毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.11.22

自暴自棄になりやすい人の特徴は?心理的原因や対処方法も解説

自暴自棄とは?

うつむいている女性

そもそも、自暴自棄とはどのような状態を指すのでしょうか?まずは自暴自棄という言葉の詳細から紐解いていきましょう。

自分のことを粗末に扱う、という意味

自暴自棄とは、使用されている漢字が意味する通り、投げやりになって自分自身を乱暴・粗末に扱うことを意味する言葉です。

具体的には、ひどく心が傷付けられたり、絶望を味わったりした際に、「もうどうなってもよい」と自分自身の生活や幸せを顧みなくなってしまう状態といえるでしょう。

基本的に、何もかもうまくいかず、現状に一切の希望が見えないといったネガティブな文脈の中で用いられる言葉といえそうです。

同じような意味を持つ類語も多い

言葉の持つ意味をより深く理解するためには、その言葉の類語をチェックして、細かいニュアンスを読み取ることが効果的です。

以下、自暴自棄の主な類語を確認していきましょう。

  • 捨て鉢
  • やけ
  • やけくそ
  • 投げやり
  • やけっぱち
  • 破れかぶれ

それぞれ自分自身に対する失望や諦め、怒り・自虐などが複雑に入り混じった心情がうかがえる言葉といえるでしょう。

自暴自棄になる心理的原因

ぬいぐるみを抱く女性

では、人が自暴自棄に陥ってしまう心理的な原因にはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

なんで自分ばかり、と納得できない

何らかの不本意な状況に置かれ、「どうして自分ばかりこんな目に…」という気持ちが募った結果、自暴自棄になってしまう人は少なくありません。

具体的なシチュエーションとしては、以下のようなものがあげられるでしょう。

  • 仕事で正当な評価が得られない
  • 思ったような収入が得られない
  • 恋人ができない
  • 家庭問題を抱えている
  • 人間関係がうまくいかない

今の自分に納得がいかないながらも、積極性のなさやプライドの高さなどが災いし、これといった打開策がないときに陥りやすい心情といえそうです。

生理的欲求が満たされない

睡眠欲・食欲などの生理的欲求が満たされていない人も、自暴自棄になりやすい傾向があります。

睡眠不足や極度の空腹などの直接的な原因のほか、それに伴う疲れやストレスといった問題も自暴自棄の状態を招く要因といえるでしょう。

なお、生理的欲求は、人が感じる欲求の中でも極めて原始的なものといわれています。一つ一つを見れば大したことがないように感じられる欲求不満も、実は心身に深刻なダメージを与えていることが少なくありません。

そんなダメージが積み重なり、その人の持つリミットを越えてしまえば、たちまち自暴自棄になってしまう可能性が高いといえるでしょう。

問題から逃げ出したい

解決すべき問題を抱えながらも、それが容易ではないというジレンマに陥っているときというのも、人が自暴自棄に陥りやすいタイミングの一つです。

例えば、借金の返済が1週間後に迫っているにもかかわらず、返済の目途が一切立っていないといった状況を想定してみましょう。

この場合、頭では「借りたお金を返さなければ」と思っていながらも、実際にそれを行うことはできません。

こうした本人の意志では解決できない大きな問題が起きたとき、人は本能的に「問題から逃げ出したい」と思うものです。この場合の自暴自棄は、そんな現実逃避の気持ちの表れといえるでしょう。

手を差し伸べてほしい

中には、何らかの問題を抱えたとき、誰かに手を差し伸べてほしいという心理から、自ら進んで自暴自棄になる人もいます。

とはいえこの場合、必ずしも本人に人の助けを期待している自覚があるとは限りません。少しでも状況を改善するため、無意識のうちに自暴自棄になることを選択していることも十分考えられるでしょう。

自分自身を守るという視点から考えると、自暴自棄になることで、それを見かねた誰かの助けを得るというのは、非常に合理的な手段なのかもしれません。

自暴自棄になるきっかけは?

ハートマークの南京錠

自暴自棄というのは一般的に、その人一人では抱えられないような深刻な問題があって初めて陥るものと考えられています。人が自暴自棄になるきっかけの中でも特に多く見られるものを確認していきましょう。

恋人との別れ

人が自暴自棄に陥るきっかけとして、非常に多く見られるものに恋人との別れがあります。特に、以下の条件にあてはまるような別れだった場合、より一層自暴自棄になる可能性が高いでしょう。

  • 自分はまだ相手を愛している状態での別れ
  • 浮気など、相手の裏切りが原因での別れ
  • 将来を考えていた相手との別れ
  • 相手が音信不通になるなど、不誠実な経緯での別れ

恋人との別れが原因で自暴自棄になった人は、それから先異性を信じられなくなるか、もしくは異性に対して奔放になるかの両極端に分かれる傾向があります。

心の傷を不用意に広げてしまうことのないように、慎重かつ冷静な振る舞いが必要と自覚していながらも、それが実行できない心理状態といえるでしょう。

人間関係の悪化

人間関係の悪化による精神的な負担も、人が自暴自棄になる主な原因の一つです。以下のような環境に身を置いている人は、特に注意が必要といえるでしょう。

  • イジメに遭っている
  • 信用できる人がいない
  • 家族仲が悪い
  • 身近に仲の悪い人・気の合わない人がいる
  • 自分に悪意・敵意を持っている人がいる

なお、自己肯定感が低い人ほど、人間関係の悪化をストレスに感じやすい傾向があります。これは、人にどう思われているかが過剰に気になってしまうという自己肯定感が低い人ならではの特徴によるものといえるでしょう。

「他人にどう思われようと、自分は自分」と割り切ることができないタイプの人ほど、人間関係の問題で自暴自棄に陥ってしまう傾向にあるといえそうです。

仕事上の悩み

仕事上の悩みが原因で深刻な自暴自棄に陥ってしまう人も少なくありません。以下、具体的なきっかけを紹介していきましょう。

  • どんなに成果をあげても評価されない
  • 努力や実績にかかわらず、先が見えている
  • 給与が低い
  • 好きな仕事ではない
  • 勤務時間が長い
  • 任されている仕事に対し力不足

仕事上の悩みによって自暴自棄に陥る人というのは、一般的に女性よりも男性に多い傾向があります。

これは、女性に比べて男性の方が「仕事からは逃げられない」という意識が強いことが影響していると考えられるでしょう。

精神的に追い詰められながらも、転職や専業主夫といった選択ができない保守的で責任感が強いタイプの人ほど注意が必要といえそうです。

自暴自棄になりやすい人の特徴

ベッドにうつぶせの女性

同じ悩みやストレスを抱えていても、自暴自棄になる人とならない人がいるのはどうしてなのでしょうか。その謎を解き明かすため、自暴自棄になりやすい人の特徴を詳しくチェックしていきましょう。

感情を抑えられない人

ガマンが苦手で、自分の感情を上手に抑えられない人は、そうでない人に比べ自暴自棄になりやすいといえるでしょう。

人は、成長の過程においてさまざまな経験をする中で、世の中には自分の思い通りにはならないこともあるということを学びます。

多くの人は、その学びを通じて感情のコントロール法を身に付けますが、それができないまま大人になってしまった場合、自分自身と外界との折り合いがつけられず自暴自棄になりやすい人となる可能性が高いでしょう。

どんな場面でも「自分は悪くない」「自分が正しい」と考えがちな人に多いタイプといえそうです。

ストレスを溜め込む人

日頃ストレスを発散できず、自分自身の中に溜め込んでしまう人も、比較的自暴自棄になりやすいタイプといえます。

そもそも、自暴自棄というのは許容量を超えたストレスの表れです。友人との交流や趣味など、何らかの形でストレスを発散する手段を持っている人は、基本的に自暴自棄になるまで自分を追い込むようなことはありません。

対して、ストレスを溜め込む人というのは、リミットを越えるギリギリまで異変を見せず、ある日いきなり大爆発をして周囲を驚かせる傾向があります。

日常的に自分自身の内面を丁寧に見つめ、ストレスの芽をつぶしていくことが、精神的に安定した日々を過ごすための大切なポイントといえるでしょう。

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人

もともと内向的な性格で、自分の気持ちを他人に伝えることが苦手な人も、自暴自棄になりやすい性質を持った人といえるでしょう。

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人というのは、何かしら問題を抱えた際も、自分からはなかなか人に打ち明けられません。

その結果、状況はどんどん深刻になってしまい、本来であれば簡単に解決できたはずの問題が原因で取り返しのつかない事態に陥ってしまうといったことが少なくないのです。

自力ではどうしようもなくなって自暴自棄になるというお決まりのパターンを回避するためには、大切なことはきちんと周囲に伝えるよう心がける必要があるでしょう。

自暴自棄になりそうな兆候

ベッドと本

自暴自棄になるときというのは、大抵の場合何かしらの兆候があるものです。早い段階で自分自身の不調を察知するための目安として、その主なものを確認していきましょう。

嫌なことばかり起きている

嫌なことが続くというのは、誰にとってもうれしいことではありません。

たとえ一つ一つはささいな問題だったとしても、回復できないままに精神的な負荷がかかり続けると、ちょっとのことでは回復できない大きなダメージになってしまいます。

そんなダメージが積み重なった結果、ある日突然人が変わったように自暴自棄になってしまうというのは決して珍しいことではないのです。

「何だか最近嫌なことばかりだな」と感じたら、それぞれの問題を自分の中できちんと消化できているかどうかを見つめ直す必要があるでしょう。

ネガティブな感情が消えない

ネガティブな感情が消えないというのも、自暴自棄の兆候の一つです。

通常、人は多少思うようにいかないことがあったとしても、自分の中でどうにか落としどころを見つけ、自力で気持ちを立て直せるものです。

しかし、精神状態が不安定な場合はそうはいきません。ネガティブな気持ちを切り替えられず、心の負荷もどんどん大きくなってしまうでしょう。

裏を返せば、いつになくネガティブな感情が消えないと感じたのなら、相当に精神状態が悪化していると判断できます。

何らかの対処をしない限り、遠からず自暴自棄に陥ってしまう可能性が高いといってよいでしょう。

眠れない夜が続く

今まさに自暴自棄に陥りかけているという紙一重の状態のとき、よく見られる兆候として、眠れない夜が続くというものがあります。

睡眠欲は、食欲・性欲に並ぶ人間の三大欲求の一つです。本来ならば抗えないはずのこの欲求が抑え込まれてしまうというのは並大抵のことではありません。

精神的に限界を迎え、いつ自暴自棄に陥ってもおかしくない状態といえるでしょう。

また、睡眠欲が満たされない状態は、心身の状態をより一層悪化させます。精神的に不調で眠れず、それがますます精神的な不調を引き起こすという、負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高いため注意しましょう。

自暴自棄になったときの立ち直り方

菜の花畑の女性

もしも自分が自暴自棄になっていることを自覚したならば、どのように対処すればよいのでしょうか。スムーズに立ち直るためのおすすめの方法をチェックしていきましょう。

十分な休養をとる

自暴自棄から立ち直る方法として、まず試しておきたいのが十分な休養をとるという方法です。

人の肉体と心は、自分自身が考える以上に密接につながっているものです。精神的に安定していると体の調子もよく感じられるように、十分な休養によって体の状態を整えることで、精神状態が改善する効果が期待できるでしょう。

