毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.12.12

かまってちゃんの特徴とその心理とは?上手に付き合うためのポイント

かまってちゃんとは?

ぬいぐるみと女性

あなたの身の回りにかまってちゃんはいませんか?誰かにかまってもらいたい一心で奇怪な行動を起こす人は、実は極度の寂しがりやである可能性が高いのです。

男女問わずかまってもらいたがる人

かまってちゃんとは、常に誰かに相手にしてもらいたくて仕方がない人のことを指します。

普通であれば寂しくても我慢するか、気を引けるように交渉するところを、かまってちゃんは「かまってくれなきゃ嫌だ!」とすねたり、まるで子供のようにいじけたりするのです。

かまってちゃんは相手の注目を浴びるためなら、どんな行動でも起こすのが特徴です。相手がなかなか振り向いてくれない、または反応が薄い場合、思いがけない迷惑な行為にも走ってしまうので、周囲は困惑してしまうでしょう。

これらの行為は恋人だけでなく、家族や友人、先生など、かまってくれる人なら誰でもターゲットになり得ます。

承認欲求が強く寂しがり

人間の持つ欲求の中には「他人に大切な存在と思われたい」「考えを理解してもらいたい」という承認欲求があります。

誰しもが持つ自然な欲求ですが、かまってちゃんは承認欲求が人一倍強いのが特徴です。

自己肯定感が低い人は自分に自信がないため、他人に価値を認められることで初めてやすらぎを感じます。それがかまってちゃんのモチベーションや生きがいになっているため、自分の存在を必要以上に他人に知らせようとするのです。

また、かまってちゃんは、ひとりぼっちになることを極度に恐れる寂しがり屋です。常に誰かがそばにいないと落ち着かず、ときに精神が不安定になることもあるほどです。

どんな特徴がある?

女性の足

承認欲求が強くて寂しがりと聞くと、多くの人にあてはまってしまいそうですが、かまってちゃんの言動には分かりやすい特徴があります。ときに度が過ぎるので、周りからは不審に思われることもしばしばです。

話を盛りがち

かまってちゃんは、わざと話を大げさにする傾向があります。よくある日常的な話では相手の興味や注意を引くことができないため、話をどんどん大きくしてしまうのです。

「すごいね!」「それでどうなったの?」「えらいね」と相手の視線が自分に注がれると安心しますが、思ったほどの反応が得られないと、言動がさらに激しくなるでしょう。

自分の気持ちが満たされればそれでOKなので、平気でうそをついたり、会話を遮って突拍子のないことをいったりするのもよくあるパターンです。

体調が悪いなど気を引くアピール

周囲から気遣いの言葉をかけてもらいたいため、かまってちゃんは体調が悪いアピールを頻繁に繰り返します。

具合の悪さを1人で抱え込みたくないということもありますが、「ちょっとめまいがして…」といった後の相手のリアクションを期待している場合がほとんどでしょう。

「どうしたの?」「大丈夫?」という言葉をかけられたいがために、苦しそうな顔をして無言で相手を見つめたり、誰かがデスクのわきを通るたびに「ああ、頭痛い」とわざとらしくつぶやいたりと、あの手この手で人の気を引こうとするのです。

心配されることで相手とのつながりを感じているので、SNSやブログでも「昨日は病院で検査しました」「苦しくて無理…」などの投稿が多く目立ちます。

SNSの更新頻度が高い

「常に自分に注目してほしい」という気持ちは、SNSの更新頻度に比例します。Instagramには短時間の動画や写真を気軽にアップロードできる、ストーリーという機能があるのをご存じでしょうか。

感じていることをリアルタイムでみんなにシェアするための機能で、アップされた内容は24時間で削除されるのが大きな特徴です。多くのかまってちゃんはこのストーリーを何度も繰りかえし更新し、誰かに絡んでもらえるのを待っています。

24時間で削除されるのをいいことに、長文の愚痴やネガティブ発言を載せてみたり、肝心な内容をぼかして「え?どういうこと」と見る人が気になるような写真をアップしたりすることもあるようです。

また、SNSのアイコンやプロフィール画像がころころ変わる人も要注意でしょう。

心理学の観点から見るかまってちゃん

たんぽぽ

かまってちゃんの言動は、心理学の観点から見るとどんな特徴があるのでしょうか?ただ単に性格が個性的なだけでなく、実はさまざまな心理が隠れていることが分かります。

自己肯定感が低い

自己肯定感とは、自分を自分で価値ある存在だと認めてあげることです。自分を否定したり卑下したりせずに、ありのままの自分を受け入れることともいえるでしょう。

自己肯定感がある人は、外部からの評価に気分が左右されることが少なく、基本的に気持ちが安定しています。

一方、自分が受け入れられない自己肯定感の低い人は、人に評価してもらわないと不安な気持ちになるという特徴があるのです。

かまってちゃんは自己肯定感が低い人が多く、他人から肯定されたり、気にかけてもらえたりすることで気持ちの安定性を保っているといえるでしょう。

依存体質

かまってちゃんは、他人に依存せずにはいられない依存体質である可能性が高いです。

普通ならば、大人になる過程で出会いや別れを繰り返し心を発達させていきますが、何かが原因で心の発達が妨げられ、甘えや依存度の強い大人になってしまったといえます。

たとえば、幼少期に甘えの欲求が十分に満たされなかった場合、無意識のうちに、目の前にいる恋人にそれを満たしてもらいたいと考えるのです。

ひどい場合は病気の可能性も?

