毎月10,000人がカップルに!
タップル誕生 - 恋活・マッチングアプリ
ダウンロード
2019.10.28

男性心理が解く恋愛のカギ。男女の考え方の違いを知ろう

男性にとって恋愛とは?

公園で手を握る男女

男性と女性はそもそも考え方や行動パターンが異なる生き物ですが、恋愛においてもその違いは顕著に表れます。男性は恋愛をどのようなものとして捉えているのでしょうか?

常に恋人が必要なわけではない

女性の中には、常に「彼氏が欲しい…」と口に出す寂しがり屋や恋愛体質タイプがいますが、男性の場合、常に恋人が必要とは限りません。

男性は、目的があってこそ行動する目的脳なので、特に好きな人がいなければ、彼女は不要と考えるのが通常です。

また、目的に一直線に行動するので、仕事や趣味など打ち込むものがある場合は、恋愛には興味がないこともしばしばです。

「仕事も恋愛もどちらも大事!」という女性の目にはちょっと物足りなく映るでしょう。「独身男性はみんな恋愛したがっている」というのも女性の単なる妄想かもしれません。

付き合うイコール結婚でもない

恋愛相手には、外見のよさや一緒にいるときの楽しさを求めますが、結婚相手を選ぶときは一転して、思いやりや価値観の一致などを重視するようになります。

つまり、多くの男性は、恋愛と結婚は別物で、付き合うイコール結婚ではないと考えているのです。

もし、結婚を真剣に考えているなら、相手が恋愛目的なのか、結婚が前提なのかを見極める必要があるでしょう。

恋愛目的の男性に対し、結婚をほのめかしたり、話題に出したりすると重い女と思われるケースもあります。

男女で恋愛への向き合い方が異なる

男性の後ろ姿

いざ付き合いが始まると、彼の態度に不安を感じる女性がいます。好きな人といつもつながっていたい女性と、仕事に一層打ち込むようになる男性、この温度差はどこから来ているのでしょうか?

手に入ったら安心してしまう心理

「男は外で狩りをして、女は家や子どもを守る」というのが人類が大昔からのパターンです。男性には、獲物が逃げれば逃げるほど追いかけて仕留めたくなる狩猟本能があるのをご存じでしょうか。

なかなか手に入らない高嶺の花は男の本能を刺激します。しかし、手に入ってしまったとたん安堵し、気持ちが緩やかに下降していくのです。中には、本能に従い、ターゲットを次々と変える男性もいるほどです。

「付き合い始めたのに彼がそっけない」と感じたなら、そもそも男女間では脳のつくりが違うことを思い出しましょう。ドキドキ感を持続させるポイントは、相手に「手に入っても安心できない」と思わせることです。

連絡頻度と愛情に相関はない

「好きな人といつもつながっていたい」という女性に対し、「必要なときにしっかりとつながっていればいい」のが男性の本音です。

LINEや電話で頻繁に連絡をしなくても問題はないと思っていますし、好きという気持ちを言葉にしなくても、相手は分かってくれていると考えています。

彼に頻繁に連絡をする、または何度も気持ちを確認しようとする女性の行動は、男性にとっては重荷でしかないでしょう。連絡頻度と愛情は関係ないと割り切るのも大切です。

仕事が忙しいと恋愛の優先順位が下がる

目的に向かって一直線に進む男性脳は、恋愛に趣味に仕事に…と、たくさんのことを一度にこなす器用さは持ち合わせていないのが現実です。

仕事が忙しいときは、彼女とのデートや連絡の頻度が激減し、恋愛の優先順位が一気に下がるでしょう。

昔の日本には、「男は家族を養っていかなければいけない」という考えがありました。その名残から「男は仕事ができてなんぼ」の考えが根付いており、恋愛で仕事に手が付かなくなるのは避けたいところなのです。

人にもよりますが、男性は女性よりも出世に貪欲仕事に対するプライドが高いです。ときには頑張る彼を陰ながら応援するスタンスも必要でしょう。

「仕事とわたし、どっちが大切なの?」と彼を追い詰めるのも避けたいところです。

男性が恋愛モードになるタイミング

携帯を見る男性

男性が恋愛モードになるときは、背後に目的や理由があります。どんなときにスイッチが切り替わるのでしょうか?