「もう何もかもどうでもいい」という気持ちが湧いてきてしまったら、問題解決はひとまず後回しにて心身をじっくり休めることを優先させましょう。

十分な休養をとり、本来の自分自身を取り戻したら、抱えていた問題がとても小さなものだったことに気付くかもしれません。

好きなこと、楽しいことをする

自暴自棄に陥るときというのは、目の前の問題や自分自身の欠点にばかり目が向いてしまい、極端に視野が狭くなりがちです。

そんな八方ふさがりの状態から抜け出すのなら、好きなこと・楽しいことに目を向け、実際に挑戦してみましょう。

自分が心から楽しいと感じる時間を増やすことは、心のダメージを回復する上でとても有効な手段です。

ネガティブな気持ちに支配されているときだからこそ、疲れ切った自分自身を労い、よろこばせることに全力を注いでいきましょう。

誰かに気持ちを打ち明ける

「自暴自棄から立ち直りたい」と望むなら、自分の素直な気持ちを誰かに打ち明けてみるのもおすすめです。

自暴自棄になっている人は、多くの場合とても深い孤独の中にいます。「自分は何てダメな人間なんだろう」「誰も分かってくれない」と自分の殻に閉じこもってしまうため、気持ちを立て直すきっかけをつかめません。

そんなつらい状況を改善するためには、自分の気持ちを誰かに打ち明け、共感してもらうことが効果的です。

分かってくれる人がいるというのは、自己肯定感を取り戻し、自暴自棄から抜け出すためのこの上なく大きな力になるでしょう。

身近に自暴自棄になっている人がいたら?

コーヒーを手にする女性

時には、家族や友人など、自分の身近な人が自暴自棄に陥っているのを見ることもあるでしょう。そんなときに無理なく実践できる、おすすめのサポート法について確認していきましょう。

話を聞いてあげる

身近な人が自暴自棄に陥っているのをどうにか助けてあげたいと感じたら、まずはじっくりと話を聞いてあげる機会を持つのがおすすめです。

自暴自棄の真っ只中にいる人というのは、「世の中全てが敵」と感じている一方で、同時に「誰かに分かってほしい」と望むという、とても複雑な心理状態にあります。

たとえ本人が抱えている問題そのものを解決することができなかったとしても、話を丁寧に聞き、「あなたを理解したい、助けたい」という思いが伝われば、ただそれだけで本人の気持ちにポジティブな影響を与えられるでしょう。

相手の気持ちを否定しない

自暴自棄の人に対しては、相手の気持ちを否定しないよう心がけて接することが大切です。

自暴自棄に陥ることによって、人が変わってしまったかのようにキャラクターや生活習慣が悪い方向へと変化してしまう人は少なくありません。

しかし実のところ、そんな自分の姿を誰よりも嫌悪し、傷付いているのは当の本人です。仮に八つ当たりされてしまうようなことがあったとしても、「一番苦しいのは本人なんだ」と、グッとこらえてあげましょう。

上から教え導くという態度は控え、ただ隣に寄り添って共感することが大切です。

一緒にどこかに出かける

「自暴自棄になった身近な人の助けになりたいけれど、言葉だけではうまく力になれる気がしない」そんなときにおすすめなのが、一緒にどこかへ出かけるというサポート法です。

自暴自棄に陥っている人というのは、自分自身や周囲の環境にまつわるネガティブな思考で頭がいっぱいで、どうしても視野が狭くなりがちです。

そんな凝り固まった思考を解きほぐす上で、外出による気分転換というのはとても効果的な方法といえるでしょう。

可能であれば、本人が好きな場所や、これまで行ったことのない刺激のある場所などがおすすめです。楽しさや新鮮さによって気持ちが大きく動くほど、自暴自棄によるネガティブな感情からスムーズに自由になれるでしょう。

まとめ

自暴自棄というのは、精神的なダメージや絶望などが原因で、自分自身すらどうなってもよいと思うほどに投げやりになることを意味する言葉です。

自暴自棄になりやすい人には一定の傾向が見られますが、だからといって、それ以外の人は無関係かといえば決してそんなことはありません。

自暴自棄とは、ストレスや精神的ダメージなどをきっかけに、誰でも陥る可能性があるものです。

自暴自棄になりそうな兆候や、実際に陥ったときの対処法などをあらかじめ知っておくことで、自分自身が当事者になったときはもちろんのこと、身近な人の非常事態にも役立てられるでしょう。

自暴自棄についての理解を深め、より自分らしく充実した生き方を実現していきましょう。
ありのままで恋をする

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。