毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.11.26

好きな人にLINEを聞く方法と送る内容は?恋愛初心者の不安を解消

好きな人とLINE(ライン)しよう

スマートフォン

LINEは、2人だけでやり取りできるツールです。好きな人とLINEすれば、距離が縮められる可能性が高くなります。LINEのやり取りには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

LINEの間隔は相手に合わせる

LINEなどのツールのつかい方は、人それぞれのペースがあります。やり取りをするときにペースが合わないと、気持ちのよいやり取りが難しくなります。

相手が仕事中でLINEできない時間に、立て続けにメッセージを送るなどは避けたいところです。好きな人とやり取りできるようになったら、相手とのやり取りの履歴をチェックしてみましょう。

まずは、好きな人のLINEのつかい方を見極めることが大切です。自分ばかりがメッセージを送っていないか、相手に比べて極端に返信が早くなっていないか確認します。

なるべく温度差を感じないよう、相手と同じくらいの間隔を意識して返信してみましょう。

男子と女子で連絡頻度の考え方が違う

男子と女子では、基本的に連絡の頻度に関する考え方が違います。男子はLINEを連絡の手段として考えており、用事を伝えるために使用するのが一般的です。

用事がないのに好きな男子から頻繁に連絡が来るようであれば、多少なりとも気がある可能性が高いでしょう。モチベーション維持のためにも、こちらもすぐに返信してOKです。

あまり連絡がない場合は、こちらも少しゆったりペースで対応しましょう。女子は特に用事がなくともLINEで会話を楽しめる人も多くいます。

相手からLINEがきたらすぐに返信するなどペースを合わせると、短期間で距離を縮められるでしょう。

気になる女子から頻繁に連絡がきたり送った後に毎回すぐに既読がついたりするなら、相手もやり取りを楽しんでいると考えられます。

不安になるけど楽しむことが大事

好きな人にLINEを送るのは、誰でも緊張するものです。どんな文面を送ればよいか、返信が早すぎないかと臆病になってしまうこともあるでしょう。

しかし、大切なのは、LINEでのやり取りを楽しむことです。相手の迷惑になるようなことはもちろんダメですが、気負いすぎず楽しんでLINEしていれば、相手にもその気持ちが伝わります。

楽しんでいることがわかれば安心して素の自分を出せるようになり、いつの間にか距離が縮まっていることもあるでしょう。メッセージはその後の進展を期待させる内容がベターです。

ネガティブな話題は避け、相手にも楽しいと思ってもらえるような話題を選びましょう。

絵文字やスタンプなどを上手につかって、LINEのやり取りを楽しんでいるという気持ちを伝えることもポイントです。

好きな人とLINEを交換するきっかけは?

スマホを手にする女性

好きな人とLINEをはじめるには、大前提としてまずはLINE IDの交換が必要です。しかし、なかなかそのきっかけがつかめない人もいるのではないでしょうか。

好きな人と、なるべく自然にLINEを交換するための方法を紹介します。

みんなで集まりたいからと言う

LINEは基本的に連絡ツールとして使用するため、連絡をしなければならない状況をつくるのが簡単です。

例えば「共通の友人などを含めてみんなで集まりたいから」という理由であれば、自然にLINE交換ができるでしょう。

いきなり1対1で会うことを提案するのは相手が身構えてしまううえ、こちらも緊張します。

「みんなで」というキーワードを出すことで「とりあえず追加しとこうかな」と連絡先を交換しやすい空気をつくるのが秘訣です。

友人などに協力してもらって実際に遊びに行く計画を立てると、日程調整や連絡などでスムーズにLINEできるでしょう。

写真を送りたいと言う

「写真を送りたい」というのも、自然なLINE交換がしやすいきっかけの一つです。好きな人を含めた飲み会などがあれば、参加しているメンバーで写真を撮りましょう。

全員でも、近くの席に座っている複数人で撮ってもOKです。自分のスマホをつかえば、写真を送ることを理由に自然にLINEを交換できます。相手との写真も手に入るおすすめの方法です。

ほかにも、相手が好きな風景や動物を事前に調べて置き、写真・動画などを用意します。

相手に見せて興味を示したら「よかったら送ろうか?好きなものについてもっといろいろ話してみたいし」と提案して、LINE交換してもよいでしょう。

バイバイの後にサッと交換する

会話の途中ではなく、別れ際に交換するのもおすすめの方法です。みんなでバイバイした後に相手を引き留めて、LINEを交換したいことをさりげなく伝えます。

ストレートに頼むよりも「○○くんといろいろ話せて楽しかった。そういえば、LINE知らないな。よかったら交換しない?」と自然な流れで聞くのがよいでしょう。

飲み会などで一緒にいる時間に会話ができていれば、相手もそれほど警戒心を持たずに教えてくれる可能性が高くなります。唐突な感じがしないよう、事前にある程度会話をしておくことが重要です。

LINE交換後の話題

スマホを見る男性

LINEを交換したら、まずどんなメッセージを送ればよいのでしょうか?LINE交換後の話題のポイントを紹介します。

お礼を伝える

まずは、LINE交換をしてくれたことに対してお礼を伝えるメッセージを送りましょう。別れた後その日のうちにLINEするのがポイントです。

感謝の言葉は早く伝えたほうが相手に好印象を与えるため、なるべく早めに送りましょう。

普段、いきなりLINEを送るのは思い切りがいりますが、数時間前まで話していたのであれば相手も会話感覚で返信しやすくなります。

お礼と言っても重たくなりすぎず、気軽に「交換ありがとう」とだけ伝えればOKです。もう少しストレートにアピールするなら「LINE交換してくれてうれしい」というメッセージでもよいでしょう。

交換した日のできごとについて

最初の共通の話題として出しやすいのが、LINEを交換した日にあったできごとです。会っている間に起こったことの中から、盛り上がったできごとや共通点について、話題に出してみましょう。

相手が話していた趣味や好きなものなどに触れると、内容を覚えてくれていることで好印象を与えられます。このとき「楽しかった」や「面白かった」など、自分の感情を添えると効果的です。

「○○ちゃんも△△が好きだって知らなかったな。なかなかマイナーだから、深く話せてほんとに楽しかった!」と特別感を強調すると、相手も無意識のうちに「相性がいいのかも」と思ってくれます。

ただし、最初からだらだらと長いLINEを送るのは逆効果です。あくまで短時間で切り上げて、重たい印象にならないように気をつけましょう。

お互いの好きなことを見つける

LINEのやり取りを続けるには、お互いの好きなことを話題に出すのが一番です。休日の過ごし方などを聞いて、相手の趣味をチェックしてみましょう。

スポーツや映画・音楽など共通の趣味があれば、自然に会話は盛り上がります。好きな食べ物やお気に入りのお店などの話題も、情報交換をすることで楽しめるためおすすめです。

自分があまり詳しくないのなら「○○くん詳しいね!もっと知りたくなったから、よかったら教えてくれる?」と素直に伝えましょう。

自分の好きなことを語るときは、気分が高揚します。相手が楽しそうに聞いてくれる姿を見ると「居心地がよいな」と感じてくれるでしょう。

仲良くなってからの話題

男女のディナー

LINEのやり取りを繰り返して仲良くなれたと感じたら、少し踏み込んだ話題を出すのもおすすめです。より仲を深められる話題には、どのようなものがあるのでしょうか?

好きな異性のタイプなど恋愛話

好きな人との仲を深めたいときのテッパンともいえるのが恋愛話です。恋愛話をするとお互いの価値観などがわかり、より相手を知るきっかけになります。

好きな異性のタイプの話などをしたときに、さりげなく相手の特徴とも取れるポイントを入れれば気があることをアピールすることも可能です。

恋愛系の話題は切り出すのに勇気が要りますが、あえて話題にすることで恋愛対象として意識してもらえるでしょう。

ただし、恋愛話の中でも元カレや元カノの話をするのはやめておいたほうが無難です。過去の恋愛話は嫌がる人も多くいます。

お付き合いするならどんなことがしたいかなど、2人の未来をイメージしやすくなる話題がベターです。

グルメの話からさりげなくごはんにおさそいする

LINEは距離を縮めるための手助けにはなりますが、やはり会って会話することも大切です。LINEでの会話をきっかけに会う約束をするには、グルメの話題を上手につかいましょう。

相手の好みの食べ物などを聞いておき「おいしい店を知っているから行ってみませんか?」と切り出します。デートを意識させすぎず、さりげなくごはんにおさそいするのがおすすめです。

もちろん事前にしっかりチェックしたうえで、本当においしい店を見つけておきましょう。

もし、相手からグルメ情報に詳しくておいしい店を知っているという話がでたら「行ってみたい」とアピールをするのも有効な方法です。

好きな人とLINEが続かないときはどうする?

LINEをする女性

好きな人とLINEをするとき自然にやり取りが続けばよいですが、なぜか途切れてしまうこともあります。そんなときにはどうすればよいのか、対処方法を紹介しましょう。

1通に内容を詰め込みすぎない

LINEを送る際は、相手が返事を送りやすいようにすることが重要なポイントです。1通に要件を詰め込んでしまうと、相手は読むだけで疲れてしまう可能性があります。

話題が複数あると、どれに返信をすればよいかと悩ませてしまうでしょう。1通の中に含める内容は基本的に一つに絞り、簡潔なメッセージを送ります。

スマホの画面で3行程度におさまるようにすると、読みやすい長さになるでしょう。返信がきたら、さらにその話題を続けるか新たな話題を振るかして会話を続けます。

チャット感覚を心がける

LINEがメールと違うのは、会話をしているように短時間でメッセージのやり取りができる点です。

チャット感覚で相手の反応がわかるため、反応によって次に送る内容を決めるなどして臨機応変に対応しましょう。

メールよりも気軽に送れるイメージだからといって、だらだらと続けてしまうのは逆効果です。毎回のようにLINEのやり取りが長引くと、だんだん面倒に思われる可能性もあります。

毎回のやり取りが長くなりすぎないよう、ある程度のところで切り上げるように意識することが大切です。「夜遅くまでごめん」と送るなど、終わらせやすい雰囲気をつくりましょう。

「もう少し続けたかったな」と余韻を残すことで、相手の中であなたの存在が膨らんでいきます。

困ったときはほめる、気遣うLINEを

どんな人でも、誰かにほめられたり気遣われたりするのはうれしいものです。相手のよいところをさりげなくほめると、距離が縮まるでしょう。

唐突になったりべたぼめしすぎたりしないように、何気ないポイントをほめます。

「前向きな考え方で素敵だね」「楽しそうに聞いてくれるからとても話しやすいよ」など、LINEのやり取りの中で感じたことを伝えると自然です。

疲れているときや忙しいときには、相手の体調や仕事を気遣うLINEを送ってみましょう。メッセージを送るときに相手の状況を考えられる人は、好印象を与えます

既読無視されるのはなぜ?

悩む女性

LINEはトーク画面上に既読の通知がつくため、相手がメッセージを読んだかどうかがわかります。

既読がついているのに返信がなかなか来ず、不安になったという経験がある人も多いのではないでしょうか?既読無視されるには、いくつかの理由が考えられます。

仕事などほかのことで頭がいっぱい

LINEは、自分の都合のよい時間に送れて便利ですが、相手もその時間に返信できる余裕があるとは限りません

LINEの通知があって画面を開いたとしても、仕事などで頭がいっぱいで余裕がなければ「後から返信しよう」と考えるケースもあります。

忙しい時期であれば、そのまま返信を忘れてしまうこともあり得るでしょう。

いったん既読にしてしまっているため、スマホのホーム画面上のLINEアイコンにも通知がなく、そのまま放置してしまうことも考えられます。

既読無視されたときそれまでのLINEのやり取りで特におかしな点がなければ、あまり考えすぎずにしばらく待ってみましょう

忙しい時期が過ぎれば、相手から連絡がある可能性もゼロではありません。

どう返信すればよいか困りタイミングを逃した

既読無視で考えられるのが、どう返信をしたらよいかわからないケースです。

言いたいことを書いただけの日記風LINEや、相手の興味のない話題で要点がわからない場合、どう返信すればよいか悩んでいるうちにタイミングを逃してしまうことがあります。

