恋人と会っても真新しさを感じなくなります。そのため恋人と一緒にいるよりも、自分のために時間をつかうことを優先しがちになるのです。

そして、どちらから言うワケでもなく、自然に会う回数が減っていきます。マンネリカップルの会う頻度はそれぞれ異なりますが、長いと1カ月以上会わないカップルも少なくないようです。

恥じらいや緊張感がない

付き合いたては恥じらいや緊張感があるため、ファッションやメイク、身だしなみに気を遣うものです。一方で、マンネリカップルは徐々に恥じらいや緊張感がなくなってくるという特徴がよく見られます。

女子はスッピンでいることや、そばで彼が着替えをしていても恥ずかしがるそぶりを見せなくなるでしょう。男子は薄着の彼女にドキドキせず、多少品のない行動をするのも抵抗がなくなることがあげられます。

お互いに相手を許容する範囲が増えていくため、緊張感のない関係になるのでしょう。恥じらいや緊張感がないことは心を開いているとも捉えられますが、逆効果になる場合もあるのです。

一緒にいても2人ともスマホを見ている

お互いにスマホばかり見ているため、デート中にほとんど会話をしないカップルも少なくないようです。

久しぶりに会ったにもかかわらずあまり会話の弾まないカップルは、新鮮味やお互いへの興味が薄れてきているマンネリカップルといえるでしょう。

ただしどちらか一方が気まずそうな雰囲気でないのならば、ある意味適度な距離感を保てているとも言えます。惰性で一緒にいるカップルなら別ですが、このタイプのカップルはマンネリ化していてもお互いが今の関係に不満を感じていないからこそ、一緒にい続けることができるのでしょう。

マンネリ化しやすいカップルとは

コーヒーを飲むカップルの手

自分たちがマンネリ化しやすいカップルかどうかをチェックしたいなら、次の三つの特徴を確認しておくと良いでしょう。あてはまるものがあれば、マンネリ化しやすいカップルの可能性が考えられます。

あまり会話をしない

会話はコミュニケーションの基本であり、恋人と良好な関係を築く上で欠かせないものです。付き合いたては相手のことを知りたいと感じ、頻繁にやり取りをしていた人も多いでしょう。

しかし、次第に会話をすることがめんどくさいと感じるようになると、会話を避けてしまいます。コミュニケーションが減ると相手への関心も薄れやすくなるため、マンネリ化しやすいといえるでしょう。

恋人と一緒にいる時間が長くても会話が少ないと感じるのなら、マンネリカップルに近づいているといえるかもしれません。

関係が進むのが早かった

恋人と一緒にいたい気持ちが強すぎると、2人の関係を早く進展させたいと思うものです。そのため初キスや恋人宅への外泊をするタイミングが、一般的なカップルよりも早い傾向にあります。

関係が進むのは良いことだと思う人も少なくないでしょう。しかし一般的なカップルなら、段階を追って関係が進んでいくものです。距離感を少しずつ縮めるため、マンネリ化まで時間に余裕があります。

一方でマンネリ化しやすいカップルは短時間で関係を進展させてしまうため、マンネリ化するまでの時間を早めてしまうのでしょう。

会う回数・一緒にいる時間が多い

恋人と会う回数や一緒にいる時間が多いと、新鮮味が早く失われてしまう可能性があります。適度な距離感を保てていれば話は別ですが、長く一緒にいると相手の嫌な部分が目に付きやすくなるものです。

相手への好きな気持ちから一緒にいたいと思うものの、かえってストレスになる場合もあるでしょう。人によっては息が詰まると感じる人もいるようです。

1人で過ごす時間が持てればリフレッシュすることができます。しかしお互いの距離感が近すぎると相手に不満を感じやすくなり、マンネリ化してしまうのでしょう。

反対にいつまでも新鮮な気持ちのカップルは?

LOVE

新鮮な気持ちを持ち続けられるカップルには、どんな特徴や傾向が見られるのでしょうか。特徴や傾向が分かれば、マンネリ脱出の糸口になるかもしれません。さっそくチェックしてみましょう。

適度な距離感をキープできる

恋人と一緒にいたい気持ちを抑え、適度な距離感を維持するのは簡単なことではないでしょう。ただ一緒にいる時間が長くなれば飽きやすくなり、短ければ相手を束縛してしまうかもしれません。

いつまでも新鮮な気持ちのカップルは恋人と過ごす時間だけでなく、自分の時間も楽しむこともできます。恋人と離れている時間が、お互いを新鮮な気持ちにしてくれるのでしょう。

また恋人と会えない時間があるからこそ、会ったときに話題が尽きることがありません。2人で一緒にいる時間がより濃いものとなるため、お互いを特別な存在だと思わせてくれるのです。

お互いに相手のことを思いやれる

恋人と上手くいっているカップルは、お互いに相手のことを思いやれる共通点があります。恋人が何かしてくれたら素直に「ありがとう」と言い、自分も恋人のために何かしてあげたいと感じるようです。

ささいなことにも感謝の気持ちを伝えると、相手も思いやりを持って接してくれるようになります。自然と思いやれる関係を築けるのが、いつまでも新鮮な気持ちを持てるカップルの特徴といえるでしょう。

お互いに思いやる気持ちがあるからこそ、いつまでも新鮮な気持ちを持ち続けることができるのです。また付き合いたての頃のように初心を忘れないことも、お互いを思いやる秘訣の一つかもしれません。

連絡をマメに取る

適度な距離感を保つために恋人と会う回数を減らす人も多いでしょう。そんなとき恋人に会えない寂しさを爆発させ、関係を悪化させてしまうことも少なくありません。

恋人と会えない寂しさを埋める上で大切なのが、マメに連絡を取ることです。新鮮な気持ちを持ち続けられるカップルは電話やLINEを上手に活用して、コミュニケーションを取っています。

離れていてもお互いの近況を知ることができるため、いつも恋人を身近に感じられるのでしょう。恋人と会えない時間が多くても、連絡をマメに取ることで寂しさをまぎらわせることができるのです。

マンネリを乗り越えるための方法

デート

マンネリカップルになるのは避けたいと感じた場合、どうすればいいのでしょうか。これから紹介するマンネリを乗り越えるための方法を参考にして、できることから実践してみましょう。

デートで新しい場所に行ってみる

いつも同じ場所で同じことをし続けるだけでは、誰でも飽きてしまうものです。もしもデートがワンパターンになっていると感じているなら、2人で行ったことがない場所を訪れてみましょう。

いつもと違うデートコースに変えることで、マンネリした関係に新鮮さをプラスすることができます。デート場所を変えるだけなら、簡単に実践できるでしょう。

たとえば初デートの場所を訪れて思い出を語り合ったり、親しい友達とダブルデートをしたりするのもおすすめです。同棲カップルは、あえて外で待ち合わせてデートしてみてはいかがでしょうか。

まずは自分が変わってみる

恋人との関係を見直すとき、相手を変えることを真っ先に考える人も少なくないでしょう。しかし実際は相手の気持ちを、自分の思い通りにコントロールすることはできないものです。

相手の気持ちを変えられない以上、自分が変わることを考えたほうが効率が良いといえるでしょう。マンネリを乗り越えるためにも、自分を変えることからはじめてみませんか。

考え方や行動が変わると、恋人があなたの変化に気付くようになります。今までとは違うあなたに、興味を引かれるかもしれません。あえていつもと違う行動を取って、恋人を驚かせてみましょう。

思い切って距離を置いてみる

恋人と会う回数や一緒にいる時間が多い場合は、あえて恋人と距離を置くことをおすすめします。お互いに1人になることで、マンネリを乗り越えられるかもしれません。

離れて過ごすことで、一緒にいたときには感じられないことに気付けるものです。「恋人に会いたい」、「会えなくて寂しい」という気持ちが増し、一緒にいる時間を大切に感じられるようになるでしょう。

恋人に距離を置くことを提案するとき、伝え方にも注意が必要です。「マンネリな関係を一緒に乗り越えたいから会う時間を減らそう」と正直に伝えれば、別れ話だと誤解せずに済むでしょう。

別れを考えたほうが良いケースは?

悩むカップル

残念ながらマンネリカップルの中には、別れたほうが良いケースもあるようです。もしも次の三つにあてはまるものがあったら、恋人との関係を見直してみてはいかがでしょうか。

触られたくないと考えてしまう

恋人への愛情があれば、ハグやキスをすることで幸せを噛みしめることができるでしょう。しかし、マンネリカップルの中には、恋人に触れられたくないと考えてしまう人もいるようです。

恋人と手をつなぎたくないと感じたり、ハグやキスの回数が減ったことに安心したりすることはありませんか。思いあたることがあるなら、それは相手を生理的に受け入れられていないからなのかもしれません。

愛情表現ができない相手と一緒にい続けることは、お互いにとって良いこととは言えないでしょう。別れる可能性も考えて、2人の関係を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

まったく会話がない

お互いへの興味を失ってしまうと、自然に会話は減ってしまうものです。2人でいてもスマホばかり見ていたり、相手の存在を忘れて好きなことに夢中になっていたりすることもあげられるでしょう。

恋人に対して無関心なカップルの場合、ただ一緒にいるだけの惰性の関係といえるかもしれません。なかには同じ空間にい続けることに、ストレスを感じる人もいるようです。

会話が全くないことに危機感がないのだとしたら、それは2人の別れのサインかもしれません。恋人との会話の頻度がどれくらいかをチェックしてみましょう。

お互いを思いやれない

自分のことを優先して考えてしまうと、相手に思いやりを持てなくなるものです。相手の悪いところばかりが目に付くため、ささいなことがケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

ときには皮肉を相手に言ってから少し言い過ぎたと感じても、まあいいかと軽く流してしまうことも多いようです。皮肉を言われた側も、相手に言っても変わらないと諦めてしまうのでしょう。

お互いにマンネリ化した関係を問題視していない場合、関係は停滞や悪化を繰り返すだけです。一つの選択肢として、別れて1人になったほうがお互いのためになるのかもしれませんね。

別れるべきかわからない時に考えること

カップル

恋人と別れることにピンと来ない人もいるかもしれません。別れるべきか自分の気持ちが分からなくなったときは、以下に紹介することを試してみてはいかがでしょうか。

もしかすると別れを決断できないのは、「まだ関係修復の見込みがあるのかも」と期待する気持ちがあるのかもしれませんよ。

実際に別れた場合を考えてみる

モヤモヤした気持ちのままで恋人と別れてしまうと、別れたことを後悔する人も少なくありません。後悔しないためにも、恋人と別れたら自分がどう感じるのかを確かめてみると良いでしょう。

実際に恋人と別れた場合を想像してみましょう。別れてしまうと簡単にはよりを戻せないものです。恋人と二度と会えないとしたら、どう感じるのか素直な気持ちになって考えてみましょう。

自分にできる限りのことをやった上でやっぱり別れるしかない、という結論になったのなら、後悔することはないでしょう。

他の異性とでかけてみる

恋人と別れたあとのイメージがあまり浮かばない、という人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのは、ほかの異性と友達として食事を楽しむことです。

目的は、ほかの異性とデートを楽しむことではありません。ほかの異性とでかけることで、自分が恋人のことをどう思っているのかを確かめることが目的です。

恋人のことを考えたり思い出したりするなら、まだ愛情が残っているのかもしれません。自分がどう感じているのかを知るためにも、試してみる価値はあるでしょう。

彼の好きなところを思い出す

付き合いたての頃は、恋人の好きなところをいくつもあげられるものです。しかし一緒にいることがあたりまえになると、本当に大切なこと忘れてしまう場合があります。

自分の気持ちを確かめたいのなら、恋人の好きなところを思い出してみましょう。すぐに思い浮かばないときは思い出の品を見たり、思い出の場所を訪れたりしてみるのも効果的です。

また幸せを実感していた頃に戻りたい、と思うかを想像してみましょう。相手の好きなところを思い出すことができれば、関係を修復できる可能性があるかもしれませんよ。

まとめ

マンネリは、恋心が落ち着いた状態を表しています。お互いに相手のことを嫌いになったワケではないため、マンネリ=カップルの危機だと心配する必要はないでしょう。

ただし、中には別れを検討したほうが良いケースもあるようです。最悪の事態を避けるためにもマンネリ化する原因や解消法を把握して、できることから実践してみてはいかがでしょうか。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る