毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.12.25

初デートでドタキャンされるのが不安。どうすれば上手くいく?

ドタキャンとは?

ガッカリする男性

ドタキャンの定義や許容範囲は人によって大きく異なります。キャンセルする場合は、デートの日が近づくにつれて、ドタキャンと思われる可能性が高くなるでしょう。

なかには約束にシビアな人もいて、前もって断ったつもりでもドタキャンと認識されることがあります。

当日はドタキャン

ドタキャンは土壇場でキャンセルの略語で、約束の日の直前にキャンセルする行為を指します。直前の基準は人それぞれ異なりますが、多くの人は当日のキャンセルをドタキャンと感じるでしょう。

人によっては前日のキャンセルもドタキャンです。前日の昼までなら「仕方ない」と許容できる人もいますが、前日の夜には「ドタキャンされた…」とガッカリする人が増えるようです。

前日には飲食店の予約を済ませている可能性も高く、相手に手配を任せた場合は、より大きな負担をかけてしまいます。

2~3日前もドタキャンに?

学校や仕事で忙しい人ほど約束にシビアな傾向があり、2~3日前のキャンセルでもドタキャンと思われることがあります。

デートのために無理をしてスケジュールを調節したにもかかわらず、直前になって断られると不快感が増してしまいます。

1カ月以上前から約束していたケースであれば「デートのために空けておいたのに…」と、なおさらショックが大きくなるでしょう。

「一度した約束は絶対に守るべき」と考えている人も少なくありません。前もって断ったつもりでも、約束を破った以上はドタキャンととらえられることもあります。

初デートをドタキャンする理由

女性のおでかけ

デートの約束を交わした直後は期待に胸を膨らませていても、当日が近づくにつれて気持ちが冷めてしまうこともあります。

マッチングアプリをつかってデートの約束をした場合は、やりとりを進めるにつれて想像していたイメージと異なっていたことがわかり、ドタキャンするケースも珍しくありません。もちろん、急用や体調不良といったやむを得ない事情で断る人もいるでしょう。

面倒になった

マッチングアプリでお互いに気に入ったとはいえ、会ったことがない他人です。勢いに任せてデートの約束をしたものの、気分が変わってしまうこともあるでしょう。

特に心変わりしやすいのが、デートを約束してから当日まで日が空いているケースです。マッチング直後は燃え上がっていた気持ちも、時間が経つにつれて冷めてしまうことがあります。

悪天候を理由にドタキャンするのもよくある話です。雨風が強い日はもちろん、極端に暑い日や寒い日も会う気力を失いやすいでしょう。

イメージと違った

思い描いていたイメージとかけ離れていた場合も、ドタキャンされる可能性が高くなるでしょう。

最初は素敵な人だと思っていても、メッセージでやりとりを重ねるうちに性格や価値観が合わないと感じて、デートを断る人もいます。

写真と実物のギャップも、ドタキャンする原因の一つです。実際に待ち合わせ場所に行ってみたものの、想像していた容姿と異なっていたために、断るケースもあります。

初デートでイメージの違いを感じつつも、2回目のデートのおさそいをうまく断り切れず、ドタキャンする人もいるでしょう。

本命と約束が被った

マッチングアプリでは、複数人と同時進行でやりとりするのが一般的です。毎日のように異性からアプローチされるため、ほかの人からもデートのおさそいを受けていると思ってよいでしょう。

複数人とやりとりしていれば、優先順位も自然と決まります。新たに素敵な人からアプローチを受けるたびに、本命の相手がコロコロと入れ替わるのもよくあることです。

デートの約束をしたときは「この人が運命の人だ!」と思っていても、直後により魅力的な人からのおさそいがきた場合は、後者の約束を優先する人もいるでしょう。

本当に用事ができた

デートを楽しみにしていたのに、どうしても外せない用事ができてキャンセルせざるを得ない場合もあります。用事の内容は仕事や家庭の事情から、身内の不幸までさまざまです。

風邪などの体調不良でデートに行けないケースもあるでしょう。週末にデートの約束をしていたものの、平日の疲れがどっと出てしまって泣く泣くキャンセルすることも珍しくないです。

急用や体調不良でのドタキャンは、相手だけでなく断る側もショックを受けます。急用は避けられませんが、入念な体調管理でデートの日に備えたいものです。

デートをドタキャンされないためには?

連絡する女性

デートの約束ができたからといって油断せず、相手の心をつなぎとめる努力が必要です。

何度かやりとりして信頼できると感じた相手とは、マメに連絡をとるのはもちろん、LINE(ライン)を交換してより親密な関係に発展させるのもドタキャンの防止につながります。

当日までこまめに連絡を

会う約束をした直後のワクワクした気持ちをキープするには、こまめにメッセージのやりとりを続けることが大切です。

あまりにも返信が遅いと「興味がなくなったのかな…?」と不安になって、ほかの人に乗り換えてしまうおそれもあります。相手の心をつなぎとめるためにも、1日1通以上交換するのが理想です。

話題が尽きたら、待ち合わせの時間や場所を決めたり、好きな食べものを聞いて「ここはどう?」とお店を提案したりして、デートのプランを立ててもよいでしょう。

「来週のデートが楽しみ」「早く会いたい」など、会いたい気持ちをストレートに伝えるのも効果があります。

LINEを交換する

マッチングアプリ内だけでの関係ではつながりが薄く、約束も軽く見られがちです。約束を交わしたらデートの前日までに「もしものときのためにLINEを交換しませんか?」と提案してみましょう。

LINEも大切な個人情報の一つです。マッチングアプリの世界から抜け出してLINEでやりとりする仲にステップアップすれば、約束の重みが増してデートにも前向きになれます。

LINEを交換しておけば、万が一ドタキャンされてしまっても接点を失いにくく、次の約束につなげやすいでしょう。

短文やスタンプで気軽にコミュニケーションが楽しめるのもポイントです。特に異性に慣れていない場合は緊張からドタキャンするケースもあるため、LINEで心の距離を縮めておきましょう。

ドタキャンされた場合の対処法

スマホでメールする男性

直前になってキャンセルの連絡が入った際は、やさしい言葉やユーモアをプラスし、空気を和ませることが関係の発展につながります。

何度もドタキャンする人からのおさそいは断るか、アプローチの仕方を変えてみるとよいでしょう。

相手を気づかう

ドタキャンされたからといって機嫌を損ねても、関係は発展しません。急用や体調不良などやむを得ない事情で約束を断られた際は、相手を気づかう言葉をかけましょう。

ドタキャンした相手も、自分のせいでデートが実現しなかったことに心を痛めています。

「大変だね、大丈夫?」「元気になったら会おうね」と気づかうことで、相手はホッと安心すると同時に「思いやりのある素敵な人」と株も上がって一石二鳥です。

断りの連絡に対する返事が遅いと「嫌われてしまったかもしれない…」と不安になるため、早めの返信を心がけましょう。

明るく返信を

「会いたかったなぁ…」とドタキャンされた気持ちをストレートに伝えると、相手は責められているような感覚に陥ります。

かといって、反応があっさりしすぎていても「本当は会いたくなかったのかな?」と勘繰られてしまうため、ユーモアを交えた明るい文章がベターです。

「焼肉連れて行ってくれたら許す!」と冗談を交えたり、LINEを交換しているならユニークなスタンプを駆使したりして「残念がっているけど怒ってはいない」という雰囲気を出しましょう。

明るく振る舞うことでどんよりとした空気が一掃され、改めてデートのおさそいもしやすくなります。

頻繁にドタキャンされるなら

「プロフィールが理想的でどうしても会ってみたい」と思っていても、ドタキャンを連発するような人からのおさそいは断るのが賢明です。

1度のドタキャンなら本当にやむを得ない事情があったと考えられますが、2度3度と続くと話が変わってきます。

都合よくキープされているか、付き合えたとしても大切にしてくれない可能性が高いでしょう。

相手によっては、仕事などで忙しかったり気分屋な性格だったりして、先の予定を立てにくいことも考えられます。

「来週の土曜日に会おう」と前もって約束するのではなく「明日空いてない?」と直前におさそいしたほうが喜ばれることもあるため、相手のライフスタイルや性格も踏まえてアプローチしましょう。

ドタキャンされた場合のNG行動

怒ったLINE

ドタキャンされた際、理由が信じられなかったり怒りがこみ上げてきたりして、相手を責めたくなることもあるでしょう。

次の約束を早く取りつけて安心したくなりますが、気まずいムードを長引かせないためにも大人の対応を心がけましょう。

理由を信じない

マッチングアプリで知り合ったばかりでは、信頼関係が築けていません。ドタキャンの理由に納得がいかず「理由をつけて断りたいだけでは」とマイナス思考に陥ってしまうこともあるでしょう。

会ったことがない以上、相手を信じられないのは無理のない話ですが「本当に?」と疑いの言葉をかけても、相手を追い詰めるだけです。疑われたことに腹を立てて、音信不通になる可能性もあります。

嘘だったとしても真実を暴いたところで関係は前進しません。ただし、相手の言い分に不可解な点が多い場合は、パートナーに相応しい相手かどうか再度検討する必要があるでしょう。

怒る・冷たくする

ドタキャンされたら予定が丸潰れです。怒りがこみ上げてくるのも当然ですが、相手に感情をぶつけても売り言葉に買い言葉になって、関係が破綻するおそれがあります。

「あっそ」「お店にキャンセルの連絡を入れておいてください」と冷たく突き放すのも考えものです。冷たく接するたびに謝罪の言葉しか返って来ず、空気がどんどん悪くなってしまいます。

会いたかったのは自分だけではなく、ドタキャンした相手も同じと思いましょう。寛容な態度を心がけていれば、空気も気持ちもリセットでき、成熟した大人の印象も与えられます。

次の約束をせかす

ドタキャンされると、本当に会ってもらえるのか心配になったり、早く会いたい気持ちに駆られたりして「いつなら会える?」と次の約束をすぐに取りつけたくなる人もいるでしょう。

相手の予定を聞いているだけですが、ドタキャンされた直後では責められているような気持ちになる人もいます。

ドタキャンの理由によっては「忙しいって言っているのに…」「体調がよくなってから聞いてほしい」とうんざりされるでしょう。

自己中心的な人と思われないためにも、相手の状況が落ち着いてからデートの日取りを相談することが大切です。

ドタキャン時につかえる言いワケ

仕事

ほかによい人が見つかったり、メッセージでやりとりするうちに性格や価値観が合わないと思ったりして、デートを断りたいこともあります。

穏便にフェードアウトするためにも、ドタキャンの際にはすんなりと納得してもらえそうな理由を選びましょう。

仕事が入った

シフトや休日が決まっている仕事ばかりではありません。休んだ人の穴埋めとして出勤を余儀なくされたり、残業や休日出勤があったりする仕事も少なくないのです。

社会人はもちろん、学生でもバイト経験がある人なら「仕事なら仕方ない」と納得してもらいやすいでしょう。

「デートを優先したかったけど上司に頼まれて断れなかった」と付け加えると、デートに行けなかった無念な気持ちを強調できると同時に、自分ではなく上司が悪いと責任転嫁できます。

ドタキャンする前に仕事が不規則であることを伝えておいてもよいでしょう。

体調不良

急に体調が悪くなることは誰にでもあるため、共感を得やすい断り方といえます。

単に体調不良と伝えるのではなく、高熱・激しい腹痛・頭痛などの症状を付け加えて、動くのがやっとであることをアピールするとよいでしょう。

「さっき病院に着いて順番を待っている」「病院から帰ってきて薬を飲んだところ」など、状況を具体的に伝えるのも有効です。

ただし、病状があまりにも深刻だと余計な心配をかけてしまいます。1~2日ゆっくり休んだら治りそうなくらいがちょうどよいでしょう。

家庭の事情

家庭の事情も、納得してもらいやすい理由の一つです。

「家族が体調を崩してしまった」といった家族の急病の場合、具体的な病状をあえて濁すことで、相手も「深く聞かないほうがよさそうだ」と思ってそっとしておいてくれます。

家族や親戚に急用ができて、子守りを任されたことを理由に断るのも手です。故障などで業者の修理に立ち会う必要があるトラブルも断る口実につかえます。

身内の不幸を理由に断るのも定番ですが、気が引ける人もいるでしょう。相手にもしばらく気をつかわせてしまうため、避けたほうが無難です。

初デートをドタキャンするときの注意点

スマホで連絡

ドタキャンするときは相手の負担を少しでも減らせるように、理由をそえてできるだけ早く連絡を入れましょう。

ドタキャン後も関係の発展を望むなら、アフターケアも必要です。デートを心待ちにしていた気持ちを伝えて、別日の提案も早めにおこないましょう。

できるだけ早めに連絡を

断るのが気まずかったりドタキャンしようか悩んだりして、断りの連絡が遅くなるのはマナー違反です。

前日に断るならまだしも、待ち合わせの時間が過ぎてからでは、移動時間も交通費も無駄になってしまいます。

断りの連絡が遅くなるほど、相手の貴重な時間を奪ってしまうことを頭に入れておきましょう。ドタキャンすると決まれば一刻も早く連絡をして、相手にかかる負担を少しでも減らすことが肝心です。

早めに連絡を入れたら、相手も別の予定を入れるなどしてスケジュールを調整できます。

理由をきちんと伝える

ドタキャンの理由が言いにくいからといってうやむやにすると相手は納得できず、関係にヒビが入らないとも限りません。

楽しみにしていたデートをよくわからない理由で断られたら、期待を裏切られた気持ちになってしまうでしょう。

ドタキャンしたい理由が相手の心を傷つけるような内容なら、ほかの理由でもかまいません。真実を伝えることよりも、相手に納得してもらうことを優先しましょう。

できるだけ具体的に述べるはもちろん、話の筋がとおっているかどうかも重要です。断りの連絡を入れる前に、矛盾点がないか確認しておきましょう。

フォローを忘れないで

ドタキャンした後も良好な関係を維持したいなら、デートを楽しみにしていたことやキャンセルに対するお詫びの気持ちを述べて、誠意を見せましょう。

軽い気持ちで断ったわけではなく、やむを得ない事情であったことが伝われば、ドタキャンによるショックも軽減されます。断った後は、できるだけ早く別日を提案するのもポイントです。

ドタキャンした直後に改めてデートにおさそいすることで、出会いに対する本気度を示せます。

「ドタキャンしたせいで嫌われたかもしれない…」と受け身にならず、フォローは積極的におこなって関係の修復に務めましょう。

まとめ

ドタキャンを防ぐためにも、こまめに連絡をやりとりして会いたい気持ちをキープしましょう。万が一断られた際にも、相手を思いやった態度で対応すれば印象がアップします。

約束を断りたいと思ったら、少しでも早く連絡を入れるのがマナーです。ドタキャンはする側もされる側も誠実な態度を徹底し、運命の人との出会いを実現させましょう。
出会いを見つける

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。