「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2019.12.10

バカップルの特徴と嫌われるワケ。痛いカップルにならないための方法

バカップルとラブラブカップルの違い

うつむいた男女

バカップルもラブラブカップルも、恋人のことが大好きという点では同じです。それなのに、こんなにも周りに与える印象が違う理由は何なのでしょうか?

バカップルの定義

一言で説明すると、バカップルは周りを不快にさせるカップルです

お互いのことが好きで仕方がないというのは、素晴らしいことでしょう。好きという気持ちをいつでも表現したいというのも、すてきなことかもしれません。

だからといって、カップルのコミュニケーションを全てオープンにしてよいわけではありません。公の場でキスをしたり抱き合ったりしていることに不快感を覚える人は大勢いますし、目のやり場にも困ります。

2人だけの世界を作り上げて周りが見えなくなっているのかもしれませんが、そこには他の人も大勢いるのです。それにも関わらずイチャイチャするバカップルは、周りの人から受け入れてもらえず孤立してしまうでしょう。

バカップルは2人だけの世界

横断歩道の信号待ち・駅の改札前・エレベーターの中など、「え?こんなところで?」と目を疑うような場所でイチャイチャするバカップルは、2人の世界に浸りきっています。

他に人がいたとしても気付いていないか、ラブラブっぷりを自慢したい、くらいに思っている状態です。

自分たちが公衆の面前でイチャイチャすることで、周りにいる人がどのような思いをするのかまでは考えていません。ただ隣にいる恋人にキスがしたいと思ったからキスをしているのです。

バカップルがどこでもイチャつくのは、信頼関係が築けていないからかもしれません。大好きなのはもちろんですが、2人の絆に不安があるからこそ、離れられない可能性もあります。

ラブラブカップルは周囲の目を意識

仲良しのカップルでも、ラブラブカップルと周りから認識される2人は、他の人から見て不快に映るような行動はしません。

もちろんイチャイチャすることもありますが、それも節度ある範囲内です。そのため、人前でキスをするようなことはしませんし、甘えた声ですり寄ることもしません。

カップルの密なスキンシップは、2人きりになれる場所での特別なことと捉えています。周りの目を気にした対応ができているからこそ、ほほ笑ましいラブラブカップルと認識されるのです。

度を超えた触れ合いを求めなくても安定した関係でいられるのは、確かな信頼関係があるからといえます。離れているときでもお互いを信じられるのが、ラブラブカップルです。

周りにいるとイラっとするワケ

べったりくっついたカップル

いつもベタベタひっついている友人カップルや、執拗なスキンシップを街中でしているカップルを見かけると、ついイラっとしてしまいますよね。なぜバカップルは周りをイライラさせるのでしょうか?

ドタキャンするなど非常識

恋人を優先するあまり、非常識な行動を取りがちなバカップルは、常に周りを怒らせている可能性があります。

例えば、恋人ともっと一緒にいたいからと、前からしていた約束を破るのもそうです。約束の時間に大幅に遅れてきたり、ドタキャンしたりもします。

また、仕事に対してルーズになることもあるため、職場の人に迷惑をかけている可能性もあるでしょう。

大好きな恋人を何よりも優先したい気持ちは分かりますが、そのために他をないがしろにしていれば、周りの人からひんしゅくを買うのは当たり前です。

2人のラブラブぶりを見せつけてくるから

イチャイチャしている様子は、本来たくさんの人の前で見せるものではありません。そのため、恥ずかし気もなくキスやハグをしている様子を見せられることで、嫌な気分にさせられている人は大勢います。

多くの人が不快に思うことを平気でやっているからこそ、批判されるのです

バカップルの特徴 言動編

キスする男女

では、具体的にどのような言動をしているとバカップルと認識されるのでしょうか?バカップルの特徴的な言動を紹介します。

お互いを褒めまくる

まず挙げられるが、お互いを褒めるという行動です。好きという気持ちをリアルタイムで発信したいのがバカップルの特徴といえます。そのため、恋人のすてきな部分を見つけたら、即座に褒めるのです。

そこからは褒め言葉のオンパレードになります。「今日もかわいい」「髪型がすてき」「服装が似合ってる」など、お互いに褒め合います。

好きな気持ちを素直に伝えることは素晴らしいことですが、それが街中でも友人たちと一緒のときでもできてしまうのがバカップルです

公衆の面前でもイチャイチャ

平気でどこででもイチャイチャします。電車やエレベーターの中はもちろん、信号待ちの横断歩道でも、したい気持ちが高まればキスやハグを普通にします。

周りの人に見られている恥ずかしさはありません。気にならないくらい2人の世界に入り込んでいるのか、あるいはラブラブな2人を見せつけたいと思っているのかもしれません。