ネガティブな発言を繰り返すかまってちゃんと、うつ状態の人の見分けは難しいですが、かまってちゃんは基本的に「相手の気を引かせる」という自分の利益や目的のために行動をするのが特徴です。

もし、かまってちゃんの言動がエスカレートしてきたり、物事に対する見方に「ちょっとこわいな」と思うような偏りが感じられたりしたら、単なるかまってちゃんではなく、精神的な病気が潜んでいる恐れがあるでしょう。

ターゲットにされやすい人はどんな人?

カフェ

かまってちゃんに目を付けられると、昼夜問わずかまって攻撃がはじまります。実際のところ、かまってちゃんはどんな相手をターゲットにするのでしょうか?

気持ちが優しい人

かまってちゃんは、意外と身の回りにたくさんいるものです。「自分の周囲にかまってちゃんはいない」と感じる人は、運よくターゲットにされなかっただけかもしれません。

かまってちゃんのターゲットになりやすいのは、人当たりが優しい友人や異性です。辛そうな人を目の前にすると手を差しのべずにはいられないような優しい人は、何気ないSNSの投稿にも何らかのリアクションを返してくれるからです。

「相手の誘いを断れない」「なかなかNOといえない」という人も目を付けられやすい傾向があるでしょう。

特に男子には、女子に頼りにされたい、甘えられたいという心理傾向があります。優しい男子は、女子のかまってちゃんに振り回されるというケースも多いようです。

誰とでも仲良くなれる人

誰とでも仲良くできる人もかまってちゃんのターゲットになりやすいです。

相手がかまっちゃんだと分かれば「この子、ちょっとうざいな…」とすぐに距離を置こうとする人が多いのに対し、誰とでも仲良くできる人は、相手をなかなか無視することができません。

人を差別したり、見下したりせずに誰とでも分け隔てなく接するので、かまってちゃんも近づきやすいといえるでしょう。

反対に怒りっぽい人も

意外かもしれませんが、怒りっぽい人もかまってちゃんのターゲットになります。

子どもが親の気を引こうとし、わざと怒られるようないたずらをするのと同様で「無視されて寂しい思いをするくらいなら、怒られた方がいい」と思ってしまうのです。

このパターンのかまってちゃんは、怒りっぽい人や理屈っぽい人を故意的に選び、わざと心理的な挑発を行います。

突然、あらさがしをしはじめることもあれば、相談を持ちかけながら相手のアドバイスに反論をする場合もあるでしょう。

友達としてターゲットにされた場合の対処法

女性の後ろ姿

友達であるかまってちゃんに、自分がターゲットにされた場合、付かず離れずの絶妙な距離感を保つことが大切です。相手を刺激しないように、無難に過ごしていれば無事に乗り切れるかもしれません。

適度に褒める

かまってちゃんは、自己肯定感が弱く、相手から承認されたいという気持ちを持っています。話を盛る・見栄を張る・SNSを頻繁に更新するという一連の言動は「わたしを認めて」という気持ちの現れでしょう。

かまってちゃんを落ち着かせるには、まずは身近な人が認め、褒めてあげることが大切です。相手が「見て見て!」とうれしそうに話しかけてきた「すごいね!」と受け止めてあげてみてください。

メンタルの弱いかまってちゃんに対しては、余計なことはいわずに、褒めたら褒めっぱなしにしておくのがベストです。

SNSは基本的に無視が一番

かまってちゃんは頻繁にSNSを更新しますが、基本的に無視するのが一番です。リプライはもちろん、いいねも控えて見ていないふりをしましょう。更新回数が多すぎて目障りだと感じるなら、相手に分からないようにミュートにしても構いません。

もし、「辛いよ…」といった投稿に「何があったの?大丈夫」と反応してしまったらこちらの負けです。かまってちゃんはターゲットを発見したとばかりに、かまって攻撃をしてくるでしょう。

適切な距離感を持つ

かまってちゃんとは適切な距離感を保ちましょう。適切な距離感とは、私生活であまり仲良くしすぎず、必要があるときだけ軽く関わるというスタンスです。

2人きりで一緒にランチに行ったり、遊びに行ったりするのは極力控え、相手に誘われたら「ごめん、忙しくて…」と断るか「今度みんなで行こう」と話をそらしてしまいましょう。

恋人がかまってちゃんかも?と感じる場合

コーヒー

友達がかまってちゃんの場合は、極力会わずに、SNSにも反応しないことが可能ですが、もし恋人がかまってちゃんの場合はそうはいきません。交友関係で不安や嫉妬をいだきやすいので、気遣ってあげることが大切です。

普段から褒めてあげる

恋人に対しては「愛してほしい」「認めてほしい」という特別な感情を抱いているはずです。恋人にないがしろにされていると、かまってちゃんは暴走し、手が付けられない状態になってしまうため、普段から相手を褒め、認めてあげるようにしましょう。

「料理上手だよね」「洋服のセンス、さすがだなぁ」「いつもお仕事お疲れさま」など、ちょっとしたことでかまいません。

褒められることで承認欲求が満たされ、身勝手なかまってちゃんの言動も次第に落ち着いてくるでしょう。

恥ずかしがらずにしっかり愛情表現をしてあげることも大切です。

連絡はマメに

かまってちゃんの特徴として、LINEやメールの返信が速くてマメなことが挙げられます。常に誰かとつながっていないと不安なため、スマホが手離せないのです。

恋人であれば、かまってちゃんへの連絡はこまめに行うのが理想でしょう。未読スルー&既読スルーは相手を不安にさせ、「気付いたらメッセージが数十件も届いていた…」ということにもなりかねません。

感情が暴走する前にこまめに連絡をとってあげれば、かまって攻撃を受けずに済むでしょう。

仕事が忙しいときにメールが来たときのために、あらかじめ相手をなだめる定型文を作っておくのもアリですよ。

うざいと感じたら伝えることも必要

かまってちゃんの言動をそのままにしておくと「この人なら何をしても許してくれる」と依存されてしまい、どんどんエスカレートしていくでしょう。

恋人や夫婦ならば、これからも相手と一緒に過ごしていかなければなりません。身勝手な言動に自分だけが耐えていたら身がもたないため、どう思っているかを相手に正直に伝えてあげることも必要です。

ただし、かまってちゃんはもともと自己肯定感が弱いので、頭ごなしに相手を否定したり、強く叱ったりするのは逆効果です。

駄目なところだけを並べるのではなく、いいところと直して欲しいところの両方を話してあげるとよいでしょう。「愛情はあるんだよ」ということを忘れずに伝えるのがポイントです。

「これはできるけど、それはできない」というふうに、2人のルールを作っておくのもよいでしょう。

職場のかまってちゃんに目をつけられたら

植物と女性

職場にかまってちゃんがいると、人間関係が複雑になったり、仕事がしづらくなったりすることもしばしばです。相手がかまってちゃんだと分かったらターゲットにならないよう、適度な距離を保つことに徹しましょう。

話しかけにくい雰囲気を出す

職場にかまってちゃんがいるととても厄介なものです。仕事がうまくいかないとネガティブな感情をいつまでも引きずり、「私、大丈夫かな?」「間違ってないよね」と延々と話しかけてくることも少なくありません。

こうした言動が繰り返されると自分の仕事のペースが乱され、ストレスがどんどん溜まっていきます。

「この人かまってちゃんかも」と感じたら、まずは話しかけにくい雰囲気を出してみましょう。「仕事に集中しているから話しかけないで!」というピリピリしたオーラを出しているとかまってちゃんも諦めてくれるはずです。

ただし、職場では相手を無視することはあまりよい案ではありません。必要最小限のコミュニケーションをとるだけの比較的ドライな関係を保ちましょう。

相槌を適当にうつ

かまってちゃんが話をしているときは、相槌を適当にうち、その場をうまく切り抜けましょう。

「それは大変でしたね、どうなったんですか」「すごいですね」と感情的に反応してしまうと、どんどん会話の内容がエスカレートしていきます。当たり障りのないように適切な相槌を打っていれば、相手はそのまま去っていくでしょう。

また、「あ、ブラウザが落ちた」「頭いたいー」など、かまってちゃんはひとりごとも多く、デスクのそばを通りかかった人に「どうしたの?」「大丈夫?」と心配してもらうことを期待しています。

仕事に関係のないひとりごとなら、聞こえないふりをしてサッと通り過ぎるのもアリでしょう。

必要以上に距離を詰めさせない

同じ職場にいると相手を完全に避けるのは難しく、時には一緒に作業をしなければならない場合もあるでしょう。その際、必要以上に距離を詰めさせてはいけません。

一度仲良くなってしまうと、連絡先の交換を求められたり、ランチにさそわれたりと関係がどんどん深くなっていきます。

仕事中は、プライベートの話は一切しないようにし、SNSの話が出たとしても「やってないからわからない」と返しましょう。

かまってちゃんの中には、わざとミスをして相手をイライラさせることで気を引こうとしてくる人もいます。そのときは一人で抱え込まずに、上司に相談するのがベターです。

職場の士気を下げてしまうかまってちゃんは、職場全体で解決したい問題ともいえます。

まとめ

かまってちゃんが恋人か、友人か、職場の同僚かによって適切な対応の方法は異なります。

恋人の場合は、相手をしっかり受け入れ、不安を与えないことが大切ですが、友人や同僚の場合は、適度な距離を保ち、まずは自分がターゲットにならないように注意しましょう。
出会いを見つける

edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。