「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2020.1.28

2回目のデートを成功させるには?成功ポイントと注意点を紹介

付き合う前の2回目デートが大切な理由

デート

付き合う前のデートは、初回よりも2回目が大切といわれています。それは一体どうしてなのでしょうか。

付き合う前の2回目デートが重要視される理由について紹介します。その意味をしっかり理解して、次のデートに備えましょう。

初回デートは相性確認

初回デートの場合、お互いに緊張感があるため相手を気遣ったり自分から積極的に話題を振ったりするものです。相手に好印象を持ってもらうため、自分を良く見せようという心理も働くでしょう。

また、相手がどのような人か冷静に判断するよりも、デートを楽しく終えることにフォーカスする傾向にあります。そのため、明らかに「この人は無理!」ということがない限り、初回デートは無難に進むケースが多いです。

初回デート後に「楽しかったです!」「また会いましょう」などの会話が出てくれば、お互いに相性が良いと感じた証拠です。その場合は、自然と2回目のデートに繋がるでしょう。

ただし、2回目は初回と比べて冷静に相手を見る余裕が生まれるため、少しだけハードルが上がると心得たほうが良さそうです。

2回目でアリかナシかが分かる

一般的に、2回目のデートは付き合う相手としてアリかナシかを判断するタイミングです。初回デートは、あまり興味のない相手でも「とりあえず行ってみようかな」と考える人も多めですが、2回目以降はある程度脈があると捉えて良いでしょう。

ただし、「本当に嫌なところはないか?」「本当に相性は良いか?」と冷静な目で見られるため、気を緩めるとナシと判断されてしまうケースもあります。

初回デートが成功したからといって安心するのではなく、2回目のデートこそ気を抜かずに楽しい時間になるよう工夫をしましょう。

初回からどれだけ期間を空けるべき?

カレンダー

初回デートが成功した場合、2回目デートまではどのくらいの期間を空けるべきなのでしょうか。その期間が短すぎると相手に焦っているような印象を与え、長すぎるとお互いの気持ちが冷めてしまうこともあります。

理想的な期間をチェックして、ベストなタイミングで2回目デートを決行しましょう。

ベストな期間は1~2週間

初回デートから2回目デートまでの期間は、1〜2週間がベストです。お互いに時間に余裕がある場合は1週間、忙しい場合は2週間以内と捉えましょう。

その理由は、2人のテンションが盛り上がっている状態でデートを重ねたほうが付き合える確率が高いからです。初回デートが成功しても、その後会えない期間が長引くと気持ちが冷めてしまう可能性もあります。

自分から2回目デートにさそう場合は、初回デートから1〜2週間後を目安に提案してみましょう。お互いに好感を持っているなら、日程はすんなり決まるはずですよ。

遅くとも3週間以内に

仕事の勤務形態や生活スタイルによっては、なかなか2人の予定が合わないケースもあるでしょう。そのような場合は、遅くとも3週間以内に会えるよう調整することが大切です。

一般的に、初回デートから1ヵ月以上の期間が空くと気持ちが冷めやすいといわれています。しつこく日程を聞くのはNGですが、早めに「この日はどう?」と提案するようにしましょう。

もし1ヵ月以上空いてしまう場合は、2回目デートだとしてももう一度初回デートをするつもりで仕切り直すと良さそうです。

合間にもきちんと連絡を

2回目デートの日程が決まると、安心してしまい連絡を取らなくなる人も多いのではないでしょうか。しかし、そのような態度では相手を不安な気持ちにさせてしまうでしょう。最悪の場合、2回目デートがキャンセルになる可能性もあります。

初回から2回目デートするまでの間も、きちんと連絡を取り合う姿勢を崩さないようにしましょう。相手に「大切にされているな」と感じてもらうことが大切です。

ただし、今日あった出来事を日記のように長文で送るのはNGです。特に忙しい相手には重たい印象を与えてしまうため、くれぐれも連絡内容や頻度は相手に合わせるようにしましょう。

2回目デートはどこに行けばよい?

ドライブ

一般的に、2回目デートといえばどのような場所を選ぶものなのでしょうか。まだ関係の浅い2人にとって、場所選びはとても重要です。

2回目デートにぴったりの場所をチェックしておきましょう。

距離を縮められる場所をチョイス

2回目デートは、2人の距離をグッと縮められる場所を選ぶのがポイントです。ただ食事に行ったり居酒屋で飲むなどのありがちなパターンではなく、少し工夫をしましょう。

例えば、レストランの近くに公園や海岸があるような場所を選ぶと、食事後に2人で散歩ができます。外の空気を吸いながらゆったりとした時間を過ごせば、自然と距離が縮まるのではないでしょうか。