客観的に見て話を広げにくい内容になっていたときは、新たにまったく違う話題を送るのがおすすめです。

新しくメッセージを送るときには、返信がしやすいように質問形式にするなど工夫しましょう。

もちろん、立て続けに送るのではなく、相手のこれまでのペースから考えて明らかに返信が遅くなっている場合に限って、次のLINEを送ることが大切です。

好きな気持ちを迷惑に感じはじめた

LINEのやり取りが頻繁になるにつれて、相手がこちらの好意を感じていた場合、それを少し迷惑に思っている可能性もあります。

返信することでLINEのやり取りが続いてしまうため、あえて既読無視をしていることも珍しくありません。

既読無視されるようになったら、一度それまでのやり取りを見返してみましょう。今回だけでなく、これまでにも返信がなかなかないなどの兆候が見られるなら、迷惑に思われている可能性もあります。

その場合はいったん距離を置き、相手のことを諦めたように見せるのもおすすめです。

LINEのやり取りが必要なときも、しばらくの間は好きな気持ちをあまり表に出しすぎないように、あくまで友達として接してみましょう。

素っ気ないときの対処法

連絡を待つ女性

LINEのやり取りをしていると、相手からの返信が素っ気ないと感じることもあるでしょう。好きな人との温度差を感じると、心が痛みます。

ただ、諦めるのはまだ早いでしょう。もう一度相手がやり取りしたくなるようなLINEを送ることが、状況の打開につながります。

脈なしLINEとは

返信がひと言のみの短文やスタンプだけの場合、素っ気ない印象を受けます。

もともとLINEが苦手ということも考えられますが、毎回返信が遅いにもかかわらず内容も薄いとなると脈なしの可能性が高いでしょう。

また、なかなか既読にならないことが多いのも、さりげなくフェードアウトしようとしている傾向があります。

もちろん、忙しくてすぐ見られないこともありますが、気になる相手からのLINEであればすぐに確認したくなるものです。塩対応が複数重なる場合は、進展にあまり期待が持てないでしょう。

すぐに諦めるのはもったいない

素っ気ない対応をされたからといって、すぐに諦める必要はありません。現在は脈がなくとも、脈ありに変わることも多々あります。脈なしでも返信があるなら、望みは残っているととらえましょう。

誰でも人から好意を持たれるのはうれしいことです。自分を好きになってくれた人の行動は気になります。脈がないと感じても、相手に好意があることはさりげなく伝わるようにしましょう。

アプローチの仕方を変えて、何が原因で相手が距離を取ろうとしているのかを探ることも一つです。頻度や内容を見直すだけで「あれ?最近話しやすいな」と相手の印象を変えられます。

相手が必ず食いつきそうな話題を振る

素っ気ない返信が多い場合は、一度話題を変えるのがおすすめです。相手の興味のある話題を振れば、答えてくれる可能性があります。相手の好きなものや趣味の話を振って、反応を見てみましょう。

もちろん、しつこくしすぎるのはNGなため、相手の反応を見てこちらからの返信を考えることが大切です。

好きなことについて教えてもらうのなら、こちらも勉強して話を広げようと努力します。打てば響くとわかれば、相手も見直してくれるでしょう。

ライトな相談ごとも効果的

軽い相談を持ち掛けると、相手を頼りにしていることがアピールできます。

いきなり重い相談をすると面倒に思われる可能性もあるため、退職する同僚に贈るプレゼントの内容など、あくまで軽い相談にしましょう。

答えやすいような聞き方をすることも大切です。漠然と「何がいいかな?」と聞かれると考えるのが面倒に感じる人もいます。

「〇〇と△△ならどっちがいいと思う?」というように選択肢を提示すると、答えやすくなるでしょう。返信があったら、それについての意見を聞いて会話を続けられるようにするのが有効です。

まとめ

気になる異性とLINEすることで、急激に仲良くなる可能性もあります。好きな人がいたら、まずはさりげなくLINE交換をするのが親しくなるための第一歩です。

LINEできるようになったら、話題の選び方や連絡頻度に気をつけながら親密度を上げられるようにしましょう。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。