あまりにも堂々とイチャつくので、周りにいる人の方が肩身の狭い思いをするくらいです。

何でもおそろいが好き

仲良しのカップルがペアルックでデートしているのはほほ笑ましいですよね。しかし、それも行き過ぎると痛いカップルに見えてしまいます。

例えば、服のカラーをそろえる・アクセサリーをペアにする・モチーフでペアルックをするのはおしゃれですし、やってみたいと思う人も多いですよね。

バカップルの場合には、この中のどれか一つではなく、全てをおそろいにしようとします。服やアクセサリーはもちろん、髪色まで全てそろえたがるのです。

他にも、スマホの待ち受けや細かな持ち物まで、全て同じものにしたがるケースもあります。

仲間内でも2人の世界

共通の友人がいる場合、仲間内で集まることもありますよね。友人同士で集まったときにも恋人とだけべったりしているとしたら、その2人はバカップルです。

せっかく友人みんなで集まっているのに、恋人とだけ会話をして2人にしか分からない話題で盛り上がっていたのでは、友人に愛想をつかされてしまいます。

2人きりの世界を楽しむ時間も必要ですが、それと同じくらい、他の人と楽しむ時間も大切です。それをないがしろにできるのは、バカップルだからとしかいえません。

バカップルの特徴 会話編

男女の手

会話の中にもバカップルの特徴は表れます。紹介する特徴を持った会話をしているカップルがいたら、それはほぼ間違いなくバカップルでしょう。

甘えた口調で好きを連呼

恋人に「好き」「愛している」と言われるのはうれしいですよね。しかし、そのような言葉は2人きりのときに口にするものです。いつでもどこでも言い続けるものではありません。

バカップルと思われている2人は、これを人前でも平気でやります。言いたいと思ったら、そのままストレートに口に出してしまうのです。そして、さらりとナチュラルに言うだけではなく、甘え声で言い合います。

恋人に甘えるのは、2人きりのときの特別なことです。しかし、その特別なやり取りを、バカップルは大勢の前で普通にします。こうした愛情表現は、人前でやるには行き過ぎています。そのため、周りの人は、やめてほしいと願っているのでしょう。

赤ちゃん言葉をつかう

普通に会話をしていると思ったら、急に赤ちゃん言葉で話し始めることがあります。これも、バカップルだからこそです。

もちろん、2人きりのときに恋人に甘えるように赤ちゃん言葉で話しかけるのは自由です。思い切り甘えたり、甘えさせたりして、カップルならではの時間を過ごしてください。

バカップルの問題点は、それを2人きり以外のときにもやってしまうことです。そのため、電車の乗客から白い目で見られたり、友人から見放されたりしてしまいます。

2人だけの独特な愛称

お互いのことを独特な愛称で呼び合っているのもバカップルの特徴です。例えば、ダーリンやハニーといった特殊な呼び方や、〇〇たん・〇〇にゃんといったあだ名もバカップルだからこそといえます。

本人同士はかわいいと思って呼び合っているのかもしれませんが、大の大人が独特な愛称で呼び合っているのは、はたから見て気持ちのよいものではありません。

バカップルの特徴 LINE(ライン)やSNS編

2つのスマートフォン

2人のバカップルぶりは、LINEやSNSにも表れます。どのような特徴が表れると、バカップルといえるのでしょうか?

好きやハートマーク、スタンプを多用

どんなときでも好きという気持ちを包み隠さず表現するバカップルは、メッセージのやり取りでもハートマークやスタンプをつかって気持ちを絶えず伝え合います。

内容は特にありません。ただ単に、好き・愛しているといったメッセージに、大量のハートマークが付いている、といったものです。

メッセージのやり取りでキャッチボールがしたいというよりは、何もなくても構ってほしいという気持ちに近いのではないでしょうか。

好きという文字さえなく、絵文字やスタンプだけでやり取りされることもあります。会っていないときは連絡を取り続けたいという気持ちから、こうしたメッセージを大量にやり取りするのです。

SNSにやたらとノロケ投稿

ツーショット写真や2人の動画を投稿したがるのも、バカップルの特徴です。普通のカップルでも、たまにはカップルで写っている写真を投稿することもあるでしょう。

しかし、バカップルの場合は頻度が違います。ほぼ毎日のように、2人のノロケ投稿をしているのです。自分たちの幸せな様子を世界中に発信したいのでしょう。

最初の数回はほほ笑ましく見守っていた友人も、あまりにも多くてうんざりしているかもしれません。

隣同士なのにLINEで会話

恋人と隣同士に座っていたらスマホが鳴り、見てみると恋人からのメッセージが・・・という少女漫画のような展開を地で行くのがバカップルです。

隣にいるなら会話すればよいのでは?と周りから見ていると思ってしまいますが、そこはあえてLINEでやり取りし続けます。

LINEでメッセージのやり取りをしていると、その内容は2人だけのものです。そのため、自然と2人だけの世界を作り上げてしまうのです。

周囲からも愛されるカップルになる方法

コーヒーカップにハートのアート

どんなに恋人のことが好きでも、ところ構わずイチャイチャしたり、2人の世界を作り上げたりしていたのでは、周囲の人から嫌がられるカップルになってしまうことが分かりました。

それでは、周りから愛されるラブラブカップルになるには、どうしたらよいのでしょうか?

イチャイチャするのは2人だけのときに

まず大切なのは、イチャイチャするのは2人きりのときだけにすることです。大好きな人にはいつも触れていたいかもしれません。

しかし、人前でするスキンシップと、2人きりのときにだけするスキンシップは違って当たり前です。それをごちゃ混ぜにしてしまうと、周りから嫌がられてしまいます。

単純に邪魔で迷惑になってしまうこともあります。例えば、終電間際の改札前でイチャついていたら、急いで電車に乗ろうとしている人の邪魔です。

公の場と2人きりの場をきちんと分けて、それぞれに合ったスキンシップを楽しめばOKです。2人きりのときなら、自由にイチャイチャできますし、猫なで声で甘えても問題ないでしょう。

お互いを尊重し依存しない

常にくっついていて離れたくないという気持ちは、恋人に依存する気持ちから出てきている可能性があります。べったりし過ぎて、お互いに他の世界がほとんどないので、離れるに離れられなくなっているのです。

これでは、どんどん世界が狭まってしまいます。恋人は最も近い距離にいる人かもしれませんが、同じ人間ではありません。

お互いに、友人との関係や仕事・趣味などを大切にしながら、自立した人同士のお付き合いを目指しましょう。

お互いに尊重し合える関係であれば、不安になっていつも一緒にいたがることもありません。節度を持って付き合えます。

SNSでのお惚気アピールは控える

ツーショット写真でSNSが埋まっているなら、しばらくは投稿を控えましょう。恋人への愛は世界に発信するものではなく、恋人に伝えるものです。LINEやメールなど、2人きりでやり取りできる方法で伝えましょう。

SNSには、きれいだなと思った風景写真やおいしかったお店の料理など、恋人以外の写真も投稿するのがおすすめです。

恋人一色のSNSでは完全にバカップルのアカウントと思われてしまいますが、他の写真があることで、恋人と仲良しで充実している人という印象になります。

バカップルにイライラしないための対処法

手をつないだ男女

身の回りにいるバカップルにどうしてもイライラしてしまうときには、少し冷静になってみましょう。イライラによる気持ちの上がり下がりに疲れてしまいます。

バカップルに遭遇しても心穏やかにいられるポイントを知り、余計なイライラを溜め込まないようにしましょう。

少し距離を置く

有効なのは、必要以上に関わらないことです。バカップルはいつまでもイチャイチャしますし、恋人についてノロケ続けます。そのため、真面目に取り合っていると、時間がもったいないです。

ノロケ話は、普通のカップルに少し聞くくらいなら、ほほ笑ましい気持ちになれます。しかし、バカップルのノロケ話は際限なく続きます。聞きたくないことまで話されるので、心が消耗してしまいます。

そのようなときには、話半分で聞き流すのがよいでしょう。用事があるといって場所を移動してもよいかもしれません。

物理的な距離だけでなく、SNSの通知も切っておくと安心です。ノロケ投稿の通知を目にしてしまうと、それだけでイライラする可能性があります。

反面教師にする

あなたの周りにバカップルがいるなら、反面教師として活かすのも一つの方法です。

ノロケ話を延々聞かされてつらかったなら、あなたはそれをしないようにしましょう。SNSの投稿が度を超えていると思うなら、それもしません。

実際に身をもって、こんなカップルは嫌だと感じていることをもとに、恋人とは健全で節度ある付き合い方をしましょう。

バカップルを反面教師にすることで、周りからほほ笑ましく思ってもらえるラブラブカップルになれるかもしれません。

まとめ

周りに大勢の人がいる公の場と、2人きりの場を区別しないのがバカップルです。そのため、キスがしたいと思えば電車の中でもキスをしますし、見られても気にしません。

また、常に2人の世界を作っているのも特徴です。友人たちと一緒にいても全く関わろうとしません。時には、友人や職場に非常識な行動で迷惑をかけることもあるでしょう。

2人だけの世界ではなく、周りにも人がいることを意識して行動することで、バカップルもラブラブカップルに変わっていくでしょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら