「好きなこと」でつながる
No.1 恋活・婚活アプリ
※R18
ダウンロード
2019.11.26

好き避け男子の本音と特徴。嫌い避けとの違いもチェックしよう

そもそも好き避けとは?

手でハートを作る男性

人によって、恋に落ちたときの反応はさまざまです。好きだという気持ちをストレートに表現できる人もいれば、素直になれずにうまく気持ちを伝えられない人もいます。

中には、好きな人に対して好き避けする状態に陥ってしまうタイプもいるのです。嫌われるような心当たりは全くないにもかかわらず、冷たく接してくる人がいるのであれば、もしかしたら好き避けされているのかもしれません。

そもそも好き避けとは何なのか、なぜ人は好き避けしてしまうのかを見ていきましょう。

好きだからこそ避けてしまうこと

好き避けとは言葉通り、好きな人のことを避けてしまう行動のことを言います。

好きな人に対しては「もっと仲よくなりたい」「距離を縮めたい」と思うのが一般的です。ところが好き避けする人は、気持ちとは裏腹に真逆の行動をとってしまいます。

好きな人を意識しすぎるあまり、うまくコミュニケーションをとることが出来なくなるのです。

好き避けする人は冷たい言動をとったり、好きな人の姿を見つけたら逃げるようにその場を離れたりするので、気持ちを向けられる人は「嫌われているのかも」と傷付くことも多いでしょう。

無意識と意図的の二つに分けられる

好き避けをする人の中にも、無意識で行動している人と意識して行動している人の2パターンあります。

無意識に好き避けしている人は、自分が好き避けしていると自覚していない人が多いです。恥ずかしさのあまりまともに顔を見られなかったり、面と向かって話せなくなってしまったりして、結果的に避けている状態です。

意図的に好き避けしている人は、恥ずかしさを隠すためにわざと嫌っているような態度を見せます。「相手のことなんて眼中にない」「全く好きな気持ちはない」と周囲にアピールするため、自ら進んで冷たい態度をとるのです。

なぜ避ける?好き避け男子の本音

男性の後ろ姿

好き避けをしてしまうという男子はたくさんいます。子どもの頃、好きな女子に対してわざと意地悪をして困らせていた男子を見たことがある人もいるでしょう。

男子の好き避けをする理由として考えられるパターンはいくつかあります。身近にいる気になる男子から好き避けされていると感じる女子は、ぜひチェックしてみましょう。男子の心理状態を理解するために役立ちますよ。

正直どうしたらよいのか分からない

恋愛に対する経験値が低いため、好きになった相手にどんな態度をとったらよいのか分からない、という男子がいます。慣れない気持ちに戸惑い、自分自身も恋心に振り回されているのです。

恋愛経験があれば、どんな行動をとり、どんな言葉を投げかければ自分に振り向いてもらえるかが何となく分かりますが、恋愛経験が薄い男子は、好きな人が出来たら次にどんな言動をとれば恋愛の展開を進められるのかが分からないのです。

「好きな人とうまく会話できず嫌われたくない」「失敗したくない」という思いから、結果的に好き避けにつながってしまいます。

相手や周囲に気持ちを悟られたくない

男子の中には、好きになった本人や周囲に対して「自分の気持ちを知られたくない」と考えている人も多くいます。特に社会人になり、職場や趣味の社会人サークルなどで好きな人が出来た場合、周囲の目が余計に気になるでしょう。

周囲が冷やかしてきたり、お節介で恋愛を進展させようとしてきたりすると、どうしても今までと同じようには振る舞えなくなります。変に意識してしまうことで、好きな相手ともギクシャクした関係になってしまうかもしれません。

噂になって面白がられたくない、今まで通りの雰囲気を壊したくないという人は、好きな気持ちを隠すために好き避けをすることがあるのです。

ただただ恥ずかしい

ただ単純に恥ずかしさのあまり、好き避けしてしまうという男子もいます。恋愛に対して奥手であり、照れ隠しをしているのです。

好きな人と目が合うと顔が赤くなったり、話そうとしてもうまく言葉が出てこずにどもったりして、我慢できずに対面するのを避けてしまいます。あまり恋愛慣れしていない人が多いでしょう。

好き避けする男子はどんなタイプ?

並んだハート

好き避けする男子にはある程度の共通点があります。好きな人に対しては好かれるような言動をとれば仲よくなれると頭で分かっていても、気持ちとは裏腹な行動をとってしまいます。

好き避けする男子は恋愛に対して不慣れで不器用な人だといえるのです。

今、身の回りに好き避けしていると思われる男子がいるという人は、以下にあげるタイプの中に当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

恋愛には奥手

シャイで奥手なタイプは好き避けしやすい傾向があります。もともとあまり注目されるのが好きではなく、自分の意見を主張するのが苦手な人に多いでしょう。

好きな人ができてもなかなか自分から話しかけに行ったり、近付いて距離を縮めたりするような行動はできません。

まるで嫌っているような冷たい態度をとる好き避けはあまり見られませんが、こちらが近付いても消極的な態度をとることが多いでしょう。

真面目で一途

真面目なタイプの男子も好き避けに陥りやすいタイプだといえます。

どんなときでも自分をしっかり保たなければならないと考え、恋愛に浮かれるのは恥ずかしいことだと考えているのです。好きになった相手を強く意識することから一途なタイプが多いのも特徴です。

好きな人を前にして普段通りの自分の姿が崩れてしまうのを警戒し、冷たい態度をとったり好きな人との接触を避けたりします。

恋愛経験が少ない

恋愛経験があれば、過去の成功や失敗からどんな行動をとればよいのかが分かります。逆に、恋愛経験の薄い男子は、どんなシーンでどう振る舞えば正解なのかを導き出すことができません。

恋愛慣れしてきた人よりも、失敗して嫌われることの怖さを強く感じるため、好き避けしやすいタイプといえるでしょう。

好き避け男子の特徴的な行動パターン

並んで仕事をする男女

相手の男子から好き避けされているかどうかを見極めるには、まずは行動を観察してみましょう。一見すると単に嫌っているように見える行動でも、よく観察すれば好き避けだと判断することができます。

好き避け男子がよく見せる代表的な行動を四つまとめたので、ぜひチェックしてみましょう。

目が合うとすぐ逸らす

人は好きな人の姿を見つけると、つい目で追ってしまうものです。相手の視線に気が付いて振り向いたら、慌てて目を逸らすという行動は、好き避けしている男子によく見られます。

特に好き避けの場合は、相手のことが気になるあまり注目しすぎてしまうため、目の合う頻度はやたらと高くなるでしょう。

さらに、目を逸らした後に誤魔化すように髪や体を触ったり、慌てたような態度をとったりしていれば、好き避けである可能性がますます高くなります。好きな気持ちがバレていないか気が気でないため、落ち着かなくなるのです。

大勢でいると、態度が素っ気なくなる

2人きりのときの態度と周囲に人がいるときの態度を比較してみましょう。大勢でいるときには態度が冷たく素っ気ない場合、周囲に対してかっこつけようとしている可能性があります。

「この女子に話しかけられても別にうれしくない」と言わんばかりの態度をとり、周囲にアピールするのです。話しかけても必要最低限の会話しかしようとしません。

周囲から人がいなくなると言動が軟化することも多く、周囲の視線を気にする態度は好き避けの大きな特徴といえます。

話しかけてこないが、気付くと近くにいる

好き避けする男子は自分から積極的に話しかけてはきませんが、気が付いたらいつも近くにいることが多いです。うまくコミュニケーションが取れずもどかしいけれど、好きな人の側にはいたいという表れです。

近くにいれば何か起こるかもしれない、もしかしたら自分に気が付いて話しかけてくれるかもしれないという期待交じりの行動でもあるでしょう。

飲み会など、男子も女子も関係なく話をしても不自然でない場の雰囲気だとなおさら側に寄ってくるかもしれません。

いつもは冷たいのに、LINE(ライン)では優しい

LINEは相手に直接顔を見られるわけではなく、伝える言葉もじっくり考えてから打つことができます。

そのため、好き避け男子は顔を合わせているときは冷たいのに、LINEになると急に優しくなる、という行動がみられるようになります。普段の人柄とギャップがあるため、相手は驚くことも多いでしょう。

対面しているときには素直になれない分を取り戻そうとするかのように、LINEでは積極的に会話してこようとします。趣味や家族の話、好きな異性のタイプなど、普段なかなか応えてくれないような話題にも乗ってくれるかもしれません。

好き避け男子の特徴的な言動パターン

運転中の男性

行動の次は、好き避け男子の言動に注目してみましょう。普段の会話が弾まなかったり、時に相手を怒らせるような余計な一言を言ってきたりと、好き避けの特徴がいくつも見られます。

好き避け男子は誤解されることも多いですが、好き避けの言動ならではの特徴を知っておけば、彼らの本当の気持ちを理解してあげられるでしょう。

会話が続かない

好き避けをする男子は、好きな人との会話をうまく続けることができません。「変なことを言って嫌われたくない」「何を言えば喜んでもらえるか分からない」という理由から、自然な会話ができなくなるのです。

特に、出会ってすぐの頃はほかの友達と同じように会話が弾んでいたにもかかわらず、今は会話が続かなくなった…という変化がみられる場合は、好き避けの可能性がぐっと高くなります。

相手に対して恋をしてしまい、意識しすぎて話ができなくなってしまった、と考えられるでしょう。

ときどき意地悪なことを言ってくる

話をしているときに、ときどき意地悪を言ってくるのも好き避けに見られる行動です。「自分が相手に対して好意を向けていることを気付かれたくない」という気持ちから、憎まれ口をたたきます。

好きな相手を怒らせたり悲しませたりして反応してもらうことで、コミュニケーションをとっているつもりになっている側面もあるでしょう。

本心で意地悪しているわけではないため、万が一ほかの人が好きな人を悪く言っているのを見つけたら怒り出すことも多いです。

小さな声で感謝を伝える

好き避けする男子も、本心では「好きな相手に喜んでほしい」「もっと自分と仲よくなってほしい」と思っています。相手の女子から何か手伝ってもらったり、プレゼントをもらったりしたときには精一杯のお礼を言おうとします。

好きな相手だからこそしっかり感謝を伝えたいものの、気持ちがバレるのが恥ずかしい、かっこつけていたいという思いから、小さな声で感謝を伝えることになってしまうのです。

ちょっと照れ臭そうな「ありがとう」がもらえるなら、好かれている可能性が高いでしょう。

もしかしたら嫌い避けかも。見分け方は?