気になる女性が現れたとき

一つめは気になる女性が現れたときです。顔やスタイルが好みであれば、「こんな子を彼女にできたらな…」と瞬間的に思うでしょう。

普段との大きなギャップにドキッとしたり、辛いときに優しく励まされたりしてスイッチが入ることもあります。

このように、目の前に気になる人が現れ「自分の彼女にしたい」「一緒にいたい」と思ったとき、男性は恋愛モードになるのです。

仕事や環境の変化が起きたとき

今まで恋愛に興味がなかった人が、「彼女がいてくれたらな…」と思い始めるのが日常や仕事で大きな環境の変化に見舞われたときです。

たとえば、仕事で急に転勤になり見知らぬ土地で暮らすことになったときや、大きなケガや病気などで入院せざるを得なくなったときに、甘えられる相手がいるのは心強いでしょう。

男性は環境への適応能力が女性よりも低く、仕事でストレスがあっても上手く発散できないことがあります。その不安を埋めて欲しいときに相手を求める傾向があるといえるでしょう。

友だちが結婚したとき

友だちが結婚したのをきっかけにスイッチが入るのもよくあるパターンです。これまで仕事に一心不乱に打ち込んできた独身男性は、幸せな友人夫婦を見て「自分もそろそろ身を固めないと…」と思うのです。

忙しい日常を送っている人は、普段から結婚や恋愛についてじっくり考える暇がありません。友人の結婚式は将来を考えるよい機会ともいえるでしょう。

幸せを祝福すると同時に、羨ましさや焦りの気持ちも入り混じるため、効率的に相手探しができる、婚活サービスなどを利用し始める人もいます。

男性心理を理解するメリット

スケボーの男性

異性との付き合いを長続きさせるコツは、「相手(異性)の心理をどれだけ理解できるか」でしょう。男性心理を理解すれば、安心して毎日が過ごせるかもしれません。

悩みや不安を解消できる

「彼とのデートの頻度が減った」「付き合い始めたのに以前よりも彼が冷たく感じる…」など、恋愛における女性の悩みは尽きません。

デートの回数が減るのも、彼が冷たく感じるのも、けして嫌いになったわけでなはく、男性ならではの理由があるのです。

男性心理を理解すると、心の中のもやもやや不安が解消され、彼の愛情を信じられるようになるでしょう。

一方、女性が男性心理を踏まえて行動すると、男性は「彼女の束縛が重すぎる」「自分の愛情を疑っている」という悩みから解放されます。

彼へのイライラが減る

「わたしのことどれくらい好き?」「具体的にどこが好き?」と女性は言葉でのコミュニケーションを求めるのに対し、「言わなくても分かるだろう」というのが男性の本音です。

男性は感情を表現するのが苦手なので、女性は常にストレスが溜まるでしょう。しかし、男性心理が分かっていると、「生まれもった本能だからしょうがない」「悪気はない」と割り切れるようになり、彼へのイライラが激減します。

女性の心が穏やかだと、男性は仕事により集中できる上、彼女への愛しさが増し、結果的に良好な関係につながるのです。

まとめ

男性と女性は考え方も行動パターンも異なる全く別の生き物です。自分の目線だけで物事を考えると、「なぜ?」「どうして?」と相手へのイライラや不安が募りますが、見方を変えれば、悩みは悩みでなくなるでしょう。

男性と付き合うときも、「付き合うイコール結婚とは限らない」と肝に銘じておくだけで、過度な期待をせずに済みます。男女間の考え方の違いを理解し、よい関係性を築いていきましょう。
理想の人、見つかるかも

記事のタグ一覧
edited by
あふれ美
数多くの失敗を通じて学んだ教訓を元に、恋愛のコラムを執筆しています。座右の銘は「七転び八起き」
記事一覧を見る
タップルに新機能追加されました!
タップルコン

タップルコンとは?

タップルコンは、オンライン上で簡単に1時間の婚活パーティーに参加できる機能です。あなたの趣味や年齢を加味して、相性が合う可能性が高い男女4〜7名をマッチングします!

タップルコンとは
タップルコンについて、
もう少し詳しく知りたい方はこちら

まずは無料でダウンロード

すでに登録済みの方は こちら

高校生を除く、満18歳以上の独身者向けサービスです。