共通の趣味がある場合は、一緒にできる場所を選んでも良いでしょう。心から楽しいと思える時間が共有できると、一気に打ち解けられるものです。

映画・水族館など王道スポット

2回目デートの王道スポットといえば、映画館や水族館です。どちらも室内で天候に左右されないため、急なプラン変更で焦る心配もありません。

映画の場合、2時間近く隣に座っていることになります。向かい合っているときとは違った感覚が得られ、自然と距離が縮まるでしょう。また、観ている間はスクリーンに集中するため、会話が苦手な人も安心です。

水族館の場合、さまざまな動物を見ながら「見て見て!」「あの動物、知ってる?」など会話が盛り上がります。かわいい動物の仕草に癒されたり、ショーを見て歓声を上げるなど楽しい思い出ができるでしょう。

ドライブは賛否両論

デートといえば、ドライブをイメージする人も多いのではないでしょうか。ドライブなら周りを気にせず2人だけの空間ができるため、距離を縮めるには絶好のチャンスです。

しかし、実はドライブデートには賛否両論あります。賛成派の意見としては、電車では行けないようなレアな場所に行けたり、外を見ながら「あのお店、オシャレじゃない?」「富士山が見える!」など比較的会話が続きやすい、などがあるようです。

一方、反対派の意見は「緊張して上手く話せる自信がない…」「渋滞にハマったら気まずい雰囲気になるのでは?」などです。2回目デートにドライブを考えている場合は、あらかじめ反対派の意見を知り対策をとってはいかがでしょうか。

2回目のデートで告白はアリ?

告白

初回デートで意気投合したら、2回目デートで告白することを考える人もいるでしょう。しかし、実際のところ2回目デートでの告白はアリなのでしょうか。

告白の適切なタイミングについて詳しく解説します。

2回目は少し早いかも

付き合っていない2人がデートを重ねると、気になるのが告白のタイミングではないでしょうか。男子なら「いつ告白すべきか?」と考え、女子なら「いつ告白してくれるんだろう?」と密かに期待するものです。

初回デートで意気投合してスムーズに2回目デートができると、そのタイミングで告白しようと考える男子は少なくありません。しかし、一般的には少し早い印象を受ける女子が多いようです。

理想的な告白のタイミングとしては、3回目のデートといわれています。その場の雰囲気などもありますが、迷っている場合は3回目を目安にすると良いでしょう。

脈ありか否かを判断する時期

初回デート後から2回目デートが終わるまでは、脈ありか否かを判断する時期といわれています。そのため、2回目デート中に告白してしまうと、まだ相手の気持ちが固まっていない可能性が高いのです。

男子女子に関わらず、脈ありと思っていても自分の気持ちが100%固まっていなければ付き合うというステップに進めない人もいるでしょう。このようなパターンも想定して、告白のタイミングを見計らうことが大切です。

相手に対して好きな気持ちが強くなると「早く想いを伝えたい」「早く彼氏・彼女の関係になりたい」と思いがちですが、焦りは禁物と心得ましょう。

OKがもらえる確証があるならアリ

もし「絶対にOKがもらえる!」という確証があるなら、2回目デートでも告白するのはアリです。それだけ自信が持てるということは、きっと相手も同じくらいの気持ちがあると判断できるからです。

告白のタイミングとして重要なのは、2人が同じくらいのテンションであることです。どちらか一方だけ気持ちが高ぶっているなど2人の間に温度差があると、告白の成功率は下がってしまいます。

一般的に3回目デートでの告白が理想的といわれていますが、そのタイミングにあてはまらなくても「今だ!」と思う瞬間があれば、自分の直感に従ってはいかがでしょうか。そうすることで、結果はどうであれ「こうすれば良かった…」と後悔することはないでしょう。

脈ありサインの見極め方 男子編

デートの会話

デートをしても「相手が自分のことをどう思っているのか分からない…」と不安を感じることもあるでしょう。そのようなときは、脈ありサインがないかチェックしましょう。

男子によくみられる脈ありサインを三つ紹介します。

会話する距離が他の人より近い

男子は、気になる女子に対しては会話するときに距離が近くなる傾向にあります。無意識レベルではありますが「もっと近づきたい」という心理が行動に表れてしまうのです。

職場や飲み会などで彼が他の人と話している様子を見る機会があればチェックしましょう。常に近い距離を保っている場合は、あなたのことを特別な存在として見ている証拠です。

笑顔で対応したりリアクションを大きめにとるなどして、彼からの脈ありサインに応えてあげてはいかがでしょうか。

過去の恋愛話を聞いてくる

異性として意識している場合、過去の恋愛について聞いてくることがあります。単純にあなたの恋愛観に興味があるのはもちろんですが「これまでどのような恋愛をしてきたのか?」という探りを入れているともいえるでしょう。

例えば「今まで最長どのくらい付き合ったことある?」「どうして別れたの?」など、興味深々で聞いてくる場合は脈ありと捉えてOKです。

ただし、過去の恋愛話をしながら「今、自分以外にデートしている男子はいないか?」チェックしているパターンもあります。異性関係を次々と話して相手を不安にさせないよう注意しましょう。

基本的にスマホを触らない

スマホ依存症が増えているこの時代、デート中でもスマホを離さない人は多いでしょう。もし彼がデート中基本的にスマホを触らないようなら、あなたとの時間を大切にしようとしている証拠です。

本命の女子に対しては「デートを楽しんでもらいたい」「退屈させたくない」という心理が働きます。そのため、スマホを触るという行動には出ないのです。

ただし仮に触ったとしても、もしかすると次のお店や地図をこっそりチェックしているのかもしれません。デートプランのためにスマホを触っている可能性があるため、少し触ったからといって「脈なしかも…」と落ち込まないようにしましょう。

脈ありサインの見極め方 女子編

口紅

一般的に「告白するのは男子から」と考えている女子が多いでしょう。しかし、告白する側としてある程度確信できなければ、なかなか踏み切ることはできないものです。

告白を決意するためにも、まずは女子の脈ありサインをチェックしておきましょう。

おしゃれを頑張っている

女子は、デートが決まるとまず「何を着ていこう?」と悩むものです。特に気になっている男子とのデートなら、気合いレベルがファッションに表れます。

具体的には、スカートを履いたり女性らしいファッションをしている場合は脈ありと捉えられます。「かわいいと思われたい」という心理が働いている証拠といえるでしょう。

ただし、女子の中にはラフな服装やボーイッシュなスタイルを好む人もいます。男子目線からはあまり気合いが入っていないファッションでも、一概に脈なしとはいえないため覚えておきましょう。

たくさん質問をしてくる

興味のある相手のことは「もっと知りたい」と思うものではないでしょうか。女子の場合、その気持ちが顕著に表れるため、デート中たくさん質問をしてくるなら脈ありと考えられます。

例えば「休日は何をしている?」「趣味はある?」「何かスポーツしてる?」など、質問の内容はどのようなことでもOKです。質問が多ければ多いほど、彼女はあなたに対して好意を抱いている可能性が高いでしょう。

デート後に2人の会話を振り返り、どのくらい彼女から質問があったか数えてみてはいかがでしょうか。

一緒にいるときに笑顔が多い

女子は、気になる相手に対して笑顔を見せることで脈ありアピールをします。そのため、一緒にいるときに笑顔が多ければ、彼女もあなたを意識しているといえるでしょう。

意外と女子は本当に楽しいと思っていないと、ニコニコ笑うことができないものです。愛想笑いはできても引きつった表情になってしまうため、鈍感な男子でも気づくのではないでしょうか。

もし自然と笑顔がこぼれているようなら脈あり、反対に笑顔が少ないようなら脈なしと捉え、その上で次のアクションを起こすようにしましょう。

デート後の連絡も大切

LINE

2回目デートを無事に終えたら、次はその後の連絡に注目しましょう。どのような連絡をすると、相手に好印象を与えられるのでしょうか?

デート後の連絡の取り方について紹介します。

デート後はお礼LINE(ライン)を

デート後は、なるべく早めにお礼LINEを送ることが大切です。送るタイミングとしては、相手が自宅に着く頃を目安にすると良いでしょう。

内容は「今日はとても楽しかった!」「忙しい中ありがとう!」など、短文かつシンプルにすることをおすすめします。女子にありがちな長文LINEは、相手に重たい印象を与えてしまうため注意が必要です。

相手に好意を抱いている場合は、次のデートに繋がるような文言も入れておくと良いかもしれません。

好印象を与えるLINE 男子編

大抵の場合、デート後自宅に着く頃は外が暗くなっているケースが多いでしょう。そのため「無事に着いたかな?」「帰り道、気をつけてね」などの気遣いを見せると好印象を与えられます。

たった一言でも、女子はこのような気遣いに「優しい人だな」「大切に思ってくれてるな」と感じるものです。きっと「今着きました!」「ありがとうございます」など、優しい返信がくることでしょう。

好印象を与えるLINE 女子編

大半の男子は、デート後「楽しんでくれたかな?」「退屈させなかったかな?」など不安を感じています。その不安を取り除いてあげるためにも「今日はとても楽しかったです!」「また行きましょう!」など、ポジティブな内容を送ることが大切です。

素直に喜んでくれる女子に対して男子はキュンとするものです。その結果テンションが上がり、3回目のデートについて考え始めるでしょう。

まとめ

気になる相手と付き合うためには、2回目のデートで気合いを入れることが重要です。初回デートが成功したからと満足せず、2回目のデートに向けて意識的にアクションを起こしていきましょう。

2回目のデートを成功させるポイントは、ずばり初回デートからの期間とデートスポットの選び方にあります。2人のテンションが高いタイミングでもう一度デートができれば、楽しい時間が過ごせて、3回目のデートに繋がる確率は高まるでしょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る