向き合う男女

冷たく素っ気ない態度をとられても、それが好き避けからくるものであればまだうれしいものです。しかし、中には本気で嫌いだから相手を避けている、嫌い避けのケースもあるでしょう。

相手は好意を持ってくれている、と思ってアプローチしたのに勘違いだった、ということになると悲惨です。どんなケースが嫌い避けだと考えられるのか、見分け方を知っておきましょう。

見つめてみる

好き避けか嫌い避けかを判断するため、相手の目をじっと見つめてみましょう。少し長く感じるかもしれませんが、約3秒が目安になります。

相手が好き避けしているのであれば、好きな相手と目が合うことでうろたえます。好意を隠さなければならないと思い、慌てふためいて視線を逸らすでしょう。

一方嫌い避けであれば、相手からどう思われているか、自分が相手をどう思っているかを知られてもかまわないという気持ちがあります。そのため余裕をもってゆっくりと視線を逸らす傾向があるのです。

中には見つめられたことを不快に感じ、舌打ちしたり眉根を寄せたり、言葉ではっきりと拒絶してくる人もいるかもしれません。

頼み事をしてみる

ごく簡単な頼み事をして反応を見てみるのも効果的な見分け方です。好きな相手から頼りにされると悪い気はしないものです。好き避けしている人は照れ隠しに仕方なさそうな態度をとりつつも、内心喜んで引き受けてくれます。

嫌い避けしている場合、本心から迷惑そうにするか、ちゅうちょなく断ってくるでしょう。嫌いな相手のために、わざわざ面倒事を引き受けて助けてあげよう、とは思わないからです。

軽くボディータッチしてみる

好きな人からの接触は、恥ずかしく感じることはあっても嫌がることはありません。軽くボディータッチをしたときの反応は、好き避けか嫌い避けかが分かりやすいです。肩や二の腕など、自然にさりげなく触れてみましょう。

好き避けであれば、恥ずかしがったりとっさに身をよじって離れたりするかもしれませんが、本気で嫌がることはありません。顔が赤くなったり、声が上ずったりと態度に変化が出る人もいます。

嫌い避けであれば、ボディータッチされたことに不快感を示し、中には本気で怒ってくることもあるでしょう。

好き避けしてしまう男子の攻略方法

スマートフォンをたっちする女性

好き避けしてくる男子は、態度や行動で距離をとってくるため、関係を進展させるためにはちょっとした心がけが必要です。基本的には、相手が冷たくつれない態度で接してきても、変わらず温かく受け止めてあげるとよいでしょう。

好き避けしている男子と恋愛関係を目指している人に試してほしい行動をまとめました。

どんなときも笑顔で接する

好き避けする男子は、自ら冷たい態度をとっている一方で、相手に嫌われることを怖がるネガティブな面があります。どんなときにも笑顔をキープして話すようにすれば、好き避けする男子は嫌われていないと感じて安心するでしょう。

自分を受け入れてもらえるかもしれないと感じれば、徐々に好き避け男子も心を開いて柔らかく接してくれるようになるかもしれません。

よいところを見つけ褒める

好き避け男子の中でも、恋愛経験が少なく自分に自信がないタイプには、よいところを見つけて積極的に褒めてあげることが効果的です。好きな人に褒められることは好き避け男子にとって大きな自信になります。

「自分も好きな人に好かれるようになるかもしれない」「自分の異性への接し方は間違っていないのかも」と考えるようになれば、好き避け男子の行動にも変化が出てくるでしょう。少しずつ男子からの会話の機会が増え、距離が縮まっていきます。

LINEをつかって頻繁に連絡する

顔を合わせるとうまくコミュニケーションが取れなくなるのが好き避け男子です。LINEをつかうことで、好き避け男子も会話しやすくなります。

最初は好き避け男子の話しやすい趣味の話題など、会話のラリーをしやすいもので慣れていきましょう。

LINE上である程度打ち解けたと感じたら、軽いトーンで食事や遊びにさそってみてはいかがでしょうか。対面では素直になれない好き避け男子も、LINEではさそいに乗りやすくなります。

好きな相手におかしなLINEを送りたくないと意気込むあまり、LINEが長文になったり返事に時間がかかったりする男子もいるため、相手のペースに合わせてあげることも大切です。

まとめ

気になる相手の態度が好き避けであれば、自分の行動次第で仲が深まる可能性は十分にあります。好き避けの冷たい態度をそのまま受け止めるのではなく、裏側に隠された本心を察知しましょう。

好き避け男子の不器用な行動を受け止めて、笑顔で好意的に接することができれば、好き避け男子も安心して距離を縮めることができます。好き避け男子に上手に接して、恋愛発展を目指してはいかがでしょうか。
行動してみる!

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら